ヤマレコ

記録ID: 1227210 全員に公開 ハイキング甲信越

燕岳 リベンジ撮影〜後編

日程 2017年08月14日(月) [日帰り]
メンバー
天候くもり時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間45分
休憩
1時間10分
合計
2時間55分
S燕山荘09:4410:07合戦山(合戦沢ノ頭)10:1310:17合戦小屋10:5111:05富士見ベンチ11:1511:29第3ベンチ11:3811:54第2ベンチ11:5812:09第1ベンチ12:1612:39中房温泉登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

見渡す限りの雲海
2015年01月05日 04:49撮影 by HERO4 Silver, GoPro
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見渡す限りの雲海
1
コマクサ
一昨年前より花盛り?
2015年01月05日 05:30撮影 by HERO4 Silver, GoPro
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサ
一昨年前より花盛り?
あっという間にガスに
包まれる
2015年01月05日 07:43撮影 by HERO4 Silver, GoPro
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間にガスに
包まれる
1
お世話になりました
2015年01月05日 08:59撮影 by HERO4 Silver, GoPro
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お世話になりました
1
名残惜しい眺め
2015年01月05日 09:14撮影 by HERO4 Silver, GoPro
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しい眺め
蒸し暑い
2015年01月05日 11:04撮影 by HERO4 Silver, GoPro
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒸し暑い
お疲れ様でした
2015年01月05日 13:19撮影 by HERO4 Silver, GoPro
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした
中途半端な撮り方してるし...
2017年08月14日 06:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中途半端な撮り方してるし...
この眺望に時間を忘れる
2017年08月14日 07:28撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この眺望に時間を忘れる
1
今回も頂きました
弱った胃に丁度良かった
2017年08月14日 10:25撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回も頂きました
弱った胃に丁度良かった
1
撮影機材:

感想/記録

前日は、夕食を終えてからぐったりして寝て
しまったので、朝3:00前に起床。
少しだけ体調も回復していたので、ご来光を
拝みに山頂へ向かう事に。

小屋を出てみると、昨夜充満していたガスが
すっかり消え、黒々とした槍ヶ岳の姿が見える。
これで一気にテンションが上がる。

山頂まではあまり時間が掛からないので、
そのまま登り、思う存分に景色を撮影出来る。
もっと動き回って撮影をしたかったが、他の
登山者もおられるので、三脚を持ってウロウロ
するわけにもいかず、位置固定で撮影。

後から見返してみると、もう少し別のアングル
で撮っておくべきだったなとも思ったが、心
を残しておけば、また、次に行くきっかけにも
なるだろう と。
腕前ばかりは、経験を積んでいくしかない。

撮影を一通り終えたのち、ゆっくり下山の準備
に取り掛かる。
そうしている間にも、谷側からガスが上がって
くる様子が見えるが、一通りの目標を果たせた
満足感で、周りの景色を堪能しながら優雅な気分
に浸る。

帰りのバスの時間があるので、下山は少しピッチ
を上げて下山。
標高を下げるにつれ気温も上がるので、汗が
一気に流れる。
登山口の手前で、昨夜登ってこられてたツアー
登山客のお一人が転倒して怪我をしたらしく、
治療を受けていた。
最後の最後まで気を抜いてはいけない。

下山後、速やかに中房温泉で汗を流して帰路につく。
といっても準備が遅いので、直前までバタバタ
してたわけだけども…

今回は、山田淳さんや、大蔵喜福さんがガイドを
務めておられるのを見かけた。
ツアー登山のガイドって、きっと大変なんだろうな...
大蔵さんの場合は、子供達のガイドだから余計に。

写真については、
GoProの日時設定がリセットされていたおかげで、
写真の時系列から配列もおかしくなってしまった。
これからは、事前に必ずチェックしておこう。

壁に飾る写真を現像に出して、早速飾ってみた。
来年こそは槍に行く という決意表明を含めて。

あと、登り始めの時、登山口のトイレ傍にうっかり
置き忘れたタバコケースを温泉まで届けて下さった方へ、
この場を借りてお礼を。
(読んで下さっていれば嬉しいんですが)
貴方の心遣いのおかげで、帰りに受け取る事が出来、
最後まで気持ちの良い登山になりました。
ありがとうございました。



訪問者数:110人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

コマクサ 雲海 ガス ご来光 テン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ