ヤマレコ

記録ID: 1270118 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

紅葉が見頃、燕岳(北ア)

日程 2017年09月24日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間23分
休憩
1時間47分
合計
7時間10分
S中房温泉登山口07:4308:06第1ベンチ08:28第2ベンチ08:3308:57第3ベンチ08:5909:20富士見ベンチ09:2109:43合戦小屋10:1610:27合戦山(合戦沢ノ頭)10:2810:46ベンチ10:52燕山荘10:5311:04いるか岩11:14めがね岩11:20燕岳11:2411:31めがね岩11:40いるか岩11:4111:45燕山荘12:4012:46ベンチ13:02合戦山(合戦沢ノ頭)13:11合戦小屋13:45富士見ベンチ14:03第3ベンチ14:0714:23第2ベンチ14:36第1ベンチ14:53中房温泉登山口14:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
整備された登山道なので特に問題は無いと思います。

写真

いきなり富士見ベンチからのスタートですが、雲で富士山は見えませんでした。
2017年09月24日 09:23撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり富士見ベンチからのスタートですが、雲で富士山は見えませんでした。
お天気が良いですね。大天井岳の稜線が見えてきました。
2017年09月24日 09:40撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お天気が良いですね。大天井岳の稜線が見えてきました。
6
標高を上げていくと紅葉が出てきました。
2017年09月24日 09:41撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を上げていくと紅葉が出てきました。
2
合戦小屋に到着。大変賑わっていました。
2017年09月24日 09:43撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋に到着。大変賑わっていました。
1
スイカはまだ売っていましたが、在庫限りという事でした。
2017年09月24日 09:44撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スイカはまだ売っていましたが、在庫限りという事でした。
1
グループの方が食べたスイカ。一切れ800円。帰りに頂きました。
2017年09月24日 09:49撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グループの方が食べたスイカ。一切れ800円。帰りに頂きました。
2
合戦小屋からは紅葉が目立ってきました。
2017年09月24日 10:24撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋からは紅葉が目立ってきました。
4
槍ヶ岳も見えてきましたよ。
2017年09月24日 10:29撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳も見えてきましたよ。
3
標高を上げるとさらに紅葉が目立つように。
2017年09月24日 10:29撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を上げるとさらに紅葉が目立つように。
6
緑、赤、黄色と空の青が美しい。
2017年09月24日 10:31撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑、赤、黄色と空の青が美しい。
2
紅葉の中を進んで行きます。
2017年09月24日 10:32撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の中を進んで行きます。
1
槍ヶ岳が大きく見えてきました。
2017年09月24日 10:36撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳が大きく見えてきました。
4
ようやく燕山荘が見えてきた。
2017年09月24日 10:37撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく燕山荘が見えてきた。
3
日射しがあると紅葉が美しいですね。
2017年09月24日 10:40撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日射しがあると紅葉が美しいですね。
3
徐々に燕山荘が大きく。
2017年09月24日 10:45撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に燕山荘が大きく。
1
もうちょっとで燕山荘。
2017年09月24日 10:47撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうちょっとで燕山荘。
2
最後の登り。
2017年09月24日 10:53撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登り。
黒部川源流〜裏銀座の山々がドーン。
2017年09月24日 10:54撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部川源流〜裏銀座の山々がドーン。
5
燕岳へ向かいます。
2017年09月24日 10:55撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳へ向かいます。
4
もうちょっとで山頂へ到着。
2017年09月24日 11:13撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうちょっとで山頂へ到着。
4
三角点を撮影しましたが、後ピンになってしまった。
2017年09月24日 11:20撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点を撮影しましたが、後ピンになってしまった。
北燕岳の向こうには立山や針木岳も。
2017年09月24日 11:20撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北燕岳の向こうには立山や針木岳も。
4
安曇野市方面は雲海の下。
2017年09月24日 11:21撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安曇野市方面は雲海の下。
1
槍ヶ岳〜穂高連峰。
2017年09月24日 11:21撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳〜穂高連峰。
2
燕岳山頂で撮影。
2017年09月24日 11:23撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳山頂で撮影。
5
双六岳、丸山、三俣蓮華岳、鷲羽岳、ワリモ岳、水晶岳、ノ癖地五郎岳の素晴らしい北アルプスの稜線。
2017年09月24日 11:25撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六岳、丸山、三俣蓮華岳、鷲羽岳、ワリモ岳、水晶岳、ノ癖地五郎岳の素晴らしい北アルプスの稜線。
4
燕山荘から続く大天井岳への稜線を歩きたかった。
2017年09月24日 11:26撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘から続く大天井岳への稜線を歩きたかった。
2
イルカ岩をバックに。
2017年09月24日 11:41撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イルカ岩をバックに。
2
お約束のイルカ岩。
2017年09月24日 11:41撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お約束のイルカ岩。
3
燕山荘に戻ってきました。
2017年09月24日 11:45撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘に戻ってきました。
生中とおつまみのセットは1000円。
2017年09月24日 11:50撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生中とおつまみのセットは1000円。
4
名残惜しいですが、下山していきます。
2017年09月24日 12:47撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいですが、下山していきます。
2
ちょっと標高を下げるとガスが登ってきた。
2017年09月24日 12:58撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと標高を下げるとガスが登ってきた。
1
紅葉の見頃は次週くらいまでかな。
2017年09月24日 13:03撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の見頃は次週くらいまでかな。
4
最終バスの時刻を気にしすぎて、中房温泉の登山口に早く到着し過ぎました(笑)。
2017年09月24日 15:28撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終バスの時刻を気にしすぎて、中房温泉の登山口に早く到着し過ぎました(笑)。
1
大町市内での夕食はここ。
2017年09月24日 18:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大町市内での夕食はここ。
1
ボリュームがありすぎたとんかつ定食。食べるのに必死で体重激増の予感(笑)。
2017年09月24日 18:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボリュームがありすぎたとんかつ定食。食べるのに必死で体重激増の予感(笑)。
2
撮影機材:

感想/記録

【感想/記録】
 今日は久々に燕岳へ男4人でグループ山行。 朝1時過ぎに起きて、待ち合わせの場所には3時に集合。昨日も未明から起きていたので眠いですが、車には乗っているだけなので楽チンです。日曜日なので中房温泉登山口での駐車は絶望的と判断し、安曇野の里に駐車し中房温泉行きの始発バスに乗って登山口へ。

 登山口で準備をして7時40分過ぎに燕岳へ向けて出発。今日も軽装備なのでドンドン登りたいところですが、1人では無いのでペースを少し落としてゆっくりめで登ります。合戦尾根は北アルプス3大急登と言われていますが、登山道はステップが設けられ登りやすく整備されて、乾いているので滑ることもありませんでした。昨日登った薬師岳の登山道は急坂で崩壊気味、しかも雨で濡れて滑りやすくなっていたので、合戦尾根の登山道は感動的に登りやすく感じました。

 しばらくすると昨日からの宿泊組がドンドン下山して、登山道はすれ違い渋滞が発生しペースが落ちました。登山道に設けられたベンチ毎に休憩しましたが、グループの1名が体力が尽きて脱落。合戦小屋に到着しても遅れてなかなか到着しないので、迎えに行きザックを担いで合戦小屋を到着。以降は別行動になってしまいました。合戦小屋からしばらく登ると、森林限界付近となり低い樹々の紅葉が青空に映えて美しい。

 森林限界を越えると燕山荘が見えますが、見えてからがなかなかたどり着けない。ようやく10時50分過ぎに稜線上に出ると、目の前に裏銀座〜黒部川源流の山々がドーン、槍ヶ岳もハッキリと見えていました。帰りのバス時刻が気になるので、燕岳頂上へ向かいます。一旦少し下って登ると快晴の頂上へ到着。立山〜後立山連峰の山々も見えます。しかしドンドン人が頂上へ押し寄せるので残念ながら早々に退散。

 また燕山荘に戻り3名で生ビールで乾杯。昼食を食べているとようやく脱落した1名がヘロヘロで到着。かなり辛そうでしたが、イルカ岩まで散策することに。お天気が良くて風も無く暑いくらいでした。バスの時刻が気掛かりなので、後ろ髪を引かれる思いでしたが、12時40分前には下山開始。

 しばらくするとガスが登ってきて眺望は残念に。順調に下山し過ぎて合戦小屋に到着すると、バス時刻の1時間前には余裕で到着しそうに。なので合戦小屋でスイカを食べて大休止。ここからの樹林帯は黙々と降りて、15時前には中房温泉登山口に到着。最終バスまでに1時間も待ち時間があり、時間がもったいなかった。安曇野の里の温泉で汗を流し、大町市内で食事をして帰りました。2日連続の登山、車に乗っているだけの移動でしたが、2日連続で深夜起きなので疲れました。安曇野市までは北陸自動車道から糸魚川経由で3時ほどかかりましたが、北アルプスに遠征される皆様のご苦労が少しだけ分かりました。

【注意点や反省点】
 燕岳付近の紅葉は既に見頃を迎えていたので、9月末くらいまでが見頃かもしれません。
 中房温泉登山口の駐車場は満車でしたが、その手前の道の脇にも車がぎっしりと駐車してあり、駐車スペースは全くありませんでした。穂高駐車場もかなり車で埋まっていましたが、まだ十分余裕がありました。
 合戦尾根で途中に給水できる箇所はありませんので、水は多めに持参された方が良いと思います。
 燕岳へ登ったのに温泉の体重計が自宅と誤差があるのか2kg以上も太り、さらに少し遅い時間にボリュームのあり過ぎるとんかつ定食まで食べて激太りの予感(笑)。

【Apple Watch等による計測結果】
ムーブ(安静時を越える推定エネルギー消費量 / kcal)
  815
エクササイズ( 活発に活動した分数 / 分)
  48
スタンド( 1時間のうち1分以上身体を動かした時間 / 時間)
  19
登った階数( 一階=約3mの高度を上昇 / 階)
  394
ウォーキングの距離(km)
 20.1
歩数(1日で歩いた歩数 / 歩)
 27,612
心拍数 (1日で最低、最高の心拍数)
 50〜134
体重
 60.2 -> 62.6
訪問者数:222人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ