また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1189563 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

快晴の谷川岳 天神平ピストン ロープウエイ利用

日程 2017年07月08日(土) [日帰り]
メンバー
 tos
天候快晴 暑かった!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
谷川岳ベース 1日500円/台
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
肩の小屋直下に雪渓。登り下りで少々渋滞。ノーアイゼン
その他周辺情報鈴森の湯 750円 午前10:00~午後9:00・源泉かけ流しとのこと。
いさごやのもつ煮購入したかったがお休みだった・・・
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

天神平までロープウエイであがり出発です。快晴の空、両耳くっきりと見渡せます。
2017年07月08日 08:17撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平までロープウエイであがり出発です。快晴の空、両耳くっきりと見渡せます。
取りつきは樹林帯。比較的緩やかに道がつけられている。
2017年07月08日 08:21撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取りつきは樹林帯。比較的緩やかに道がつけられている。
樹林のトンネルからぽっかりと
2017年07月08日 08:47撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林のトンネルからぽっかりと
1
40分ほどで熊穴沢小屋。一休みしよう。
2017年07月08日 08:59撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
40分ほどで熊穴沢小屋。一休みしよう。
冬はこのポールが見えるだけですね。
2017年07月08日 09:08撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬はこのポールが見えるだけですね。
一服して出発。今日は大勢の登山者でにぎわっています。斜度が上がり少々きつくなる。
2017年07月08日 09:12撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一服して出発。今日は大勢の登山者でにぎわっています。斜度が上がり少々きつくなる。
2
きつくなってきたところで、オジカ沢ノ頭・万太郎山への尾根を見て息をととのえる。
2017年07月08日 09:30撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きつくなってきたところで、オジカ沢ノ頭・万太郎山への尾根を見て息をととのえる。
天狗の留まり場へ向かってGo。Keijiもがんばる!
2017年07月08日 09:31撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の留まり場へ向かってGo。Keijiもがんばる!
1
天狗の留まり場。来た道を振り返る。
2017年07月08日 09:48撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の留まり場。来た道を振り返る。
ここからキツくなって来た。やすみやすみ行きます。ガンバレ〜。あの雪渓を越えれば肩の小屋だ!
2017年07月08日 09:55撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからキツくなって来た。やすみやすみ行きます。ガンバレ〜。あの雪渓を越えれば肩の小屋だ!
1
またもや尾根撮影を理由に休憩。うーん美しい尾根(汗)
2017年07月08日 10:05撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またもや尾根撮影を理由に休憩。うーん美しい尾根(汗)
雪渓まで来た。ここで4歳くらいの子に抜かれる。
2017年07月08日 10:36撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓まで来た。ここで4歳くらいの子に抜かれる。
混雑していました。ステップ切ってあるのでノーアイゼンでOKですが、すれ違い時には要注意ですね。
2017年07月08日 10:45撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
混雑していました。ステップ切ってあるのでノーアイゼンでOKですが、すれ違い時には要注意ですね。
1
雪渓を超えて肩の小屋。待望の休止ポイント。
2017年07月08日 10:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓を超えて肩の小屋。待望の休止ポイント。
1
一息ついて絶景スポットで撮影する余裕ができた。
2017年07月08日 11:19撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一息ついて絶景スポットで撮影する余裕ができた。
3
さあ、サミットへ。
2017年07月08日 11:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、サミットへ。
到着!!本日の第一目的地トマノ耳。山頂混雑で撮影も順番待ち・・・
2017年07月08日 11:32撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着!!本日の第一目的地トマノ耳。山頂混雑で撮影も順番待ち・・・
4
さあ、オキノ耳へも行こう。
2017年07月08日 11:33撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、オキノ耳へも行こう。
1
オキノ耳到着。谷川岳制覇!!
2017年07月08日 11:54撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳到着。谷川岳制覇!!
4
山頂スペースを避けてスペースを見つけ、待望の祝杯を。完全冷凍で持参したがぬるい!でも美味だった。
2017年07月08日 11:58撮影 by F-02H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂スペースを避けてスペースを見つけ、待望の祝杯を。完全冷凍で持参したがぬるい!でも美味だった。
1
白毛門・朝日岳方面
2017年07月08日 11:55撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門・朝日岳方面
昼食終わり西黒尾根分岐まで戻ってきた。
2017年07月08日 13:07撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食終わり西黒尾根分岐まで戻ってきた。
いつか挑戦したい西黒尾根。
2017年07月08日 13:07撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつか挑戦したい西黒尾根。
1
天神平まで降りてきた。いやあ暑かったなあ。
2017年07月08日 14:54撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平まで降りてきた。いやあ暑かったなあ。
ゴール。お疲れ!頭の中はコーラ・ガリガリ君・風呂!!
2017年07月08日 14:56撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール。お疲れ!頭の中はコーラ・ガリガリ君・風呂!!
1

感想/記録
by tos

過去、残雪期に登ったことのある谷川。今回は夏山Ver。
当日はとにかく暑かった!水2リットル消費。そして混雑してましたねー。やはり今も昔も人気の山なのね。
季節的に体がまだ夏になれていなくて、とにかく暑さがきつかった。初心者keijiもきつそうにしていて、二人してバテバテで登った。
keiji君、辛そうだったのでちょっと心配したが最終的には楽しめたとのことでよかったよかった。

感想/記録

自分の装備での登山は今回で2回目。
とにかく暑く厳しい登山だった。熊穴沢避難小屋までは楽勝で進んだが、そこから先が地獄。森林限界が現れる前に自分の限界がくる始末で、水分補給し、やすんでいると、その横をお父さんときている幼稚園児に涼しい顔で通り過ぎられ、団体で来ている中学生に抜かれ、なさけない限りだった。
道中も、綺麗な景色があったが、そんなものは全く堪能する余裕がなく、とにかく頂上目指しなんとか、たどり着き、やっと山頂から美しい景色を拝むことができた。本当に美しい景色で、ここまでの疲れが吹っ飛んだ。こんな思いをしてまでまた山に来る人々の気持ちがよくわかる。下山は急ではあったが比較的楽で、来た道を下ったのだが、本当にここを登って来たのかと、感心しながら降りて来た。まー、大変だったが、充実感はあったし、次の山が楽しみだ。
訪問者数:201人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ