また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1300896 全員に公開 ハイキング 霊仙・伊吹・藤原

伊吹山の秋 上平寺尾根から弥高尾根へ

情報量の目安: S
-拍手
日程 2017年11月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○上平寺登山口〜上平寺城本丸〜上平寺尾根分岐
 整備された道が続きます。本丸跡は広くて、霊仙山・御池岳など鈴鹿北部の眺めがきれいです。
○上平寺尾根+弥高尾根合流〜正面登山道(5.5合くらい)
 合流地からは、ススキや樹がかぶさっているところがあり、藪っぽいです。踏み跡をたどります。トラロープのとうせんぼがあるあたりから、尾根の西側をトラバースして行きます。踏み跡がわかりにくいです。テープやリボンたどっていきます。
 谷を何度か渡りますが、最後の谷は虎ロープをたどって登ります。(谷自体は、今の時期は草も少なく歩きやすい)
 虎ロープ上ると道が草などかぶっています。踏み跡たどります。5.5合目あたりに出ますが、今の時期どこでも歩けます。
 でも、このルートを整備してくださっている人がいるのか、以前より歩きやすくなっている気がしました。
○正面登山道5.5合目〜山頂
 問題の無い登山道です。上平寺尾根は誰一人合わなかったですが、こちらは、とってもひと多いです。ここからは、登山道歩くマナーが求められます(譲り合い)
○山頂遊歩道(中央〜西周回)
 ドライブウェイは繁盛していて、山登りじゃない人もたくさんなので注意。寒くなったからか、スカートとヒールの人はあまりいませんでした。
○山頂〜正面登山道(5.5合くらい)
 問題の無い登山道です。
○正面登山道(5.5合くらい)〜弥高尾根+上平寺尾根分岐
 前述のとおりですが、やはり植林地の道、下りはわかりにくいです。登り以上に注意が必要です。
○上平寺尾根合流〜弥高尾根〜弥高尾根登山口
 整備された道が続きます。弥高寺本坊跡はとても広くて、気持ちいいです。霊仙山・御池岳など鈴鹿北部が望めます。
○弥高尾根登山口〜林道〜カミ山地蔵尊〜平野神社
 カミ山地蔵尊まで林道ではないルートがあるはずなのですが、少し歩いてみましたがよくわかりませんでした。林道を歩くのが安心です。
 カミ山地蔵尊からは古い掘りこまれた登山道があるのですが、荒れています。今日歩いた中で一番荒れてました。歩きやすいのは、ちょっと遠回りですが悉知院のほうの林道だと思います。
過去天気図(気象庁) 2017年11月の天気図 [pdf]

写真

上平寺の駐車場到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上平寺の駐車場到着
朝日がさしてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日がさしてきた
駐車場ができてた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場ができてた
登山道へ、奥に登山ポストあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道へ、奥に登山ポストあります
もう花は少ないです。ヒメジョオン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう花は少ないです。ヒメジョオン
熊から杉を守るテープがたくさんあるということは、やっぱりクマ出るのでしょうね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊から杉を守るテープがたくさんあるということは、やっぱりクマ出るのでしょうね
落ちてた木の実。何だろう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ちてた木の実。何だろう
上平寺館跡近くに来ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上平寺館跡近くに来ました
ここは広いですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは広いですね
紅葉でてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉でてきました
2
上平寺跡や弥高寺跡は、案内があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上平寺跡や弥高寺跡は、案内があります。
上平寺と弥高寺の分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上平寺と弥高寺の分岐
籔っぽくなると思ったが、それほどではなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
籔っぽくなると思ったが、それほどではなかった。
ルートから少し外れた三角点にごあいさつ
三角点は大切に
点名:城跡、種別等級:四等三角点、標高:838.68
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートから少し外れた三角点にごあいさつ
三角点は大切に
点名:城跡、種別等級:四等三角点、標高:838.68
2
道がきれいでうれしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道がきれいでうれしい
これから行く尾根も紅葉している
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから行く尾根も紅葉している
ススキもあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキもあります
紅葉の向こうに霊仙山と御池岳が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の向こうに霊仙山と御池岳が見える
3合目スキー場跡が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3合目スキー場跡が見えてきた
黄色い葉っぱが敷き詰められたよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色い葉っぱが敷き詰められたよう
カエデがあって、この下がトラロープの谷を登るポイントです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カエデがあって、この下がトラロープの谷を登るポイントです。
唯一のトラロープ急登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唯一のトラロープ急登
ササ藪もあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ササ藪もあります
赤いのは、マユミでしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤いのは、マユミでしょうか
1
電線の保全路伝っていけば、山頂までいけそうな感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電線の保全路伝っていけば、山頂までいけそうな感じ
6合目小屋が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目小屋が見えてきた
見えなくなった案内板が落ちてたので、テープ張って、吊るしてみた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えなくなった案内板が落ちてたので、テープ張って、吊るしてみた
2
リュウノウギクかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リュウノウギクかな
正面道に合流。ひといっぱい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面道に合流。ひといっぱい
弥高尾根方面からくる人が他にもいた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥高尾根方面からくる人が他にもいた
正面登山道は樹が少ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面登山道は樹が少ない
8合目で休憩しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目で休憩しました
伊吹山寺 覚心堂
はじめてご朱印を頂きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山寺 覚心堂
はじめてご朱印を頂きました
3
日本武尊にごあいさつ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本武尊にごあいさつ
1
北尾根方面
今年は通しで歩いてないなあ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根方面
今年は通しで歩いてないなあ
ソフトクリームいろいろ。
もう寒いからパス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソフトクリームいろいろ。
もう寒いからパス
三角点は大切に
点名:伊吹山、種別等級:一等三角点、標高:1377.31
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は大切に
点名:伊吹山、種別等級:一等三角点、標高:1377.31
2
今年の春に登った西南尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年の春に登った西南尾根
こちら鈴鹿方面
御池岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちら鈴鹿方面
御池岳
1
琵琶湖の竹生島、奥の山波は高島トレイル赤坂山方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖の竹生島、奥の山波は高島トレイル赤坂山方面
1
手前、形のいいのは小谷山、その向こうに賤ヶ岳で、その向こうは岩籠山、野坂岳も見えてるのかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前、形のいいのは小谷山、その向こうに賤ヶ岳で、その向こうは岩籠山、野坂岳も見えてるのかな
大黒山や横山岳のほうだけど雲が出てる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大黒山や横山岳のほうだけど雲が出てる
金糞岳方面。奥のほうに三周ヶ岳も見えてるのかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金糞岳方面。奥のほうに三周ヶ岳も見えてるのかな
虎子山、ブンゲン、奥に蕎麦粒山や冠山が見えてるのかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虎子山、ブンゲン、奥に蕎麦粒山や冠山が見えてるのかな
国見林道と貝月山、奥に能郷白山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見林道と貝月山、奥に能郷白山
国見岳、奥のほうに白山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳、奥のほうに白山
1
北尾根の御座峰の向こうは、奥美濃の山でよくわかんない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根の御座峰の向こうは、奥美濃の山でよくわかんない
奥に見えるのが乗鞍かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に見えるのが乗鞍かな
アップにしてみる
能郷白山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップにしてみる
能郷白山
1
白山、しんどかったなあ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山、しんどかったなあ
アルプスらしいが、縁がないのでよくわかんない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルプスらしいが、縁がないのでよくわかんない
槍らしいが、縁がないのでよくわかんない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍らしいが、縁がないのでよくわかんない
遊歩道の西半分を歩いてみます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道の西半分を歩いてみます
駐車場はいっぱいだった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場はいっぱいだった
展望台があったのでいってみる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台があったのでいってみる
石の採掘場が見えるのが、少し興ざめ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石の採掘場が見えるのが、少し興ざめ
周回しているとガスが出てきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周回しているとガスが出てきた
つつらおりの道に人がいっぱい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つつらおりの道に人がいっぱい
ほんとにひと多いね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんとにひと多いね
山頂にガスが出てきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にガスが出てきた
看板読めるか。テープが落ちそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板読めるか。テープが落ちそう
黄色いベルトみたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色いベルトみたい
伊吹山南斜面の紅葉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山南斜面の紅葉
ドライブウェイも紅葉してそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドライブウェイも紅葉してそう
伊吹山の東尾根の紅葉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山の東尾根の紅葉
1
山頂だけ雲かぶってしまった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂だけ雲かぶってしまった
弥高寺跡、大堀切りだそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥高寺跡、大堀切りだそうです
鈴鹿を眺め、のんびり休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴鹿を眺め、のんびり休憩
その後林道歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後林道歩きます
三角点は大切に
点名:弥高山、種別等級:四等三角点、標高:495.17
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は大切に
点名:弥高山、種別等級:四等三角点、標高:495.17
2
地蔵からの道は、荒れてました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵からの道は、荒れてました
今日はありがとう、伊吹山。クマさんにも会わず、楽しかったよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はありがとう、伊吹山。クマさんにも会わず、楽しかったよ

感想/記録

久しぶりの晴れの休日。そろそろ伊吹山も紅葉かと思い、上平寺尾根から弥高尾根歩いてきました。

静かな伊吹山の山歩きができるので、好きな道です。今回は帰り弥高本坊のところで、ひとりだけ追い越されました。その他は、一人ゆっくり歩きました

分県滋賀県の山にも、上平寺城・弥高寺はとり上げられているらしくって、もっと人が歩くようになればいいと思います。そうするとクマも警戒して、出なくなるのではないかなと思います。

今回のレコも、山頂周回や弥高〜上平寺間の県道歩きが入っているので、距離が長く出てます。山頂や弥高本坊でたっぷり休んだし、私ども歩くのが遅いので、時間も長くかかってます。
二人以上で弥高と上平寺それぞれにクルマを置いておくとか、上平寺もしくは弥高からピストンすれば、もっと距離も時間も短く済みます。
みんなで、こっちのルートも登りましょう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:749人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ