また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1221124 全員に公開 沢登り中国

扇ノ山(上地川本谷左俣)

日程 2017年08月11日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上地登山口横の駐車スペースに車二台くらい停められそうだが、この日は先客がいたため、登山口横の膨らみに停めさせてもらった。前回は北の海上林道を使っていったが、今回は南の姫路公園経由で向かった。今回の方が林道部分が少なく多少快適だったような気がする。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

上地登山口(6:20)〜手前の二俣(7:10)〜中の二俣(7:32)〜奥の二俣(7:41)〜登山道にでる(9:10)〜扇ノ山(9:17〜9:29)〜上地登山口(10:17)

所要時間3時間57分
コース状況/
危険箇所等
*ヘルメット、沢靴など必須です。
*熊がでやすい山のため注意が必要。

 まずは上地登山口から登山道を歩いていく。ぐにゃっとしたカーブの手前から入渓。しばらくは比較的平易だが、簡単な岩登りがあるので飽きない。標高830あたりで最初の顕著な二俣(手前の二俣と命名)がある。ここを左へ。標高900くらいで二俣(中の二俣と命名)があり、ここも左へ。
 標高950あたりの二俣(奥の二俣)の両方には大きな滝がかかっている。個人的には右側を登りたいところだが、左側へ。弱点をみつけフリーで突破。以後高さのある滝が連続する。ロープは持ってないので無理をせずいくつかの滝は巻く。
 標高1150あたりで急な斜面は終わり、水も少なくなる。適当に藪こぎして河合谷登山道にでる。そのまま山頂へ。
 下山は上地ルート。登山口に(上級者向け)と書いてあるだけあって急斜面が多い。ロープがだしてあるところもいくつかあった。ここは沢靴からランニングシューズに変えて下った(通常は登山靴の方がいいと思う)。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

橋の奥の右側が駐車スペースになっているが先客がいたので、手前側に停める。
2017年08月11日 06:20撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の奥の右側が駐車スペースになっているが先客がいたので、手前側に停める。
上地登山口。なんつってもここまでのアクセスが悪い。林道をぐにゃぐにゃ通ってこなくてはいけない。もったいないなあ。
2017年08月11日 06:20撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上地登山口。なんつってもここまでのアクセスが悪い。林道をぐにゃぐにゃ通ってこなくてはいけない。もったいないなあ。
入渓する。
2017年08月11日 06:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入渓する。
水量は豊冨。
2017年08月11日 06:30撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量は豊冨。
2
序盤は簡単な岩登りを楽しむ。
2017年08月11日 06:34撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤は簡単な岩登りを楽しむ。
2
右斜面に一際大きな滝が出現。
2017年08月11日 06:42撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右斜面に一際大きな滝が出現。
早朝なので熊の出現率も高いため、時折手を叩いて音をだしながら進む。
2017年08月11日 07:02撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝なので熊の出現率も高いため、時折手を叩いて音をだしながら進む。
1
練習がてら倒木の上を歩いて滝を突破する。滑りやすいので注意。
2017年08月11日 07:06撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
練習がてら倒木の上を歩いて滝を突破する。滑りやすいので注意。
手前の二俣。右側奥に滝が見える。
2017年08月11日 07:10撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の二俣。右側奥に滝が見える。
近づいてみる。いい滝だ。でもここは右俣なので引き返す。
2017年08月11日 07:12撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近づいてみる。いい滝だ。でもここは右俣なので引き返す。
1
いい瀞(とろ)だった箇所。
2017年08月11日 07:15撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい瀞(とろ)だった箇所。
1
水際を積極的に歩いていく。
2017年08月11日 07:17撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水際を積極的に歩いていく。
花はほとんど目に入らなかったが、これはイワタバコというらしい。一瞬イカリソウだと勘違いしそうになった。そのほかにはアジサイも咲いていた。
2017年08月11日 07:17撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花はほとんど目に入らなかったが、これはイワタバコというらしい。一瞬イカリソウだと勘違いしそうになった。そのほかにはアジサイも咲いていた。
3
ここが中の二俣。右奥に小さく見える流れも滝っぽいの。左へ。
2017年08月11日 07:32撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが中の二俣。右奥に小さく見える流れも滝っぽいの。左へ。
はじめて見たこの日登るのに歯ごたえがありそうな滝。
2017年08月11日 07:38撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はじめて見たこの日登るのに歯ごたえがありそうな滝。
1
ここが奥の二俣。左右に大きな滝が見える。
2017年08月11日 07:41撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが奥の二俣。左右に大きな滝が見える。
左右の滝を背景に自撮り。もってきていたゴリラポットを枝にくくりつけて撮る。
2017年08月11日 07:46撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左右の滝を背景に自撮り。もってきていたゴリラポットを枝にくくりつけて撮る。
2
左の滝は赤線のルートで登った。一目見て登れないだろうなと思ったが、弱点を発見したのでフリーでいけた。
2017年08月11日 07:53撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の滝は赤線のルートで登った。一目見て登れないだろうなと思ったが、弱点を発見したのでフリーでいけた。
1
凹凸を確認してから登っていく。
2017年08月11日 07:54撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凹凸を確認してから登っていく。
ストームクルーザーを頭までしっかりかぶり、水際に突入して登る。冷たいが気持ちいい。
2017年08月11日 07:59撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ストームクルーザーを頭までしっかりかぶり、水際に突入して登る。冷たいが気持ちいい。
これも登れた(と思う、たしか)。
2017年08月11日 08:05撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも登れた(と思う、たしか)。
1
この滝は左側を登ろうと思ったが、案外ホールドが少なく断念。巻いた。
2017年08月11日 08:30撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝は左側を登ろうと思ったが、案外ホールドが少なく断念。巻いた。
1
無理はできない。
2017年08月11日 08:31撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無理はできない。
威圧感のある壁のような滝。たしかこれも巻いた。
2017年08月11日 08:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
威圧感のある壁のような滝。たしかこれも巻いた。
門番の滝と命名した滝。真ん中にいい段差があるので利用して登る。
2017年08月11日 08:42撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
門番の滝と命名した滝。真ん中にいい段差があるので利用して登る。
大きな滝はこれが最後。より困難な右側の水流のルートを選択。
2017年08月11日 08:47撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな滝はこれが最後。より困難な右側の水流のルートを選択。
標高1150を超えたら斜度も下がる。
2017年08月11日 08:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1150を超えたら斜度も下がる。
細かい二俣がいくつかあったが、集中力を切らしたのか間違えて結果ちょっとの藪こぎ。
2017年08月11日 08:52撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細かい二俣がいくつかあったが、集中力を切らしたのか間違えて結果ちょっとの藪こぎ。
登山道に飛び出る。予定していた鞍部の少し南寄りだった。文字通り「詰めが甘い」。
2017年08月11日 09:10撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に飛び出る。予定していた鞍部の少し南寄りだった。文字通り「詰めが甘い」。
山頂避難小屋は被害を受けていた。噂によると台風の影響らしい。
2017年08月11日 09:17撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂避難小屋は被害を受けていた。噂によると台風の影響らしい。
2
左俣を最後まで忠実に詰めるとこの木道あたりにでるみたい。
2017年08月11日 09:37撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣を最後まで忠実に詰めるとこの木道あたりにでるみたい。

感想/記録
by sappan

 昨年は扇ノ山の唐戸谷を遡行したが、今回は南にある本谷を遡行することにした。偶然にも山の日。快適な遡行ができた。扇ノ山や氷ノ山は自宅から遠く、2時間かかるのでなかなかこれないが、今回は妻の許可をもらってくることができた。
 前回の唐戸谷でも思ったが、水量が豊冨でまとわりついてくる虫がいない。熊の生息地帯なので単独ではなかなかこれないが、沢登りの対象としては適していると思う。
 来年も一つくらい扇ノ山の沢をやりたい。
訪問者数:295人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ