ヤマレコ

記録ID: 1278433 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

燕岳へ 霜柱・紅葉のカーペット

日程 2017年10月05日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
安曇野市穂高有明から中房温泉への林道16卍
市営の駐車場
土日は穂高しゃくなげ荘などからシャトルバスが無難
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間37分
休憩
1時間25分
合計
7時間2分
S第一🅿05:4405:53中房温泉登山口05:5406:25第1ベンチ06:2606:43第2ベンチ06:4807:10第3ベンチ07:1407:34富士見ベンチ07:54合戦小屋08:0108:13合戦山(合戦沢ノ頭)08:1408:33ベンチ08:40燕山荘08:4808:51いるか岩09:03めがね岩09:08燕岳09:18北燕岳10:0610:15燕岳10:1910:21めがね岩10:29いるか岩10:3010:56燕山荘10:5811:02ベンチ11:13合戦山(合戦沢ノ頭)11:21合戦小屋11:2311:38富士見ベンチ11:53第3ベンチ12:08第2ベンチ12:22第1ベンチ12:2312:40中房温泉登山口12:46第一🅿G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<往路>
 5:00 安曇野穂高発
 5:30 中房第一🅿着
<復路>>
13:00 🅿発
13:40 自宅着
コース状況/
危険箇所等
特に問題ない
登山口に登山ポスト
その他周辺情報登山口に日帰り温泉あり
中房温泉、穂高温泉郷など

写真

安曇野市営 第1🅿 だいぶ余裕が出てきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安曇野市営 第1🅿 だいぶ余裕が出てきた
第1ベンチ上部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第1ベンチ上部
美ヶ原・八ヶ岳 富士見ベンチ手前から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美ヶ原・八ヶ岳 富士見ベンチ手前から
3
合戦小屋上部 ナナカマドのカーペット
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋上部 ナナカマドのカーペット
槍が顔を出す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍が顔を出す
八ヶ岳と南アルプスの間に富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳と南アルプスの間に富士山
槍見ベンチ ナナカマドの実が赤い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍見ベンチ ナナカマドの実が赤い
ダケカンバの葉も少なくなっていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケカンバの葉も少なくなっていた
針ノ木岳・蓮華岳 手前は餓鬼岳からの稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木岳・蓮華岳 手前は餓鬼岳からの稜線
霜柱のカーペットに紅葉の葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜柱のカーペットに紅葉の葉
有明山の向こうに菅平(四阿山)・浅間山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有明山の向こうに菅平(四阿山)・浅間山
大天井・穂高・槍
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井・穂高・槍
登ってきた道を振り返ると有明山・八ヶ岳・富士山・南アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた道を振り返ると有明山・八ヶ岳・富士山・南アルプス
燕岳稜線に出る 絶景!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳稜線に出る 絶景!
1
キャンプ場 さみしい感じですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場 さみしい感じですね
燕岳と裏銀座方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳と裏銀座方面
2
ゴジラが槍を見つめる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴジラが槍を見つめる
もうすぐ初雪かな 槍のアップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ初雪かな 槍のアップ
笠ヶ岳も西鎌尾根の向こうに聳える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳も西鎌尾根の向こうに聳える
鷲羽岳・ワリモ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳・ワリモ
最高に美しい燕岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高に美しい燕岳
3
イルカ石と槍
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イルカ石と槍
2
ナナカマドの実と燕
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドの実と燕
メガネ岩と富士
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メガネ岩と富士
1
メガネ岩と槍
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メガネ岩と槍
白・緑・紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白・緑・紅葉
1
燕岳2763m山頂から手前北燕岳 剣岳・後立山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳2763m山頂から手前北燕岳 剣岳・後立山
燕岳 北側から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳 北側から
燕岳山頂と富士
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳山頂と富士
北燕岳から燕岳と八ヶ岳・富士・南アルプス(北岳)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北燕岳から燕岳と八ヶ岳・富士・南アルプス(北岳)
穂高吊り尾根。槍ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高吊り尾根。槍ヶ岳
剱岳・針ノ木岳から鹿島槍ヶ岳など後立山・白馬まで見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳・針ノ木岳から鹿島槍ヶ岳など後立山・白馬まで見える
4
遠くに雨飾山・焼山・火打山・妙高山そして高妻山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに雨飾山・焼山・火打山・妙高山そして高妻山
白馬・鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬・鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳
2
焼山・火打山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山・火打山
1
槍ヶ岳の稜線・北穂高岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳の稜線・北穂高岳
中岳・大喰岳・槍ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳・大喰岳・槍ヶ岳
2
穂高吊り尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高吊り尾根
水晶岳(黒岳)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳(黒岳)
1
竜王山 一ノ越 立山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜王山 一ノ越 立山
1
燕岳山頂・安曇野弐七農園のシナノドルチェ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳山頂・安曇野弐七農園のシナノドルチェ
日が当たり白さを増す燕岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が当たり白さを増す燕岳
2
燕山荘から燕岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘から燕岳
紅葉が少し見られた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が少し見られた

感想/記録

2017年(平成29年)10月5日(木)

燕岳・北燕岳へ 霜柱・紅葉のカーペット

「霜柱 紅葉カーペット 燕に」

白馬に行こうか、燕岳にしようか。
結局今シーズン4回目(全24回目)の燕岳を目指すことにした。

朝は大変寒く、長野県のほとんどの地域でこの秋一番の冷え込みだった。
一気に秋も深まった感じがした。
そして山にはそろそろ雪の便りもやってくる頃となった。

紅葉はというと、有明の自宅は色づき始めたところ。
燕岳は麓付近が最盛期のように思われた。
しかしどうも色づきが悪く、特に赤はぱっとしない紅葉だ。

第一ベンチ上部ではダケカンバの黄色が美しかった。
ナナカマドは色づいていたが、すでに落葉してしまい、
鮮やかな赤色の紅葉は楽しむことができなかった。

紅葉したまま落下したナナカマドの葉が登山道を埋め尽くしたところがあった。
合戦小屋から少し登ったところ、
登山道に一面ナナカマドの葉が敷き詰められ、
まるで赤色のカーペットのようだった。
今回の山行で印象的な紅葉は、落下したナナカマドの葉になる。

一番期待していったウラシマツツジの紅葉はまだ早かったのか、
あるいは色づきが悪いのか。
濃い茶色のような色でこれから真っ赤な色づきがあるのか疑わしく思われた。

合戦小屋から上では霜柱がたくさん見られた。
紅葉が終わりすでに山は冬支度のようだった。
登山道の両脇には霜柱が白く輝いていた。
その上に黄色の葉が鎮座するという秋から冬への営みが見られた。

景色はというと最高の日だった。
全くの秋晴れという日ではなかったが、
空気が澄んでいたために遠くまで見渡すことができた。
富士山は、八ヶ岳と南アルプスに挟まれ美しいシルエットを見せてくれた。

その他、燕岳の稜線からは槍ヶ岳、裏銀座の鷲羽岳・野口五郎岳
また水晶岳、立山、剱岳まで名だたる山々を見渡すことができた。
そして眼下には有明山、安曇野の街並みも眺望することができた。

静かな北燕岳からは
燕岳の山頂が天に突き出すように聳える姿が見られ
今日は時を忘れるように山の世界に浸ることができた。

どうでもいいことだが、
燕岳山頂では、BS朝日の山番組の収録が行われていた。
私は女優?さんが登頂するとき偶然一緒に登頂をしてしまった。
全く撮影のことを気にせず登頂した私も驚いてしまったのだが、
私が狭い燕岳の山頂から下りると、
撮影隊は少し下り再度登頂シーンを撮り直していた。

北燕で一緒になった奈良から来た方が同じような状態になり
全く同じように再収録したとのことで
何度か良いシーンを撮ろうとやり直していたことが分かった。

出演者が山頂に登るところを繰り返している姿は
可愛そうにも見えたがちょっと滑稽にも思えるのだった。

また燕山荘で女優?さんが山の感想を話すシーンを撮影するところにも
出くわしてしまった。
昨日は燕山荘に泊まったようで、
夜の燕岳、雲海の上に満月が見えたことを感動の一つとして話していることが聞こえてきた。
これはうらやましい、何時かは私も山上で月見をしてみたいと思った。

11月16日BS朝日で、
燕岳の美しい風景が放映されるようなので楽しみになった。

ふるちゃん
訪問者数:392人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ