また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1206375 全員に公開 ハイキング甲信越

2017.7.22-23 易老岳〜光岳〜加加森山〜池口岳縦走

日程 2017年07月22日(土) 〜 2017年07月23日(日)
メンバー , その他メンバー8人
天候1日目:晴れのち曇り後半雨、2日目:曇り
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
集合及び解散場所:かぐらの湯駐車場 http://tohyamago.com/osusume/kaguranoyu/
易老渡登山口(往路)及び池口岳登山口(復路)で、予約したタクシー(9人乗り)を利用しました。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間30分
休憩
4分
合計
9時間34分
S易老渡06:1708:44面平08:4512:25易老岳12:2814:14三吉平15:51県営光岳小屋
2日目
山行
10時間55分
休憩
41分
合計
11時間36分
県営光岳小屋05:0005:16光岳05:33光石05:3907:16諸河内ノ頭08:18加加森山08:2909:25鹿ノ平09:2610:18ジャンクション10:2510:42池口岳10:4811:01ジャンクション11:0612:57ザラナギ13:15利検沢の頭14:13クロナギ14:1816:36池口岳登山口16:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今回の登山は、信州大学関係者の植生調査(植物シダ、ハイマツ・動物・昆虫・水性)が主な目的で行われました。
コース状況/
危険箇所等
1日目の15時前からの雨が夜半まで降り続いたので、2日目は滑り易いコース状態になり、特に光岳〜ジャンクションの間は要注意でした。
その他周辺情報温泉:かぐらの湯 http://tohyamago.com/osusume/kaguranoyu/
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

GPSログデータ-地理院図
広範囲の為、作成に手間取りました。
元サイズを拡大してご覧ください。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GPSログデータ-地理院図
広範囲の為、作成に手間取りました。
元サイズを拡大してご覧ください。
GPSログデータ-Google Earth図1
元サイズを拡大してご覧ください。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GPSログデータ-Google Earth図1
元サイズを拡大してご覧ください。
GPSログデータ-Google Earth図2
元サイズを拡大してご覧ください。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GPSログデータ-Google Earth図2
元サイズを拡大してご覧ください。
かぐらの湯から往路と復路で利用した、地元の天竜観光タクシー。 http://tenryukankou-taxi.com/
2017年07月22日 05:47撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かぐらの湯から往路と復路で利用した、地元の天竜観光タクシー。 http://tenryukankou-taxi.com/
本日、易老渡登山口駐車場まではジャンボタクシー3台と普通タクシー1台。
一般車は芝沢ゲートまでしか行けません。
詳細道路案内:https://www.city.iida.lg.jp/uploaded/life/49662_109648_misc.pdf
2017年07月22日 05:47撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日、易老渡登山口駐車場まではジャンボタクシー3台と普通タクシー1台。
一般車は芝沢ゲートまでしか行けません。
詳細道路案内:https://www.city.iida.lg.jp/uploaded/life/49662_109648_misc.pdf
出発前のストレッチ。
2017年07月22日 06:06撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発前のストレッチ。
信州大学理学部生物科学科の教授及びその関係者と関連者
2017年07月22日 06:14撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信州大学理学部生物科学科の教授及びその関係者と関連者
駐車場から少し戻った所にある橋を渡る。
2017年07月22日 06:17撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から少し戻った所にある橋を渡る。
橋を渡り、ヤマビルに注意しながら登る。
2017年07月22日 06:17撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡り、ヤマビルに注意しながら登る。
面平までの急坂を進む。
2017年07月22日 06:19撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面平までの急坂を進む。
この高さになれば、ヤマビルも居なくて一安心。
2017年07月22日 08:36撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この高さになれば、ヤマビルも居なくて一安心。
キセルガイ(煙管貝)
2017年07月22日 08:40撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キセルガイ(煙管貝)
岩場越え。
2017年07月22日 11:46撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場越え。
易老岳までの急坂は辛いです。
2017年07月22日 12:25撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
易老岳までの急坂は辛いです。
信州大学自然科学館館長、信州大学学術研究院理学系・生物学領域教授
2017年07月22日 12:25撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信州大学自然科学館館長、信州大学学術研究院理学系・生物学領域教授
水量が弱く、満タンに時間が掛かる。
2017年07月22日 15:29撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量が弱く、満タンに時間が掛かる。
雨空の中を進む。
2017年07月22日 15:36撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨空の中を進む。
イザルヶ岳の登頂は中止。
2017年07月22日 15:37撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イザルヶ岳の登頂は中止。
もう少しで光岳小屋に着きます。
2017年07月22日 15:41撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで光岳小屋に着きます。
全員で祝杯、前の方、バンドが外れてますよ(笑い)
2017年07月22日 16:15撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全員で祝杯、前の方、バンドが外れてますよ(笑い)
1
山小屋の規則で、「食事提供は3人以下のグループですべて50歳以上です。なおかつ午後3時前に受付を済ました場合に限られます。」
我々は9名なので、夕食も朝食も自炊です。
2017年07月22日 17:41撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山小屋の規則で、「食事提供は3人以下のグループですべて50歳以上です。なおかつ午後3時前に受付を済ました場合に限られます。」
我々は9名なので、夕食も朝食も自炊です。
光岳小屋前から。
2017年07月23日 04:37撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳小屋前から。
富士山は、どこから見ても良いですね。
2017年07月23日 04:56撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山は、どこから見ても良いですね。
1
日本百名山・光岳
2017年07月23日 05:19撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本百名山・光岳
1
光石と池口岳方面の分岐点。
2017年07月23日 05:27撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光石と池口岳方面の分岐点。
やったぜ!バンザーイ!!
2017年07月23日 05:35撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やったぜ!バンザーイ!!
1
分岐点に戻り、加加森山、池口岳方面に向かう。
2017年07月23日 05:50撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点に戻り、加加森山、池口岳方面に向かう。
濡れた急坂を慎重に下る。
2017年07月23日 06:16撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濡れた急坂を慎重に下る。
所どころにある標識を見落とさないように注意。
2017年07月23日 06:29撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所どころにある標識を見落とさないように注意。
倒木を乗り越えて進む。
2017年07月23日 06:43撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木を乗り越えて進む。
光岳からジャンクションの間は、倒木がやたらに多い。
2017年07月23日 06:50撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳からジャンクションの間は、倒木がやたらに多い。
光石を望む。
2017年07月23日 06:57撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光石を望む。
1
シダに覆われた踏み跡を探しながら進む。
2017年07月23日 07:57撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シダに覆われた踏み跡を探しながら進む。
加加森山の三角点
2017年07月23日 08:23撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
加加森山の三角点
斜めになっていた看板を直してパチリ。
2017年07月23日 08:24撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜めになっていた看板を直してパチリ。
2
ここのポイントは、倒木が多いので稜線の右側を迂回するのが正解のようです。
2017年07月23日 08:59撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのポイントは、倒木が多いので稜線の右側を迂回するのが正解のようです。
一瞬のガスの切れ間から山間にある上村の集落を望む。
2017年07月23日 09:12撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬のガスの切れ間から山間にある上村の集落を望む。
2
シャクナゲ
2017年07月23日 09:48撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲ
疲れている時に癒されます。
2017年07月23日 09:48撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れている時に癒されます。
2
やっと、ジャンクションに到着。
ザックをデポして池口岳に向かう。
2017年07月23日 10:20撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと、ジャンクションに到着。
ザックをデポして池口岳に向かう。
1
新しく設置された標識。
2017年07月23日 10:42撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しく設置された標識。
この区域一帯は、原生自然環境保全地域になります。
https://www.env.go.jp/nature/hozen/oigawagenryubu/area_oigawagenryubu.pdf
2017年07月23日 10:42撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この区域一帯は、原生自然環境保全地域になります。
https://www.env.go.jp/nature/hozen/oigawagenryubu/area_oigawagenryubu.pdf
池口岳をピストンしていた他のグループの方に撮って頂きました。
2017年07月23日 10:46撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池口岳をピストンしていた他のグループの方に撮って頂きました。
3
ガスってる中の岩場越え。
2017年07月23日 11:26撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスってる中の岩場越え。
ギンリョウソウ
2017年07月23日 12:15撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ
1
見落としそうな看板
2017年07月23日 13:16撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見落としそうな看板
黒薙。
ここから池口の登山口までは撮影無し。
2017年07月23日 14:12撮影 by NIKON 1 V2, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒薙。
ここから池口の登山口までは撮影無し。
スケッチ風に編集。
2017年07月23日 05:35撮影 by NIKON 1 V, NIKON CORPORATIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スケッチ風に編集。
スケッチ風に編集。
2017年07月23日 10:46撮影 by NIKON 1 V, NIKON CORPORATIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スケッチ風に編集。
撮影機材:

感想/記録

私だけ特別参加で参加させて頂き、念願だった光岳〜池口岳の縦走が叶い大変感謝しています。
この区間を単独で縦走している方がいますが、今回、歩いてみた感想として、やはり、複数名のグループでの行動が無難なルートだと感じました。
また、池口岳登山口に着いてから、2名にヤマビル(3匹)が付いていましたが、吸血される前に発見されたので無事に済みました。
雨天後は、特にヤマビルが活発になるので要注意です。

「参考サイト」
信州 遠山郷観光協会:http://tohyamago.com/

「YouTube」画質を高画質に設定してご覧ください。


訪問者数:462人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ