また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1129501 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 甲信越

粟ヶ岳−青里岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2017年05月03日(水) ~ 2017年05月05日(金)
メンバー
天候3日 晴れ 風なし
4日 晴れ 風なし
5日 曇り 日射しあり 風なし
日の出 4:45 日の入り 18:37
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
五泉市仙見谷桑沢。桑沢橋付近の路肩に駐車。
林道哺土原線の通行止め地点(竣工記念碑のところ)に自転車をデポ。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
60:24
距離
37.8 km
登り
3,522 m
下り
3,257 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
12時間59分
休憩
5分
合計
13時間4分
Sスタート地点04:2706:16神戸山09:17越後白山09:1809:20白山避難小屋10:27宝蔵山11:09橋立11:1114:36權ノ神岳16:309合目 粟ヶ岳北峰16:3117:29粟ヶ岳17:3017:31宿泊地
2日目
山行
12時間1分
休憩
6分
合計
12時間7分
宿泊地05:0805:40一本岳05:4307:38堂ノ窪山07:3911:01奥峰17:10青里岳17:1217:15宿泊地
3日目
山行
11時間27分
休憩
9分
合計
11時間36分
宿泊地05:1608:28五剣谷岳08:2910:13銀太郎山11:32銀次郎山11:3312:24七郎平山12:2514:36木六山14:3915:48水無平16:13水無平。悪場峠-杉川分岐16:1616:40悪場峠16:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
神戸山−越後白山
桑沢から神戸山を経て越後白山田村線の5合目まですでに雪はなかった。夏道はあるがヤブ化が進んでいる。田村線に合流すると格段に道がよくなる。白山まで部分的に雪の上も歩いた。

越後白山−粟ヶ岳
宝蔵山に向けて雪の上を気持ちよく下れた。先行する足跡の主と宝蔵山で出会った。粟ヶ岳から白山を往復する人もいた。宝蔵山の手前ですれちがったばかりなのに、橋立の先で早くも追い抜かれた。ほかにも粟ヶ岳から権ノ神岳を周回しているらしい数組とすれちがった。みんな足が達者だ。橋立から粟ヶ岳まではかなり夏道が出ていた。粟ヶ岳北峰への登りは雪の斜面。

粟ヶ岳−青里岳
粟ヶ岳山頂から雪の亀裂をかわして一本岳に近づいた。一本岳は夏道を登ることができた。一本岳の先の尾根には雪がついていた。堂ノ窪山に近づくにつれてヤブこぎがはじまるが、ヤブはまだそれほど濃くない。堂ノ窪山頂からはまたしばらく雪に乗れる。堂ノ窪を下った先で標高が低くなり、支尾根が分岐するあたりから奥峰にかけてヤブがきつくなる。三方ガリといわれるあたりでゆるくなった尾根に木立が見えている。それを越えて901Mと920Mの小ピークに上がるのはいかにもヤブがきつそうだった。それで途中で尾根筋をはずれ、左手のアカシガラ沢源頭部のなだらかな雪渓を下って小ピークを巻いた。雪渓をつめて尾根に復帰してからもヤブ区間が多くて楽ではなかった。16時頃、青里岳の山頂に赤いテントを見つけたときには思わず目を疑った。すでに疲れきっていたが、ビバークするのに手頃な場所がなかったので青里岳まで重い体を運んだ。赤いテントはダンロップだった。幻覚ではなかったことに安心した。中の2人が顔を出してあいさつしてくれた。快活そうな若い人たちだった。青里岳の三角点はまだ雪の下だったようだ。翌日の矢筈岳を断念し、五剣谷岳の方向に進んで平らな雪の上にツェルトを張った。矢筈岳から2人連れが下りてきたのであいさつした。五剣谷に張ってあるテントまでたどりつけないので途中でビバークするとのこと。

青里岳−水無平
青里岳からしばらくは雪に乗れるが、ヤブこぎもあるので五剣谷岳までが長く感じられる。雪の上には昨日の2人連れのものらしい足跡がある。五剣谷岳の山頂部の雪に乗ったところでちょうどテントを撤収した2人に追い着いて朝のあいさつをした。ビバークしたときにはツェルトもなく寒さでほとんど眠れなかったとのこと。銀太郎山までの間のヤブはきつかった。ただし注意すればたどれる程度の踏み跡ができている。銀太郎山からは格段に道がよくなる。それでも登り返しがきつい。銀次郎山までに数組とすれちがった。七郎平の水場で出会ったパーティーからは、青里岳から粟ヶ岳に向かった2人と五剣谷のテントに下りてこなかった2人について、私の知っていることを聞かれた。情報交換をする中でほかにも思わぬ縁が明らかになってびっくりした。木六山からはグシの峰の標識のところを尾根なりにまっすぐ下った。夏道があったが、巻道に合流するところにはその尾根道に登って行けないように入口がロープでふさいであった。水無平から悪場峠の区間も初めてなので不安だったが、迷いようのない一本道が続いていた。疲労困憊しているなかで猛烈に暑い水無平がひたすら長く感じられた。
ファイル 天気図2017年05月05日12時.png (更新時刻:2017/05/06 20:34)
天気図2017年05月04日12時.png (更新時刻:2017/05/06 20:34)
天気図2017年05月03日12時.png (更新時刻:2017/05/06 20:34)
過去天気図(気象庁) 2017年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 マット シュラフ シュラフカバー フリースジャケット ツェルト ツェルトポール ペグ サブザック 補助ロープ20Mセット 6mmロープスリング グローブ 目出帽 ヘッドランプ 予備電池 アルコールバーナー アルコール500ml コンロ台 コッヘル ロート 濾紙 スプーン 水4L スポーツ飲料2L 食糧4日分 非常食1日分 時計 GPS 地形図 コンパス カメラ サングラス チェストバッグ 常備薬 ハッカスプレー スコップ アイゼン ワカン ピッケル ストック 手ぬぐい(頭に巻いて2日目にヤブで紛失)

写真

越後白山から宝蔵山、権ノ神岳、粟ヶ岳、一本岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後白山から宝蔵山、権ノ神岳、粟ヶ岳、一本岳。
3
手前に黒い一本岳、左に堂ノ窪山、右にまわって青里岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前に黒い一本岳、左に堂ノ窪山、右にまわって青里岳。
1
一本岳の急登には雪がついていない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本岳の急登には雪がついていない。
3
一本岳の先は歩きやすい雪尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本岳の先は歩きやすい雪尾根。
4
堂ノ窪山はヤブをこがないといけない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂ノ窪山はヤブをこがないといけない。
3
入り組んだヤブ尾根をたどらないと青里岳までたどり着けない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入り組んだヤブ尾根をたどらないと青里岳までたどり着けない。
3
左下の雪渓に下りて手前の小ピークの尾根を巻く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左下の雪渓に下りて手前の小ピークの尾根を巻く。
1
アカシカラ沢の源頭部に下りる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカシカラ沢の源頭部に下りる。
尾根に復帰して粟ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に復帰して粟ヶ岳。
粟ヶ岳からここまでたくさん歩いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粟ヶ岳からここまでたくさん歩いた。
1
青里岳から五剣谷まできつかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青里岳から五剣谷まできつかった。
5
五剣谷岳直下のヒノキのヤブ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五剣谷岳直下のヒノキのヤブ。
1
七郎平のブナ林。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七郎平のブナ林。
2

感想/記録

年々体力が衰えて無理がきかなくなってきていると感じてはいたが、今回のようなことは初めてだった。20kgのザックが肩にこたえた。足が攣った。1時間に10分とか15分とかの休憩では足りなくなり、とうとうしまいには歩いたのと同じくらいの時間の休憩が必要になった。ここまではまだいいのだが、その晩は夕食を食べないまま寝てしまい、翌朝になっても食欲がなかった。2日目は肩の痛みに耐えられるようになり、足も攣らなくなったが、行動はゆっくりペースのままだった。2日目の晩も3日目の朝も食欲は回復しなかった。水や雪で薄めたスポーツ飲料しか飲んでいないのに、時々吐き気がする。同じ状態だという五剣谷テントの人によれば、脱水症状だろうとのことだ。家に帰ると出発前にくらべて体重が6kg減っていた。食欲はかなり回復したが、味覚と嗜好がいくぶん変化している。

20kgのザックがかつげないようだと、いろいろな山行をあきらめなくてはならなくなる。ほかの人とパーティーを組んでいるときに急にみんなと同じペースで行動できなくなることを想像してみてもおそろしいものがある。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:2086人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ