ヤマレコ

記録ID: 1269118 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

赤岳〜横岳〜硫黄岳:赤岳山荘から周回

日程 2017年09月25日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
やまのこ村駐車場(1日1000円)、すぐ上に赤岳山荘の駐車場もある。美濃戸口からはかなり荒れた林道だが、普通車でもゆっくり走れば支障はない。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間41分
休憩
1時間19分
合計
10時間0分
Sやまのこ村05:4307:00中ノ行者小屋跡07:51行者小屋08:0408:12阿弥陀岳分岐09:08文三郎尾根分岐09:1009:45赤岳10:0510:29赤岳天望荘10:3210:47二十三夜峰10:5211:50横岳(奥ノ院)11:5312:25硫黄岳山荘12:5213:15硫黄岳13:1814:20赤岳鉱泉14:2315:05堰堤広場15:43やまのこ村G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体的に良く整備されて踏まれている。
赤岳や横岳の岩場には鎖と梯子がこれでもかというくらいに整備されているので注意すれば問題ない。
行者小屋への南沢は普通の沢沿いの山道だが、赤岳鉱泉からの北沢は平坦な歩き易い道で、半分くらいは林道。
その他周辺情報ふれあいセンターもみの湯(500円)。内湯、露天、サウナがあり、なかなかいい湯だった。

写真

やまのこ村の駐車場。平日の6時前なのに結構多い。前日からの駐車も多いと思われる。
2017年09月25日 05:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やまのこ村の駐車場。平日の6時前なのに結構多い。前日からの駐車も多いと思われる。
2
ここで駐車料金を支払う。朝5時から受け付けている。
2017年09月25日 05:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで駐車料金を支払う。朝5時から受け付けている。
美濃戸山荘、北沢と南沢の分岐点だ。
2017年09月25日 05:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘、北沢と南沢の分岐点だ。
右手の南沢を行く。
2017年09月25日 05:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の南沢を行く。
すぐに山道となる。
2017年09月25日 06:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに山道となる。
橋の整備中。とても小さな沢で橋は不要に思えるが増水した時に備えてか。
2017年09月25日 06:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の整備中。とても小さな沢で橋は不要に思えるが増水した時に備えてか。
行者小屋に着いた。
2017年09月25日 07:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋に着いた。
赤岳を見上げる。
2017年09月25日 07:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳を見上げる。
1
阿弥陀への分岐点。硫黄まで縦走するため阿弥陀はパスして文三郎道へ。
2017年09月25日 08:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀への分岐点。硫黄まで縦走するため阿弥陀はパスして文三郎道へ。
北アルプスが見えてきた。
2017年09月25日 08:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスが見えてきた。
横岳の岩壁が凄い。
2017年09月25日 08:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳の岩壁が凄い。
1
階段を上って一気に高度上げる。
2017年09月25日 08:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を上って一気に高度上げる。
稜線はもうすぐだ。
2017年09月25日 08:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線はもうすぐだ。
ようやく稜線に出た。阿弥陀がそびえている。
2017年09月25日 09:11撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく稜線に出た。阿弥陀がそびえている。
1
これから進む硫黄岳は遠い。
2017年09月25日 09:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから進む硫黄岳は遠い。
1
南アの北、甲斐駒、仙丈が。
2017年09月25日 09:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アの北、甲斐駒、仙丈が。
1
中央アも。千畳敷カールも。
2017年09月25日 09:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アも。千畳敷カールも。
1
赤岳山頂直下は鎖だらけで強引に登る。
2017年09月25日 09:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山頂直下は鎖だらけで強引に登る。
1
鎖だらけ。
2017年09月25日 09:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖だらけ。
岩の隙間を。
2017年09月25日 09:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の隙間を。
ようやく赤岳の頂上(南峰)。
2017年09月25日 09:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく赤岳の頂上(南峰)。
1
南、中央、北アルプス、御岳、乗鞍など、西側は大展望だ。東側はガスっていて富士山は見えない。
2017年09月25日 09:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南、中央、北アルプス、御岳、乗鞍など、西側は大展望だ。東側はガスっていて富士山は見えない。
1
北アルプスのアップ。大キレットや槍が。
2017年09月25日 09:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスのアップ。大キレットや槍が。
1
頂上山荘のある北峰。
2017年09月25日 09:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上山荘のある北峰。
北峰から見た南峰。
2017年09月25日 09:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰から見た南峰。
イワヒバリがいた。
2017年09月25日 09:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワヒバリがいた。
1
赤岳頂上山荘。
2017年09月25日 09:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳頂上山荘。
直下に赤岳展望荘。横岳、硫黄岳、遠くに蓼科。
2017年09月25日 09:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直下に赤岳展望荘。横岳、硫黄岳、遠くに蓼科。
赤岳の北側は比較的緩やかだ。
2017年09月25日 10:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳の北側は比較的緩やかだ。
赤岳展望荘。
2017年09月25日 10:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳展望荘。
展望荘から赤岳山頂。
2017年09月25日 10:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望荘から赤岳山頂。
これから行く横岳。結構険しい。
2017年09月25日 10:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから行く横岳。結構険しい。
梯子。
2017年09月25日 10:43撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子。
振り返る。
2017年09月25日 10:53撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返る。
1
鎖場というか鎖の手摺が続く。
2017年09月25日 11:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場というか鎖の手摺が続く。
至れり尽くせり。
2017年09月25日 11:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至れり尽くせり。
鎖だらけ。
2017年09月25日 11:18撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖だらけ。
少しなだらかな稜線に出る。
2017年09月25日 11:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しなだらかな稜線に出る。
横岳山頂は岩の突起。梯子を上る。
2017年09月25日 11:43撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳山頂は岩の突起。梯子を上る。
横岳山頂。
2017年09月25日 11:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳山頂。
1
大同心と小同心。道が付いている。
2017年09月25日 11:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心と小同心。道が付いている。
硫黄岳山荘。
2017年09月25日 12:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山荘。
ベンチで遅い昼食。
2017年09月25日 12:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチで遅い昼食。
硫黄岳への今日最後の登りだ。
2017年09月25日 12:53撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳への今日最後の登りだ。
硫黄岳山頂。
2017年09月25日 13:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂。
1
爆裂火口。
2017年09月25日 13:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆裂火口。
だだっ広い山頂。
2017年09月25日 13:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だだっ広い山頂。
天狗岳の東西峰。
2017年09月25日 13:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳の東西峰。
1
歩いてきた赤岳から横岳の稜線。結構長い。
2017年09月25日 13:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた赤岳から横岳の稜線。結構長い。
1
赤岳鉱泉。
2017年09月25日 14:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉。
横岳を下から望む。
2017年09月25日 14:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳を下から望む。

感想/記録
by tat7

天気が良さそうなので、赤岳〜横岳〜硫黄岳の周回ルートに行ってみることにした。長いコースなので赤岳と阿弥陀岳だけにしようかどうか迷ったが、頑張ってみることにした。

暑くないこの時期だからこそかもしれないが、赤岳までは思ったより楽に登れたが、横岳の登りは岩場のアップダウンで結構疲れた。赤岳直下や横岳は鎖や梯子や手摺りが本当に良く整備されていた。

月曜なのに結構な人がいたので、週末は人だらけと思われる。それだけ人気のある良い山ということだ。
訪問者数:200人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ