ヤマレコ

記録ID: 1228326 全員に公開 トレイルラン奥多摩・高尾

東京都の百名山(雲取山)

日程 2017年08月17日(木) [日帰り]
メンバー
天候曇り〜小雨(頂上のみ晴れ)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鴨沢の村営登山者駐車場。
6時で数台。
10時で8台ぐらい。が〜らがら。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.3〜0.4(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
⇔21km
↑1400m
分岐毎に標識あり。
問題なし。
その他周辺情報直帰です。

装備

個人装備 半袖 短パン バンダナ 途中からFT半袖L1
備考 消費:水0.5L おにぎり2個 ゆで卵1個 塩タブ3個 ジェル1個
余り:水1L クロワッサン1個 塩タブ3個 ジェル3個 ソイジョイ1個

写真

駐車場から林道を行かずに、右手のトレイルへ。
200mほどふかふかトレイル。
すぐに左の林道へ合流。
2017年08月17日 05:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から林道を行かずに、右手のトレイルへ。
200mほどふかふかトレイル。
すぐに左の林道へ合流。
林道を200mぐらい進むと、おなじみの看板がでてくる。
ここにあったのね。
2017年08月17日 05:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を200mぐらい進むと、おなじみの看板がでてくる。
ここにあったのね。
1
芸術的な蜘蛛の巣。
2017年08月17日 06:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芸術的な蜘蛛の巣。
2
しばらく、幅の広いトレイルがつづく。
2017年08月17日 06:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく、幅の広いトレイルがつづく。
1
高野山の町石道のような、トレイルが続く。
2017年08月17日 06:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高野山の町石道のような、トレイルが続く。
1
すこし植生が変わってくる。
関西で言う、霊仙山のような感じ。
2017年08月17日 06:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すこし植生が変わってくる。
関西で言う、霊仙山のような感じ。
水場が左手にあります。
助かりますね。
2017年08月17日 06:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場が左手にあります。
助かりますね。
ここにも、水場。
豊富で助かります。
2017年08月17日 07:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも、水場。
豊富で助かります。
黄色い花に導かれ、七ッ石山へ登ります。
2017年08月17日 07:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色い花に導かれ、七ッ石山へ登ります。
1
七ッ石山とうちゃこ。
貸切なので、セルフタイム。
2017年08月17日 07:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ッ石山とうちゃこ。
貸切なので、セルフタイム。
4
七ッ石山から一回標高を下げます。
右手に、八ヶ岳でも見た花。
東京都で会えるとは驚き。
2017年08月17日 07:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ッ石山から一回標高を下げます。
右手に、八ヶ岳でも見た花。
東京都で会えるとは驚き。
1
立派過ぎて、思わずパシャリ。
テカリ具合もご立派。。
2017年08月17日 07:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派過ぎて、思わずパシャリ。
テカリ具合もご立派。。
1
龍の様な木がありました。
2017年08月17日 07:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍の様な木がありました。
1
笹トレイルが出てきたら、山頂は近いですよ。
2017年08月17日 07:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹トレイルが出てきたら、山頂は近いですよ。
1
登山道の岩に萌える。
八ヶ岳にもあったなぁ〜。
2017年08月17日 07:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の岩に萌える。
八ヶ岳にもあったなぁ〜。
1
ほ〜。
立派な木です。
2017年08月17日 07:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほ〜。
立派な木です。
東京都でダケカンバに会えるとは。
2017年08月17日 08:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東京都でダケカンバに会えるとは。
1
なだらかなトレイルで、山頂を目指す。
2017年08月17日 08:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかなトレイルで、山頂を目指す。
むむっ。
虹だぁ!
2017年08月17日 08:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
むむっ。
虹だぁ!
3
虹が近づいてきた。
2017年08月17日 08:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虹が近づいてきた。
3
トレイルに虹かかかっている。
この後、虹を通り抜ける体験をしました。
ちなみに、通り抜けた後振り返ると、虹は見えません。
2017年08月17日 08:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレイルに虹かかかっている。
この後、虹を通り抜ける体験をしました。
ちなみに、通り抜けた後振り返ると、虹は見えません。
6
山頂避難小屋にて。
晴れちゃったので、セルフ。
貸切。
2017年08月17日 08:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂避難小屋にて。
晴れちゃったので、セルフ。
貸切。
3
山頂だけ、ガスがない。
2017年08月17日 08:13撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂だけ、ガスがない。
山頂も貸切。
なので、セルフタイム。
2017年08月17日 08:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂も貸切。
なので、セルフタイム。
5
山頂より。
写真には写っていませんが、富士山も見えちゃいました。
2017年08月17日 08:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より。
写真には写っていませんが、富士山も見えちゃいました。
2
山頂より。
空がきれい。
2017年08月17日 08:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より。
空がきれい。
1
下山途中に保護色のやつを踏みそうに。
ノンストップ予定だったが、主を見つけてしまったので、記念撮影。
踏まれないように、登山道脇に避難させました。ゲコ。
2017年08月17日 09:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中に保護色のやつを踏みそうに。
ノンストップ予定だったが、主を見つけてしまったので、記念撮影。
踏まれないように、登山道脇に避難させました。ゲコ。
3
帰りの巻道。
萌える橋と、滝。
2017年08月17日 09:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの巻道。
萌える橋と、滝。
1
当然、こーなります。
(頭を滝に打たれてます。。。)
2017年08月17日 09:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当然、こーなります。
(頭を滝に打たれてます。。。)
1

感想/記録

本当は、白馬岳に行きたかったぁ。
でも、お天気がこんな状態ではテンションも上がらず、無理をしないことに。
そこで、目をつけたのが、東京都の百名山。
雲取山だ。
標高2000mちょっと。
冬だと雪で登れない。
夏だと暑くて登れない。
そんな山だったのですが、今年の夏は暑くない。
3000mの山だとちょっと寒いかもと思い、雲取山に決定!

あとは、どこから登るかだ。
実家が埼玉なので、三峰神社から登ろうかとも思ったが、
鴨沢でもアクセスの時間は変わらないことが分かった。
せっかくなので、東京都の鴨沢から登ることにした。

目覚ましをあえてセットしなかったが、やはりワクワクで4時に目が覚める。
即、実家を出発して、6時前に駐車場に到着。
車は3台ぐらい。
予想より少ない。

さくっと出発する。
すごくしっかりとした登山道だ。
シングルトラックはほぼ無い。
傾斜はすごく緩い。
ので標高は稼げない。
登りでも時々走れてしまう。
トレイルというよりは、公園のハイキング道のような感じだった。

途中3か所ぐらい水場があるので、そんなに水はいらなかったようだ。
急遽、雲取山に決定したため、地図を持ってきていないので、
周回コースもとれるが、無理をせず鴨沢からのピストンとした。
道中は、常にガスの中。
マイナスイオンが出まくっているので、これはこれで好き。

雲取山山頂手前で、虹が出現。
その虹は、どんどん迫ってくる。
虹の右端がトレイルにかかっている。
初めて虹を突き抜けた。
大変貴重な経験をした。

そして山頂へ。
ガスが切れ、日差しが差してくる。
そして暖かい。
そして誰もいない。
貸切だ。

いつもは山頂でゆっくり過ごすことは無いが、今日は、補給をしながら珍しくゆっくり過ごす。
日差しが心地よい。
そして想定外の富士山も雲海から顔をだし、友情出演してくれた。
いつもは、山頂タッチアンドゴーだったので、山頂は好きではないのかなと思っていたが、どうも山での人ごみが嫌いだったようだ。
三峰方面から、子供交じりの声が聞こえて来た。
せっかくなので、お顔を拝見してから下山しようかと。
5人組の家族の様な感じでした。
挨拶をしてから、貸切をバトンタッチ。

山頂から数メートル下ると、再びガスの中へ。
あとは、ひたすら緩やかなトレイルを写真無しで下ると決める。

しかし、途中で危うく主を踏みそうになり、せっかくなので捕まえて記念撮影。
その後も行に通らなかった巻道で滝を発見したので、打たれてみたりと遊びながら下山。

往復4時間未満と、少し物足りない山行となった。
雲取山は、伊吹山のように、かなりお手軽な百名山であることを体感した一日(半日)であった。

無事下山出来て、感謝です。
ありがとうございます。
訪問者数:351人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/4/30
投稿数: 886
2017/9/2 0:35
 我らが都民の誇り☆
gacyapinさん、こんばんは☽
先日、八ヶ岳ですれ違ってコメントいただいた者です
遅コメで失礼します

あれから間髪入れずに、雲取トレランですか〜、流石です
しかも、メチャクチャ早い
同じく、トレラン仕様で昨年暮れに雲取やっているのですが…あまりに不甲斐なく情けない限りです
鴨沢コース、凄い整備されてますよね
特に今年が「その年」なので、更に整備されたようです…

埼玉の三峰方面のルート、こちらも、眺望は石尾根に負けますが、オススメです

虹をくぐられるという貴重な体験、いいですねぇ
そして、画像13は、dancing treeまたは、奥多摩の見返り美人、と呼ばれている木です
やはり、目を止められたようですね

今年は雲取、激混みといわれていますが、山頂貸切で満喫できてよかったですね〜
登録日: 2014/6/15
投稿数: 66
2017/9/3 8:14
 Re: 我らが都民の誇り☆
machagon さん。
遅コメありがとうございます。
初めての雲取山だったんですが、今年は当たり年だったんですね。
事前情報では、人がいっぱいいそうな感じだったのですが、
当日は、お会いした人は数えられるぐらいで、拍子抜けした次第です。
三峰方面は、実はすごい気になるルートなんですよね〜。
せっかくなのでピストンではなく、周回コースを来年に向けて妄想しようと思います。

ちなみにmachagonさんの過去レコ見ましたよ。
雲取山にママチャリを持って登ったレコは印象的でしたね。
こういった活動、大好きです。
私もトレランをやる前はMTBを担いでよく山に登ってました。
これからのレコも来たいしております。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ