また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1245533 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

北アルプス・笠ヶ岳(大雲海から初秋の風が吹いた日)

日程 2017年09月02日(土) [日帰り]
メンバー
天候往路〜山頂:快晴
復路:曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
深山荘に隣接した、登山者用駐車場を利用。3時間仮眠。
登山口からは少し離れていますが、無料です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間34分
休憩
1時間25分
合計
11時間59分
Sスタート地点03:4703:57新穂高登山指導センター04:0204:13登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)04:1805:12笠新道登山口05:1808:01杓子平08:0909:14笠新道分岐09:1809:46抜戸岩09:4810:13笠ヶ岳山荘10:1710:28笠ヶ岳10:5911:10笠ヶ岳山荘11:1211:29抜戸岩12:02笠新道分岐12:0512:52杓子平12:5614:46笠新道登山口14:5314:58中崎橋14:5915:30登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)15:35新穂高登山指導センター15:3815:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ニアミスに気を付けていれば、命にかかわるような危険箇所は無いように思われます。
ただし、森林限界以上では浮石が多いエリアもあります。落石に気を付けましょう。サッカーボールぐらいのを転がしている人を見かけました。

今回、笠新道の日帰りにチャレンジしましたが、なかなか大変でした。体力をはじめとして、ご自身のもっている条件と照らし合わせて、無理のないように参考にしていただければと願います。
その他周辺情報日帰り温泉:ひがくの湯(大人700円)
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

深山荘の駐車場からヘッドライトを灯して、新穂高の登山指導センターへ。
笠新道の日帰りピストンなので、これぐらいには早いスタートになります。
2017年09月02日 04:09撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深山荘の駐車場からヘッドライトを灯して、新穂高の登山指導センターへ。
笠新道の日帰りピストンなので、これぐらいには早いスタートになります。
1
ホテルニューホタカの向かいにある左俣林道へ。
2017年09月02日 04:24撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホテルニューホタカの向かいにある左俣林道へ。
登山口に到着。
だんだん明るくなってきました。
2017年09月02日 05:22撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着。
だんだん明るくなってきました。
歩いても歩いても終わらなそうな、長〜い笠新道。
ひたすら登るしかありませんね!
2017年09月02日 05:58撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いても歩いても終わらなそうな、長〜い笠新道。
ひたすら登るしかありませんね!
1
好天が期待できそうな朝。
2017年09月02日 06:13撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
好天が期待できそうな朝。
1
まだまだ。標高差は厳しい。
2017年09月02日 06:20撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ。標高差は厳しい。
花を楽しみながら、地道に高度を稼いでいきました。
2017年09月02日 06:26撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花を楽しみながら、地道に高度を稼いでいきました。
空が近づいてきました。青い空。
2017年09月02日 06:47撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が近づいてきました。青い空。
目が覚めるような、アルペンな朝風景です。
2017年09月02日 06:37撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目が覚めるような、アルペンな朝風景です。
2
すでに眼下は雲海。
2017年09月02日 06:58撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すでに眼下は雲海。
3
気の早すぎるナナカマドの小枝が、赤くなり始めていました。
2017年09月02日 07:14撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気の早すぎるナナカマドの小枝が、赤くなり始めていました。
杓子平に着くまでは、なかなかの急登が続いていきます。
2017年09月02日 07:40撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子平に着くまでは、なかなかの急登が続いていきます。
ハイマツ帯に突入。
2017年09月02日 07:42撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯に突入。
ナナカマドも秋の実り。
2017年09月02日 07:44撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドも秋の実り。
1
こんな実も。
2017年09月02日 07:54撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな実も。
1
森林限界を抜けると、晩夏に残る花々も清々しい。
2017年09月02日 07:59撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界を抜けると、晩夏に残る花々も清々しい。
1
快晴の空と花。テンションが上がってきます!
2017年09月02日 07:59撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の空と花。テンションが上がってきます!
秋を感じさせる涼しい風が届いています。
背景には、突き上げる槍ヶ岳。
2017年09月02日 07:54撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋を感じさせる涼しい風が届いています。
背景には、突き上げる槍ヶ岳。
2
杓子平まで高度を上げました。
笠ヶ岳がどーんと現れます!
2017年09月02日 08:00撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子平まで高度を上げました。
笠ヶ岳がどーんと現れます!
3
まずは、回り込むように抜戸岳まで登らなければなりません。
2017年09月02日 08:00撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは、回り込むように抜戸岳まで登らなければなりません。
2
ハイマツ帯のテンション上がるトレイルが始まります。
2017年09月02日 08:03撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯のテンション上がるトレイルが始まります。
周囲には弾けたチングルマがたくさん。
2017年09月02日 08:22撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周囲には弾けたチングルマがたくさん。
晩夏の雰囲気も残る、青々とした景観。
2017年09月02日 08:29撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晩夏の雰囲気も残る、青々とした景観。
空の世界と雲の世界が二分されてる。
2017年09月02日 08:29撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空の世界と雲の世界が二分されてる。
2
抜戸岳までも、なかなか歩きごたえのある坂道です。
2017年09月02日 09:08撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜戸岳までも、なかなか歩きごたえのある坂道です。
変わりゆく季節を、微風とともに。
2017年09月02日 09:08撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
変わりゆく季節を、微風とともに。
1
もうすぐ稜線。
2017年09月02日 09:09撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ稜線。
1
抜戸岳手前の分岐点まで来ました。少し雲がかかってはいますが、薬師岳など北西部の山々が見渡せます。
2017年09月02日 09:26撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜戸岳手前の分岐点まで来ました。少し雲がかかってはいますが、薬師岳など北西部の山々が見渡せます。
2
最高の天気のもと、最高の稜線歩きがスタート。
笠ヶ岳、すばらしい。
2017年09月02日 09:23撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の天気のもと、最高の稜線歩きがスタート。
笠ヶ岳、すばらしい。
3
天空散歩。
2017年09月02日 09:37撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天空散歩。
そこそこアップダウンはあります。
2017年09月02日 09:30撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこそこアップダウンはあります。
2
「抜戸岩」に近づいてきました。
2017年09月02日 09:53撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「抜戸岩」に近づいてきました。
1
抜戸岩の隙間からのぞく、笠ヶ岳山頂。
2017年09月02日 09:53撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜戸岩の隙間からのぞく、笠ヶ岳山頂。
3
ここまでコースタイム長かった・・・山頂直下の登り、気力を振り絞ります。
2017年09月02日 10:05撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでコースタイム長かった・・・山頂直下の登り、気力を振り絞ります。
2
足場は岩が多いです。浮石に気を付けて進みます。
2017年09月02日 10:14撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足場は岩が多いです。浮石に気を付けて進みます。
笠ヶ岳山荘に到着。呼吸を整えてから、ラストスパートへ。
2017年09月02日 10:24撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳山荘に到着。呼吸を整えてから、ラストスパートへ。
あと少し。
2017年09月02日 10:24撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少し。
人がいる!
2017年09月02日 10:38撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人がいる!
2
登頂。

笠ヶ岳、はじめて来ました。槍穂をバックに山頂標識が。
2017年09月02日 10:39撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂。

笠ヶ岳、はじめて来ました。槍穂をバックに山頂標識が。
4
穂高ズーム。
2017年09月02日 10:39撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高ズーム。
2
アニメ『ヤマノススメ』第3期放送決定の宣伝もかねて、記念撮影!
2017年09月02日 10:30撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アニメ『ヤマノススメ』第3期放送決定の宣伝もかねて、記念撮影!
4
槍穂。そして歩いてきた稜線を見下ろす大展望です。with 雪村あおい。
2017年09月02日 10:35撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂。そして歩いてきた稜線を見下ろす大展望です。with 雪村あおい。
3
西は一面の大雲海。
その果てに、次週予定している白山がポツンと視認されました。
2017年09月02日 10:49撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西は一面の大雲海。
その果てに、次週予定している白山がポツンと視認されました。
2
南には、乗鞍と木曽御嶽山が頭を出しています。
2017年09月02日 10:48撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南には、乗鞍と木曽御嶽山が頭を出しています。
2
最高の山頂タイムでした。
はるばる東京から長距離運転とロングCTを登ってきた甲斐があったというもの。ピストンで下山します。
2017年09月02日 10:57撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の山頂タイムでした。
はるばる東京から長距離運転とロングCTを登ってきた甲斐があったというもの。ピストンで下山します。
1
名残惜しい。
2017年09月02日 11:26撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しい。
1
午前11時、だんだんガスが乗り上げてきました。
2017年09月02日 11:29撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前11時、だんだんガスが乗り上げてきました。
1
快晴の時間が終わろうとしています。日帰り目標で早出したおかげで、大展望に間に合ったようです。
2017年09月02日 11:36撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の時間が終わろうとしています。日帰り目標で早出したおかげで、大展望に間に合ったようです。
雲に隠れてしまう前に、もう一度だけ振り返って。
2017年09月02日 11:25撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲に隠れてしまう前に、もう一度だけ振り返って。
2
ドウダンツツジが紅く色づき始めていました。秋の気配をここにも感じます。
2017年09月02日 11:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドウダンツツジが紅く色づき始めていました。秋の気配をここにも感じます。
分岐点に戻ってきました。
2017年09月02日 12:11撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点に戻ってきました。
この後は下山するまで、ずっとガスった視界でした。標準的な一泊二日の計画で登って来る方々は、ちょっと気の毒な天気の移り変わりでしたが・・・
2017年09月02日 12:58撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後は下山するまで、ずっとガスった視界でした。標準的な一泊二日の計画で登って来る方々は、ちょっと気の毒な天気の移り変わりでしたが・・・
(長い中略)登山道、終了間近です。
いや〜、キツイ。ここまで、ただひたすら下り続けるしかありませんでした。雲って気温上昇しなかったので、バテずに済んだのがせめてもの救い。
2017年09月02日 14:52撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(長い中略)登山道、終了間近です。
いや〜、キツイ。ここまで、ただひたすら下り続けるしかありませんでした。雲って気温上昇しなかったので、バテずに済んだのがせめてもの救い。
林道を戻って、夜明け前以来の新穂高温泉。あとは駐車場までひと歩きしてゴール。
笠ヶ岳、念願の登頂。嬉しさを胸に温泉につかり、東京へ運転して帰りました。
2017年09月02日 15:55撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を戻って、夜明け前以来の新穂高温泉。あとは駐車場までひと歩きしてゴール。
笠ヶ岳、念願の登頂。嬉しさを胸に温泉につかり、東京へ運転して帰りました。
1

感想/記録
by sprout

暑さが退くのを待って、ようやく笠ヶ岳の日帰りピストンをするゴーサインを自分に出すことができました。
東京⇔岐阜の運転は長く、笠新道のCTも長いので、せめてバテないように涼しくなるまで我慢してきました。

で、挑んできたわけですが、初秋でもこのルートはなかなかキツかったです(笑)
あまり急ぎ足にならないように心掛けたとはいえ、夜明け前スタートで夕方近くゴールになってしまいました。

けれど、ヘッドライト使用の日帰りだからこそ、この日は大展望を得ることができました。
大雲海の上に浮かぶ槍穂の一直線。遠くは白山の頂上まで。晴天の下、涼やかな微風を感じることができました。
10時半に登頂して、11時にはガスが乗り上げ始めたので、ギリギリの楽園タイムでした。

晩夏まで咲く花々もまだまだ楽しめましたが、すでに稜線上には秋の気配が近づいています。
ドウダンツツジの草紅葉につづいて、ナナカマドが色づくのも、そう遠くはないでしょう。

季節の変わり目だからこその、微かな変化に気付くことのできる、9月の素敵な登山でした。
訪問者数:292人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

yzz
登録日: 2014/10/12
投稿数: 690
2017/9/5 20:58
 笠ヶ岳いいですねぇ
こんにちわ。

長距離運転+笠ヶ岳日帰りとか中々ハードな行程ですねw
でも山頂までは晴れてて、下山中に曇ってきたということで
明け方から出発したかいがありましたね。
きっちりヤマノススメの宣伝までwww

記録を見て気づきましたが、
新穂高の車道の夜間通行止めは9月1日で解除されてたのですね。

私はお盆に新穂高から登ろうとしたけど、通行止めであれこれあって
結局観光のみになりました^^;
今年の夏は悪天候が多かったので、秋に期待・・・ですね。
登録日: 2013/9/21
投稿数: 20
2017/9/5 23:40
 Re: 笠ヶ岳いいですねぇ
コメントありがとうございました!

黒部五郎と笠ヶ岳、どちらも行けなかったのは残念無念ですね・・・
でも長峰山も良い山です。雪の積もった冬に登ったことがあります。北アルプスの絶景展望台でした。

本格的な秋が来ると、あれこれ忙しくなってきて山に行ける時間が減ってくるので、初夏から自分なりに頑張ってます。笠ヶ岳もそのひとつでした(^^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ