また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1179304 全員に公開 ハイキング富士・御坂

【御坂】すずらんの里入口〜大石峠〜節刀ケ岳〜根場

日程 2017年06月24日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車バス
新宿4:58-5:59高尾6:01-6:37大月6:53-7:44河口湖7:58-8:27すずらんの里入口BS
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間6分
休憩
26分
合計
4時間32分
Sすずらんの里入口バス停08:3609:42大石峠09:5310:15金堀山10:42節刀ヶ岳分岐10:4310:46節刀ヶ岳10:4810:51節刀ヶ岳分岐10:58金山11:21鬼ヶ岳11:2212:07鍵掛峠12:1813:04西湖いやしの里根場13:08いやしの里BSG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
金山を降り鬼ケ岳への登り返しから鍵掛峠にかけ、所々に岩稜、ヤセ尾根状の箇所がありますが、道端が灌木やスズタケ交じりで高度感がないためかえってリスクを感じました。疲れた足取りにはご用心です。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

富士急からの富士山。(下吉田駅出てすぐ。三つ峠駅辺りから左側の車窓に見え始め、だんだんと大きくなります)
2017年06月24日 07:32撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士急からの富士山。(下吉田駅出てすぐ。三つ峠駅辺りから左側の車窓に見え始め、だんだんと大きくなります)
同。(月江寺駅過ぎると富士吉田市街の向こうに大きく広がります)
2017年06月24日 07:35撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同。(月江寺駅過ぎると富士吉田市街の向こうに大きく広がります)
河口湖駅、約26℃。
2017年06月24日 08:00撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河口湖駅、約26℃。
十二ケ岳の向こうに目指す節刀ケ岳。
2017年06月24日 08:06撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二ケ岳の向こうに目指す節刀ケ岳。
浅川温泉街BS辺りからは湖と富士山も。(左側車窓)
2017年06月24日 08:07撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅川温泉街BS辺りからは湖と富士山も。(左側車窓)
1
北側を走ると静かな湖畔の風景が。(曇り予想だったのでガチ撮り)
2017年06月24日 08:17撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側を走ると静かな湖畔の風景が。(曇り予想だったのでガチ撮り)
大石峠(トンネル)へと向かいます。十二ケ岳も大きく。
2017年06月24日 08:20撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石峠(トンネル)へと向かいます。十二ケ岳も大きく。
すずらんの里BS前。バスは手前道路の右から左へ走ります。正面を進むと釈迦ケ岳へ。
2017年06月24日 08:34撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すずらんの里BS前。バスは手前道路の右から左へ走ります。正面を進むと釈迦ケ岳へ。
バスの来た道を少し戻り林道へ入ります。
2017年06月24日 08:36撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスの来た道を少し戻り林道へ入ります。
振り返ったところ。黄色い道路標識が目印。
2017年06月24日 08:36撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ったところ。黄色い道路標識が目印。
簡易舗装の落ち着いた林道です。
2017年06月24日 08:36撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
簡易舗装の落ち着いた林道です。
いくつか分岐もありますが基本的には舗装路へ。
2017年06月24日 08:38撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつか分岐もありますが基本的には舗装路へ。
大石峠への道標。林道入口から7分。
2017年06月24日 08:43撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石峠への道標。林道入口から7分。
道標。まだ登山道ではなく林道が続きます。
2017年06月24日 08:46撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標。まだ登山道ではなく林道が続きます。
ようやく登山道になります。
2017年06月24日 09:00撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく登山道になります。
涸沢を越えますが、この丸太はNG。適当に沢床を渡ります。
2017年06月24日 09:05撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢を越えますが、この丸太はNG。適当に沢床を渡ります。
道標。この辺り、踏み跡薄くロストしやすいところですが、目の前の尾根に取付くつもりで探ります。
2017年06月24日 09:06撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標。この辺り、踏み跡薄くロストしやすいところですが、目の前の尾根に取付くつもりで探ります。
左の立ち木にある赤ペンキが目印になります。
2017年06月24日 09:08撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の立ち木にある赤ペンキが目印になります。
旧い峠道なので全般に幅広く緩やかで、段差もほとんどなく大変歩きやすいです。
2017年06月24日 09:21撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧い峠道なので全般に幅広く緩やかで、段差もほとんどなく大変歩きやすいです。
大石峠は、
2017年06月24日 09:47撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石峠は、
草原状でみはらしよしです。
2017年06月24日 09:55撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草原状でみはらしよしです。
同、変わらず約26℃。
2017年06月24日 09:49撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同、変わらず約26℃。
金堀山までひと登り。
2017年06月24日 10:15撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金堀山までひと登り。
ヤマプラ記載の"ガレ場上"から、河口湖も遠くなりました。
2017年06月24日 10:21撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマプラ記載の"ガレ場上"から、河口湖も遠くなりました。
御坂山塊の尾根は結構上ったり下ったりタイヘンです。
2017年06月24日 10:23撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御坂山塊の尾根は結構上ったり下ったりタイヘンです。
節刀ケ岳への尾根に乗ります。
2017年06月24日 10:43撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
節刀ケ岳への尾根に乗ります。
頂上直下の岩場。
2017年06月24日 10:45撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下の岩場。
節刀ケ岳山頂から鬼ケ岳。(山名標撮影忘れ)
2017年06月24日 10:48撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
節刀ケ岳山頂から鬼ケ岳。(山名標撮影忘れ)
見事な十二ケ岳。
2017年06月24日 10:50撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事な十二ケ岳。
金山。十二ケ岳への分岐。この先のコルからの鬼ケ岳の登り返しから、岩や崖地が出てくるので要注意。
2017年06月24日 10:59撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山。十二ケ岳への分岐。この先のコルからの鬼ケ岳の登り返しから、岩や崖地が出てくるので要注意。
鬼ケ岳の"ツノ"。
2017年06月24日 11:21撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ケ岳の"ツノ"。
鬼ケ岳山頂。
2017年06月24日 11:21撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ケ岳山頂。
山頂から17分、振り返ったところ、岩盤ではなくストックの方向から来ました。
2017年06月24日 11:38撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から17分、振り返ったところ、岩盤ではなくストックの方向から来ました。
キレット状。正面ではなく左のガレを少し下ります。
2017年06月24日 11:39撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット状。正面ではなく左のガレを少し下ります。
ロープがありました。
2017年06月24日 11:40撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープがありました。
このような箇所が少し続きます。
2017年06月24日 11:55撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような箇所が少し続きます。
西湖と根場集落を望みます。
2017年06月24日 11:57撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西湖と根場集落を望みます。
心もとないですが、ロープなしでも進めます。
2017年06月24日 11:58撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心もとないですが、ロープなしでも進めます。
鍵掛峠。正面のピークが鍵掛。
2017年06月24日 12:08撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍵掛峠。正面のピークが鍵掛。
今日はここから下山。いきなり崩落。
2017年06月24日 12:20撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はここから下山。いきなり崩落。
あとは広い緩やかな九十九折り、大石峠南面と似ています。
2017年06月24日 12:24撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは広い緩やかな九十九折り、大石峠南面と似ています。
少し岩が出ている程度です。
2017年06月24日 12:27撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し岩が出ている程度です。
こちらも立派な看板。
2017年06月24日 12:28撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも立派な看板。
馬でも走れそうな緩やかさ。
2017年06月24日 12:28撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬でも走れそうな緩やかさ。
道標、ブナがありました。
2017年06月24日 12:31撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標、ブナがありました。
なお九十九折り。
2017年06月24日 12:39撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なお九十九折り。
堰堤まで九十九折り。
2017年06月24日 12:39撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤まで九十九折り。
ここがヤマプラにある登山口。
2017年06月24日 12:54撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここがヤマプラにある登山口。
道なりに進むと「いやしの里根場」。ただし木柵を越えて敷地に入ると要350円のようなので外周の舗装路を道なりに。
2017年06月24日 13:10撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道なりに進むと「いやしの里根場」。ただし木柵を越えて敷地に入ると要350円のようなので外周の舗装路を道なりに。
おつかれさまでした。周遊バス乗り場から山稜を望みます。
※15:07/16:14の路線バスはこちらには停車せず、もう一段下がった根場民宿バス停です。そちらも周遊バスと路線バスの停留所が異なるの要注意です。
2017年06月24日 13:10撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おつかれさまでした。周遊バス乗り場から山稜を望みます。
※15:07/16:14の路線バスはこちらには停車せず、もう一段下がった根場民宿バス停です。そちらも周遊バスと路線バスの停留所が異なるの要注意です。

感想/記録

御坂第C討倭芦鵑硫嫉穫である大石峠を北側から辿り、鬼ケ岳を経て西湖根場集落へ辿りました。予定では鍵掛を経て王岳を周回する予定でしたが、鬼ケ岳前後の険路?で気疲れし、プラス80分程度ながら王岳を目指す気になれず鍵掛峠から下りました。
王岳は次回、北側の鶯宿バス停からバリ気味の鍵掛峠を辿るか、精進湖からつなげるか楽しみにしておきます。
なお大石峠は南面同様に緩やかで段差がなく歩きやすい峠道でした。金山までの尾根道も樹林帯の中を歩き風が気持ち良く、黒岳前後よりは富士山を仰ぎ見やすいコースでした。ただ前述のとおり鬼ケ岳前後は少し緊張感が必要と感じました。
(合計4時間33分/10.8km、累積標高上り889m、下り959m)

※帰路に周遊バスを利用しましたが、いやしの里根場発毎時10/40分あり、途中十二ケ岳登山口BS、毛無山登山口BSがあり、また足和田山にも接しているため大変便利です。
訪問者数:182人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ