ヤマレコ

記録ID: 1217000 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

真夏に塔ノ岳に登るのは間違っているだろうか?2017

日程 2017年08月06日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り、ガス下界は晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路復路ともに 小田急線渋沢駅 神奈中バス大倉
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間15分
休憩
1時間45分
合計
8時間0分
S大倉バス停07:3307:37大倉山の家07:58観音茶屋08:13雑事場ノ平08:1408:18見晴茶屋08:36一本松09:01駒止茶屋09:09堀山09:17堀山の家09:2709:47天神尾根分岐10:12花立山荘10:3610:47花立10:52金冷シ10:5311:11塔ノ岳11:5212:02金冷シ12:12大丸12:23小丸尾根分岐(二俣分岐・平二山)12:31小丸12:35鍋割山稜12:3612:51鍋割山荘12:52鍋割山13:1113:56後沢乗越14:0414:22ミズヒ沢渡渉点14:26本沢渡渉点14:38二俣14:42尾関広氏の銅像15:33大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは大倉に、コンパスから提出
・大倉尾根はいつもどおり
・鍋割山稜も整備は行き届いている。
・後沢乗越周辺に転落防止用ロープ多数あり
岩木山から戻ってみるとまるで高速道路のような整備具合だった。
その他周辺情報鶴巻温泉 弘法の里湯 無料招待券使用。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック スパッツ 膝サポーター 虫除けスプレー ヒル忌避剤 レスキューシート

写真

駒止茶屋手前のベンチで休憩、既に汗の量が半端じゃない。
2017年08月06日 08:46撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒止茶屋手前のベンチで休憩、既に汗の量が半端じゃない。
11
花立山荘前、汗が出過ぎてトレッキングパンツの裾まで濡れているので長めに休憩。
2017年08月06日 10:27撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立山荘前、汗が出過ぎてトレッキングパンツの裾まで濡れているので長めに休憩。
4
鹿が登山道まで出てきた。
2017年08月06日 10:32撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿が登山道まで出てきた。
7
鹿アップ。
2017年08月06日 10:32撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿アップ。
11
ようやく山頂トウチャコ、いつもどおり白い世界。
2017年08月06日 11:11撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく山頂トウチャコ、いつもどおり白い世界。
24
表尾根が一瞬見えた。
2017年08月06日 11:14撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表尾根が一瞬見えた。
12
山頂、頭上には太陽が出ている。
2017年08月06日 11:14撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂、頭上には太陽が出ている。
4
尊仏山荘、さっきまで見えなかった。
2017年08月06日 11:14撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尊仏山荘、さっきまで見えなかった。
5
ここだけ青空、すぐに隠れたけど。
2017年08月06日 11:17撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここだけ青空、すぐに隠れたけど。
18
昼飯、鉄火巻。
2017年08月06日 11:18撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼飯、鉄火巻。
3
昼飯、梅キュウリ巻。
2017年08月06日 11:20撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼飯、梅キュウリ巻。
3
今日の昼飯は寿司系でまとめた。
2017年08月06日 11:26撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の昼飯は寿司系でまとめた。
8
いつものデザート。
2017年08月06日 11:34撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつものデザート。
9
蛭ヶ岳は見えない。
2017年08月06日 11:43撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳は見えない。
10
檜洞丸も見えない。
2017年08月06日 11:43撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜洞丸も見えない。
3
予定どおり鍋割山へ向かう。大丸を通過。
2017年08月06日 12:12撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定どおり鍋割山へ向かう。大丸を通過。
2
ブナ林の道を行く。
2017年08月06日 12:21撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林の道を行く。
7
小丸尾根分岐 、訓練所尾根はいまだ通行禁止。
2017年08月06日 12:23撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小丸尾根分岐 、訓練所尾根はいまだ通行禁止。
3
小丸付近のブナ林。
2017年08月06日 12:31撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小丸付近のブナ林。
4
小丸を通過。
2017年08月06日 12:32撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小丸を通過。
2
ガスのブナ林、幽玄な感じ。
2017年08月06日 12:49撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスのブナ林、幽玄な感じ。
10
鍋割山トウチャコ、白い世界だ。ここで
かき氷🍧を食して水分補給。
2017年08月06日 12:52撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山トウチャコ、白い世界だ。ここで
かき氷🍧を食して水分補給。
11
後沢乗越、左側に転落防止のロープが張られ
ていた。前は無かったような気がする。
2017年08月06日 14:01撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後沢乗越、左側に転落防止のロープが張られ
ていた。前は無かったような気がする。
3
二俣への道を下る。こちらも転落防止のロープが多数張られていた。
2017年08月06日 14:02撮影 by 507SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣への道を下る。こちらも転落防止のロープが多数張られていた。
2

感想/記録

夏期休暇最終日の日曜日、天気予報を
見ていると、山梨や栃木の山はあまり
天気が良くない。
さりとて、谷川岳や平標山は登ったば
かりなので、近場の山にする。
と言う訳で、またもや真夏の塔ノ岳へ。
久々に鍋割山もセットにしてみた。

今回は、見晴茶屋ぐらいまでは晴れて
いたが、その先はやはりガスの世界で
湿度が凄い。
堀山の家を過ぎた辺りから、大量の汗
でトレッキングパンツの裾まで濡れて
貼り付いて歩きづらい。
あまりキツさに心が折れかけたが、予
定どおりに塔ノ岳に到着。
白かった世界も、周りの山はたいして
見えないが、たまに青空も覗き、衣服
も歩くのに支障が無い程度に乾いたの
で、予定どおり鍋割山へ。

鍋割山稜は塔ノ岳より低いので、当然
白い世界だったが、ブナ林が白く煙る
道は幻想的で趣深い。
ゆるゆる歩いているうちに鍋割山に到
着し、かき氷を食べてから長い下山路
を下って下山した。

一昨年の熱中症や昨年の道迷いはなか
ったが、今年もマゾヒスティックな山
行となってしまった。
やはり、真夏に塔ノ岳に登るのは間違
っているようだ。
訪問者数:654人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ