また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1135225 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

大雪山黒岳〜トムラウシ〜オプタテシケ〜十勝岳、4泊5日

日程 2016年09月12日(月) 〜 2016年09月16日(金)
メンバー
天候9/12晴れ
9/13晴れ
9/14晴れのち曇り
9/15全日雨
9/16晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
『札幌から層雲峡ロープウェイ』
札幌駅7:21>オホーツ1号>9:00旭川
旭川9:15>道北バス81>11:05層雲峡
『白銀温泉からJR旭川』
白金温泉16:43>道北バス39>JR旭川
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間30分
休憩
10分
合計
7時間40分
S層雲峡駅11:2013:40黒岳16:20北海岳16:3019:00白雲避難小屋
2日目
山行
7時間50分
休憩
25分
合計
8時間15分
白雲避難小屋06:0007:11高根ヶ原分岐09:01忠別沼09:0209:53忠別岳10:0711:10忠別岳避難小屋分岐11:56五色岳12:0613:25ヒサゴ沼分岐14:15ヒサゴ沼避難小屋
3日目
山行
7時間11分
休憩
51分
合計
8時間2分
ヒサゴ沼避難小屋06:1807:28ヒサゴのコル07:3408:20天沼08:2308:30日本庭園08:3109:26ロックガーデン09:3210:30北沼10:3111:10トムラウシ山11:4412:23南沼キャンプ指定地14:20三川台
4日目
山行
12時間53分
休憩
22分
合計
13時間15分
三川台06:1007:11ツリガネ山の肩07:3315:32カブト岩15:32オプタテシケ山19:25美瑛富士避難小屋
5日目
山行
10時間10分
休憩
20分
合計
10時間30分
美瑛富士避難小屋06:0008:25美瑛富士08:3012:00十勝岳12:1015:20十勝岳登山口15:2516:30白金温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
8月の大雨によりトムラウシ温泉へのエスケープルート通行不可。
これに伴い、大雪高原沼エリアの熊が移動。
五色岳〜化雲岳間に多数確認情報あり。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 熊除けスプレー 長袖シャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー 行動食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ ポール テント シェラフ

写真

黒岳から石室を望む。
少し色づいてます。
2016年09月12日 14:12撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳から石室を望む。
少し色づいてます。
白雲小屋から高根が原へのルート。
雲海に浮かぶ石狩岳、右奥にトムラウシ山を望む。
2016年09月13日 06:39撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲小屋から高根が原へのルート。
雲海に浮かぶ石狩岳、右奥にトムラウシ山を望む。
五色岳から化雲岳間のルートには熊の落し物が多数あり。
2016年09月13日 11:42撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色岳から化雲岳間のルートには熊の落し物が多数あり。
朝日で焼ける、ヒサゴ沼
2016年09月14日 05:21撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日で焼ける、ヒサゴ沼
日本庭園の奥にトムラウシを望む。
青空を覆ううろこ雲。
明日は雨か・・・
2016年09月14日 07:53撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本庭園の奥にトムラウシを望む。
青空を覆ううろこ雲。
明日は雨か・・・
自然のままなのに、本当に日本庭園のようです。
色づく季節はいいですね。
2016年09月14日 08:12撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然のままなのに、本当に日本庭園のようです。
色づく季節はいいですね。
北沼越しにトムを見上げる。
やっと会えたね。
(登頂時には天候悪化、それからずっと明日全日通して晴れとはおさらば・・・)
2016年09月14日 10:12撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沼越しにトムを見上げる。
やっと会えたね。
(登頂時には天候悪化、それからずっと明日全日通して晴れとはおさらば・・・)
三川台にて。
明日、美瑛富士避難小屋を目指すことを考えこの場所へ。
2016年09月14日 14:26撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三川台にて。
明日、美瑛富士避難小屋を目指すことを考えこの場所へ。
5時起きで、全日雨の中、ずっと藪漕ぎ。
途中水場がないので、長いです。
9月は水場が少なく難しいですね。
2016年09月15日 10:41撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時起きで、全日雨の中、ずっと藪漕ぎ。
途中水場がないので、長いです。
9月は水場が少なく難しいですね。
コスマヌプリを抜けると現れた「カブト岩」
2016年09月15日 11:14撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コスマヌプリを抜けると現れた「カブト岩」
天を仰ぐ様な、オプタテシケ山。
(これでも上までは見えていない)
8時間歩いた後にこれを見ると壁かと思った。
2016年09月15日 13:04撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天を仰ぐ様な、オプタテシケ山。
(これでも上までは見えていない)
8時間歩いた後にこれを見ると壁かと思った。
オプタテシケ、登りきったかなと思ったらこの稜線。
2016年09月15日 14:57撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オプタテシケ、登りきったかなと思ったらこの稜線。
ベベツ岳。
雨続きの1日でしたが最後に一瞬、晴れ間のご褒美かな。
2016年09月15日 16:19撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベベツ岳。
雨続きの1日でしたが最後に一瞬、晴れ間のご褒美かな。
昨夜到着した美瑛富士避難小屋。

2016年09月16日 05:27撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨夜到着した美瑛富士避難小屋。

美瑛岳と美瑛富士。
今日は天気がいい。
2016年09月16日 06:45撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛岳と美瑛富士。
今日は天気がいい。
十勝岳連峰。(美瑛岳から望む)
2016年09月16日 08:27撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳連峰。(美瑛岳から望む)
平ヶ岳の上に、頭を出す山頂。
眼下には上富良野町が広がる。
2016年09月16日 11:12撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平ヶ岳の上に、頭を出す山頂。
眼下には上富良野町が広がる。
十勝岳山頂から、三段山・前十勝を見下ろす。
2016年09月16日 11:55撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳山頂から、三段山・前十勝を見下ろす。
望岳台への下山ルートから十勝岳を見返す。
ゴロゴロとした石に覆われる道は疲れた足に堪えます。
2016年09月16日 12:43撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
望岳台への下山ルートから十勝岳を見返す。
ゴロゴロとした石に覆われる道は疲れた足に堪えます。
撮影機材:

感想/記録

紅葉時期の黒岳〜トムラウシ〜十勝岳、4泊5日大縦走
今年は台風・大雨でエスケープルートの無い道程でした。
運良く、5日中4日天候に恵まれ素晴らしい景色に出会えました。
(ただ1日は雨のなか13時間、ヤビーでドロドロの道を歩き倒しました、ううっ)
トムラウシ周辺は紅葉が進んでいました。
化雲岳〜五色岳間は、新しい熊の糞が散見されました。
ヒサゴで一緒だった方は、2匹遭遇したそうです。
襲って来る個体ではなかったとのことですが、行かれる方は十分ご注意ください。
この時期、ヒサゴ〜双子池間は水場が無いのでご注意願います。
双子池サイトの水場も15日に流れが無い溜まった状態でした。
追伸:登山のマナー問題
ノマド社長・隊長がFBで書いていたことですが、道標への落書きが多く見られました。
さらに、双子池サイトのど真ん中に熊の物ではない人間の◯◯が残されていました。
十勝に向かう道に際すれ違った人が2人、そのうちの一人が長髪の台湾人でした。
確定はできませんし、人種差別するわけではありません。
ただ自分としては、台湾人は中国人と違い日本人に近いメンタリティーである事を体験しているだけに、残念な気持ちになりました。
「思い出と一緒に持ち帰ってください」と言いたい。
今度行くときには、スチールブラシでも持って、道標のいたずら書きを消してやろうかと思います。
訪問者数:228人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ