また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1229109 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

蓮華温泉から朝日岳、雪倉岳、周回

日程 2017年08月16日(水) 〜 2017年08月17日(木)
メンバー
天候16日 小雨 17日 朝は雲が多いが晴れ、昼前から雲り
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間48分
休憩
39分
合計
6時間27分
S蓮華温泉09:3709:42蓮華温泉キャンプ場09:48蓮華の森分岐10:08兵馬の平10:31瀬戸川橋10:4311:29ヒョウタン池11:3011:34白高地沢橋12:45花園三角点12:4612:49五輪高原13:0714:50吹上のコル15:21朝日岳15:49水谷のコル15:5316:00朝日小屋16:0316:04宿泊地
2日目
山行
8時間34分
休憩
35分
合計
9時間9分
朝日小屋05:3705:44水谷のコル06:24朝日岳06:3007:32小桜ヶ原07:3609:24雪倉岳09:2509:47雪倉岳避難小屋10:34鉱山道分岐11:14三国境11:3011:58小蓮華山12:23船越ノ頭12:2412:49白馬大池山荘12:5313:46天狗ノ庭13:4914:46蓮華温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪倉岳から少し東に雪渓が2箇所あるがアイゼンなしで行けたが、トレースが浅くヒヤヒヤした。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

兵馬の平 ここではまだ雨が降っていなかった
2017年08月16日 10:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兵馬の平 ここではまだ雨が降っていなかった
1
五輪湿原 この辺りから色々な花が出て来だした
2017年08月16日 13:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五輪湿原 この辺りから色々な花が出て来だした
2
小雨で視界がほとんどなかったが少し視界が開ける
2017年08月16日 14:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雨で視界がほとんどなかったが少し視界が開ける
3
2日目、日の出前、晴れてる。雲海が見えるテント場。
2017年08月17日 05:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目、日の出前、晴れてる。雲海が見えるテント場。
2
テント場から前朝日岳
2017年08月17日 05:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場から前朝日岳
1
テント場から朝日岳。この後雲がかかる。
2017年08月17日 05:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場から朝日岳。この後雲がかかる。
1
テント場から、中央右か旭岳。その左が白馬岳。少し雲がかかっている。
2017年08月17日 05:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場から、中央右か旭岳。その左が白馬岳。少し雲がかかっている。
3
さっきまで晴れてた朝日岳頂上に到着。雲が,かかり何も見えない。太陽がうっすら。この後、下山後晴れるとは、、、。
2017年08月17日 06:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきまで晴れてた朝日岳頂上に到着。雲が,かかり何も見えない。太陽がうっすら。この後、下山後晴れるとは、、、。
2
水芭蕉があちこちに
2017年08月17日 07:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水芭蕉があちこちに
2
朝日岳から降りてきたら雲が取れた。
2017年08月17日 07:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳から降りてきたら雲が取れた。
2
雪倉岳。奥は旭岳。
2017年08月17日 07:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪倉岳。奥は旭岳。
2
雪倉岳の南側。切れ落ちている。
2017年08月17日 08:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪倉岳の南側。切れ落ちている。
3
雪倉岳への登り。つらいがここだけ快晴で気持ちが良い。
2017年08月17日 09:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪倉岳への登り。つらいがここだけ快晴で気持ちが良い。
4
白馬岳から小蓮華山への稜線。黒っぽい雲が
2017年08月17日 09:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳から小蓮華山への稜線。黒っぽい雲が
1
白馬岳から小蓮華山への稜線。
2017年08月17日 09:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳から小蓮華山への稜線。
1
白馬岳。この時は晴れてたが。
2017年08月17日 09:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳。この時は晴れてたが。
2
その西側の旭岳。
2017年08月17日 09:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その西側の旭岳。
2
奥に剣岳(とんがり)立山は雲で見えない
2017年08月17日 09:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に剣岳(とんがり)立山は雲で見えない
5
雪倉岳山頂から白馬岳と旭岳。素晴らしいの一言。
2017年08月17日 09:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪倉岳山頂から白馬岳と旭岳。素晴らしいの一言。
7
すごい入道雲が出てきた。嫌な予感。
2017年08月17日 09:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごい入道雲が出てきた。嫌な予感。
2
コマクサも少しだがあった
2017年08月17日 10:31撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマクサも少しだがあった
2
白馬岳に行くところだったが雲がかかってきた
2017年08月17日 11:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳に行くところだったが雲がかかってきた
2
白馬岳の北側の長池
2017年08月17日 11:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳の北側の長池
2
白馬岳から小蓮華山への稜線へも雲が
2017年08月17日 11:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳から小蓮華山への稜線へも雲が
2
白馬大池。山に囲まれているせいか、ここだけ雲が切れている
2017年08月17日 12:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬大池。山に囲まれているせいか、ここだけ雲が切れている
3
蓮華温泉。煙が見える
2017年08月17日 14:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華温泉。煙が見える
3
撮影機材:

感想/記録

2日休みが取れたが天気はどこも悪そう。3時間毎に更新される最新の天気予報は見る度に雨になったり、晴れになったり曇りだったり、ころころ変わる。一喜一憂するのがばからしくなってきた。結局、微妙な天気で予報は無理だという結論に。一番ましそうなのが、南風なので風下になる白馬岳より北側の地域。雨になったとしても、まだましだろうと思い、雨覚悟で晴れたらラッキーと思い、とりあえず行くことに。
5年くらい前に蓮華温泉から白馬大池経由で白馬岳、雪倉岳へ行き、鉱山道から蓮華温泉に戻ったことがあり、好印象だったので、今回は評判の良い朝日小屋のテント場経由で周回の予定を立てた。
初日は、歩き出して1時間程で雨が降り出し、その後はそんなに強くはないがずーっと雨。最初の1時間は下りでそこから登りなので見た目よりはきつい。ほとんど視界がなく、何となくしか、わからなったが、湿地が多く雰囲気は良い所だった。特に五輪湿原から朝日小屋までは多種多様の花が咲き乱れ、種類の多さは特筆物。知っている花はもちろん、見た事のない花がいっぱいだった。ないのはコマクサぐらいだなあと思っていたら、雪倉岳の北側にほんの少しと三国境の近くにコマクサまであった。花の勉強をしたければ、花に詳しい人と一緒に行けば良い勉強になるだろう。ここらへんは、雪が多い所なので、まだ当分は楽しめるはずだ。
6年前に買ったレインウェアーだが、もう寿命なのか防水効果が弱く、最後の方でおしりが冷たく感じて、触ってみると濡れていた。結局テント場についで脱いでみると。靴、靴下、下着、シャツ、全て濡れていた。着換えがあったのでよかったが、乾かず重い荷物になってしまった。
2日目、朝、起きると何と快晴。昨日の天気がうそのよう。雨も覚悟していたので、これはラッキーとルンルンで支度をして、巻き道を使わず、前日登った朝日岳に。登りだすと下から雲が上がってきて朝日岳は一気に雲の中。頂上から風下は雲が切れているだろうと思って頂上までいったが、全くだめ。5分くらいねばったが、晴れそうにないし、ぐずぐずしているとこの先も雲がかかってしまいそうなので、あきらめて雪倉岳方面に下山。下に降りてしばらく歩くと、何と朝日岳が晴れてる。ウーーン残念、しかしかっこいい。下から見れただけでもラッキーと思わねば。
その後雪倉岳へ。周りはかなり雲が上がってきて東側は雲がかかってきた。しかし高い山に囲まれているこの山だけは快晴。きつい登りを終えて頂上に。最高の眺めで白馬岳も雲はほとんどない。そこから白馬岳方面への稜線が美しい。5年前の記憶が甦ってきた。そこから本日のハイライトである稜線歩きを楽しみ、三国境へ近づくと白馬岳に雲がかかってきた。三国境へ到着して昼食を食べながら白馬岳の雲が切れるのを待つ。ところが切れるどころか黒い雲が近づいてきた。これはやばいと想い、すかさず、下山態勢へ。白馬大池への稜線も雲がかかってきた。少し早いペースで白馬大池に。5年前は雲と強風でほとんど何も見えなかった白馬大池だが今回はここだけ雲が切れ視界があった。やはり、キレイなところだ、チングルマが群生していてとてもキレイだった。そこから約2時間で蓮華温泉へ到着。
朝日岳は雲の中で、白馬岳は雲がかかったので断念したが、一度行った事があるし、朝日岳から三国境までたっぷり楽しめたので満足できた。2日共、雨にあうことも覚悟していただけにラッキーだった。やっぱり雪の多いところは少し雰囲気が違い、朝日小屋のテント場も噂に違わずの、良い所だった。少し、妙高山や火打山辺りに似てるなあと思った。
訪問者数:459人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ