また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1247631 全員に公開 ハイキング甲信越

苗場山・快晴「天空の楽園」高層湿原

日程 2017年09月05日(火) [日帰り]
メンバー
 syd
天候 快晴、山頂だけちょっと霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三俣から第2リフト駐車場までの道が、狭くてすれ違い困難、ガードレールなし、しかも工事用トラックがけっこうなスピードで飛ばしてくる。ある意味、一番の難所
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間59分
休憩
20分
合計
5時間19分
S祓川登山口駐車場05:1705:37和田小屋登山口06:29下ノ芝06:51中ノ芝07:00上ノ芝07:05苗場山、小松原分岐07:0607:18神楽ヶ峰07:25雷清水07:3108:11苗場山08:1508:48雷清水08:5609:04神楽ヶ峰09:11苗場山、小松原分岐09:14上ノ芝09:20中ノ芝09:37下ノ芝09:3810:23和田小屋登山口10:36祓川登山口駐車場10:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
05:16 スタート(0.00km) 05:16 - 山頂(4.96km) 07:18 - 山頂(6.97km) 08:12 - ゴール(13.90km) 10:36
コース状況/
危険箇所等
山頂前の急登は、雨が降ったら石で滑りそう
その他周辺情報街道の湯・三俣650円
苗場、猿ヶ京、湯沢などに浴場多数。
だが、火曜定休が多い。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 時計 サングラス タオル カメラ ヘルメット トレッキングポール エマジェンシーシート

写真

祓川登山口
前の駐車場に車中泊した
2017年09月05日 05:20撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祓川登山口
前の駐車場に車中泊した
ここは、冬はゲレンデのはず
2017年09月05日 05:27撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは、冬はゲレンデのはず
朝日が昇ってくる
2017年09月05日 05:29撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が昇ってくる
朝日に染まる和田小屋
2017年09月05日 05:39撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に染まる和田小屋
1
和田小屋の前にある登山届けのポスト
2017年09月05日 05:40撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和田小屋の前にある登山届けのポスト
1
この白っぽい木が多い。名前知らない
2017年09月05日 06:15撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この白っぽい木が多い。名前知らない
たまに植物の名前とかも記してあって親切
2017年09月05日 06:22撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまに植物の名前とかも記してあって親切
1
この時点では快晴
2017年09月05日 06:25撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時点では快晴
中の芝の休憩所
2017年09月05日 06:53撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中の芝の休憩所
1
苗場っぽい木道
2017年09月05日 06:53撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場っぽい木道
1
何の碑だ?
2017年09月05日 07:07撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の碑だ?
何の碑だ?
2017年09月05日 07:10撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の碑だ?
股スリ岩を下から見たところ
2017年09月05日 07:11撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
股スリ岩を下から見たところ
1
トリカブトに似ているけど、ちょっと違うような??
2017年09月05日 07:19撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブトに似ているけど、ちょっと違うような??
雷清水から山頂を見るとガスが……
2017年09月05日 07:30撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷清水から山頂を見るとガスが……
1
ミヤマトリカブト?
2017年09月05日 07:34撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマトリカブト?
1
お花畑、神楽から標高で100mほど下る。ここから苗場山山頂まで200m登る
2017年09月05日 07:34撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑、神楽から標高で100mほど下る。ここから苗場山山頂まで200m登る
花畑から見ても山頂にガスが……
2017年09月05日 07:40撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花畑から見ても山頂にガスが……
1
もう少しで山頂
2017年09月05日 07:54撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで山頂
1
急登が終わると一気に視界が開けて山頂が見える
2017年09月05日 08:08撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登が終わると一気に視界が開けて山頂が見える
1
天国のような高層湿原
2017年09月05日 08:10撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天国のような高層湿原
1
天国への階段
2017年09月05日 08:11撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天国への階段
1
山頂から10分ほどの間で霧が出てくる。
山の天気は変わりやすい
2017年09月05日 08:29撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から10分ほどの間で霧が出てくる。
山の天気は変わりやすい
1
帰り道は花を楽しみに
2017年09月05日 08:48撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道は花を楽しみに
1
タカネナデシコ?
2017年09月05日 08:50撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ?
1
祓川コース唯一の水場、雷清水
2017年09月05日 08:53撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祓川コース唯一の水場、雷清水
1
オヤマリンドウ
2017年09月05日 10:24撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウ
1

感想/記録
by syd

5:15早いと思ったけど登山開始。登ってきたばかりの太陽を見ながらかぐらみつまたのゲレンデ内を登っていく。ここはスキーで何度も来たはずなんだけど、冬とは景色が違ってわからない。20分ほどで和田小屋到着。この辺りは少し記憶がある。そう言えば神楽はダラダラの斜度のないゲレンデだったなぁ。
和田小屋の正面にポストがあったので登山届けを投函。ゲレンデを見て右手の登山道に入る。森の深く雨が降ったらドロドロになりそうな、いかにも上越っぽい感じの道を登っていく。傾斜が少なく、歩きやすい。このときは雲一つない快晴で、森の木々が光で変化していく姿がとても美しかった。苗場山も古くからの信仰の山らしく○合目の標識がある。標識を数えながら登っていくのは好き。
登り初めて1時間ちょっとで、下の芝到着。木のベンチがある休憩所があったが、あまりに天気が良くてもったいないので休憩はスルー。ため息が出るほど山の緑がキレイだ。
○の芝と名前の付く場所には休憩所があるようだ。
下の芝の後から木が低くなって、視界が開けてくる。木道、木の階段が出てくると、苗場山っぽい風景な感じがする(ガイドブックでもおなじみのww)。
木道とゴロゴロ石(浮き石を踏まないように注意)が交互に出てくる道を高度を上げていって、ほぼ読み通りの2時間で神楽ヶ峰に到着。下から見てて山頂だと思っていた(地図見てたぶん違うだろうなとおもっていたけど)。ここから一旦標高を下げる。時計で標高を測ると、神楽ヶ峰から花畑まで約100m下がっていた(苗場山山頂までは花畑から200m上げる)。神楽ヶ峰で小休憩。
神楽ヶ峰からプチ難所(風の顔をしている)股スリ岩を通って、下って行く。雷清水はこのコース唯一の水場。行きは味見だけしてスルー。
花畑にはトリカブト?の大群落がある。これが全部トリカブトだったら何人殺せるんだぁ(本当にトリカブトなのかわかりません)と物騒なことを考える。
苗場山を見るとガスってきている。直後に会った山頂ヒュッテから降りてきた人たちに「ガスっているけど山頂は視界があるから」と聞かされて、嬉しくなって先を急ぐ。
花畑からはやや急登があって、岩が丸っこいので下りは気をつけようと思う。
登り切るとガスも晴れて、驚くような高層湿原が広がっていた。緑の絨毯ように拡げる湿原に点在する池塘、池塘に空の青さが反射してとても美しい。その真ん中を通る木道を歩いていると、「天国への階段」のアルペジオが聞こえてくるようだ。調子に乗って鼻歌を歌いながらあっという間に山頂。山頂は意外とあっさりしていて、視界も良くない。ひとりぽっちだったので、自撮りして、近くのベンチで休憩して、おにぎり(新潟限定大きめおにぎり)とゼリーでエナジー・チャージ。
ピストンなので同じ道を戻る。膝の半月板切除しているので急な下りは苦手。山頂からの下りはかなり急なイメージがあったのでヘルメット被ったけど、下ったらあっという間だった。ヘルメット必要ないかな(でも万が一のために)。
帰りには冷たい雷清水をしっかりと味わう。
途中でこのペースだったら「午後から赤城山登って帰れるんじゃねぇ」と余計なことを考えて降りる(実際には下道で沼田まで2時間弱かかったので諦めた)。苗場山は全体的に歩きやすかった。
下の芝で残りのおにぎりを頬張って下山。とにかく天気に恵まれてすごく楽しかった。
訪問者数:439人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ