また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1162149 全員に公開 ハイキング蔵王・面白山・船形山

船形山・旗坂⇒大滝周回

日程 2017年06月06日(火) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
旗坂から升沢避難小屋まではほとんど残雪なし。
升沢避難小屋からは沢登り兼雪渓歩きなので、ルートファインディングが必要。
今後の融雪により、雪渓の崩壊など日々変化していきます。
大滝方面への下りは、一部雪渓で道が見つけにくい箇所がありますが、落ち着いて確認すれば夏道を見つけられます。
その他周辺情報大滝野営場へと続く小荒沢林道は、旗坂キャンプ場手前からはしばらくダートです。
現時点では、落石はあるものの、普通車でも通行可能です。
今後、大雨などで状況が変化することがあるので注意が必要です。
また、ダートですので、車高の低い車では通行できません。
車速も30km未満での走行となります。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

旗坂キャンプ場からの登山口
駐車場は広く、20台程度は可能です。
トイレもあるので、出発準備に最適です。
ただし、水は飲料水としては使えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旗坂キャンプ場からの登山口
駐車場は広く、20台程度は可能です。
トイレもあるので、出発準備に最適です。
ただし、水は飲料水としては使えません。
1
美しいブナ林には、こうしたツアーナンバーが掲示されています。
30からスタートとして、山頂が1。
下山でも見やすいように、両側に掲示されている箇所もあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しいブナ林には、こうしたツアーナンバーが掲示されています。
30からスタートとして、山頂が1。
下山でも見やすいように、両側に掲示されている箇所もあります。
2
三光の宮分岐あたりまでは道はぬかるみもなく、快適に登っていけます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三光の宮分岐あたりまでは道はぬかるみもなく、快適に登っていけます。
ギンリョウソウ
スタンバイ中。
なんだか怪しげな雰囲気ですが、成長すれば見慣れた姿になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ
スタンバイ中。
なんだか怪しげな雰囲気ですが、成長すれば見慣れた姿になります。
2
ミヤマガマズミ
清楚な感じの白い花です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマガマズミ
清楚な感じの白い花です。
4
ウラジロヨウラク
これは萼が長いタイプですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラク
これは萼が長いタイプですね。
5
ゴヨウツツジ
ほとんどが散っていましたが、これは見頃。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴヨウツツジ
ほとんどが散っていましたが、これは見頃。
5
サラサドウダン
少し高い位置にあり、見上げたアングルで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラサドウダン
少し高い位置にあり、見上げたアングルで。
1
倒木あり
21番トンネル。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木あり
21番トンネル。
ショウジョウバカマ
この辺りからは見頃のショウジョウバカマがたくさん咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ
この辺りからは見頃のショウジョウバカマがたくさん咲いています。
4
ミツバオウレン
これもたくさん咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン
これもたくさん咲いています。
2
蛇ヶ岳への分岐
この辺りから残雪が多くなり、今後は踏み抜きなどに注意が必要です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇ヶ岳への分岐
この辺りから残雪が多くなり、今後は踏み抜きなどに注意が必要です。
イワナシ
数は多くありませんが、山頂直下も含めて見頃です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワナシ
数は多くありませんが、山頂直下も含めて見頃です。
4
升沢避難小屋
中はキレイです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
升沢避難小屋
中はキレイです。
1
升沢避難小屋を過ぎるとしばらく沢登り。
浸水するほど深くはありませんが飛び石づたいに進みますので、ドボンに注意。
ルートファインディングにも注意が必要です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
升沢避難小屋を過ぎるとしばらく沢登り。
浸水するほど深くはありませんが飛び石づたいに進みますので、ドボンに注意。
ルートファインディングにも注意が必要です。
その後雪渓歩きに変わります。
沢が二股に分かれる箇所があるので、地形図とコンパスを使って間違えないように注意が必要です。
トレースは消えることがありますし、目印はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後雪渓歩きに変わります。
沢が二股に分かれる箇所があるので、地形図とコンパスを使って間違えないように注意が必要です。
トレースは消えることがありますし、目印はありません。
1
シラネアオイ
今がちょうど見頃です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネアオイ
今がちょうど見頃です。
3
シラネアオイ
山頂直下はそれなりに見られます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネアオイ
山頂直下はそれなりに見られます。
2
エチゴキジムシロ…かと思います
ミヤマキンバイなのか…も。
山頂付近にたくさん、たくさん咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エチゴキジムシロ…かと思います
ミヤマキンバイなのか…も。
山頂付近にたくさん、たくさん咲いています。
4
山頂避難小屋
ここからは花まみれなので、なかなか山頂にたどり着けません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂避難小屋
ここからは花まみれなので、なかなか山頂にたどり着けません。
鳥海山だって見えちゃいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥海山だって見えちゃいます
4
鳥海山をバックに
今日は決まったぜ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥海山をバックに
今日は決まったぜ。
8
数回ジャンプした後に、大滝野営場へ向けて下山開始
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数回ジャンプした後に、大滝野営場へ向けて下山開始
ムラサキヤシオ
こちらのコースは見頃の花が多くありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムラサキヤシオ
こちらのコースは見頃の花が多くありました。
2
ルートを見失いやすいポイント
落ち着いて下れば、すぐに道が見つかります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートを見失いやすいポイント
落ち着いて下れば、すぐに道が見つかります。
あっという間に湯谷地
振り返れば船形連峰と青空。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に湯谷地
振り返れば船形連峰と青空。
2
通常は周回ルートの場合、ここから登り返します。
そうすると、三光の宮分岐に出られます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通常は周回ルートの場合、ここから登り返します。
そうすると、三光の宮分岐に出られます。
1
大滝野営場
この一帯は舗装路なので、安心して車で移動できます。
トイレもあり、水も出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝野営場
この一帯は舗装路なので、安心して車で移動できます。
トイレもあり、水も出ます。
小荒沢林道
こういうキレイな砂利道だけではなく、所々荒れた路面もあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小荒沢林道
こういうキレイな砂利道だけではなく、所々荒れた路面もあります。
落石
何カ所かありましたが、車の幅が2m未満なら全く問題ありません。
2mの車幅の自家用車なんてなかなかないと思いますが…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落石
何カ所かありましたが、車の幅が2m未満なら全く問題ありません。
2mの車幅の自家用車なんてなかなかないと思いますが…。
旗坂キャンプ場
ざっと19km弱の周回コースでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旗坂キャンプ場
ざっと19km弱の周回コースでした。

感想/記録

月末に案内する予定があり、小荒沢林道の様子が気になるので船形山へ。
小荒沢林道は未舗装の砂利道なのでマイカーでは行きたくないなと思い、では走ってみようか…となりました。
ただ走ってもつまらないので、船形山頂を踏みつつ、季節の花を楽しみます。
残雪の様子も確認できて充実の下見山行ができました。

宮城県内の山としては、蔵王連峰、栗駒山に次いで本格的な山行が楽しめるのが船形連峰ですが登山口へのアクセスが不便なため、どちらかというと玄人好みの山ではないかと思います。
この日は、天気にも恵まれて10名ほどが船形山を楽しんでいました。

長いブナの森は、好きな人にとってはたまらないフィールドだと思いますが、その分展望が得られないので一般受けはしにくいと思います。
ただ、途中三光の宮というそれなりに展望に優れた場所もあり、1,400mを過ぎたあたりからの展望もすこぶる良いので、樹林帯歩きの長さもあまり気にならないのではないかと思います。
蛇ヶ岳経由なら、展望ももっと期待できますしね。

分岐点がやたらと多い山なので、しっかりと地図を確認することが必要です。
升沢避難小屋を過ぎての雪渓は、軽アイゼンがあったほうが登りやすいと思いますし、下山でも安心感があると思います。

ミネウスユキソウは、まだ蕾。
月末に咲いてくれると嬉しいな〜。
訪問者数:387人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ