ヤマレコ

記録ID: 1185443 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

打越山徘徊〜山頂〜瑞宝寺谷西尾根

日程 2017年07月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き 阪急神戸線 岡本駅
帰り 阪神バス 有馬温泉
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間14分
休憩
1時間12分
合計
6時間26分
Sスタート地点08:3608:44岡本八幡神社08:51八幡滝08:5309:21打越峠09:2409:35打越山10:19石切道 分岐10:2810:33五助ダム10:3410:42打越峠分岐10:46西滝ヶ谷方面分岐11:21雨ヶ峠11:2711:44東お多福山11:5111:59土樋割峠12:0012:38一軒茶屋12:4312:48六甲山12:4912:53一軒茶屋13:2414:28展望台14:3414:50瑞宝寺公園14:57有馬温泉 太閤の湯15:02有馬バスターミナル(阪急バス)15:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯(GPS) 時計 タオル カメラ 虫よけウェットティッシュ
備考 虫よけは塗る方が良いかも。

写真

八幡谷から出発。山の神がお出迎えです。
2017年07月02日 08:50撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡谷から出発。山の神がお出迎えです。
1
打越山を越え、ゴム階段を下ると森林監視道のようなところに入ってしまいました。
2017年07月02日 10:11撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
打越山を越え、ゴム階段を下ると森林監視道のようなところに入ってしまいました。
池には主がいました。
2017年07月02日 10:36撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池には主がいました。
1
分かりやすい標識です。
2017年07月02日 10:51撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分かりやすい標識です。
灼熱の青空と緑。
2017年07月02日 11:09撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灼熱の青空と緑。
一部斜面が滑落しています。
2017年07月02日 11:09撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一部斜面が滑落しています。
1
急斜面のガレ場をゆっくり上る年配男性がいました。
この猛暑で心配ですが、大丈夫との返事があったためそのまま進みました。ほっといて良かったのか気になります。
2017年07月02日 12:14撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面のガレ場をゆっくり上る年配男性がいました。
この猛暑で心配ですが、大丈夫との返事があったためそのまま進みました。ほっといて良かったのか気になります。
ガレ場を登りきったあと見つけた一輪の華麗な花。
2017年07月02日 12:28撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場を登りきったあと見つけた一輪の華麗な花。
6
瑞宝寺谷西尾根から下りました。
ここは二股道ですが、右側はロープでふさがれています。
2017年07月02日 13:50撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞宝寺谷西尾根から下りました。
ここは二股道ですが、右側はロープでふさがれています。
1
笹道が終わると急な下りです。
2017年07月02日 13:59撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹道が終わると急な下りです。
狭い尾根道。それほど歩くのに難しい個所はありませんが、足を踏み外すと危険です。
2017年07月02日 14:11撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭い尾根道。それほど歩くのに難しい個所はありませんが、足を踏み外すと危険です。
2
道が分かれているところは印が示してあり、間違った方向は気でふさがれています。
2017年07月02日 14:24撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が分かれているところは印が示してあり、間違った方向は気でふさがれています。
急斜面が続きます。
2017年07月02日 14:25撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面が続きます。
展望台に出ました。
2017年07月02日 14:33撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台に出ました。
2
水菓子で涼んで終わりです。
2017年07月02日 15:13撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水菓子で涼んで終わりです。
3

感想/記録

六甲山は大変に暑うございました。
一年ぶりに武奈ヶ岳方面に足を延ばそうと思っていましたが、滋賀県の雨雲レーダーを見るとお昼ごろから比良山系が真っ赤になりそうだったので、断念しました。
この日のために兵庫県知事選挙の期日前投票も済ませてきたのにどこにも行かないのはもったいないので、気を取り直していつもの六甲山へ、八幡谷から登りました。
打越峠から打越山を越えしばらく歩いていると、十文字山方面に向かっていることに気づき、少し戻って途中のゴム階段の降り口に入ると森林管理道のような場所に出ました。しばらくルートファインディング(うろうろ)して印を発見、この先の道は地図にも載っていますが、ずいぶんな急斜面を下り住吉道に出ました。
川沿いで涼しいはずなのに猛烈な蒸し暑さ、山の緑全体が湿気を放っているかのようで本当に暑いです。
雨ヶ峠まできた時点で疲労感を感じたため休憩し、ようかんを食べたあと東お多福山へ進みましたが、疲れが取れず、さらに頭痛もしてきたので、もう一回休みました。洋菓子を補給後、少しマシになってきたので、気を取り直し、黒岩谷西尾根を登りました。途中で急斜面を休み休み登るおじいさんがいました。大丈夫と言っていましたがほっといてよかったのか気になります。
一軒茶屋で月見うどんを食べた後も疲労が取れず、しばらくボーっとしてました。

下りは以前に案内してもらった瑞宝寺谷西尾根へ進みました。道迷いが心配でしたが、要所にはしっかりとした印があり、間違った方向は枝でふさいであったりして、以前よりかなり分かりやすかったです。しかし、狭い尾根道や急斜面もあったので、ゆっくりという感じではありませんでした。
その分、展望台に出たときの解放感は気持ちがいいですね。
六甲山の暑い夏に突入しました。
訪問者数:154人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

道迷い 滑落 ガレ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ