また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1162568 全員に公開 山滑走甲信越

乗鞍岳

日程 2017年06月05日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間8分
休憩
40分
合計
2時間48分
S肩の小屋口09:4410:21「剣ヶ峰口」10:2211:13朝日岳(乗鞍)11:1411:21蚕玉岳11:3211:37乗鞍岳頂上小屋11:46乗鞍岳11:5411:57乗鞍岳頂上小屋11:5812:01蚕玉岳12:1912:32肩の小屋口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

9:22 春山バスに乗ります
2017年06月05日 09:22撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:22 春山バスに乗ります
9:34 肩の小屋口バス停で降りて準備
2017年06月05日 09:34撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:34 肩の小屋口バス停で降りて準備
10:10 スキー板にシールを貼って登ります
2017年06月05日 10:10撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:10 スキー板にシールを貼って登ります
10:30 ここから板を背負って登る
2017年06月05日 10:30撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:30 ここから板を背負って登る
10:33 コロナ観測所と肩の小屋
2017年06月05日 10:33撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:33 コロナ観測所と肩の小屋
1
10:40 可愛い
2017年06月05日 10:40撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:40 可愛い
11:16 穂高方面
2017年06月05日 11:16撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:16 穂高方面
1
11:31 頂上神社が見えてきた、もう少し
2017年06月05日 11:31撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:31 頂上神社が見えてきた、もう少し
11:33 火口湖の権現池は雪の中
2017年06月05日 11:33撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:33 火口湖の権現池は雪の中
11:46 山頂神社
2017年06月05日 11:46撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:46 山頂神社
11:47 山頂3026m
2017年06月05日 11:47撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:47 山頂3026m
2
11:47 鳥居にはエビの尻尾ができている
2017年06月05日 11:47撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:47 鳥居にはエビの尻尾ができている
11:48 御岳方面
2017年06月05日 11:48撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:48 御岳方面
11:56 穂高方面
2017年06月05日 11:56撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:56 穂高方面
12:31 滑降終了
2017年06月05日 12:31撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:31 滑降終了
1
雪の壁
2017年06月05日 12:51撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の壁
3

感想/記録

夫婦で山好きー
http://fufudeyamasuki.fan-site.net/2017/6.05Mt.Norikura/2017.06.05Mt.Norikura-ski.html



6月に入ると春山バスが肩の小屋口まで行くようになります。2600mまでバスで行けるのでとても楽です。

バスが雪の壁の間を通ると歓声があがります。

終点のバス停を降りてスキー板にシールを貼ってから登り始めました。春のザラメ雪でシールが良く効ききます。

まずは傾斜のゆるい肩の小屋に向かいます。元気な若者たちは直登です。肩の小屋でスキーを背負って登山道を登り始めます。途中傾斜がきつくなってきたのでアイゼンをスキー靴に取り付けます。

急登を休みながら登りきり尾根に出ました。ここに荷物をおいて山頂に向かいます。

山頂神社にお参りをしてから登山者の女性に記念写真のシャッターを押してもらいました。山頂からは御岳や補高を見ることができます。白山や北アルプスの山々も見ることができるはずですが雲がかかって見えません。

荷物の所に引き返しパンをかじって小休止です。小休止後に板を履いて滑降開始です。やや雪質は悪いですがあまり気になりません。3000mからの滑りは最高の気分です。2時間以上かけて登っても滑りはわずか8分でした。

妻は膝の調子が悪く今回は肩の小屋まで登ってからバス停に引き返しましたがそれなりに楽しかったようです。

昨夜の宿 ペンション サウスコル
今日の立ち寄り湯 湯けむり館 
訪問者数:786人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ