ヤマレコ

記録ID: 1189462 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

涼を求めて多摩川源流、古礼山で昼寝

日程 2017年07月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
作場口駐車場(411号の奥多摩側入口は通行止め、塩山側から入る)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間41分
休憩
2時間51分
合計
8時間32分
S作場平橋駐車場06:3807:01一休坂分岐07:49笠取小屋08:0408:16雁峠分岐08:19小さな分水嶺08:2708:33雁峠08:3709:10燕山09:1209:54古礼山09:5710:02古礼山ベンチ12:0012:29燕山12:3112:53雁峠13:04小さな分水嶺13:16水干13:3213:45小さな分水嶺14:19ヤブ沢峠14:2214:53一休坂分岐15:10作場平橋駐車場15:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
作場口〜小さな分水嶺・水干は、非常によく整備されている。
小さな分水嶺〜古礼山は、一般登山道。特に危険個所はない。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 日焼け止め 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ

写真

作場口の駐車場を出発。
2017年07月08日 06:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作場口の駐車場を出発。
作場口。
2017年07月08日 06:37撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作場口。
1
おいらん淵側からの侵入は、斜面崩壊で通行止め。
2017年07月08日 06:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おいらん淵側からの侵入は、斜面崩壊で通行止め。
整備された道をゆったり登る
2017年07月08日 06:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備された道をゆったり登る
一休坂分岐。
一休坂(急坂)とあるが、このエリアではのこと。
一般的なハイキング道。
2017年07月08日 07:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休坂分岐。
一休坂(急坂)とあるが、このエリアではのこと。
一般的なハイキング道。
一休坂の十字路。
2017年07月08日 07:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休坂の十字路。
一休坂のヘアピンカーブ。
急坂はここまで。
2017年07月08日 07:27撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休坂のヘアピンカーブ。
急坂はここまで。
多摩川源流の清流。
2017年07月08日 07:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多摩川源流の清流。
2
しばらく沢に沿って上る。
今日の下界の天気予報は真夏日
2017年07月08日 07:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく沢に沿って上る。
今日の下界の天気予報は真夏日
1
ちょこっと崩壊。
本日唯一の危険個所?
2017年07月08日 07:43撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょこっと崩壊。
本日唯一の危険個所?
1
笠取小屋の直下。
2017年07月08日 07:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取小屋の直下。
1
笠鳥小屋到着。
2017年07月08日 07:55撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠鳥小屋到着。
笠取小屋からの黒金山(?)でも霞んでいる。遠望は期待していないの「よし」とする。
2017年07月08日 07:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取小屋からの黒金山(?)でも霞んでいる。遠望は期待していないの「よし」とする。
1
小さな分水嶺へ寄らないと気がすまない。
2017年07月08日 08:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺へ寄らないと気がすまない。
多摩川、富士川、荒川の
小さな分水嶺。
2017年07月08日 08:18撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多摩川、富士川、荒川の
小さな分水嶺。
1
これから向かう燕山と古礼山方面。古礼山は山の陰で見えないと思う。
2017年07月08日 08:21撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう燕山と古礼山方面。古礼山は山の陰で見えないと思う。
2
北奥千丈、国師ヶ岳までは何とか見える。
2017年07月08日 08:21撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北奥千丈、国師ヶ岳までは何とか見える。
2
雁峠。
2017年07月08日 08:33撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁峠。
3
写真では緩やかに見えるが、ここから燕山までが本日最大の急登。
2017年07月08日 08:35撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真では緩やかに見えるが、ここから燕山までが本日最大の急登。
3
雁峠を見下ろす。
2017年07月08日 08:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁峠を見下ろす。
3
指導標に燕山と書いてあるが、ここは燕山ではない。
2017年07月08日 09:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
指導標に燕山と書いてあるが、ここは燕山ではない。
ピンクのアセビ(?)
2017年07月08日 09:05撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクのアセビ(?)
2
ここが燕山。
手前に巻き道がある。
2017年07月08日 09:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが燕山。
手前に巻き道がある。
天気はいいが、湿度が高いので遠望はない。
2017年07月08日 09:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気はいいが、湿度が高いので遠望はない。
1
古礼山に近付くとこの景色になる。
2017年07月08日 09:39撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古礼山に近付くとこの景色になる。
1
古礼山手前の笹原。
2017年07月08日 09:51撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古礼山手前の笹原。
2
このベンチが今日の目的地。
2017年07月08日 09:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このベンチが今日の目的地。
2
一応、山頂は押さえておく。
2017年07月08日 09:53撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応、山頂は押さえておく。
2
ナスとしめじ、ベーコンのパスタ。フランスパンは、鍋の掃除用。
2017年07月08日 10:30撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナスとしめじ、ベーコンのパスタ。フランスパンは、鍋の掃除用。
2
昼食の後は、大きな木(シラビソ?)の下の日陰にシートを敷いて昼寝。涼しくて気持ちがいい。
2017年07月08日 11:26撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食の後は、大きな木(シラビソ?)の下の日陰にシートを敷いて昼寝。涼しくて気持ちがいい。
気が付いたら曇っていた。
撤収!
2017年07月08日 11:59撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気が付いたら曇っていた。
撤収!
雁峠~古礼山の稜線は樹林帯主体だが、明るく開けたところもあり、晴れていれば眺めもいいのだが...
2017年07月08日 12:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁峠~古礼山の稜線は樹林帯主体だが、明るく開けたところもあり、晴れていれば眺めもいいのだが...
2
バイケイソウが咲き始めている
2017年07月08日 12:13撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイケイソウが咲き始めている
1
雁峠まで帰ってきた。
2017年07月08日 12:50撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁峠まで帰ってきた。
1
水干に向かう。
下へ行くと多摩川の最初の流れを見ることができる。
上は多摩川の最初の一滴。
2017年07月08日 13:13撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水干に向かう。
下へ行くと多摩川の最初の流れを見ることができる。
上は多摩川の最初の一滴。
辛抱強く待って、最初の一滴が見られた。
ここの一滴が、一旦、地面に染み込み、60m下で湧き上がり、多摩川の流れとなるそうだ。
2017年07月08日 13:17撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辛抱強く待って、最初の一滴が見られた。
ここの一滴が、一旦、地面に染み込み、60m下で湧き上がり、多摩川の流れとなるそうだ。
3
ここから湧き出した水が、138km先の東京湾へそそぐ。
2017年07月08日 13:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから湧き出した水が、138km先の東京湾へそそぐ。
5
笠取小屋の西にある三角点を見るため、一般道を外れる。
2017年07月08日 13:40撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取小屋の西にある三角点を見るため、一般道を外れる。
しばらくは防火帯を歩くが、三角点手前の鞍部からヤブ道となる。
2017年07月08日 13:57撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは防火帯を歩くが、三角点手前の鞍部からヤブ道となる。
三角点(1802.1m)はヤブ沢ノ頭にあり、少し開けているので容易に見つけられた。
2017年07月08日 13:59撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点(1802.1m)はヤブ沢ノ頭にあり、少し開けているので容易に見つけられた。
赤テープに「ヤブ沢ノ頭」
2017年07月08日 13:59撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤テープに「ヤブ沢ノ頭」
行政界の尾根に沿って道形があるので、ヤブ沢峠までこの道で行くことにした。久々のプチ・バリルート。
2017年07月08日 14:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行政界の尾根に沿って道形があるので、ヤブ沢峠までこの道で行くことにした。久々のプチ・バリルート。
ヤブ沢峠が見えた。
2017年07月08日 14:15撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤブ沢峠が見えた。
ヤブ沢峠到着。
作場口までヤブ沢沿いに下る
2017年07月08日 14:17撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤブ沢峠到着。
作場口までヤブ沢沿いに下る
あちこちから沢が合流し、天然のエアコン全開。
2017年07月08日 14:32撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちこちから沢が合流し、天然のエアコン全開。
1
時々、顔を洗う、手を洗う。
涼を満喫。
2017年07月08日 14:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々、顔を洗う、手を洗う。
涼を満喫。
2
濡らしたハンドタオルで腕を拭いたり、顔を拭くと気持ちがいい。
2017年07月08日 14:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濡らしたハンドタオルで腕を拭いたり、顔を拭くと気持ちがいい。
1
ハンドタオルを清流で冷やす
2017年07月08日 15:04撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハンドタオルを清流で冷やす
作場口に戻ってきた。
2017年07月08日 15:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作場口に戻ってきた。
今日も無事帰着。
空がゴロゴロ言い出したが、車に入れば一安心。
2017年07月08日 15:10撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も無事帰着。
空がゴロゴロ言い出したが、車に入れば一安心。
1

感想/記録

 土曜日の天気予報は曇りだが、気温は30度超の猛暑日で蒸し暑そう。前週の、堂所山のような低山へ行くのは、拷問を志願するようなもの。と言って、2000m超級の山へ行くのは、体調にまだ不安がある。
 そこで思いついたのが多摩川源流域。標高は1400m〜1800m、登山道の勾配も緩やかで、沢があちこちから集まってきて、さも涼しげなところ。今の体調や気分にはぴったりのところ。
 そしてもう一つ、以前から時々行く古礼山。ここの山頂は普通だが、山頂の東側に広がる笹原が、眺めも良く開放感があって好きな場所の一つ。視界が良ければ富士山が見えるのだが、そこまでは期待せず想定内。食事をして、大木の木陰で昼寝する贅沢な時間を過ごしたら、アッという間に2時間が立ってしまった。
 午後からは曇りだったが、多少の視界はあり、ブラブラ歩いて小さな分水れまで戻ってきた。せっかくここまで来たのだから、多摩川の最初の一滴くらいは見てくるかと、水干へ行ってきた。笠取山は、あの急こう配をのぼる体力に自信がなかったのでパスした。
 帰りはヤブ沢経由で下る予定だが、林道でヤブ沢峠まで行くのは芸がないので、1802.1mの三角点に寄ってみることにした。尾根上に行政界があり、ここに沿って歩けば、三角点を通りヤブ沢まで行けそうであった。笠取小屋が左に見える鞍部までは防火帯があったが、その鞍部から三角点のあるヤブ沢ノ頭までは、まさにヤブ漕ぎ。枯れたスズタケなので大したヤブ漕ぎではなく、途中で道形を見つけたので、比較的すんなり三角点へ行きつくことができた。実際には、防火帯の終点から行政界上(=稜線ジュ)にかなりはっきりした道形が続いている。少々ヤブっぽくはあるが、そのままヤブ沢峠にもたどり着いた。
 ヤブ沢峠で温度計を見たら23度で、ここから先は、沢沿いの道を涼を満喫しながらぶらぶらと下った。沢の水を含ませてたはハンドタオルで、顔、首、腕を拭いながら歩くと、エアコンというものの存在が、馬鹿馬鹿しく思えてくる。
 下界は30度超で蒸し暑い一日だったそうだが、実にぜいたくな時間を過ごせた。半面、こんな所へ来ると、次回何処へ行こうか悩ましい。
訪問者数:320人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ