また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1182691 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳 大雪渓から栂池へ ツクモ草を見に

日程 2017年06月27日(火) 〜 2017年06月28日(水)
メンバー
天候初日晴れ、二日目曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
天気の予報が悪く、当初猿倉から大雪渓の往復のつもりだったので、
車は猿倉へ置きましたが、
二日目予報に反し天気が持ったので栂池まで。
栂池はちょうどよくバスがあり、八方まで(520円)
車を回収に八方からタクシーで(3280円で来れました)
猿倉から栂池に出るのなら、八方へ車を置いた方が効率が良い。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間54分
休憩
18分
合計
5時間12分
S猿倉荘05:2806:21白馬尻荘06:2306:23白馬尻小屋06:3007:45岩室跡07:5309:26避難小屋09:2710:40白馬岳頂上宿舎
2日目
山行
5時間43分
休憩
39分
合計
6時間22分
白馬岳頂上宿舎07:4608:03白馬山荘08:1008:23白馬岳08:3209:20三国境09:2110:08小蓮華山10:1110:55船越ノ頭10:5712:12乗鞍岳12:1712:57風吹大池方面分岐13:0513:09天狗原/白馬岳神社13:1114:06栂池山荘14:0814:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
※アイゼンは雪が柔らかいので、軽アイゼンは不可。10〜12本アイゼンで もズリズリ崩れます。
 ピッケルは山レコを見ると必要と書いてあったので、久しぶりに70CM の長い物を持って行きましたが、
 斜面がそれほど急じゃないので(自分の感覚)、トラバース道を過ぎる まで使わず。
 ストックを持ってこなかったので、最後の方の斜面でピッケルを出して みたが、短くて役不足。ストックの方が良い。
 初心者風の人ほどピッケルを持ち、逆に慣れた人はストックで登ってま した。(そんなもんだな)

〇稜線には村営宿舎の右側裏の雪面に、ステップが切ってあるのでそこを 登る。(アイゼンは要らない)
 その後はずっと夏道。

〇頂上より白馬大池までは、途中2〜3か所ほど雪面を歩きますが、距離が 短いのとこの時は雪も柔らかかったので
 アイゼン無しでツボ足で問題ありませんでした。迷うような所や、危険 と思うような場所はありませんでした。
 大池は登山道から雪面へ出て山荘方面へ向かいましたが、逆だと登山道 の入り口がわかりづらいかもしれません。
 大池付近の雪面もツボ足で大丈夫です。(踵に体重を乗せるような感じ でガンガン行きました。)

〇乗鞍岳を過ぎて、天狗原までの下りの雪面はアイゼンが必要です。
 雪面に出たら対岸に向け雪面をまっすぐ突っ切るように進み、対岸付近 で左に行くと、ロープがあります。
 あとはロープ伝いに行って、その後は赤テープに沿って進み木道にでま す。
 ここも逆ルートだと雪面を登ってから、登山道に入る所が解りづらいか も。

〇天狗原を過ぎても、栂池まで何度も雪面を歩かされます。(踏み抜きも あり、歩きずらい)
その他周辺情報●テント場は、村営宿舎右側裏よりテン場へ行けます。
 受付しようと小屋の方に声を掛けたら。
 受け付けは夕方(18時頃)テン場へ来て台帳へ記入しますとのこと。 最初に張ってしまって問題ありません。
 トイレと、水は無料(黄色いタンク)は使えます。

●ツクモ草は今が見ごろという感じでした。
 自分が見た感じでは、白馬山荘を下から見て山荘の一番右側の通路沿い と、山頂からほんの少し三国境方面へ下った辺りが
 多く咲いていたように思います。
 ウルップ草は、ほとんどが蕾で、早咲き?のいくつかの個体が下半分く らい開いていた程度です。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

猿倉荘登山届はこちら
2017年06月27日 05:18撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉荘登山届はこちら
1
トイレと水の補給が出来ます
2017年06月27日 05:18撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレと水の補給が出来ます
雪渓へ入って振り向いたところ。丸印から雪渓へ
2017年06月27日 06:15撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓へ入って振り向いたところ。丸印から雪渓へ
1
白馬尻小屋へ進まずに右側へ行き雪渓を進む
2017年06月27日 06:21撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬尻小屋へ進まずに右側へ行き雪渓を進む
2
この辺は緩斜面
2017年06月27日 06:39撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は緩斜面
1
ほんの少し前に石が落ちてきました
2017年06月27日 06:56撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんの少し前に石が落ちてきました
1
このような跡がなん箇所かあります
2017年06月27日 07:10撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような跡がなん箇所かあります
3
葱平の夏道を終えてトラバース
2017年06月27日 09:18撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葱平の夏道を終えてトラバース
4
トラバース途中より
2017年06月27日 09:21撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース途中より
3
踏み跡が中央台地に続いていたので、そちらに行きましたが、赤線のように行った方が良かったです。
2017年06月27日 09:30撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡が中央台地に続いていたので、そちらに行きましたが、赤線のように行った方が良かったです。
3
また、雪渓に戻る。
赤線のように山荘まで進みます
2017年06月27日 09:50撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また、雪渓に戻る。
赤線のように山荘まで進みます
1
アイゼンを外し、山荘へ。
稜線へは丸印のあたりにステップが切ってあります
2017年06月27日 10:38撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンを外し、山荘へ。
稜線へは丸印のあたりにステップが切ってあります
2
稜線へのステップ
2017年06月28日 07:41撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線へのステップ
1
テントを張ってから頂上へ、ツクモ草を探しに
2017年06月27日 12:16撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントを張ってから頂上へ、ツクモ草を探しに
3
次の日です
2017年06月28日 08:30撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の日です
5
三国境手前
2017年06月28日 08:57撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国境手前
4
最初の雪面。向こう側が見えませんが、50m位でしょうか。
2017年06月28日 09:22撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の雪面。向こう側が見えませんが、50m位でしょうか。
1
蓮華岳白馬方面を振り返る
2017年06月28日 10:08撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華岳白馬方面を振り返る
2
ここもトラバース
2017年06月28日 10:10撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもトラバース
この日のコンディションはツボ足でまったく問題ありませんでした。
2017年06月28日 10:21撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日のコンディションはツボ足でまったく問題ありませんでした。
1
また、雷鳥に遭遇
2017年06月28日 10:27撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また、雷鳥に遭遇
10
白馬大池山荘
2017年06月28日 11:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬大池山荘
2
赤線のように進んだと思います
2017年06月28日 11:04撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤線のように進んだと思います
2
雪倉〜朝日方面
2017年06月28日 11:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪倉〜朝日方面
3
乗鞍岳を過ぎたあたりで
2017年06月28日 12:26撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳を過ぎたあたりで
4
乗鞍岳を過ぎて、天狗原への雪原は赤線のように進みました
2017年06月28日 12:29撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳を過ぎて、天狗原への雪原は赤線のように進みました
1
ロープが見えてくるのでそれに従って
2017年06月28日 12:42撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープが見えてくるのでそれに従って
1
天狗原の木道が見えます
2017年06月28日 12:42撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗原の木道が見えます
振り返って
2017年06月28日 12:50撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って
ロープが終わったら赤テープに従って
2017年06月28日 12:52撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープが終わったら赤テープに従って
天狗原の木道が終わると雪面の通過が何度も続きます
2017年06月28日 13:36撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗原の木道が終わると雪面の通過が何度も続きます
1
こんなところも、正直鬱陶しい雪面歩きが栂池まで
2017年06月28日 13:47撮影 by FinePix Z33WP, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところも、正直鬱陶しい雪面歩きが栂池まで
登山道わきの水芭蕉
2017年06月28日 13:27撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道わきの水芭蕉
1
ここからは27日に撮影した花の写真
2017年06月27日 11:39撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは27日に撮影した花の写真
7
ウルップ草とおやまのえんどう
2017年06月27日 11:48撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウルップ草とおやまのえんどう
4
白馬三山をバックに
2017年06月27日 12:07撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山をバックに
14
白馬山荘をバックに
2017年06月27日 12:15撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山荘をバックに
5
白馬岳をバックに
2017年06月27日 14:35撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳をバックに
4
ウルップ草とのコラボを狙ったのですが、ウルップ草には時期が少し早かったです
2017年06月27日 14:44撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウルップ草とのコラボを狙ったのですが、ウルップ草には時期が少し早かったです
4
イワウメ
2017年06月28日 10:01撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウメ
5
きばなしゃくなげ?
2017年06月28日 10:12撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きばなしゃくなげ?
2

感想/記録

27日の天気が昼くらいまで晴れ、夕方はにわか雨の可能性が。
28日が朝から一日雨の予報だったので、27日数時間だけ
花の散策が出来ればいいなと思っていたのが天気が持ってくれた。
よくよく悪運があるな。
追記
高山植物を保護するようにロープを張ってありますので、中には入らない様にしましょう。
私の載せた写真でかなり接写しているようなものもありますが、登山道脇の手が届くような花だけ撮影したり、星を撮るように持ってきた小型三脚にカメラつけて自撮り棒風にしてカメラを差し出すようにしてリモート撮影し、後で傾き調整したりトリミングしたりしてます。
訪問者数:1903人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ