また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1174216 全員に公開 キャンプ等、その他東海

濃厚!深南部 寸又川源流(光岳・千頭山・加加森山)

日程 2017年06月16日(金) 〜 2017年06月18日(日)
メンバー , その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間18分
休憩
1時間2分
合計
9時間20分
S易老渡05:3006:49面平06:5008:45易老岳08:4809:37三吉平09:3810:39県営光岳小屋11:2512:13百俣沢の頭14:28光岳登山口(柴沢吊橋)14:3914:50千頭山登山口
2日目
山行
11時間32分
休憩
34分
合計
12時間6分
千頭山登山口05:1207:14千頭山07:1707:301970m08:40リンチョウ沢出合09:0014:05加加森山14:1514:58諸河内ノ頭14:5916:28光岳17:18県営光岳小屋
3日目
山行
4時間11分
休憩
3分
合計
4時間14分
イザルヶ岳06:3107:15三吉平08:21易老岳08:2309:38面平10:39易老渡10:4010:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

易老渡 登山口
2017年06月16日 05:24撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
易老渡 登山口
快速で面平に
2017年06月16日 06:32撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快速で面平に
バイケイソウがたくさん
2017年06月16日 06:34撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイケイソウがたくさん
朝日が差し込む
2017年06月16日 06:53撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が差し込む
今回ファーストピーク、易老岳
2017年06月16日 08:35撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回ファーストピーク、易老岳
ミツバオウレン
花びらがやや尖り
2017年06月16日 09:01撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン
花びらがやや尖り
三吉ガレから景色を見る
2017年06月16日 09:06撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三吉ガレから景色を見る
三吉沢沿い
2017年06月16日 09:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三吉沢沿い
ハクサンイチゲかなぁ
2017年06月16日 10:06撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲかなぁ
かわい、姫イチゲ
2017年06月16日 10:24撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かわい、姫イチゲ
てかり小屋
2日目の荷物をデポ
2017年06月16日 10:35撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
てかり小屋
2日目の荷物をデポ
上河内・聖方面
2017年06月16日 10:35撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上河内・聖方面
1
信濃㑨・大根沢山
2017年06月16日 11:26撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信濃㑨・大根沢山
天気が良くって気持ちいい
2017年06月16日 11:34撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気が良くって気持ちいい
いざ柴沢小屋へ
2017年06月16日 11:37撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ柴沢小屋へ
大井川源流部原生自然環境保全地域看板
2017年06月16日 11:53撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大井川源流部原生自然環境保全地域看板
百又沢の頭
2017年06月16日 12:11撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百又沢の頭
1
原生の森を闊歩
2017年06月16日 12:36撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
原生の森を闊歩
カタバミがとりたかったのかな。
2017年06月16日 12:37撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタバミがとりたかったのかな。
1
イチヨウラン
2017年06月16日 13:17撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イチヨウラン
イチヨウラン花
2017年06月16日 13:17撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イチヨウラン花
崩れた斜面を経て小屋へ
2017年06月16日 14:20撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩れた斜面を経て小屋へ
吊橋は傾き気味
2017年06月16日 14:26撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊橋は傾き気味
かつての光岳登山口
2017年06月16日 14:30撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かつての光岳登山口
1
光小屋からの夜明け
2017年06月18日 04:06撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光小屋からの夜明け
イザルガ岳から聖岳。
来週いくよー
2017年06月18日 06:04撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イザルガ岳から聖岳。
来週いくよー
1

感想/記録
by ukky

あこがれの寸又川源流尾根。
簡単に入れない、誰でも入れるわけではないという深い場所。
奥深い深南部にまだまだひよっこの自分。
まだその価値が私にわかるかわからないかも、わからないままに、
でも、ありがたくも参加させていただけました。

メンバーは師匠one-hunterさん、そして高山植物保護つながりのホープ2名でした。

6月中旬、梅雨どきにもかかわらず、初日から2日目前半は晴天、
後半もガスったり、曇る程度で天候に恵まれました。

初日 易老渡〜易老岳〜光岳(分岐)〜柴沢小屋泊
one-hunterさんを先頭にいつものように快調にルートを進み、
順調に柴沢小屋へ到着。
これ以上ない山日和。
光岳から贅沢にこれからめぐる山々を見ながら下りました。
私は怖がってできなかったけれど、
柴沢小屋に着いたあと、沢ならではの楽しいイベント。

2日目 柴沢小屋〜千頭山〜源流尾根〜加加森山〜光岳〜光小屋泊
登って、下って、また登るという過酷な行程の1日。
千頭山へ登ったかと思ったら、激下り。
何をルーファイの判断にするのかも理解できないまま、
必死に後ろをくっついて、やっとの思いで沢に下りました。
気を抜けるところがない大変な下りでした。
沢で給水して、やっと一息。
しかし、そこからが本番。源流尾根の取りつきが大変なこと。
ひたすらに続くに見える長い尾根に自分の非力さを感じるしかないような。
2回目の登りで、体が重く、ふくろはぎが伸びきるような痛みに耐えながら
なんとか中盤までいきました。
尾根の中間あたりで、1名が不調になり、メンバーみんなで必死に介抱。
持ちものや、知恵を出し合って、しばらく体を休めた結果、
歩けるまでに回復しました。
稜線まで歩いて救助を求めるかも考えたので、本当に良かった。
山で直面することとして、勉強になりました。
リスクマネジメントの大切さが身をもってわかる機会となりました。
行程通り歩けるまでに回復して何より良かったです。

源流尾根を登り切って稜線に着いて安堵した頃、ガスが出ました。
加加森山は原生の雰囲気が濃い。味わって歩きました。
加加森山から光岳へは、ルートが明瞭なところと、わかりにくいところが
入り混じっていました。
最後の登りは力を振り絞って、光に着いたときはうれしかった。
メンバー全員で今日の過酷なルートを歩き切ってここに来れたと素直にうれしい。
自然と握手で喜び合いました。

光小屋は盛況で30人程はいたのではないかと思われます。
ソロ、グループ、賑わっていました。

3日目 光小屋〜イザルガ岳〜易老岳〜易老渡
あんなに疲れ切った昨日でしたが、寝るとそこそこ回復できるので
人間の体はすごいです。
雲っていましたが、イザルガ岳からは、中央アルプスがはっきり。
北アルプスも槍のシルエットが見えました。
富士山、深南部の山々の景色をしばらく堪能しました。
ライチョウも期待しましたが、こちらは出会えず。
下りきるころ、2日前にここを登ったときには想像できなかった
濃すぎる山旅でした。
ゴールデン源流尾根、
私には味わいきれていないところがあるのかもしれませんが、
ど真ん中に下りて、自分の足で歩いてこられた事実にとりあえず満足!
天候に感謝。メンバー全員で無事に行程を歩けたことに感謝。
充実の3日間、ありがとうございました。

感想/記録

5回目の寸又川源流でした、
SさんIchiziさんの案内を兼ねて行ってきました。
今回は光岳の登りになってばててしまい、なさけないかな水を取りに行けなくて他のメンバーに行ってもらいました。
ありがとうございました。
今回の新メニューは柴沢小屋でのイワナのつかみ捕り、成果はIさんの1匹でしたが楽しむことができました。おいしく刺身でいただきました。
3日間天気も良くて最高の自然を楽しむことができました。
訪問者数:387人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/15
投稿数: 2841
2017/6/18 20:49
 お疲れさまでした!!!
one-hunter先生、ukkyさん、みなさんお疲れさまでした!!!
この深南部最奥のルートは本当に未知の部分が多く、ルートも整備されていないので、体力・RF共にかなりハードな山行だったのではないでしょうか?

源流尾根の深山の雰囲気から加加森山の一般ルートに出た時の安堵感や宿泊地である光小屋に着いた時は最高だったでしょうね

僕は柴沢で釣りでしたが、つかみ取りという方法がありましたか?
次はyamayoさんに同行して頂き指南お願いしたいと思います

素晴らしい記録ありがとうございました!!!
登録日: 2013/8/29
投稿数: 73
2017/6/19 19:45
 Re: お疲れさまでした!!!
KAIさんこんにちは。
もうじき山小屋です。
今年も安全でうまくいきますようにと思っていろいろな準備に忙しいところです。
聖平小屋もハイレベルのKAIさんに応援していただきありがたいことです。
小屋では電気・水道・食事・旅館・お客さん対応・事故対応・発電機・衛生問題・・・すべてやらなければならないので皆さんの応援非常にありがたいです。

山に行かなければおかしくなってしまいます。
加加森山は自分としてはいろんな方向から登りお気に入りの山です。
満足感いっぱいの山です。
一番は聖ですよね。
KAIさん8月は待ってます。よろしく

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ