また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1206379 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

餓鬼岳・唐沢岳 北アルプス屈指のマイナールート・屈指のキツさ

日程 2017年07月22日(土) 〜 2017年07月23日(日)
メンバー
天候22日 晴れ
23日 小雨
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
信濃大町駅からタクシー4,100円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
11時間3分
休憩
2時間43分
合計
13時間46分
S白沢登山口06:0107:50最終水場08:1410:19大凪山12:59餓鬼岳13:0113:05餓鬼岳小屋14:0014:04餓鬼岳14:0714:32展望台14:4315:02餓鬼のコブ15:1116:31唐沢岳16:5817:58餓鬼のコブ18:1818:43展望台18:4619:08餓鬼岳19:13餓鬼岳小屋19:2219:47宿泊地
2日目
山行
7時間23分
休憩
18分
合計
7時間41分
宿泊地04:1708:14東沢岳08:48東沢乗越09:0410:42奥馬羅尾沢出合10:4411:57中房温泉登山口11:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
白沢登山口〜餓鬼岳小屋:歩きやすいように気を使って整備されているように感じました。
餓鬼岳小屋〜唐沢岳:ザレ場が多く、ここにロープが張ってあったらなぁという場所が何ヶ所もありました。
餓鬼岳小屋〜東沢乗越:結構樹林帯の多い縦走路です。
東沢乗越〜中房温泉:最初のうちは完璧に刈り払われているのですが、そのうち疎になります。渡渉点で向こう岸のペンキマークを見落とさないよう気を使う必要はあります。
その他周辺情報安曇野しゃくなげの湯
http://syakunagenoyu.info/
ここの湯は、中房温泉近くの国民宿舎有明荘から引湯しているそうです。中房温泉で立寄り湯に入るのもよさそうですが、バスの乗車を優先しました。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

ひっそりとした登山口
2017年07月22日 05:59撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひっそりとした登山口
ガクアジサイ
2017年07月22日 06:12撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガクアジサイ
1
赤みを帯びたアジサイ
2017年07月22日 07:25撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤みを帯びたアジサイ
イワオトギリ
2017年07月22日 07:40撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワオトギリ
ブルーベリーなんだろうけどちょっと大きい
2017年07月22日 07:49撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブルーベリーなんだろうけどちょっと大きい
最後の水場
沢の水です
2017年07月22日 07:58撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の水場
沢の水です
ゴゼンタチバナ
2017年07月22日 11:02撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
カラマツソウ
2017年07月22日 12:06撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツソウ
オオヒョウタンボク
2017年07月22日 12:15撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオヒョウタンボク
1
ハクサンチドリ
2017年07月22日 12:47撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ
4
アオノツガザクラ
2017年07月22日 12:55撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アオノツガザクラ
1
ハクサンシャクナゲ
2017年07月22日 13:16撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲ
テン場からの眺めなかなかのもの
2017年07月22日 13:41撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場からの眺めなかなかのもの
4
昔ながらの山小屋の雰囲気
餓鬼岳小屋
2017年07月22日 13:47撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔ながらの山小屋の雰囲気
餓鬼岳小屋
有明山
ここからだと低く感じるけど、どこから見ても台形のきれいな山
2017年07月22日 14:05撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有明山
ここからだと低く感じるけど、どこから見ても台形のきれいな山
7
餓鬼岳とはあんまりな名前だけど「崖岳」が転訛したものとか(諸説あり)
2017年07月22日 14:07撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼岳とはあんまりな名前だけど「崖岳」が転訛したものとか(諸説あり)
5
ハクサンシャクナゲ
キツいルートだけど花に癒される
2017年07月22日 16:25撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲ
キツいルートだけど花に癒される
2
唐沢岳
ここまで本当にしんどかった
2017年07月22日 16:47撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢岳
ここまで本当にしんどかった
2
ロープで囲って保護されているわけではなく登山道に自生してます。踏みつけないように注意が必要。
2017年07月22日 16:52撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープで囲って保護されているわけではなく登山道に自生してます。踏みつけないように注意が必要。
1
朝焼けに浮かぶ富士山
このあと雨になり画像を撮る余裕がありませんでした
2017年07月23日 04:45撮影 by PENTAX KP , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けに浮かぶ富士山
このあと雨になり画像を撮る余裕がありませんでした
5

感想/記録

北アルプスで未踏の餓鬼岳に行ってみようとプランニング。餓鬼岳に行くなら唐沢岳も行ってみたい。燕岳から餓鬼岳までのルートをつないでみたいと夢は膨らみ、2日間で初日に唐沢岳までの往復、2日目に燕岳まで行って合戦尾根を下りるという計画になりました。

ムーンライト信州を信濃大町で降り駅で待機していたタクシーで白沢登山口へ。代金4,100円。意外にも餓鬼岳登山者は多いらしく、しばしば登山者を乗せるそうです。登山口の駐車スペースはかなり手前から満車状態。ここって本当にマイナールート?

道路の左側から入山。しばらく行くと「最後の水場」。でも、結構水量の多い小川。本当に飲んで大丈夫なの?

標高が上がるといろんの高山植物が咲いています。いちばん目立ったのはカラマツソウかな。

登山口からずっと、2人の女性パーティーに抜いたり抜かれたり。こちらはテン泊装備で重量があるとはいえ、ふつうの登山道で抜かれることってあまりないんたけど。うーん、やはりここはエキスパートが来る山なのか。

それほど広くないテン場に先客1組。この日は4組で、スペースはゆったりしてました。

テントを張って、まだ2時前。唐沢岳までのCTは往復ともに2時間40分で、行ったら帰ってくるのは7時を回る。日の長い時期とはいえそれはどうなのか。逡巡しつつも、荷物はないしスピードアップできるかもしれないと、行ってみることにしました。

まずは餓鬼岳。長野県によくある黄色の標柱。少し行くとコマクサの群生地があって癒される。でも癒しはここまで。その先はアップダウン、岩場、ロープのないザレザレの急坂が限りなく続きます。唐沢岳に着いたのが午後4時半。引き返してテントに着いたのは7時を過ぎてました。かろうじてヘッデン山行にはならなかったけど、日の長い時期じゃなかったらまずいところだった。遅い夕食を作って食べ、就寝は山では遅い方の9時過ぎ。翌日の行程も長いので、当初2時起き4時出発を考えてましたが、寝るのか遅くなったので3時起き5時出発。

日出(4時40分)の頃は朝焼けに浮かぶ富士山も見えましたが、予報は昼から雨。昼どころか午前5時からパラパラと降り始め、雨具を着て出発。この時点で燕岳まで歩くモチベーションはかなり下がり、前日小屋番さんに訊いておいた東沢乗越からダイレクトに中房温泉へ下りるショートカットルートが現実味を帯びてきました。

東沢乗越まで、標高2500メートルを境に樹林帯を出たり入ったりする縦走路。雨はそれほど強くなりませんでしたが、風がでてきました。

このルートでも、燕岳まで行って合戦尾根を下りるという単独行の女性に抜かれました。やはりここはエキスパートの山か。

東沢乗越からはしばらくきれいに刈り払われた道ですが、そのうち刈り払いが疎になってきます。何度か渡渉するところがあり、ペンキマークを確実に見つける必要があります。

中房温泉に着くと、山ガールでいっぱい。バスはお客さんが揃えば出発しているようでした。途中、「しゃくなげの湯」(700円)に寄って帰りました。
訪問者数:952人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ