ヤマレコ

記録ID: 1187537 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

北岳(キタダケソウと嶺朋ルート)

日程 2017年07月05日(水) 〜 2017年07月06日(木)
メンバー
天候大体晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コース上にはほとんど雪なし。案内所で危険だと言われていたトラバース道も問題なく通れる。(ただし5mほど残雪部あり)
嶺朋ルートは踏跡はほぼ明瞭だが、倒木などで道を見失うこともある。その場合でも大体は尾根をたどればすぐ道へ戻れる。全体に急傾斜が多く、特に下りは転倒に要注意。GPSルートは時々道を踏み外した部分があるのでそのつもりで参考にしてください。ただし2496ピーク付近のみは尾根上に岩壁があり、道は尾根の西側を巻いているので要注意。最後の方で道を見失って大樺沢に降りてしまいそうになったので、強引にもとへ戻ったが、結局ルートの入り口はよくわからないうちに下の遊歩道に着いた。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

台風一過、午前中はいい天気だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
台風一過、午前中はいい天気だった。
1
肩の小屋からの夕映え
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋からの夕映え
富士山も夕焼けに染まっている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も夕焼けに染まっている
2
なかなか美しい夕焼けだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか美しい夕焼けだった
2
翌朝は素晴らしい天気で、鳳凰三山から朝日がのぼる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝は素晴らしい天気で、鳳凰三山から朝日がのぼる
5
中央アルプスも快晴
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスも快晴
1
富士山は頭を雲の上に出し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は頭を雲の上に出し
北岳を超えると間ノ岳が優美な姿を現す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳を超えると間ノ岳が優美な姿を現す
1
トラバース道でようやくキタダケソウに対面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース道でようやくキタダケソウに対面
4
結構群生しているが、全体に盛りは過ぎているかんじ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構群生しているが、全体に盛りは過ぎているかんじ
こういう残念なのも多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういう残念なのも多い
トラバース道を往復してから八本歯の頭に登り吊尾根をたどる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース道を往復してから八本歯の頭に登り吊尾根をたどる
ボーコンの頭から嶺朋ルートに入る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボーコンの頭から嶺朋ルートに入る
最初はハイマツ帯が続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はハイマツ帯が続く
ハイマツさんには気の毒だが、こんなところがいっぱいある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツさんには気の毒だが、こんなところがいっぱいある
やがてこの標識が現れる。ここから下り3時間
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがてこの標識が現れる。ここから下り3時間
明瞭な踏み跡をたどる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明瞭な踏み跡をたどる
すこし開けたところに出て雪が現れた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すこし開けたところに出て雪が現れた
コイワカガミがやたら多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コイワカガミがやたら多い
やがて岩のゴロゴロしたところを通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて岩のゴロゴロしたところを通過
そして樹林帯に入っていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして樹林帯に入っていく
2496付近にある岩壁。道は尾根の西側を巻く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2496付近にある岩壁。道は尾根の西側を巻く
ペンキ印がやたら多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ペンキ印がやたら多い
それでもこんな倒木帯のようなところでは道を見失うこともある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでもこんな倒木帯のようなところでは道を見失うこともある
降りるにつれて道は明瞭なところが多くなる。しかしなぜか最後のところで道を見失ってしまった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りるにつれて道は明瞭なところが多くなる。しかしなぜか最後のところで道を見失ってしまった

感想/記録

台風直後で大部分の人は登山をあきらめたようで、乗り合いタクシーも山小屋もがらがらだった。天気は特に2日目は申し分なく、おかげで無風快晴のだれもいない北岳山頂で1時間ほどのんびりできた。
キタダケソウは例年より咲くのが遅いとのことだったが、さすがにもう盛りを過ぎているようだった。
嶺朋ルートは踏み跡は結構明瞭だったが、道を見分ける嗅覚のようなものを若干必要とする。ただ道を見失っても尾根をたどればすぐまた復帰できる。またかなり急坂が多く、体力は必要だが登りの方が安全かもしれない。
訪問者数:507人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ