また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1257607 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

五竜岳〜唐松岳

日程 2017年09月13日(水) 〜 2017年09月15日(金)
メンバー
天候1日目:ガス→晴 2日目:晴 3日目:晴→曇
アクセス
利用交通機関
バス
往路:さわやか信州号(夜行、大阪〜白馬五竜)
復路:さわやか信州号(昼行、白馬八方〜大阪)

関西発扇沢・白馬方面行きのさわやか信州号が復活したので大変助かります!
ビバ☆アルピコ交通!
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間40分
休憩
18分
合計
4時間58分
S地蔵の頭09:0410:07小遠見山10:34中遠見山10:3611:13大遠見山11:2912:28西遠見山13:55白岳13:57遠見尾根分岐14:02五竜山荘
2日目
山行
5時間0分
休憩
25分
合計
5時間25分
五竜山荘07:5208:52五竜岳08:5910:04五竜山荘10:2110:25遠見尾根分岐10:2610:28白岳11:27大黒岳13:09牛首13:17唐松岳頂上山荘
3日目
山行
1時間42分
休憩
15分
合計
1時間57分
唐松岳頂上山荘07:5508:20丸山08:3108:37扇雪渓08:4009:13八方池09:22八方ケルン09:28第2ケルン09:50八方池山荘09:5109:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・唐松岳往復しましたが、GPS取り忘れました。
・登山歴9年、2500m以上の本格登山は年2〜3回、低山は2か月に1回程度のアラフォー153cmがテン泊装備(12kg)で歩いたらこうなりました。どなたかの参考になれば。
コース状況/
危険箇所等
【エスカルプラザ〜五竜山荘】
 テレキャビンの運行開始が平日は8:15〜なので、時間のロスが大きいです。
 展望リフトは超スローで、歩いてる人の方が終点に着くのが早かったwww
 地蔵の頭〜西遠見は、緩急が交互にやって来ます。疲れた頃に急登が終わります。
 岩場に入り、五竜山荘が見えてからは少ししんどいです。なかなか近づかない。
 白岳手前に鎖場が5か所ほどありますが、鎖を使わない方が登りやすかったです。
【五竜山荘〜五竜岳】
 ペンキマークが消えかかっていてルートが判りづらかったです。
 一見大丈夫そうな石でも浮いていることが多く、ホールドする際は要確認。
【五竜山荘〜唐松岳】
 五竜〜大黒岳は快適な稜線漫歩。
 大黒岳〜牛首鎖場は、ピークを越えてもまた先にピークがあって、なかなか進んだ感が得られず疲れてきます(;´Д`)
 鎖が途中で岩に引っかかっていたらしく、体重をかけた途端に外れて体が振られることがあって一瞬ビビりました。
 このゾーンも岩がもろいです。高度感のある箇所は最後の1箇所のみ。
【唐松〜八方】
 私は下りに使ったのでヒョイヒョイ下ってきましたが、登りだとどうなんでしょう?
 ダラダラ登りで飽きてくるかもしれませんが、遠見尾根よりは楽かと思います。
その他周辺情報下山後は、八方バスターミナルの目の前にある「八方の湯」でのんびり汗を流し、歩いて5分の蕎麦屋「林檎舎」でビールと美味しいお蕎麦をいただきました(^^♪
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 調理用食材 調味料 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ テント テントマット シェラフ ヘルメット

写真

バス停からテクテク20分ほど歩いて、8:15発のテレキャビンと展望リフトで一気に地蔵の頭まで標高を稼ぎます。
なんかガスガス…
2017年09月13日 09:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停からテクテク20分ほど歩いて、8:15発のテレキャビンと展望リフトで一気に地蔵の頭まで標高を稼ぎます。
なんかガスガス…
晴れてきたーー(∩´∀`)∩
2017年09月13日 09:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてきたーー(∩´∀`)∩
歩きやすい登山道。あっという間に中遠見到着。
地蔵の頭からここまでの間、「一の背 髪」「二の背 髪」「三の背 髪」「小遠見山」の看板がありました。小遠見山ピークはルートから少し外れた所にありました。
2017年09月13日 10:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい登山道。あっという間に中遠見到着。
地蔵の頭からここまでの間、「一の背 髪」「二の背 髪」「三の背 髪」「小遠見山」の看板がありました。小遠見山ピークはルートから少し外れた所にありました。
ゼェゼェ言っちゃう急坂と穏やかな道が交互に来るので、ペースをなんとか保ちながら登ります。
大遠見でお昼ご飯。静岡から来られたご夫妻に漬物いただきました!美味しかったです、ごちそうさまでした!
写真の左上は私の指です(;´Д`)
2017年09月13日 11:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゼェゼェ言っちゃう急坂と穏やかな道が交互に来るので、ペースをなんとか保ちながら登ります。
大遠見でお昼ご飯。静岡から来られたご夫妻に漬物いただきました!美味しかったです、ごちそうさまでした!
写真の左上は私の指です(;´Д`)
ここから厳しくなるらしい(;´Д`)
ザックが重いよ…このあたりから「歩けば着く」とブツブツ独り言を唱え始める。
2017年09月13日 12:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから厳しくなるらしい(;´Д`)
ザックが重いよ…このあたりから「歩けば着く」とブツブツ独り言を唱え始める。
1
明日歩く予定の八峰キレット。
もうこの辺りからはバテバテで、明日のルート変更を考え始めてました。どう考えても私の体力で、12kgのザック担いであのギザギザは無理だ(;´Д`)
2017年09月13日 13:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日歩く予定の八峰キレット。
もうこの辺りからはバテバテで、明日のルート変更を考え始めてました。どう考えても私の体力で、12kgのザック担いであのギザギザは無理だ(;´Д`)
4
白岳手前の鎖場。5か所くらいあったかな?
鎖に頼らなくて大丈夫、というより、私がザックの重さに完全に負けていたので3点支持で身体持ち上げた方が楽でした。
最後の方は「もう勘弁して…」と泣き言モード。
2017年09月13日 13:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白岳手前の鎖場。5か所くらいあったかな?
鎖に頼らなくて大丈夫、というより、私がザックの重さに完全に負けていたので3点支持で身体持ち上げた方が楽でした。
最後の方は「もう勘弁して…」と泣き言モード。
1
やっと小屋が見えたーーー!!
晴れてるけど山頂へは明日の朝に行くわ('ω')
もう疲れたんだ!
2017年09月13日 13:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと小屋が見えたーーー!!
晴れてるけど山頂へは明日の朝に行くわ('ω')
もう疲れたんだ!
3
おおお、皆さんのヤマレコに載ってる菱マークだー
ヾ(*´∀`*)ノ
小屋付近は電波すごく入ります!メールしまくり。
2017年09月13日 14:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおお、皆さんのヤマレコに載ってる菱マークだー
ヾ(*´∀`*)ノ
小屋付近は電波すごく入ります!メールしまくり。
もう疲れたのでサッサとテント張って寝転がるぞ!!
平日なのでテント場もガラガラで、7〜8張しか張られてなかったです。
でもこのテン場、すごく狭い。最大でも20程度しか張れなさそう。しかも石がどれも小さくて重石探すの大変でした。
2017年09月13日 14:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう疲れたのでサッサとテント張って寝転がるぞ!!
平日なのでテント場もガラガラで、7〜8張しか張られてなかったです。
でもこのテン場、すごく狭い。最大でも20程度しか張れなさそう。しかも石がどれも小さくて重石探すの大変でした。
1
2日目朝。早朝はガスガスで真っ白でしたが、ようやくガスが取れてきたので空身で山頂往復します。
昨夜のうちにキレット越えは諦め、唐松岳へ行くことに決めてました。
2017年09月14日 07:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目朝。早朝はガスガスで真っ白でしたが、ようやくガスが取れてきたので空身で山頂往復します。
昨夜のうちにキレット越えは諦め、唐松岳へ行くことに決めてました。
ブロッケン現象!
2017年09月14日 08:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブロッケン現象!
2
空が青い♡
岩場は大したことないのですが、ルートの〇×ペンキが剥げまくっててルートを2か所ほど間違えました。あと、固定してそうな岩がモロモロだったことが何度か。
2017年09月14日 09:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が青い♡
岩場は大したことないのですが、ルートの〇×ペンキが剥げまくっててルートを2か所ほど間違えました。あと、固定してそうな岩がモロモロだったことが何度か。
1
八峰キレットからの〜鹿島槍の双耳峰。
来年は小屋泊装備でリベンジするぞ(`・ω・´)
2017年09月14日 08:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八峰キレットからの〜鹿島槍の双耳峰。
来年は小屋泊装備でリベンジするぞ(`・ω・´)
2
山頂です!気持ちいいいいいい☆
劔岳を裏側?から見るの初めて!
2017年09月14日 08:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂です!気持ちいいいいいい☆
劔岳を裏側?から見るの初めて!
2
私が山頂に着いた時、このスタイルで寛いでおられた方のマネをしましたw
槍ヶ岳、八ヶ岳、富士山も見え、絶景!!!
2017年09月14日 08:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私が山頂に着いた時、このスタイルで寛いでおられた方のマネをしましたw
槍ヶ岳、八ヶ岳、富士山も見え、絶景!!!
3
気持ちを入れ替えて唐松岳へ。
うん、CT2:30って書いてあるけど絶対ムリね(∩´∀`)∩
テントが水含んだせいでザック重くなってるしね!
2017年09月14日 10:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちを入れ替えて唐松岳へ。
うん、CT2:30って書いてあるけど絶対ムリね(∩´∀`)∩
テントが水含んだせいでザック重くなってるしね!
1
開き直って唐松へGO〜〜〜
暫くはとっても気持ちのいい稜線漫歩♪
前後に誰もいないのをいいことに、大声で歌いながら。
2017年09月14日 10:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開き直って唐松へGO〜〜〜
暫くはとっても気持ちのいい稜線漫歩♪
前後に誰もいないのをいいことに、大声で歌いながら。
1
蝶々が群れで飛んでいるお花畑ゾーンがありました。
2017年09月14日 10:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶々が群れで飛んでいるお花畑ゾーンがありました。
だんだん疲れてきた。
こんな何でもない登山道がしんどい。
2017年09月14日 11:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん疲れてきた。
こんな何でもない登山道がしんどい。
遠い…
唐松側からの登山者と結構すれ違う。
今日は時間があるし、ゆっくり。
唐松・五竜縦走の場合、北から南下する方が断然楽だし、進行方向の景色が良いです。
2017年09月14日 12:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠い…
唐松側からの登山者と結構すれ違う。
今日は時間があるし、ゆっくり。
唐松・五竜縦走の場合、北から南下する方が断然楽だし、進行方向の景色が良いです。
牛首の鎖場。ここも鎖に頼らない方が私は楽でした。
高度感もあまりなかったし、チビ短足の私でもスタンス届きました。
2017年09月14日 13:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首の鎖場。ここも鎖に頼らない方が私は楽でした。
高度感もあまりなかったし、チビ短足の私でもスタンス届きました。
CTを30分以上オーバーして唐松頂上山荘到着。
疲れたけど歩行時間が昨日より短いので、結構元気です。
でももういいや、山頂往復は明日にしてビール飲みました。
2017年09月14日 13:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
CTを30分以上オーバーして唐松頂上山荘到着。
疲れたけど歩行時間が昨日より短いので、結構元気です。
でももういいや、山頂往復は明日にしてビール飲みました。
2
唐松テン場。小屋から九十九折りに下るんだけど、遠い!!
どんだけ下るの??ってくらい遠い。
凄く斜めですが近いスペースを確保。石は豊富。
五竜もそうでしたが、風が直撃。
2017年09月14日 14:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松テン場。小屋から九十九折りに下るんだけど、遠い!!
どんだけ下るの??ってくらい遠い。
凄く斜めですが近いスペースを確保。石は豊富。
五竜もそうでしたが、風が直撃。
2
3日目の朝〜。唐松岳往復。(GPSオンするの忘れました。)
7時ごろ、ようやくガスが取れました!
山頂付近でカメラ持ったオジサマが「5時から凍えながら待った甲斐があったよ〜!」って写真撮っておられました。
2017年09月15日 07:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目の朝〜。唐松岳往復。(GPSオンするの忘れました。)
7時ごろ、ようやくガスが取れました!
山頂付近でカメラ持ったオジサマが「5時から凍えながら待った甲斐があったよ〜!」って写真撮っておられました。
1
昨日登った五竜。
2017年09月15日 07:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日登った五竜。
立山、劔が頭だけ出てます。
2017年09月15日 07:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山、劔が頭だけ出てます。
いつかここも歩きたい。
不帰の嶮。
2017年09月15日 07:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつかここも歩きたい。
不帰の嶮。
2
お風呂入りたいので帰ります。
八方尾根、穏やかな道。
2017年09月15日 07:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お風呂入りたいので帰ります。
八方尾根、穏やかな道。
ずっといい天気でよかった。
この日登ってこられる方が非常に多かったです。

2017年09月15日 09:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっといい天気でよかった。
この日登ってこられる方が非常に多かったです。

3年前、友達と登った白馬岳は終始雲に覆われて見えずじまい。
2017年09月15日 09:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3年前、友達と登った白馬岳は終始雲に覆われて見えずじまい。
木道の終点。
実はここから先の木道が鬱陶しかったです(;´Д`)
2017年09月15日 09:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道の終点。
実はここから先の木道が鬱陶しかったです(;´Д`)
撮影機材:

感想/記録

 当初、遠見尾根〜五竜〜八峰キレット〜鹿島槍〜爺ヶ岳〜扇沢を予定していましたが、初日の登りで体力的に無理だと判断し、唐松方面へ進路変更しました。まだまだ体力もスキルも足りないと痛感。
 通常は唐松→五竜のルートを取るところ、逆走しているのはこのためです。(眺望的にも体力的にもおススメしません。)
 おそらく人気のルートだと思いますが、3連休直前の平日だったので人も少なく、天気にも恵まれ、非常に快適な山行でした。
 今回、「一人で来たの?仲間いないの?怖くないの?」と聞かれることが非常に多かったです(;´Д`)一応友達はいます…ソロ登山だと、グループの時よりも周りの方々といろんな話ができて違った楽しさがあると思います(*´-`)
訪問者数:220人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ