ヤマレコ

記録ID: 1169175 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

黒部五郎岳

日程 2017年06月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
飛越トンネル駐車場まで道路は2車線確保で良好でした。
帰りに道路で、カモシカ2頭と鹿一頭と遭遇です。鹿は危うく轢くところでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
13時間40分
休憩
50分
合計
14時間30分
S飛越新道登山口04:1405:35飛越新道分岐05:3606:28寺地山06:3408:53神岡新道分岐08:5509:02北ノ俣岳09:1409:42赤木岳09:4310:09中俣乗越11:44黒部五郎の肩11:4711:59黒部五郎岳12:1412:24黒部五郎の肩12:2713:28中俣乗越14:20赤木岳14:51北ノ俣岳14:5815:04神岡新道分岐16:39寺地山17:25飛越新道分岐18:44飛越新道登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
飛越トンネル〜神岡新道分岐
 雪はありませんがぬかるみ箇所があります。笹を刈り払いしてあるので道幅があり
 ます。
神岡新道〜寺地山
 積雪あります。トレースがないと迷いますが、基本直進でした。
避難小屋から北ノ俣岳
 ここから開け、展望いいです。最初は木道。池塘が点在し癒しの場所。
北ノ俣岳〜黒部五郎岳
 雪が多く残ります。一カ所、中俣乗越辺りで下山時にアイゼンを使用。
 極力、雪の上を歩くようにしました。
 黒部五郎岳は登りは夏道、下りは雪の斜面を利用。
熊の目撃情報があつたので。道中、熊鈴と舌で口を鳴らしながら警戒していましたが
ゴールの駐車場に居ました。距離をとってしばらく観察し音をたてて退散願いました。もぞもぞしていて、意外とかわいいものです。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター 予備靴ひも ザック アイゼン ピッケル スコップ 行動食 飲料 水筒(保温性) ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ ポール

写真

飛越トンネル駐車場スタート!
2017年06月11日 04:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛越トンネル駐車場スタート!
1
長い1日の始まりです。
2017年06月11日 04:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い1日の始まりです。
1
歩き始めて30分ほどで水芭蕉登場。
ここから寺地山近くまで群生地が続きます。
水芭蕉銀座のはじまりはじまり。
2017年06月11日 04:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めて30分ほどで水芭蕉登場。
ここから寺地山近くまで群生地が続きます。
水芭蕉銀座のはじまりはじまり。
3
癒されるんですが、水芭蕉は湿地帯を好むんです。
ぐちょぐちょ(T_T)
2017年06月11日 05:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒されるんですが、水芭蕉は湿地帯を好むんです。
ぐちょぐちょ(T_T)
1
神岡新道分岐までは登山道の左右が刈り払いされています。
道がぬかるんでいても、どちらかに逃げることが可能でした。
2017年06月11日 05:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神岡新道分岐までは登山道の左右が刈り払いされています。
道がぬかるんでいても、どちらかに逃げることが可能でした。
1
整備されてます。
2017年06月11日 05:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備されてます。
1
水芭蕉街道続きます。
2017年06月11日 05:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水芭蕉街道続きます。
2
飽きてきました(>_<)
2017年06月11日 05:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飽きてきました(>_<)
1
笠ヶ岳見えました。
2017年06月11日 06:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳見えました。
6
相棒もこの様ですわ。
2017年06月11日 06:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相棒もこの様ですわ。
2
寺地山付近は雪上歩き。前日は雨、薄くなったトレースを拾いました>
基本、真っ直ぐです。
2017年06月11日 06:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺地山付近は雪上歩き。前日は雨、薄くなったトレースを拾いました>
基本、真っ直ぐです。
朝早い出発で雪が締まり、快調です。
2017年06月11日 06:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝早い出発で雪が締まり、快調です。
寺地山山頂。
展望はなし。
2017年06月11日 06:36撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺地山山頂。
展望はなし。
1
北ノ俣岳。まだ遠い。
2017年06月11日 06:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北ノ俣岳。まだ遠い。
ふり返って。右が寺地山。
2017年06月11日 07:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふり返って。右が寺地山。
1
避難小屋まできました。
この辺りから一気に開けます。池塘地帯です。
2017年06月11日 07:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋まできました。
この辺りから一気に開けます。池塘地帯です。
朝、冷えました。
2017年06月11日 07:41撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝、冷えました。
1
北ノ俣岳までは夏道が出ていました。
2017年06月11日 08:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北ノ俣岳までは夏道が出ていました。
北ノ俣ピーク。ここまでも長いですが、ここからも長かった。
2017年06月11日 09:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北ノ俣ピーク。ここまでも長いですが、ここからも長かった。
2
右から笠、五郎、槍、三俣蓮華、鷲羽、水晶がちょこん。
わかるかなあ。
2017年06月11日 09:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右から笠、五郎、槍、三俣蓮華、鷲羽、水晶がちょこん。
わかるかなあ。
4
薬師岳。後ろは剱かな。
2017年06月11日 09:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳。後ろは剱かな。
5
手前から五郎、笠、乗鞍、御岳。
2017年06月11日 09:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前から五郎、笠、乗鞍、御岳。
3
眼下に有峰湖が。
2017年06月11日 09:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に有峰湖が。
黒部五郎岳へ向かいます。
2017年06月11日 09:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳へ向かいます。
3
この日、初めて会ったスキーヤー。折立から来てました。
2017年06月11日 09:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日、初めて会ったスキーヤー。折立から来てました。
手前、赤木岳。微妙なアップダウンで地味に堪えます。
2017年06月11日 09:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前、赤木岳。微妙なアップダウンで地味に堪えます。
2
正面に水晶岳。
北ノ俣〜黒部五郎間は8割は残雪歩きです。
2017年06月11日 09:54撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に水晶岳。
北ノ俣〜黒部五郎間は8割は残雪歩きです。
1
黒部五郎岳。登りは右側の夏道を、下りは雪渓を下りました。
2017年06月11日 10:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳。登りは右側の夏道を、下りは雪渓を下りました。
初黒部五郎です。
2017年06月11日 12:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初黒部五郎です。
6
右より、鷲羽、ワリモ岳、水晶岳。
2017年06月11日 12:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右より、鷲羽、ワリモ岳、水晶岳。
5
薬師。
折立からの日帰りの方です。
2017年06月11日 12:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師。
折立からの日帰りの方です。
3
穂高連峰〜笠〜乗鞍〜御岳
2017年06月11日 12:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高連峰〜笠〜乗鞍〜御岳
どこから見ても、尖ってますね。
2017年06月11日 12:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこから見ても、尖ってますね。
7
奥に立山、剱。
2017年06月11日 12:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に立山、剱。
2
来た稜線。
2017年06月11日 12:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た稜線。
1
手を合わせました。
2017年06月11日 12:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手を合わせました。
槍から穂高
2017年06月11日 12:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍から穂高
2
下りは靴スキーで。
2017年06月11日 12:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは靴スキーで。
1
雪をつなぎました。
2017年06月11日 12:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪をつなぎました。
1箇所トラバースでアイゼン使用。
2017年06月11日 12:41撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1箇所トラバースでアイゼン使用。
はい松帯をショートカット。
2017年06月11日 14:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい松帯をショートカット。
戻りました。
2017年06月11日 14:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻りました。
2
ここで水分補給。
2017年06月11日 15:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで水分補給。
1
池糖帯です。
2017年06月11日 16:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池糖帯です。
1
雪が緩んでズボッ。
2017年06月11日 16:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が緩んでズボッ。
水芭蕉群生地ですが登山道です(>_<)
2017年06月11日 17:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水芭蕉群生地ですが登山道です(>_<)
池じゃなく登山道です(>_<)
2017年06月11日 17:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池じゃなく登山道です(>_<)
1
やっと駐車場に戻ってきました。
ん、何か居る、熊でした。
ストック叩いて退散願いました。
2017年06月11日 18:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと駐車場に戻ってきました。
ん、何か居る、熊でした。
ストック叩いて退散願いました。
11
疲れました。
19時近いんですが、明るいです。
2017年06月11日 18:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れました。
19時近いんですが、明るいです。
1
相棒もクタクタですね。
2017年06月11日 19:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相棒もクタクタですね。
6
撮影機材:

感想/記録

まだ行ってない黒部五郎、泊りの予定でしたが前日は雨。急きょ日帰りで行くことにしました。
水芭蕉の群生は一見の価値ありです。2時間程続きます。上の方はまだ芽がでていません。どころか雪の下ですので当分楽しめそうです。
北ノ俣岳から黒部五郎岳のピストンが長くきつく感じ、アップダウンでばてました。
途中で薬師方面から来た2名と会っただけです。その方によると薬師岳は登山者が多いそうです。黒部五郎岳は、ほぼ貸切でした。
訪問者数:569人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ