また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1267161 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

西穂&焼岳・上高地テン泊デビュー

日程 2017年09月23日(土) 〜 2017年09月24日(日)
メンバー
天候23日は曇り・ガス 24日はピーカン晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
沢渡駐車場(1日600円*2)、上高地まではバス(往復\2050)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間51分
休憩
1時間15分
合計
10時間6分
S小梨平キャンプ場06:5907:09河童橋07:1007:35田代橋09:31焼岳・上高地分岐09:3409:48西穂山荘09:5010:09西穂丸山10:1010:55西穂独標11:30ピラミッドピーク11:3111:47チャンピオンピーク4峰11:5712:24西穂高岳13:0513:32チャンピオンピーク4峰13:3413:44ピラミッドピーク13:4614:05西穂独標14:1014:40西穂丸山14:4214:51西穂山荘14:5515:09焼岳・上高地分岐15:1016:27西穂高岳登山口16:32田代橋16:59河童橋17:05小梨平キャンプ場
2日目
山行
5時間36分
休憩
55分
合計
6時間31分
小梨平キャンプ場06:2806:36河童橋06:49ウェストン碑06:5007:04上高地焼岳登山口08:22長ハシゴ08:46焼岳小屋08:4908:57焼岳展望台08:5909:50焼岳(北峰)10:2911:03焼岳展望台11:0411:07新中尾峠11:1011:19長ハシゴ11:2511:51峠沢梯子場12:18上高地焼岳登山口12:59小梨平キャンプ場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
西穂高独標から西穂高山頂はグレーディングDで単独では行きたくない難コース。その他は一般登山道。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

上高地、小梨平キャンプ場到着。テント設営してるうちに晴れ間が出てきて期待が膨らむ。
2017年09月23日 06:46撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地、小梨平キャンプ場到着。テント設営してるうちに晴れ間が出てきて期待が膨らむ。
2
さっそく西穂高に向けて出発。田代橋西側にある登山道の入口。
2017年09月23日 07:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっそく西穂高に向けて出発。田代橋西側にある登山道の入口。
2
整備された樹林帯の登山道を登る。かなり急いで登ったので、すでにヘロヘロになっている。
2017年09月23日 09:12撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備された樹林帯の登山道を登る。かなり急いで登ったので、すでにヘロヘロになっている。
西穂山荘に到着。ロープウェイ側からの登山者で賑わってます。
2017年09月23日 09:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂山荘に到着。ロープウェイ側からの登山者で賑わってます。
山荘からは登山者多数。まずは大きな岩を攀じ登って行く。
2017年09月23日 09:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘からは登山者多数。まずは大きな岩を攀じ登って行く。
丸山(2452m)に到着。ガスが晴れない。
2017年09月23日 10:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山(2452m)に到着。ガスが晴れない。
1
歩きにくい石ゴロゴロの登山道。独標遠い。
2017年09月23日 10:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きにくい石ゴロゴロの登山道。独標遠い。
独標への最後の急登。マーキングを辿ってひと踏ん張り。
2017年09月23日 10:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標への最後の急登。マーキングを辿ってひと踏ん張り。
西穂高独標(11峰)2701mに到着。この先は難路なので、8割方はここで折り返すみたい。でもガスが晴れない。
2017年09月23日 10:56撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高独標(11峰)2701mに到着。この先は難路なので、8割方はここで折り返すみたい。でもガスが晴れない。
3
ここから西穂山頂までは岩稜ルート。まずは急な下りからスタート。
2017年09月23日 11:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから西穂山頂までは岩稜ルート。まずは急な下りからスタート。
2
10、9峰あたりが一番緊張した。
2017年09月23日 11:17撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10、9峰あたりが一番緊張した。
1
8峰のピラミッドピーク。
2017年09月23日 11:31撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8峰のピラミッドピーク。
3
おっ、少しガスが切れてきて振り返る。向こうの人が立っているピークが独標。
2017年09月23日 11:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ、少しガスが切れてきて振り返る。向こうの人が立っているピークが独標。
4
3峰にある岩のトラバース。慎重に進めば問題ない。
2017年09月23日 12:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3峰にある岩のトラバース。慎重に進めば問題ない。
4
山頂直下は岩盤を登って行く感じ。
2017年09月23日 12:17撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下は岩盤を登って行く感じ。
西穂高岳山頂(2908.8m)に到着。ガスが切れそうで切れない。
2017年09月23日 12:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高岳山頂(2908.8m)に到着。ガスが切れそうで切れない。
6
奥穂高方面が見えそうで見えない?
2017年09月23日 12:28撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高方面が見えそうで見えない?
ガスが切れた。山頂の全員が歓声を上げてカメラを向ける。
2017年09月23日 12:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが切れた。山頂の全員が歓声を上げてカメラを向ける。
6
奥穂の右に前穂の先端も見えた。
2017年09月23日 13:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂の右に前穂の先端も見えた。
5
完全には晴れなかったが下山開始。
2017年09月23日 13:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
完全には晴れなかったが下山開始。
1
一時的に上高地側のガスが取れて岳沢を見下ろす。
2017年09月23日 13:22撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一時的に上高地側のガスが取れて岳沢を見下ろす。
1
上高地中心部も見えてきた。
2017年09月23日 13:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地中心部も見えてきた。
2
テントを設営したキャンプ場見つけた。(設営したのは川沿いの右端です)
2017年09月23日 14:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントを設営したキャンプ場見つけた。(設営したのは川沿いの右端です)
稜線は紅葉が始まっています。
2017年09月23日 14:38撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線は紅葉が始まっています。
3時ごろ、西穂のテン場は大賑わい。でも私たちはここから急いで下山しないといけない。
2017年09月23日 14:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3時ごろ、西穂のテン場は大賑わい。でも私たちはここから急いで下山しないといけない。
4
明るいうちにテン場に戻って来ました。こちらはガラガラで快適です。ロープ内は9/25にTVロケで予約地とのこと。(追記:NHKらしい)
2017年09月23日 17:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るいうちにテン場に戻って来ました。こちらはガラガラで快適です。ロープ内は9/25にTVロケで予約地とのこと。(追記:NHKらしい)
4
テントの前から西穂、奥穂の稜線を望む。夕方はガスが晴れてます。(仕方ない)食事をしたら、すぐに眠くなり爆睡・・・
2017年09月23日 17:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントの前から西穂、奥穂の稜線を望む。夕方はガスが晴れてます。(仕方ない)食事をしたら、すぐに眠くなり爆睡・・・
1
ここから2日目。夜中は満天の星空も見えて暗いうちからスタートする予定が、景色が良すぎてゆっくりしてしまう。
2017年09月24日 06:22撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから2日目。夜中は満天の星空も見えて暗いうちからスタートする予定が、景色が良すぎてゆっくりしてしまう。
3
スタートする直前、今日登る焼岳に日が当たってきました。
2017年09月24日 06:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートする直前、今日登る焼岳に日が当たってきました。
12
ウェストン碑の前を通って、焼岳登山道に入ります。
2017年09月24日 07:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウェストン碑の前を通って、焼岳登山道に入ります。
樹林帯を登って行くと、1時間ぐらいで見晴らしの良い場所に出ます。
2017年09月24日 08:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を登って行くと、1時間ぐらいで見晴らしの良い場所に出ます。
気持ちの良い笹原斜面。画面中央に長いハシゴが見えています。
2017年09月24日 08:13撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い笹原斜面。画面中央に長いハシゴが見えています。
5
有名な長ハシゴ。怖くはありませんが、一人づつ順番に登って行きます。
2017年09月24日 08:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名な長ハシゴ。怖くはありませんが、一人づつ順番に登って行きます。
1
新中尾峠を越えて、少し下ると焼岳小屋。ここから地図上で展望台になっているピークに向かいます。
2017年09月24日 08:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新中尾峠を越えて、少し下ると焼岳小屋。ここから地図上で展望台になっているピークに向かいます。
展望台からは笠ヶ岳がくっきり。
2017年09月24日 08:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からは笠ヶ岳がくっきり。
5
これから登る焼岳が目の前。
2017年09月24日 08:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る焼岳が目の前。
6
北東方向には昨日登った西穂高、その向こうに奥穂が全部見えます。
2017年09月24日 09:02撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東方向には昨日登った西穂高、その向こうに奥穂が全部見えます。
2
噴気の上がる登山道を登って行く。
2017年09月24日 09:22撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴気の上がる登山道を登って行く。
3
快晴の焼岳北峰(2393m)に到着しました。あまりに景色が良すぎて山標だけの写真を撮り忘れる・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の焼岳北峰(2393m)に到着しました。あまりに景色が良すぎて山標だけの写真を撮り忘れる・・・
15
山頂からは槍や双六も望めました。(双六方面の同定教えて頂きました)
2017年09月24日 10:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からは槍や双六も望めました。(双六方面の同定教えて頂きました)
1
立入禁止の南峰とお釜を望む。何気に火山の火口が好きです。
2017年09月24日 10:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立入禁止の南峰とお釜を望む。何気に火山の火口が好きです。
8
穂高全体と上高地、全部くっきりです。名残惜しいですが下山します。
2017年09月24日 10:17撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高全体と上高地、全部くっきりです。名残惜しいですが下山します。
5
下山してバスターミナル横から。上高地を満喫できました。次は奥穂に挑戦かな。
2017年09月24日 12:47撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山してバスターミナル横から。上高地を満喫できました。次は奥穂に挑戦かな。
3
昼食後テント撤収し、帰路につきました。河童橋は観光客で大賑わい。また来るね〜
2017年09月24日 12:53撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食後テント撤収し、帰路につきました。河童橋は観光客で大賑わい。また来るね〜
1

感想/記録

かねてから準備していたテン泊デビューを兼ねて上高地へ行ってきました。1日目の西穂はなかなかガスが取れませんでしたが、2日目の焼岳はピーカン。テン泊も快適に過ごすことができて密度の高い山行となりました。
上高地の小梨平キャンプ場、バス降りて10分ぐらいしか歩いていないし、これはテン泊デビューと言えるのか?というぐらい快適でした。(何でも揃う売店、快適なトイレ、炊事場の蛇口からおいしい天然水 などなど)

今年、是非行きたかった焼岳、難路らしくてソロでは行きたくなかった西穂高、易しい所でテン泊デビューもしたい、など悩んだ末のコースでした。
特に初日の上高地から西穂高ピストンは、標準CTが12時間ぐらいで日帰りさえギリなのに麓でテント設営してからだと、さらに厳しいということで、かなりペースを上げて往復してます。結局、西穂の岩稜も含めて健脚のSさんにペースを引っ張ってもらったのでヘロヘロになりながらも何とか明るいうちに無事下山することができました。レコを参考にされる方は十分注意してください。

<編集中>
訪問者数:214人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/7/17
投稿数: 20
2017/9/28 23:54
 テント泊最高!!景色も最高!!
イヤー初めてのテント泊最高でした 家を出る時は大雨だったのでどうなるかと思いましたが。
初めての上高地、テント場もバスを降りて直ぐの所でテント泊、場所の選択は大正解でホントに良かったです。
1日目の西穂高は残念ながらガスっていましたが、山頂では晴れてくれたので、あの景色が見れただけでも十分でした。
2日目は雲なしピーカン焼岳はホント良かった!!テント場からも丁度良い距離だったです。
また時間が取れたら秋にはもう一度テント泊に行きたいですね。
登録日: 2013/7/20
投稿数: 171
2017/9/30 0:33
 Re: テント泊最高!!景色も最高!!
お疲れ様でした。ちょっと忙しい日程でしたが、十分楽しめましたね。またどこかの山に行きましょう。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ