また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1287742 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

明神岳主稜からジャンダルムまで。贅沢穂高周遊の旅。

情報量の目安: S
-拍手
日程 2017年10月08日(日) ~ 2017年10月09日(月)
メンバー
天候1日目 快晴
2日目 晴れのち上空ガス
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
沢渡バスターミナルで前夜泊。
既に85%程埋まっていました。
沢渡は一泊600\
前夜泊だった為会計は3日分で1800\でした。
バス 沢渡〜上高地は往復2050\
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

全体を通して良いペースで行く事が出来ました。
コース状況/
危険箇所等
明神岳主稜は道は明瞭で印も多めです。
奥明神沢のコル〜前穂高岳山頂はルーファイ箇所多め。
その他周辺情報平湯温泉まで行けば沢山あります。
今回は温泉はスルー。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハーネス 鐶付カラビナ ATCガイド Tシャツ ソフトシェル 靴下 グローブ 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 ヘッドランプ ロールペーパー タオル ヘルメット
共同装備 テント 朝食 夕食 ロープ(全てじゅんさんが用意してくれました)
備考 忘れ物には要注意です…。

写真

河童橋からの眺め。今日は良さそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋からの眺め。今日は良さそう。
岳沢を上がり7番標識からいよいよ明神主稜に取り付きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳沢を上がり7番標識からいよいよ明神主稜に取り付きます。
ちょっ!ヤバイ!いきなり絶景。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっ!ヤバイ!いきなり絶景。。
4
急登ですが、たまに見える景色に癒されます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登ですが、たまに見える景色に癒されます。
1
振り返って焼岳、乗鞍方面!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って焼岳、乗鞍方面!
4
こっち撮ってるじゅんさんを撮りました(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっち撮ってるじゅんさんを撮りました(笑)
2
5峰到着!シンボルのピッケルとパシャリ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5峰到着!シンボルのピッケルとパシャリ!
7
いよいよ明神の本峰お目見え。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ明神の本峰お目見え。
2
3峰は巻きます。じゅんさん曰く直登する人もいるとか…スゴ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3峰は巻きます。じゅんさん曰く直登する人もいるとか…スゴ!
1
いよいよ2峰の懸垂下降。テキパキとじゅんさんがセッティングして降っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ2峰の懸垂下降。テキパキとじゅんさんがセッティングして降っていきます。
6
続いて自分が。めっーちゃドキドキしたー!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて自分が。めっーちゃドキドキしたー!!
3
下から見上げる2峰。高ーい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下から見上げる2峰。高ーい!
2
ついに1峰!ホッとした!じゅんさん、何食べてるの⁇
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに1峰!ホッとした!じゅんさん、何食べてるの⁇
8
ここでプチハプニング。対面の2峰の別のパーティの懸垂下降で体制を崩してしまい、あわや落下の危機でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでプチハプニング。対面の2峰の別のパーティの懸垂下降で体制を崩してしまい、あわや落下の危機でした。
3
さあ、いよいよ前穂高に詰めていきますよー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、いよいよ前穂高に詰めていきますよー!
1
言葉になりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
言葉になりません。
4
やったー!前穂高!感無量です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やったー!前穂高!感無量です。
5
じゅんさん、黄昏てます(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
じゅんさん、黄昏てます(笑)
7
穂高に良い感じの雲。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高に良い感じの雲。
3
カールなヤバイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カールなヤバイ。
2
この景色が見れた事に感謝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色が見れた事に感謝。
5
さあ、2日目スタートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、2日目スタートです。
2
紀美子平に降りないでそのまま吊尾根に降るルートをじゅんさんが考案し、無事合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紀美子平に降りないでそのまま吊尾根に降るルートをじゅんさんが考案し、無事合流。
1
今日も良いねー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も良いねー!
あっと言う間に穂高岳!人が多いので、写真撮ってすぐに移動。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっと言う間に穂高岳!人が多いので、写真撮ってすぐに移動。
2
さあ、いざジャンダルムへ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、いざジャンダルムへ!
2
怖いんだけど、じゅんさんとのトークが楽しくての笑顔。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
怖いんだけど、じゅんさんとのトークが楽しくての笑顔。
2
振り返って穂高。この角度から見るの初めて!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って穂高。この角度から見るの初めて!
2
圧倒的スケールでお送りしております。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
圧倒的スケールでお送りしております。
3
じゅんさんがここ登ってって…。結構怖かった。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
じゅんさんがここ登ってって…。結構怖かった。。
1
じゅんさんありがとう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
じゅんさんありがとう!
6
直下から振り返る!最高!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直下から振り返る!最高!
天狗のコルまで一気に降って来たよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗のコルまで一気に降って来たよ。
あの明神岳にいったんだね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの明神岳にいったんだね!
2
降ってると上はガス…良いタイミングで降れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降ってると上はガス…良いタイミングで降れました。
というまに岳沢小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
というまに岳沢小屋。
1
河童橋付近からの明神岳。。最高でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋付近からの明神岳。。最高でした。
1
こんなルートを周りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなルートを周りました。
2

感想/記録

先ず結論から言ってしまうと、最高の山行でした。天気もさる事ながら、じゅんさんが提案してくれた明神岳からのジャンダルム、穂高周遊コース。今までに無い位ドキドキしたし、達成感もありました。
先ず、前泊で車中泊。夜、じゅんさんと合流する頃にはかなり駐車場は埋まってました。そんなこんなで、軽く飲んで就寝。次の日の始発バスが4:40だったのでちょっと早めに起きてバスターミナルへ向かうと、まあ結構な列。この日、月曜の連休は晴れ予報なので、みんな気合い入ってます。特に支障もなく上高地に入り、お互い水を4ℓ程持っていざ出発。じゅんさん曰く、岳沢入り口までが先ず核心と言うことでしたが、10分で入り口到着。もう暑いので上着を脱いで出発。ヒーヒー言いながらも割と良いペースで7番の指標に到着。ここからいよいよ明神岳に取り付きます。樹林帯は中々の急登。も、この辺りは某j-pop歌手のチョコレートの歌と景色に励ませられながら高度を上げていきます。5峰手前の森林限界辺りからは景色が一変し、更に気合いが入ります。そして5峰到着。ほぼ同時に明神東陵から上がって来た2人とバッティング。装備を見たけど、登攀道具わんさかで凄かったです。さあ、ここからサクサク進みます。道は明瞭、踏み跡はかなりしっかりしてます。とはいえ、自分がルートミスするとじゅんさんがしっかり修正してくれます。4.3.峰と順々に進んでいきいよいよこの日核心の2峰までやってきました。練習した懸垂下降をおさらいして、先にじゅんさんが降ります。もう既に心臓バクバク!じゅんさんのアドバイスが聞こえます。「道具を信じて!身体を預けて」このアドバイスが効きましたよ。一度練習していたのも良かった。ビビりながらも何とか降りれました。2ピッチありましたが2ピッチ目は割と落ち着いて出来ました。ホッと胸を撫で下ろし、いよいよ1峰へ向かいます。まさに目と鼻の先ですぐに到着。感無量の思いでゆっくりしていると、次のパーティが2峰の懸垂下降をスタート。2人組で、最初の1人目は手際良くスタートし難なく下降。続いて2人目がスタートしようとするも中々降らない…意を決してスタートと言う瞬間にハプニングが…なんと下降ではなく崖に向かって倒れ込んでしまった!その瞬間、スローモーションの様にバターンと体制を崩してしまい、あわやの事態に。何とか踏ん張るも横に寝た様な格好に。脚が腰よりも高い体制になってしまい中々身動きが取れない状態。先に降ったバディが下からアドバイスをするも、上がよく見えない状態。1峰から見てる自分らはほぼ正面なので状況がよくみえる。まさかの事態に備えて救助要請をしようかと考えていた時、およそ15分〜20分程で何とか体制を立て直し2峰に登り直せていました。とりあえず一安心といった所で自分らも歩を進めます。この先は踏み跡が多数出て来るので、きちんとしたコースへのルーファイが必須です。個人的には奥明神沢のコル周辺が高度感がありドキドキしました。なんやかんやで前穂高岳直前で先ほど間一髪パーティの2峰から降って来た方と合流し、話しをしました。なんと兄弟で、失敗したのは弟だとか。弟さんは2峰から引き返し、岳沢小屋か上高地で合流するんだとか。。既にに16時前。。ちゃんと合流出来たのか心配ですが、この時お話したお兄さんが凄くしっかりしていたので大丈夫だろうと見送りました。この後、ビバーク地を見つけのんびり。夕焼けに赤く染まる穂高と雲の掛かり具合が見事でした。
早くに就寝し、2日目。あまり寒くもなく、テント内の結露もなく。最高の朝を迎える事が出来ました。程無くして前穂高岳に。まあ、ものすごい眺望だ。そのままじゅんさんの考案で紀美子平に降りずに吊尾根に直接ぶつかるルートで高度を下げて、程無く分岐点へ。そのまま吊尾根を上がり奥穂高岳へ。山頂の標識は撮影待ちの渋滞が出来ていたので、祠の前で記念撮影。いよいよジャンダルムへと向かいます。緊張感のある馬の背もじゅんさんと喋りながら行くと笑っちゃって緊張感も薄れたかも(笑)順調に進み、いよいよジャンダルム直下へ。巻かないで直登してみとじゅんさんの司令が。ええ、必死で直登しましたよ。そしてたどり着いたジャンダルムは凄く綺麗でした。一生忘れないであろう景色を堪能し、下山へ。下山はなんだかんだあっと言う間でした。
ただ、天狗のコルから岳沢小屋は落石注意です。喋りながら下山してしたらあっと言う間に岳沢取り付きに辿り着きました。最後の感想としては、今回の山行は2017年の集大成の山行になりました。夏から振り返って初めての沢登り、クライミングにバリエーションと。その全ての要素が詰まった今回のルート。。考案してくれたじゅんさんに感謝です。足を引っ張らない程度にこれからも付いていきたいなと思います。山ってサイコー!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:888人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/11/10
投稿数: 216
2017/10/15 0:03
 ご心配おかけしました(汗)
すぐ後ろから歩いていた二人組です。

その日のうちに、七番標識まで下山し、合流することが出来ました。
事前準備は大切ですね…

同じところにビバークしたかったです!!
登録日: 2012/3/29
投稿数: 657
2017/10/19 13:07
 ハスラー発見されたdevilmanです
じゅんさんに、沢渡で発見されたとか・・悪いことはできませんね
前穂での夕暮れ、槍ヶ岳の山頂で、おんなじように、眺めていました。
まさかね、じゅんさんがいたとはね、きれいに夕日を浴びて浮かび上がっていた穂高の前穂にね。

北鎌を目指してはいましたが、上高地からの行き帰りが、ながーくて、いやなんで、明神にかえよっかなって、まじで、バスの中で、考えたりしていました。
長いロープがないんで、懸垂できないなあ、とかね、それなら逆コースかなあ、それだとザレザレで下りにくいかなあなんて・・
でも、まあ、北鎌はやっておかないと宿題をまた残すことになるので、やっといてよかったですが、次は確実に明神か、剣の北方かな。

北沢峠・仙丈岳みたいに、バッタリもあるから、期待していますね。
ハスラーにご用心

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ