また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1172642 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

焼岳 新中の湯から上高地へ

日程 2017年06月17日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間38分
休憩
1時間38分
合計
6時間16分
S新中の湯登山口07:1108:011972mピーク08:0208:22広場08:2408:28下堀沢出会09:31焼岳(北峰)10:5511:30中尾峠11:34焼岳展望台11:3711:40新中尾峠11:4311:47焼岳小屋12:02長ハシゴ12:0412:31峠沢梯子場12:55上高地焼岳登山口13:03西穂高岳登山口13:0413:08上高地温泉ホテル13:0913:20上高地アルペンホテル13:2113:27河童橋13:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
新中の湯ルートの山頂前に残雪のトラバースがあるが、アイゼンなしでも歩けるが落石には注意。
山頂から新中尾峠への下りは浮き石が多く落石させないよう慎重に歩きました。
その他周辺情報新中の湯登山口の駐車スペースは午前7時の時点で満車で路駐多数でしたので
登山口より徒歩5分ほどの進んだあたりに車を停めました。
上高地バスセンターから新中の湯登山口までタクシー(3700円)で戻りました。
温泉:ひらゆの森(500円)
夕食:ほりがね炭火焼肉料理店(安曇野市豊科)
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ GPS ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

午前7時の新中の湯登山口。駐車できなかったので少し登ったところの青看板下のスペースに停めました。
2017年06月17日 07:10撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前7時の新中の湯登山口。駐車できなかったので少し登ったところの青看板下のスペースに停めました。
ここからしばらくは樹林帯の登り。
2017年06月17日 07:12撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからしばらくは樹林帯の登り。
一部残雪あり。
2017年06月17日 08:10撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部残雪あり。
広場から見あげる焼岳。
2017年06月17日 08:20撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場から見あげる焼岳。
雪渓横の夏道を登ります。
2017年06月17日 08:29撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓横の夏道を登ります。
樹林帯を抜けてからは山頂まで急登。
2017年06月17日 08:34撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けてからは山頂まで急登。
蒸気が吹きあがっているのが遠目に見えます。
2017年06月17日 08:41撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蒸気が吹きあがっているのが遠目に見えます。
青空に浮かぶ月
2017年06月17日 08:41撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に浮かぶ月
このあたりから残雪のトラバースの連続。落石に注意を払いつつ足早に通過。
2017年06月17日 08:50撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりから残雪のトラバースの連続。落石に注意を払いつつ足早に通過。
連れが登ってきます。
2017年06月17日 08:54撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連れが登ってきます。
最後のひと踏ん張り。
2017年06月17日 09:01撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のひと踏ん張り。
南峰を見上げる。あの岩が落ちてきたらひとたまりもない。
2017年06月17日 09:07撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰を見上げる。あの岩が落ちてきたらひとたまりもない。
残雪ゾーンが終わればあと少し。
2017年06月17日 09:19撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪ゾーンが終わればあと少し。
1
稜線からは火山湖の正賀池が眼下に。
2017年06月17日 09:23撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線からは火山湖の正賀池が眼下に。
1
立ち入り禁止の南峰と正賀池。
2017年06月17日 09:23撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち入り禁止の南峰と正賀池。
正賀池をバックに記念撮影。
2017年06月17日 09:26撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正賀池をバックに記念撮影。
2
硫黄の蒸気が目の前から吹き上げてます。火山だというのを思い知らされます。
2017年06月17日 09:30撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄の蒸気が目の前から吹き上げてます。火山だというのを思い知らされます。
北峰の山頂をトラバースして山頂へ
2017年06月17日 09:30撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰の山頂をトラバースして山頂へ
いたる所から蒸気が上がってます。
2017年06月17日 09:35撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いたる所から蒸気が上がってます。
山頂で記念撮影。
2017年06月17日 09:40撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で記念撮影。
1
山頂から見た南峰。奥には乗鞍岳。
2017年06月17日 09:42撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から見た南峰。奥には乗鞍岳。
山頂からのパノラマ。
2017年06月17日 10:26撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からのパノラマ。
1
上高地と穂高連峰。奥に槍も見えます。
2017年06月17日 10:28撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地と穂高連峰。奥に槍も見えます。
2
正面には霞沢岳。
2017年06月17日 10:29撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面には霞沢岳。
山頂は大盛況。
2017年06月17日 10:47撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は大盛況。
1
上高地へ下ります。
2017年06月17日 11:02撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地へ下ります。
浮き石が多いので慎重に歩きます。
2017年06月17日 11:04撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浮き石が多いので慎重に歩きます。
眼下に焼岳小屋と上高地へ続く九十九折れの登山道。
2017年06月17日 11:09撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に焼岳小屋と上高地へ続く九十九折れの登山道。
1
振り返って焼岳を見上げる。
2017年06月17日 11:19撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って焼岳を見上げる。
展望台からの焼岳。
2017年06月17日 11:36撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの焼岳。
焼岳小屋で記念バッジを買いました。
2017年06月17日 11:42撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳小屋で記念バッジを買いました。
ひたすら下ります。
2017年06月17日 11:50撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら下ります。
上高地川は鎖場やハシゴが何か所かありますが、難易度は高くありません。
2017年06月17日 11:57撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地川は鎖場やハシゴが何か所かありますが、難易度は高くありません。
一番長いハシゴ。
2017年06月17日 12:02撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番長いハシゴ。
だいぶ降りてきました。
2017年06月17日 12:02撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ降りてきました。
何気に一番危なそうに感じた場所。
2017年06月17日 12:14撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何気に一番危なそうに感じた場所。
登山道抜けました。あとは作業道路を観光客に混じって河童橋まで歩きます。
2017年06月17日 12:54撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道抜けました。あとは作業道路を観光客に混じって河童橋まで歩きます。
梓川と霞沢岳
2017年06月17日 13:09撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梓川と霞沢岳
1
ウェストン碑。
2017年06月17日 13:11撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウェストン碑。
河童橋と奥穂高。上高地と言えばこれですね。
2017年06月17日 13:40撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋と奥穂高。上高地と言えばこれですね。
3

感想/記録
by VOL7

今回は友人と一緒なので手軽に日帰りできる山ということとで登ったことのない焼岳にしました。ついでにお気に入りの温泉に入って美味しい焼肉を食べるというトリプルコンボ。新中の湯からだとゆっくり登っても3時間かからず、ピストンだと物足りなくなりそうだったので上高地に降りました。梅雨の晴れ間の晴天に恵まれ、とても気持ちのいい山行となりました。そのせいか山頂は大盛況でした。山頂で上高地を見下ろしながらゆっくり食事をして、焼岳小屋で記念のバッジを購入し上高地へ下ってタクシーで戻りました。周辺の3000m峰に比べると地味だと思っていましたが、登ってみるとどうして良い山だと感じました。
訪問者数:280人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ