また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1285422 全員に公開 アルパインクライミング谷川・武尊

幽ノ沢右俣V字状岩壁右ルート

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候曇り→晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車は谷川岳駐車場に駐車しました。
(駐車する予定だったベースプラザ駐車場は朝7:00まで入ることができなかったので。)
http://www.tanigawadake-rw.com/tanigawadake/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間11分
休憩
2時間9分
合計
13時間20分
S駐車場03:4803:54土合口駅/谷川岳ベースプラザ03:59谷川岳登山指導センター04:0104:37一ノ倉沢出合04:3904:54幽ノ沢出合05:2305:51二俣05:5306:42カールボーデン基部07:30取付テラス07:4612:01登攀終了点12:5013:14中芝新道14:41中芝新道入口14:4515:27幽ノ沢出合15:49一ノ倉沢出合16:1116:30マチガ沢16:52谷川岳登山指導センター16:5516:57土合口駅/谷川岳ベースプラザ17:08駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・途中コース上で休憩を数回取っているので休憩時間はもう少し長いです。
コース状況/
危険箇所等
★群馬県谷川岳遭難防止条例により谷川岳の「危険地区」を登山する場合、登山届なら10日前まで2通を、登山計画書なら登山しようとする日までに1通を谷川岳登山指導センターへ提出する必要があります。
 (登山届と登山計画書の違いは群馬県警察のHPを参照してください。)
 https://www.police.pref.gunma.jp/seianbu/02tiiki/tozan-todoke_no.2.html

★トイレは谷川岳登山指導センターと一ノ倉沢出合にあります。

★水場は谷川岳登山指導センターと一ノ倉沢出合のトイレ向かって右側の側溝の蓋が開いているところに塩ビパイプから出ている水があります。
 また、幽ノ沢出合から芝倉沢出合へ少し歩くと『ブナのしずく』という水場もあります。

★ルート状況(ルートグレードは参考にしたトポ図からで、あとは個人的な感想です。)

◆幽ノ沢出合〜カールボーデン
・残置ロープを使用したり高巻いたりしながら沢を詰めます。
・アプローチシューズで問題なく登れましたが、ラバーの沢靴がベストなのかなー?
・下降にはあまり使いたくないです。。(撤退するなら早めに引き返したほうがいいと思います。)

★カールボーデン〜取付テラス
・濡れているところを避けながら登りました。
・ロープは出さずに登りました。
・下部は傾斜が緩いですが登っていくと傾斜がきつくなっていきます。
 取付テラスがどの辺にあるかわからなかったので傾斜がきつくなりすぎる前に座れそうな適地を見つけアプローチシューズからクライミングシューズに履き替えました。(結果的には履き替えてからすぐに取付テラスに着きましたが・・・)

◆V字状岩壁右ルート(3級、供銑+)

1P +(フォロー)(トポ1P目の前半。中間のテラスでピッチを切った。)
・取付テラスからトラバースし右俣リンネの流水溝を横切りV字の左端を形づくるリッジ上のテラスへ上がる。
・中間支点はほとんどない。
・しっかりスタンスがあるので問題なかったですが少し濡れていてやらしかった。

2P +(リード)(トポ1P目の後半。)
・リッジ上のテラスからクライムダウンし要テラスまでトラバース。
 (クライムダウンする個所に残置ロープあり。)
・中間支点はほとんどない。
・ここもスタンスがあるので問題なかったですが少し濡れていてやらしかった。

3P 掘淵侫ロー)(トポ2〜3P目を継続。)
・フェイスを右上ぎみに登る。
・相変わらず中間支点はほとんどない。
・スタンスは細かいがしっかりあるので問題なく登れました。

4P 掘淵侫ロー)(トポ4P目。)
・真っすぐ登るより少し左に出てから登ると易しい。
・中間支点はほとんどない。
・特に問題なく登れました。

5P 掘淵侫ロー)(トポ5P目。)
・少し濡れているところもありましたが特に問題なく登れました。

6P +(リード)(トポ6P目。)
・ルンゼは特に問題なく登れました。
 後半は傾斜が立ってきてドキドキします。
・ルンゼから左のリッジを草付きまで登り最後は右の逆層フェースを登るのですが、逆層フェースは濡れていて厳しそうでリードで落っこちたくないので草付きから上もそのままリッジを登りました。
・終了点はペツルハンガーと残置ハーケンで取りましたが3人でセルフビレイ中に残置ハーケンは抜けました。
 他にリスを探しハーケンを打ちましたが、岩の厚みがなくフレークが剥がれてハーケンは効きませんでした。カムやアングルハーケンが効きそうなちょうどよいクラックもなかったので終了点はペツルハンガー1本で再構築しました。

7P 検銑掘淵侫ロー)(トポ7〜8P目途中までを継続。)
・出だしのチムニーはステミングで突破、あとは特に問題なく登れました。
・凹角手前でピッチを切れば(後続PTを見ると草付きルンゼが終わって向かって右のところに終了点があったみたいです。)足場がよかったと思いますが凹角上部のリングボルトと灌木を使ってピッチを切ったのでリードが登ってて待ってるときは疲れました。
・足場の悪い中途半端なところでロープ入れ替えもしてられないので、そのままIくんに次のピッチもリードしてもらいました。

8P 掘銑供淵侫ロー)(トポ8P目途中〜9P目。)
・特に問題なく登れました。

◆終了点〜堅炭尾根〜芝倉沢出合
・終了点から堅炭尾根へは石楠花尾根を登ります。
 薄い踏み跡を辿り、草や灌木を利用して突破しました。
 最初の岩も上部の岩も左から巻きました。
 (終了点で休憩中に後続PTが私たちを追い抜いて石楠花尾根を登っていきましたが、上部の岩は私たちとは異なり右から巻いてました・・・動きから厳しそうにみえました。)
・堅炭尾根へ出ると芝倉沢出合までは一般登山道の中芝新道を下って行きます。
 濡れた草や岩が滑るので注意です。
・中芝新道は刈払いしてありました。
その他周辺情報下山後、みなかみ温泉は何処も混んでいたので湯沢まで移動して『駒子の湯』で汗を流しました。
http://yuzawaonsen.com/02koma.html

その後、『人参亭』でカツを食べお腹を満たしました。
http://www.ninjintei.net/
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハーケン数個 ハンマー
共同装備 50mロープ×2 クイックドロー×15(1人×5個を持ち寄りましたがそんなにいらなかった。)

写真

谷川岳登山指導センターに到着
2017年10月08日 03:59撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳登山指導センターに到着
1
一ノ倉沢出合を通過
2017年10月08日 04:37撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢出合を通過
1
幽ノ沢出合に到着
2017年10月08日 05:23撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幽ノ沢出合に到着
1
靴を濡らしたくない(笑)
2017年10月08日 05:31撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
靴を濡らしたくない(笑)
3
残置フィックスロープも積極的に使う
2017年10月08日 05:38撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残置フィックスロープも積極的に使う
3
緊張気味?(笑)
2017年10月08日 05:40撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緊張気味?(笑)
3
まだアプローチなんですけど・・・
2017年10月08日 05:48撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだアプローチなんですけど・・・
3
正面突破?
いやいや左から高巻きました。
(右からでも高巻けます。)
2017年10月08日 06:28撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面突破?
いやいや左から高巻きました。
(右からでも高巻けます。)
3
カールボーデン下部に到着
2017年10月08日 06:42撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カールボーデン下部に到着
2
むむ!!
岩がテカテカに光ってる・・・岩が濡れてる??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
むむ!!
岩がテカテカに光ってる・・・岩が濡れてる??
3
まだ緊張気味(笑)
2017年10月08日 06:53撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ緊張気味(笑)
2
取付テラスまではノーザイルで!
2017年10月08日 07:08撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取付テラスまではノーザイルで!
3
取付テラスで準備
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取付テラスで準備
2
1P目をリードするIさん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P目をリードするIさん
2
右俣リンネの流水溝を通過してリッジ上のテラスへ登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣リンネの流水溝を通過してリッジ上のテラスへ登る
3
右俣リンネの流水溝は水ジャージャーでした(笑)
2017年10月08日 08:08撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣リンネの流水溝は水ジャージャーでした(笑)
2
振り向いてIくんをパチリ
2017年10月08日 08:08撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向いてIくんをパチリ
2
2P目はヤマパンがリード
2017年10月09日 20:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2P目はヤマパンがリード
2
終了点で支点構築中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終了点で支点構築中
2
フォローの2人
2017年10月08日 08:33撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フォローの2人
1
少し上を見れば紅葉
2017年10月08日 08:46撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し上を見れば紅葉
2
3P目はIさんがリード
2017年10月08日 09:06撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3P目はIさんがリード
2
Iくん決まってるね!
2017年10月08日 09:16撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Iくん決まってるね!
1
4P目を登るヤマパンとIさん。
ヤマパンは後ろ向いてるが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4P目を登るヤマパンとIさん。
ヤマパンは後ろ向いてるが・・・
4
こんな写真撮ってました(笑)
2017年10月08日 09:42撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな写真撮ってました(笑)
2
6P目をリードするヤマパン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6P目をリードするヤマパン
1
最後の逆層の小垂壁は濡れていたのでパス・・・
左の草付きを突破しました。
(リードで落っこちたくないのでw)
2017年10月09日 20:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の逆層の小垂壁は濡れていたのでパス・・・
左の草付きを突破しました。
(リードで落っこちたくないのでw)
3
登っていいよー
2017年10月08日 10:38撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っていいよー
2
7P目はIくんがリード。
チムニーをステミングで突破していく!
2017年10月08日 11:03撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7P目はIくんがリード。
チムニーをステミングで突破していく!
3
7P目の草付きルンゼを登るIさん
2017年10月08日 11:22撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7P目の草付きルンゼを登るIさん
2
7P目の終了点を凹角上部で切ったIくん・・・
2017年10月08日 11:40撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7P目の終了点を凹角上部で切ったIくん・・・
2
後続PTのように下の凹角の入り口でピッチを切ったほうが良かったんじゃない?
結果、トポ8〜9P(30m+40m)区間を1Pで行けたので良しとしようか(笑)
2017年10月08日 11:40撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後続PTのように下の凹角の入り口でピッチを切ったほうが良かったんじゃない?
結果、トポ8〜9P(30m+40m)区間を1Pで行けたので良しとしようか(笑)
3
最終Pの終了点
2017年10月08日 12:01撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終Pの終了点
2
こんな感じで堅炭尾根へ拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探すこんな感じで堅炭尾根へ
2
終了点から下を覗く・・・二俣とかカールボーデンとか見えます。
2017年10月08日 12:48撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終了点から下を覗く・・・二俣とかカールボーデンとか見えます。
2
さて、行きますか
2017年10月08日 12:50撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、行きますか
2
藪漕ぎの最後
2017年10月08日 13:13撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪漕ぎの最後
2
上へ行けば茂倉岳かな?
2017年10月08日 13:14撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上へ行けば茂倉岳かな?
1
堅炭尾根にある中芝新道にでました。
2017年10月08日 13:14撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堅炭尾根にある中芝新道にでました。
2
一般登山道を一気に下山!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般登山道を一気に下山!
2
どんどん下ります
2017年10月08日 14:13撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん下ります
2
芝倉沢の左岸右岸を何回か渡渉しながら下ります。
(目印があるので見落とさないように!!)
2017年10月08日 14:17撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝倉沢の左岸右岸を何回か渡渉しながら下ります。
(目印があるので見落とさないように!!)
2
この小滝を見て『登ってみたい!絶対楽しい!!』と言うIくんは凄いなー
2017年10月08日 14:28撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この小滝を見て『登ってみたい!絶対楽しい!!』と言うIくんは凄いなー
2
芝倉沢出合まで下山
2017年10月08日 14:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝倉沢出合まで下山
1
中芝新道の入口
2017年10月08日 14:45撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中芝新道の入口
2
幽ノ沢出合を通過
2017年10月08日 15:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幽ノ沢出合を通過
2
一ノ倉沢出合を通過
2017年10月08日 15:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢出合を通過
3
白ケ門の紅葉
2017年10月08日 15:49撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白ケ門の紅葉
2
マチガ沢出合を通過
2017年10月08日 16:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マチガ沢出合を通過
2
谷川岳登山指導センターを通過
2017年10月08日 16:52撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳登山指導センターを通過
2

感想/記録

アルパインクライミングの入門コースを何本かこなし次は何処へ行こうかと思案する山岳会の後輩Iくん。
幽ノ沢右俣V字状岩壁右ルートはそんなに難しくなさそうだということで、山岳会の先輩Iさんに幽ノ沢のアプローチ・下降路・ルートについて聞いてみると意外や意外、Iさんは幽ノ沢のルートを登ったことがないと言う。
Iさんはすぐに興味を示し10月に行くことになった。
その話を脇で聞いていた私も乗っかった(笑)
幽ノ沢デビューはどうなるのかなー?
いざ、クライム・オン!!


ヾ響

・晴れ予報でしたが前日は雨予報・・・岩が濡れていないか心配しましたがカールボーデンと取付テラス〜要テラス区間ぐらいしか濡れていなくて良かったです。
 (他にも数か所濡れてるところはありましたがw)
 
・沢を詰めるのはアプローチシューズでも問題なかったのですが、水に入るとすぐ濡れるので濡れないよう必死でした(笑)
 残置ロープは助かりました。

・ところどころ濡れているカールボーデンは緩傾斜から徐々に角度が立ってきましたが登るだけなら問題なかったです。
 (クライムダウンはしたくないけど・・)

・登攀はスラブ壁の沢登りをイメージしてましたが、要テラスから上は普通の岩登りでした!

・初見ルートはそれなりに緊張しますが、登ってみると『ん。。終わり?』的な感じでした。

・石楠花尾根〜堅炭尾根までの藪漕ぎは薄い踏み跡があり灌木や草も豊富で危なげなく歩けました。

・『来週は左ルートどう?人工もあるよ!!実はもう計画書も作ってあるんだけど!!』と言ってきたIさんのモチベーションは凄いと思いました。
 (今回の取付テラスまでのアプローチを考えて左ルートの計画は雪渓を歩ける来年に持ち越されましたが・・)


反省

・特にありません
訪問者数:233人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/19
投稿数: 268
2017/10/15 10:18
 またニアミスだ♪
谷川岳でしたか。
同じスタート地点で似たような時間帯デシタネ。
でも方向が全く違ってました(笑)
いつも凄いところを登りますね^^
楽しそう♪
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1345
2017/10/16 10:56
 Re: またニアミスだ♪
ニアミスでしたねー!!
でも夜暗かったので前後を歩いてたとしても気付かなかったかもしれませんね(笑)

谷川主脈縦走お疲れ様でした。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ