また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1164756 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

たまには百名山 雲取山のんびり山行

日程 2017年06月09日(金) 〜 2017年06月10日(土)
メンバー , その他メンバー1人
天候1日目 ガスガス
2日目 快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三峰の駐車場を利用(1日510円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間35分
休憩
2時間7分
合計
9時間42分
S三峯神社バス停07:0607:20三峯神社07:3608:01木の鳥居08:50妙法ヶ岳08:56三峯神社奥宮09:0710:53霧藻ヶ峰11:1411:29お清平11:5112:38前白岩山の肩12:58前白岩山13:0313:21白岩小屋13:51白岩山14:0014:40大ダワ15:06雲取山荘15:2315:53雲取山16:1916:48雲取山荘
2日目
山行
6時間7分
休憩
2時間0分
合計
8時間7分
雲取山荘03:3504:12雲取山04:3604:55雲取山荘06:1406:39大ダワ07:38芋ノ木ドッケ07:4408:10白岩山08:10白岩小屋08:58前白岩山09:13前白岩山の肩09:48お清平09:5510:16霧藻ヶ峰10:2011:21木の鳥居11:40三峯神社バス停11:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所はありません  
アップダウンが多く意外にきつかった
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

まずは三峰神社に参拝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは三峰神社に参拝
立派な随身門をくぐる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な随身門をくぐる
立派な本殿で安全登山祈願
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な本殿で安全登山祈願
3
左の道が参道兼登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の道が参道兼登山道
登山道は直進  
奥宮のある妙法ヶ岳は左へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は直進  
奥宮のある妙法ヶ岳は左へ
1
趣のある鳥居をくぐる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
趣のある鳥居をくぐる
1
注連縄をくぐって
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
注連縄をくぐって
1
クサリ場を登れば
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ場を登れば
三峰奥宮のある妙法ヶ岳山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰奥宮のある妙法ヶ岳山頂
3
すぐに尾根道となる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに尾根道となる
尾根を下って登山道と合流
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を下って登山道と合流
1
歩きやすい登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい登山道
だんだん急になる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん急になる
霧藻ヶ峰の三角点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧藻ヶ峰の三角点
ちょっと下った岩場に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと下った岩場に
1
サラサドウダンがきれい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラサドウダンがきれい
11
休息舎は閉まっていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休息舎は閉まっていた
下り切ってお清平
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り切ってお清平
1
白岩山へ急な登り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白岩山へ急な登り
クサリ場  
クサリは使わなくても普通に歩ける
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ場  
クサリは使わなくても普通に歩ける
1
だんだん深山ぽくなってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん深山ぽくなってきた
こんなキロポストが等間隔で立てられている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなキロポストが等間隔で立てられている
1
トウゴクミツバツツジが満開
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トウゴクミツバツツジが満開
10
閉鎖して時が経過しかなり荒れている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
閉鎖して時が経過しかなり荒れている
白岩山山頂は特徴のないだらんとした高まり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白岩山山頂は特徴のないだらんとした高まり
1
樹下にはコミヤマカタバミ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹下にはコミヤマカタバミ
2
芋ノ木ドッケ、と標識があるが、本峰はここを登ったところ(帰りに寄った)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芋ノ木ドッケ、と標識があるが、本峰はここを登ったところ(帰りに寄った)
キバナノコマノツメは亜高山帯ならどこでも見る花
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナノコマノツメは亜高山帯ならどこでも見る花
3
長沢背稜分岐  
ここから都県境稜線を歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長沢背稜分岐  
ここから都県境稜線を歩く
大ダワもガスガス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダワもガスガス
1
雲取ヒュッテも閉鎖して廃小屋となっている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取ヒュッテも閉鎖して廃小屋となっている
1
ガスはますます濃くなる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスはますます濃くなる
ガスの向こうに雲取山荘が見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの向こうに雲取山荘が見えた
やっと到着(^O^)/  
疲れた〜💦
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと到着(^O^)/  
疲れた〜💦
5
ちょっと休んで雲取山頂に向かう  
奥の階段が登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと休んで雲取山頂に向かう  
奥の階段が登山口
一段高い所に田部重治のレリーフ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一段高い所に田部重治のレリーフ
1
相変わらずガスガス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらずガスガス
1
あと200mだ〜  
頑張ろ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと200mだ〜  
頑張ろ〜
山頂見えた(^O^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂見えた(^O^)/
雲取山頂到着  
午後4時だと誰もいない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山頂到着  
午後4時だと誰もいない
7
原三角測点  
西上州白髪岩のものよりもデカい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
原三角測点  
西上州白髪岩のものよりもデカい
1
のんびりしてるとシカさんが登場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんびりしてるとシカさんが登場
5
目の前で葉っぱを食べ始めた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前で葉っぱを食べ始めた
3
ぜんぜん逃げません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぜんぜん逃げません
8
キロポストの数値は当然ながらゼロ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キロポストの数値は当然ながらゼロ
1
避難小屋もガスガスの中  
周りは何にも見えず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋もガスガスの中  
周りは何にも見えず
1
山頂部の南端には山梨百名山の標柱  
このあたりが東京・埼玉・山梨の接点かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部の南端には山梨百名山の標柱  
このあたりが東京・埼玉・山梨の接点かな
1
山荘に戻ったがやっぱりガスガス  
明日は早起きなので早く寝る(-_-)zzz
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘に戻ったがやっぱりガスガス  
明日は早起きなので早く寝る(-_-)zzz
1
翌朝午前3時半の小屋前  
明けの明星金星が見える  
下界の明かりもチラチラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝午前3時半の小屋前  
明けの明星金星が見える  
下界の明かりもチラチラ
7
ヘッデン頼りに山頂へ  
足元に注意しながら登る 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘッデン頼りに山頂へ  
足元に注意しながら登る 
2
少し明るくなってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し明るくなってきた
2
山頂に着いて目に入ったのがこれ  
富士山がスゴい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に着いて目に入ったのがこれ  
富士山がスゴい
13
雲の中を上がってくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の中を上がってくる
20
きれいなオレンジ色
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいなオレンジ色
1
素晴らしいご来光(^O^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしいご来光(^O^)/
4
富士山もほんのり赤い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もほんのり赤い
3
これは国師ヶ岳  
ちょっと赤い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは国師ヶ岳  
ちょっと赤い
甲武信ヶ岳も赤く染まる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲武信ヶ岳も赤く染まる
3
デカい和名倉山にも日が当たる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デカい和名倉山にも日が当たる
2
標柱の上半分にも日が当たり始めた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標柱の上半分にも日が当たり始めた
2
遠くにうっすら甲斐駒・仙丈ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くにうっすら甲斐駒・仙丈ヶ岳
1
この方面は北岳と間ノ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この方面は北岳と間ノ岳
2
芋の木ドッケと白岩山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芋の木ドッケと白岩山
うっすら御荷鉾山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすら御荷鉾山
このギザギザ山は両神山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このギザギザ山は両神山
1
朝日に輝く雲取山荘  
これから朝メシだぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に輝く雲取山荘  
これから朝メシだぁ
2
雲取山荘正面  
いい山小屋です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山荘正面  
いい山小屋です
2
下山します  
今日はいい天気♪ 快適
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山します  
今日はいい天気♪ 快適
1
雲取ヒュッテ跡  
昨日は気づかなかったが凄い荒れよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取ヒュッテ跡  
昨日は気づかなかったが凄い荒れよう
1
ヒュッテ跡に一株だけ咲いていたアズマシャクナゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテ跡に一株だけ咲いていたアズマシャクナゲ
2
帰路は女坂を選択
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路は女坂を選択
大ダワも今日は明るい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダワも今日は明るい
今度は親子のシカさん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は親子のシカさん
7
分岐から長沢背稜に入る  
この先の芋の木ドッケ山頂を経由していく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐から長沢背稜に入る  
この先の芋の木ドッケ山頂を経由していく
またまたシカさん登場  
よくお会いしますねぇ  
食害が深刻なのもうなずける
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまたシカさん登場  
よくお会いしますねぇ  
食害が深刻なのもうなずける
2
芋ノ木ドッケへの急登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芋ノ木ドッケへの急登
芋ノ木ドッケ  
この標識以外何もない  
ちなみに地形図には「芋木ノドッケ」と記載されている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芋ノ木ドッケ  
この標識以外何もない  
ちなみに地形図には「芋木ノドッケ」と記載されている
1
山頂部は奥秩父らしい苔と倒木の道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部は奥秩父らしい苔と倒木の道
この分岐を白岩山へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐を白岩山へ
こっちの道は不明瞭  
慎重にルートを探して下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちの道は不明瞭  
慎重にルートを探して下る
ヤブっぽいヶ所多数あり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブっぽいヶ所多数あり
さすがに歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすがに歩きやすい
白岩小屋跡まで来た
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白岩小屋跡まで来た
頭上にミツバツツジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭上にミツバツツジ
1
地面に咲いたミツバツツジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面に咲いたミツバツツジ
1
モミの木の枝にもミツバツツジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミの木の枝にもミツバツツジ
1
三峰が眼下に・・  
ひえぇ〜 あそこまで戻らなきゃいかないのか 
先は長い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰が眼下に・・  
ひえぇ〜 あそこまで戻らなきゃいかないのか 
先は長い
2
白岩からの激下り  
ヒザにくる・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白岩からの激下り  
ヒザにくる・・
里では終わっているヤマツツジが満開
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里では終わっているヤマツツジが満開
3
霧藻ヶ峰休息舎は今日もお休み
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧藻ヶ峰休息舎は今日もお休み
霧藻ヶ峰ではアセビの新芽が美しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧藻ヶ峰ではアセビの新芽が美しい
5
あとはのんびりと下るだけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとはのんびりと下るだけ
こんな標高を示した標識もある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな標高を示した標識もある
妙法奥宮分岐まで下って来た
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙法奥宮分岐まで下って来た
やった あと1キロ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やった あと1キロ
1
戻って来た  
長かった〜〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って来た  
長かった〜〜
2
今日も怪我なく無事下山  
さすが土曜日 駐車場は満車!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も怪我なく無事下山  
さすが土曜日 駐車場は満車!
5

感想/記録

最近はヤブ山ばっかり歩いていたが、平日に休みが取れたので、たまには百名山でも行こうかということになった。
雲取山は比較的近くにありながらまだ未登だったんで、ちょうどいい機会でもあるし2017年の山でもあるし、行ってみることにした。

三峰神社からの行程は結構長いので、まる1日かけてのんびりと、せっかくなので妙法ヶ岳の奥宮にも参拝して行くことにする。
雲取山荘に泊する1泊2日の山行。

7時過ぎに三峰の駐車場を出発。まず三峰神社に参拝していく。立派な本殿で安全登山を祈願して雲取山への道に入る。天気は曇り。
しばらくは奥宮への参道を緩やかに登って行く。木の鳥居のところで登山道が分岐。雲取山への直行コースを見送り参道を進む。
妙法ヶ岳の奥の岩の上に奥宮があり、ここでも安全祈願。
少し戻って霧藻ヶ峰の案内に従って行くと登山道に合流。だんだん急になって霧藻ヶ峰に着いた。
ここから先が長かった。下ってお清平から白岩山まで標高差は500mくらいあり、アップダウンも多い。
でも今日は時間があるのでゆっくりのんびりと進む。
標高が上がるにつれ植生も変わり、広葉樹林から針葉樹林となった。高山の雰囲気だがガスも濃くなってきた。
ガスガスの中、大ダワから登り上げ、午後3時すぎ、これもガスの中の雲取山荘に着いた。
ちょっと休んで空身で雲取山頂へ。
30分ほど登ると山頂。もう午後4時のせいか誰もいない。周りは真っ白で展望はないが山頂を独り占め(^O^)/
すると後ろで気配がして振り向くとシカさんがこっちを見ていた。一定の距離を保って逃げようとせず、のんびり草を食べたりしていた。
山荘に戻ってゆっくりする。スタッフの話では明日は晴れとのこと。そこで早起きして山頂でご来光を拝むことにした。

午前3時起床。準備して外に出ると・・星が出ている。いい天気だ。
ヘッドランプを点けてゆっくり登る。だんだん明るくなり、4時過ぎ山頂着。周りの山々がよく見える。富士山が綺麗だ。
東の空はオレンジ色に染まり、待つことしばし。出ました(^O^)/
やっぱり山頂からの日の出は最高。周りの山も赤っぽく染まって最高の眺め。富士山もほんのりと赤い。
満足して山荘に戻り朝飯。腹が減ってお代わりしてしまった。
さて、あとは三峰まで長いルートを下山する。天気も良く、気持ちよく下って行く。シカさんも数頭見かけた。
大ダワからはちょっと寄り道して芋ノ木ドッケのピークを踏んでいく。この登りが結構きつかったが、何の特徴もないピークだった。
ここから三峰ルートに戻る道は思ったより不明瞭でちょっとルーファイが必要だった。
あとは来た道をひたすら戻る。木々の間からは和名倉山など周りの山が見え、昨日とはうって変わって登山日和だ。
白岩山、前白岩と過ぎ、霧藻ヶ峰に登り返せばあとはダラダラと下るだけの道となる。妙法ヶ岳への道を分け、緩やかに下って昼前に三峰に戻って来た。
土曜日とあって駐車場は満車。俗社会に戻って来た観がある。
ご来光も拝めたし、良い山行だった。
訪問者数:356人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ