また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1172254 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳、大雪渓には美女が良く似合う

日程 2017年06月17日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間5分
休憩
57分
合計
8時間2分
S猿倉荘06:3707:38白馬尻荘07:3908:47岩室跡08:5110:12避難小屋10:1911:32白馬山荘11:47白馬岳12:1412:22白馬山荘12:3312:45白馬岳頂上宿舎13:08避難小屋13:0913:23岩室跡13:2413:53白馬尻小屋13:5613:57白馬尻荘14:34猿倉荘14:3514:36猿倉登山口駐車場14:3714:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
何度も落石のすごい音が響き渡りました。十分注意してください。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

猿倉荘、建物左手が登山口です。
2017年06月17日 06:24撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉荘、建物左手が登山口です。
2
登山口から暫くすると林道に出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から暫くすると林道に出ます。
1
白馬岳遥かなり
2017年06月17日 06:49撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳遥かなり
2
林道終点、ここから再び登山道
2017年06月17日 07:10撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点、ここから再び登山道
1
大雪渓末端に50分余りで到着、アイゼン、メットを装着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓末端に50分余りで到着、アイゼン、メットを装着
2
開放感が溢れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開放感が溢れます。
3
で、どうしてもこんなポーズに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、どうしてもこんなポーズに
4
こんな石がゴロゴロ、何度も杓子岳側からバリバリと落石の物凄い音がしていました。
2017年06月17日 08:03撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな石がゴロゴロ、何度も杓子岳側からバリバリと落石の物凄い音がしていました。
4
相方はボードを背負い、スノボブーツに軽アイゼンなので相当しんどそうです。
2017年06月17日 08:14撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相方はボードを背負い、スノボブーツに軽アイゼンなので相当しんどそうです。
2
小雪渓の急登が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雪渓の急登が見えてきました。
2
小雪渓突入、先行者がつけたステップがしっかりしていたので、結局ピッケルは担いだままでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雪渓突入、先行者がつけたステップがしっかりしていたので、結局ピッケルは担いだままでした。
2
すごい傾斜
2017年06月17日 09:38撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごい傾斜
2
もう一回、すごい傾斜
2017年06月17日 09:38撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一回、すごい傾斜
2
小雪渓を登りきると、昨晩白馬山荘に宿泊し、これから下山するお嬢さん二人とすれ違いました。千葉から来られたそうで、とにかく二人とも明るく爽やか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雪渓を登りきると、昨晩白馬山荘に宿泊し、これから下山するお嬢さん二人とすれ違いました。千葉から来られたそうで、とにかく二人とも明るく爽やか。
7
相方も重荷を背負って、喘ぎながら急登終了間近です。
2017年06月17日 09:33撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相方も重荷を背負って、喘ぎながら急登終了間近です。
3
と、突然現れた美女2名に、にやけまくり。
2017年06月17日 09:58撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と、突然現れた美女2名に、にやけまくり。
2
村営宿舎への登り、天狗菱方面を振り返る。
2017年06月17日 10:48撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
村営宿舎への登り、天狗菱方面を振り返る。
1
村営宿舎がみえてきました。稜線まであと少し。
2017年06月17日 10:48撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
村営宿舎がみえてきました。稜線まであと少し。
2
村営宿舎を出て少し、大雪渓分岐です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
村営宿舎を出て少し、大雪渓分岐です。
1
白馬山荘へ続く道。一昨年白馬鑓、杓子と時計回りで三山日帰り周回した時は、この緩斜面の登りが地獄でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山荘へ続く道。一昨年白馬鑓、杓子と時計回りで三山日帰り周回した時は、この緩斜面の登りが地獄でした。
1
白馬山荘です。この地点で4時間56分、5時間超えるの確実に。
2017年06月17日 11:31撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山荘です。この地点で4時間56分、5時間超えるの確実に。
2
白馬山荘を過ぎ頂上への最後の登り。剱立山、毛勝三山、地元の山々を反対側から、
2017年06月17日 11:34撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山荘を過ぎ頂上への最後の登り。剱立山、毛勝三山、地元の山々を反対側から、
2
ついに頂上の方位板が、、ここまで5時間15分、やっぱ年々衰えてる。
2017年06月17日 11:47撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに頂上の方位板が、、ここまで5時間15分、やっぱ年々衰えてる。
1
頂上から大雪渓を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から大雪渓を望む
5
山好きの諏訪の友人に「白馬岳ナウ!」とLINE、すると何と彼も白馬岳に!30分ほど先に下山開始とか、、「駆け降りるから待ってろ〜!!」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山好きの諏訪の友人に「白馬岳ナウ!」とLINE、すると何と彼も白馬岳に!30分ほど先に下山開始とか、、「駆け降りるから待ってろ〜!!」
4
大雪渓を無休憩で一気に駆け降り、10分待たせただけで、諏訪の友人と会うことが出来た。太ももがつり、しばらく歩くことができなかった。
2017年06月17日 13:53撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓を無休憩で一気に駆け降り、10分待たせただけで、諏訪の友人と会うことが出来た。太ももがつり、しばらく歩くことができなかった。
5
と、なんと、小雪渓ですれ違ったお嬢さんたちがお喋りしながらゆっくり下山中、諏訪の友人も入れて記念撮影
2017年06月17日 13:54撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と、なんと、小雪渓ですれ違ったお嬢さんたちがお喋りしながらゆっくり下山中、諏訪の友人も入れて記念撮影
3
ノリノリのお嬢さん達、楽しい思い出ありがとう。
2017年06月17日 13:54撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノリノリのお嬢さん達、楽しい思い出ありがとう。
6
撮影機材:

感想/記録

2週間前の薬師岳に続き、雪渓登りがしたくて白馬岳を選択しました。ここは3度目、昨年は蓮華温泉から、一昨年は時計回りの白馬三山周回で、大雪渓は下ったけど登るのは今度が初めてでした。駐車場から僅か50分で大雪渓に到着、後は雄大な景色をずっと眺めながら一度も下りなしの登りっぱなし、こんな中身の詰まった経済的コースは他にありません。快晴、微風の絶好のコンディション、諏訪の友人との偶然の出会い、そして、超明るいお嬢さんたちとのエピソード、かつてないほどの楽しい登山になりました。
訪問者数:680人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ