ヤマレコ

記録ID: 1179586 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

ガスの平標山、今回も仙ノ倉山はパス、でも花はそれなりに楽しんだ。

日程 2017年06月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候下界は晴れ、山頂はガスガス、下山後は下界も曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路復路とも 上越新幹線越後湯沢駅 南越後観光バス平標登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
1時間37分
合計
6時間10分
S平標登山口駐車場08:5609:10平標登山口09:50松手山コース送電鉄塔10:0410:38松手山10:4911:44一ノ肩12:03平標山13:0613:31平標山の家13:4014:15平元新道登山口14:56平標登山口15:02平標登山口駐車場15:06バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ポストは平標登山口駐車場に、コンパスから届は提出
・松手山直前まで樹林帯の急登が続く。かなり長い
・松手山からしばらくは稜線歩き、一の肩への登りは
 急登が続く。階段、木の階段が続いてかなりキツい。
・一の肩からは緩やかにアップダウンして山頂へ。
・山頂から平標山の家までは、木の階段が断続的に続く。
・平標山の家からは階段状の下りが続く。林道に出ると
 傾斜は緩む。
登山道は良く整備されている、稜線でところによって崩れ気味の
場所もあるがさほど危険なところは無い。
その他周辺情報江神共同浴場 越後湯沢駅から徒歩2分。湯使いや湯に特筆すべきところは無いが
駅に近いのと¥400と言う値段はグッド。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ 予備電池 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ スパッツ 膝サポーター

写真

平標山登山口。
2017年06月24日 09:10撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平標山登山口。
1
送電鉄塔から対面の山、ここまで汗の量が半端ない。
2017年06月24日 10:02撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電鉄塔から対面の山、ここまで汗の量が半端ない。
1
苗場プリンス。
2017年06月24日 10:02撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苗場プリンス。
4
松手山にトウチャコ、風が強くて体が冷え始めた。
2017年06月24日 10:41撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松手山にトウチャコ、風が強くて体が冷え始めた。
1
登ってきた道を振り返る。
2017年06月24日 10:42撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた道を振り返る。
5
平標山に嫌な感じの雲がかかっている。
2017年06月24日 10:42撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平標山に嫌な感じの雲がかかっている。
4
ムラサキヤシオツツジで良いのかな。
2017年06月24日 10:53撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムラサキヤシオツツジで良いのかな。
4
階段は終わったがヘロヘロだ、休憩がてら平標山を望むが景色は期待できない。
2017年06月24日 11:31撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段は終わったがヘロヘロだ、休憩がてら平標山を望むが景色は期待できない。
4
熱中症対策で甘酒投入。
2017年06月24日 11:31撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熱中症対策で甘酒投入。
5
稜線上のハクサンイチゲ。
2017年06月24日 11:47撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上のハクサンイチゲ。
6
ハクサンイチゲの足元にはイワカガミ。
2017年06月24日 11:50撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲの足元にはイワカガミ。
4
平標山山頂、秋に続き今回もガスガスだ。
2017年06月24日 12:13撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平標山山頂、秋に続き今回もガスガスだ。
7
昼飯は万かつサンド。
2017年06月24日 12:17撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼飯は万かつサンド。
9
デザート。
2017年06月24日 12:31撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デザート。
5
仙ノ倉山は諦めたが、少し下って花畑へ。
2017年06月24日 12:51撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山は諦めたが、少し下って花畑へ。
3
ミヤマキンバイ?ミヤマキンポウゲ?違いが分からん。
2017年06月24日 12:52撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ?ミヤマキンポウゲ?違いが分からん。
7
ハクサンコザクラ。
2017年06月24日 12:52撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンコザクラ。
3
ハクサンコザクラ、間に合ったようだ。
2017年06月24日 12:53撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンコザクラ、間に合ったようだ。
10
チングルマ。
2017年06月24日 12:55撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ。
4
ここまで下った。
2017年06月24日 12:55撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで下った。
2
ハクサンイチゲ。
2017年06月24日 12:57撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ。
2
イワカガミ。
2017年06月24日 12:57撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ。
2
平標新道方面、池塘が雪渓になっている。
2017年06月24日 13:01撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平標新道方面、池塘が雪渓になっている。
1
歩いてきた稜線。
2017年06月24日 13:02撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線。
4
平標新道方面、いずれは歩きたい。
2017年06月24日 13:02撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平標新道方面、いずれは歩きたい。
6
バス待ちの間に軽く食べる。
2017年06月24日 15:09撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス待ちの間に軽く食べる。
11

感想/記録

病み上がり後、花を眺めに平標山へ。
前回は秋の紅葉の時期に登ったがガスガスで仙ノ倉山は諦めた。
昨年のこの時期に登ったときは、眺めがあったため仙ノ倉山まで足を伸ばしたので
今回も期待していたが、どうなったか。

越後湯沢駅発のバスは、ほぼ登山者で席に座れない人もいた。
さすがにこの時期は人気の山である。
昨年はさほど暑くなかったが、今回はとても暑く送電鉄塔までで汗の量が半端ない。
松手山までで風が強くなり、一の肩への登りでは汗が冷えて体力がかなり奪われた。
ガレ場の階段が終わったあたりで辛かったので休憩を入れたが、登りの足は復活しない。
ペースが随分落ちて山頂に到着したときには、秋の時同様周囲は真っ白だった。
仙ノ倉山は諦めるが、とりあえず花畑は見に行く。
チングルマは終わりかけのようだが、ハクサンイチゲ、ハクサンコザクラはまだ見れた。

山頂に戻っても遠くの眺望は無いのでさっさと下山する。
登りで大分足がくたびれていたが下りは問題ない。
片端から追い抜かしてバス停に辿り着くが、待ち時間が1時間近くあった。
残ったサンドイッチを食べながら時間を潰していると、朝のバスと同じぐらいの
登山客が並び、そのまま越後湯沢駅へ。
今回は遠出して風呂に行く気になれなかったので、駅前の江神共同浴場で一風呂
浴びてそのまま新幹線で帰宅した。

今回は病み上がりで山に向かったが、思った以上に登りで体力が削られたので
ガスで眺望がなくて仙ノ倉山をカットしたのは妥当な気がする。
とは言え、仙ノ倉山からの谷川連峰主脈の景色は素晴らしいものがあるので
秋にまたリベンジだ。
訪問者数:333人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ