また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1306902 全員に公開 ハイキング近畿

第一回 生駒縦走魔道・高井田〜平尾山〜嶽の原山〜飯盛山〜高安山

日程 2017年11月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
近鉄大阪線:河内国分駅
近鉄信貴線:信貴山口駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間4分
休憩
1時間18分
合計
7時間22分
S河内国分駅07:5608:06JR高井田駅08:2009:39嶽山09:4610:09どんどう不動尊10:1312:14信貴変電所前休憩所12:5713:14恩智峠13:2113:54高安山駅13:5715:18信貴山口駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
高井田駅〜横尾:旧ハイキング道の為、ヤブ漕ぎあり。
どんどう不動〜信貴変電所:御坊幹線巡視路の為、道迷い・ヤブ漕ぎ・土砂崩落あり
過去天気図(気象庁) 2017年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 山旅ロガーGOLD(超精細モード6秒)+地図ロイド+SONY Smartwatch2

写真

河内国分駅から出発します。半年ぶりですね。
2017年11月05日 07:57撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河内国分駅から出発します。半年ぶりですね。
台風の爪痕が残る大和川。いつもより、水位が高い気がします。
2017年11月05日 08:02撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風の爪痕が残る大和川。いつもより、水位が高い気がします。
JR高井田駅に到着。セブンイレブンで食料品を調達しました。ここでYAMAPアプリを起動。
2017年11月05日 08:06撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR高井田駅に到着。セブンイレブンで食料品を調達しました。ここでYAMAPアプリを起動。
高井田横穴公園に到着。ここの見学だけでも、半日は過ごせますね。とても広いです。
2017年11月05日 08:23撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高井田横穴公園に到着。ここの見学だけでも、半日は過ごせますね。とても広いです。
展示広場、大県廃寺の礎石が残っています。ぐるっと回して見てください。
2017年11月05日 08:31撮影 by iPhone9,1 - 11.0.3, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
展示広場、大県廃寺の礎石が残っています。ぐるっと回して見てください。
柏原市立の歴史資料館に来ました。以前、立ち寄った時に「河内柏原見聞録」という書籍を購入しました。参考になりますよ。
2017年11月05日 08:43撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原市立の歴史資料館に来ました。以前、立ち寄った時に「河内柏原見聞録」という書籍を購入しました。参考になりますよ。
ここから信貴山を経由して高安山へ。
2017年11月05日 08:49撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから信貴山を経由して高安山へ。
入口付近はちょっと雑草が茂っています。左右に放棄されたブドウ畑が連なります。
2017年11月05日 08:49撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口付近はちょっと雑草が茂っています。左右に放棄されたブドウ畑が連なります。
尾根への登りが始まると、幅の広い歩きやすい道となりました。
2017年11月05日 08:52撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根への登りが始まると、幅の広い歩きやすい道となりました。
倒木の多いのは仕方ありません。ぞの分、自然林が豊かです。
2017年11月05日 08:53撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木の多いのは仕方ありません。ぞの分、自然林が豊かです。
歩いていて気分の良くなる尾根道です。虫も飛んでないし、快適そのもの。
2017年11月05日 08:55撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いていて気分の良くなる尾根道です。虫も飛んでないし、快適そのもの。
このルート最大のハイライト、「平尾山第67支群2号墳」です。前出の資料によると、古墳時代末期の横口式石槨で、一人の人物を埋葬するために築造されたと云います。
2017年11月05日 08:57撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルート最大のハイライト、「平尾山第67支群2号墳」です。前出の資料によると、古墳時代末期の横口式石槨で、一人の人物を埋葬するために築造されたと云います。
1
巨大な天井石(花崗岩)の奥に玄室が見えています。平尾山とは周辺の総称で、「平尾山南峰古墳」とも称される場所です。
2017年11月05日 08:58撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大な天井石(花崗岩)の奥に玄室が見えています。平尾山とは周辺の総称で、「平尾山南峰古墳」とも称される場所です。
栗のイガイガがたくさん落ちていました。
2017年11月05日 09:15撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗のイガイガがたくさん落ちていました。
イノシシの捕獲罠が多数仕掛けられているので、ルートから外れると危険です。
2017年11月05日 09:17撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イノシシの捕獲罠が多数仕掛けられているので、ルートから外れると危険です。
前方が明るくなって、広々としたブドウ畑が見えてきた! と、同時にヤブが酷くなった。
2017年11月05日 09:19撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方が明るくなって、広々としたブドウ畑が見えてきた! と、同時にヤブが酷くなった。
最後の50m程がヤブ漕ぎです。この時期なので、問題ありませんが、夏場はちょっと無理かな。
2017年11月05日 09:21撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の50m程がヤブ漕ぎです。この時期なので、問題ありませんが、夏場はちょっと無理かな。
広い農道だけど、長雨の影響でぬかるんでいます。
2017年11月05日 09:22撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い農道だけど、長雨の影響でぬかるんでいます。
さて、ここで思案。予定では素直に「横尾」を経由するはずが、地点「59」を目指すことになりました。さらに、強烈なヤブ漕ぎが待っています。
2017年11月05日 09:28撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、ここで思案。予定では素直に「横尾」を経由するはずが、地点「59」を目指すことになりました。さらに、強烈なヤブ漕ぎが待っています。
念のため防虫ネットを被って、最善の体制でヤブへ突っ込みます。
2017年11月05日 09:31撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念のため防虫ネットを被って、最善の体制でヤブへ突っ込みます。
背よりも高い笹と格闘してやっと出た。真ん中にイノシシの寝床があり、広い空間がありました。お陰で突破可能。
2017年11月05日 09:35撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背よりも高い笹と格闘してやっと出た。真ん中にイノシシの寝床があり、広い空間がありました。お陰で突破可能。
やっとヤブ漕ぎから解放されたばかりだけど、ここから右手の斜面へ取り付きます。目指すはP239の山頂。
2017年11月05日 09:38撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとヤブ漕ぎから解放されたばかりだけど、ここから右手の斜面へ取り付きます。目指すはP239の山頂。
道はありませんが、歩きやすい尾根筋です。真っすぐ北東へ進みました。
2017年11月05日 09:41撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道はありませんが、歩きやすい尾根筋です。真っすぐ北東へ進みました。
山頂部に到着。以前は山名を書いたテープがあったのに、無くなってます。金山姫神社の旧社地とされる「嶽の原山(嶽山)」です。
2017年11月05日 09:43撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部に到着。以前は山名を書いたテープがあったのに、無くなってます。金山姫神社の旧社地とされる「嶽の原山(嶽山)」です。
地点「59」へ着きました。このルートは整備されないと歩けませんね。
2017年11月05日 09:56撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地点「59」へ着きました。このルートは整備されないと歩けませんね。
これから目指す「魔道」の途上に立つ鉄塔群。写真左手の御坊幹線251号を目指します。
2017年11月05日 09:58撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから目指す「魔道」の途上に立つ鉄塔群。写真左手の御坊幹線251号を目指します。
正面の四ツ辻は、分水嶺となっています。左は生津谷へ、右は上徳谷へ水を注ぎます。
2017年11月05日 09:59撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面の四ツ辻は、分水嶺となっています。左は生津谷へ、右は上徳谷へ水を注ぎます。
「勅願所松谷御堂」と刻まれた道標が立っています。資料によれば、「松谷御堂」とは雁多尾畑にある「光徳寺」のこと。
2017年11月05日 10:01撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「勅願所松谷御堂」と刻まれた道標が立っています。資料によれば、「松谷御堂」とは雁多尾畑にある「光徳寺」のこと。
1
あ、美味しそう。
2017年11月05日 10:02撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ、美味しそう。
こっちは種類が違いますね。ワイン用かな。
2017年11月05日 10:04撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちは種類が違いますね。ワイン用かな。
どんど滝に着きました。畑大池を源にしています。白い泡が気になるなぁ。
2017年11月05日 10:09撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんど滝に着きました。畑大池を源にしています。白い泡が気になるなぁ。
立派な体格の「どんどう不動」さんにご挨拶。ね、立派でしょ? えっ! お姿が見えない? そりゃあ大変だ!
2017年11月05日 10:11撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な体格の「どんどう不動」さんにご挨拶。ね、立派でしょ? えっ! お姿が見えない? そりゃあ大変だ!
田んぼを横切って竹林へ向かいますが、、、畦道が泥んこ。しかし、これは序の口でした。
2017年11月05日 10:16撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田んぼを横切って竹林へ向かいますが、、、畦道が泥んこ。しかし、これは序の口でした。
小川を渡って鉄の階段に飛びつきました。いよいよ「魔道」に突入しますよ。
2017年11月05日 10:18撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川を渡って鉄の階段に飛びつきました。いよいよ「魔道」に突入しますよ。
1
来た方向を振り返る。今ならまだ引き返せます。
2017年11月05日 10:19撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た方向を振り返る。今ならまだ引き返せます。
意を決して竹林へ突入。「どこに道があるの?」という状態。
2017年11月05日 10:20撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意を決して竹林へ突入。「どこに道があるの?」という状態。
1
竹林の谷をこの目印まで遡ります。ここから斜面へ。
2017年11月05日 10:26撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹林の谷をこの目印まで遡ります。ここから斜面へ。
横尾から見えていた御坊幹線251号に到着
2017年11月05日 10:30撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾から見えていた御坊幹線251号に到着
和歌山の御坊から250本以上の鉄塔を繋ぐ長い旅が、もうすぐ終わりを迎えます。
2017年11月05日 10:31撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和歌山の御坊から250本以上の鉄塔を繋ぐ長い旅が、もうすぐ終わりを迎えます。
谷を渡って田んぼ跡の農道を歩きます。
2017年11月05日 10:34撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を渡って田んぼ跡の農道を歩きます。
かつてはトラクターなども通行したはずの道で、掘ってみると簡易舗装のコンクリが残っていました。
2017年11月05日 10:36撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かつてはトラクターなども通行したはずの道で、掘ってみると簡易舗装のコンクリが残っていました。
心が癒されますね。ホッとする瞬間ですが、油断はできません。
2017年11月05日 10:37撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心が癒されますね。ホッとする瞬間ですが、油断はできません。
物置小屋やビニールハウスの残骸、、、
2017年11月05日 10:39撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物置小屋やビニールハウスの残骸、、、
赤く錆びた農機具、、、いやが上にも魔道の雰囲気を盛り上げます。
2017年11月05日 10:39撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤く錆びた農機具、、、いやが上にも魔道の雰囲気を盛り上げます。
ついに出た〜。最初のトラップ。道が完全に塞がっています。
2017年11月05日 10:41撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに出た〜。最初のトラップ。道が完全に塞がっています。
山側へ迂回して道へ出ました。下手に乗り越えていると、田んぼ跡のぬかるみに落ち込んだかも。危機を回避できました。
2017年11月05日 10:43撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山側へ迂回して道へ出ました。下手に乗り越えていると、田んぼ跡のぬかるみに落ち込んだかも。危機を回避できました。
人の手が入って整備された竹林は美しい。手つかずはダメですね〜。
2017年11月05日 10:46撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人の手が入って整備された竹林は美しい。手つかずはダメですね〜。
御坊幹線252号が山頂部に立っています。
2017年11月05日 10:50撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御坊幹線252号が山頂部に立っています。
口をパかっと開けた感じの木の実。何でしょう?
2017年11月05日 10:52撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
口をパかっと開けた感じの木の実。何でしょう?
鉄塔から鞍部に降りて、登り返します。ルートからは外れますが、P310の山頂を目指します。
2017年11月05日 10:54撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔から鞍部に降りて、登り返します。ルートからは外れますが、P310の山頂を目指します。
尾根道に出ました。植林帯で踏み跡も薄っすら確認できました。
2017年11月05日 11:02撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道に出ました。植林帯で踏み跡も薄っすら確認できました。
突然、スマホがGPSをロスト!位置が分からなくなって、山頂部を通り越しました。ちなみに、ロストするとスマホを早目にリブートした方がいいです。システムが暴走してバッテリーを一気に消費してしまいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然、スマホがGPSをロスト!位置が分からなくなって、山頂部を通り越しました。ちなみに、ロストするとスマホを早目にリブートした方がいいです。システムが暴走してバッテリーを一気に消費してしまいます。
メインの端末で位置を確認して山頂部に到着。「飯盛山」と呼ばれているようです。
2017年11月05日 11:06撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メインの端末で位置を確認して山頂部に到着。「飯盛山」と呼ばれているようです。
ルートはここから谷へ降りますが、少し先まで進んでみることに。
2017年11月05日 11:15撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートはここから谷へ降りますが、少し先まで進んでみることに。
このテープを確認するのが目的。やはりP310は「飯盛山」で正解だったようです。
2017年11月05日 11:19撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このテープを確認するのが目的。やはりP310は「飯盛山」で正解だったようです。
ちなみに「不明瞭」とされる先の方向は、こんな感じです。キャンプ場は廃止されているので、この道は通行不可能でしょう。
2017年11月05日 11:19撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちなみに「不明瞭」とされる先の方向は、こんな感じです。キャンプ場は廃止されているので、この道は通行不可能でしょう。
さて、ルートに戻って、田んぼ跡の湿地帯を横断します。ここが最大の難所。
2017年11月05日 11:22撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、ルートに戻って、田んぼ跡の湿地帯を横断します。ここが最大の難所。
対岸に渡れば道はあるけど、どうやって渡るか。木の枝に足をのせてゆっくり進みます。
2017年11月05日 11:25撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸に渡れば道はあるけど、どうやって渡るか。木の枝に足をのせてゆっくり進みます。
ぐっへー。まぁ、この程度で済んで良かった。
2017年11月05日 11:26撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐっへー。まぁ、この程度で済んで良かった。
1
振り返って見ると、「ヒトの歩く道じゃない」って感じですね。
2017年11月05日 11:26撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って見ると、「ヒトの歩く道じゃない」って感じですね。
生津谷の源流部を横断して、しばらくは穏やかな山道となりました。
2017年11月05日 11:28撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生津谷の源流部を横断して、しばらくは穏やかな山道となりました。
とても幅の広い旧道の雰囲気たっぷりの山道となりました。
2017年11月05日 11:31撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても幅の広い旧道の雰囲気たっぷりの山道となりました。
山伏池の近くまで来ました。水神様が祀られている祠。屋根にに倒木が寄りかかって、今にも潰れそうです。
2017年11月05日 11:41撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山伏池の近くまで来ました。水神様が祀られている祠。屋根にに倒木が寄りかかって、今にも潰れそうです。
鳥居はかなり前に朽ちて倒れたようです。ヒトの気配がありませんね。
2017年11月05日 11:41撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居はかなり前に朽ちて倒れたようです。ヒトの気配がありませんね。
御坊幹線最後の鉄塔、253号です。この先は信貴変電所。長旅お疲れさまでした。
2017年11月05日 11:46撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御坊幹線最後の鉄塔、253号です。この先は信貴変電所。長旅お疲れさまでした。
信貴変電所のすぐ東側に残る自然。舗装路を歩いていては気が付きません。左手は自然林、右手は杉林です。
2017年11月05日 11:51撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信貴変電所のすぐ東側に残る自然。舗装路を歩いていては気が付きません。左手は自然林、右手は杉林です。
どっへー。泥の河やん。そろそろお昼時、どこで食べようかなとルンルン気分が一転してブルーに。さらに、この後ガクブルに落ち込む。
2017年11月05日 11:57撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どっへー。泥の河やん。そろそろお昼時、どこで食べようかなとルンルン気分が一転してブルーに。さらに、この後ガクブルに落ち込む。
フェンス沿いの道を倒木で隠されていました。沼地を彷徨い危うく魔物に呑み込まれる寸前。。。
2017年11月05日 12:03撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フェンス沿いの道を倒木で隠されていました。沼地を彷徨い危うく魔物に呑み込まれる寸前。。。
何とか脱出して、本日の「生駒縦走魔道」はココで終了。
2017年11月05日 12:05撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか脱出して、本日の「生駒縦走魔道」はココで終了。
この靴とひっつき虫だらけの服装では、紅葉見物で賑わう信貴山へは行けませんよ。
2017年11月05日 12:25撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この靴とひっつき虫だらけの服装では、紅葉見物で賑わう信貴山へは行けませんよ。
とりあえず本日のランチタイムです。茹で卵が復活!
2017年11月05日 12:26撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず本日のランチタイムです。茹で卵が復活!
1
予定を変更して「生駒縦走歩道」で高安山を目指します。
2017年11月05日 13:06撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定を変更して「生駒縦走歩道」で高安山を目指します。
テレメーター中継所の前を通って、忠実に歩きます。いつものショートカットは使いません。
2017年11月05日 13:13撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テレメーター中継所の前を通って、忠実に歩きます。いつものショートカットは使いません。
正面に見えている良さげな山道は、天川(あまかわ)道で、恩智惣池へのルートです。
2017年11月05日 13:17撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に見えている良さげな山道は、天川(あまかわ)道で、恩智惣池へのルートです。
なんと、いつものショートカット道が綺麗に整備されている。。。なんでやねん!
2017年11月05日 13:21撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと、いつものショートカット道が綺麗に整備されている。。。なんでやねん!
高安山に到着。ごじゅうからガーデンの休憩所は、空っぽでした。お昼時は賑わいますけどね。
2017年11月05日 13:52撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高安山に到着。ごじゅうからガーデンの休憩所は、空っぽでした。お昼時は賑わいますけどね。
1
ごじゅうからルートで「おおみちハイキング道」へ。道標プレートが枝に掛かっていることもありますが、すぐになくなります。なので、少し先の木に白いテープでマークしてあります。
2017年11月05日 13:58撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごじゅうからルートで「おおみちハイキング道」へ。道標プレートが枝に掛かっていることもありますが、すぐになくなります。なので、少し先の木に白いテープでマークしてあります。
このルートは「ごじゅうから」の方が整備されています。急斜面にステップが切ってあり歩きやすいです。
2017年11月05日 14:00撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートは「ごじゅうから」の方が整備されています。急斜面にステップが切ってあり歩きやすいです。
ロープ柵が新しくなっていました。
2017年11月05日 14:08撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ柵が新しくなっていました。
マムシクサの実。秋を代表する植物ですね。茎の模様が気色悪い。
2017年11月05日 14:13撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムシクサの実。秋を代表する植物ですね。茎の模様が気色悪い。
この区間もじゅくじゅくでした。今日は泥んこに最後まで悩まされました。
2017年11月05日 14:22撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この区間もじゅくじゅくでした。今日は泥んこに最後まで悩まされました。
城門石を通過しました。この時間から登って来るハイカーお二人と出会いました。
2017年11月05日 14:24撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城門石を通過しました。この時間から登って来るハイカーお二人と出会いました。
まだ時間があるので、この先にある滝見学に向かいます。
2017年11月05日 14:39撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ時間があるので、この先にある滝見学に向かいます。
名称不明の滝、ナメ滝ですがなかなかの迫力です。
2017年11月05日 14:42撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名称不明の滝、ナメ滝ですがなかなかの迫力です。
ちょっと離れて見ると、そのスケール感が分かります。しかし、左手のビニール小屋が不気味で邪魔。
2017年11月05日 15:03撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと離れて見ると、そのスケール感が分かります。しかし、左手のビニール小屋が不気味で邪魔。
紅葉の季節ですね。山腹にも黄色に色づいた木々が見えました。
2017年11月05日 15:07撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の季節ですね。山腹にも黄色に色づいた木々が見えました。
信貴山口駅に到着。次回、「鉢伏道」をチョイスすればここから登ります。
2017年11月05日 15:18撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信貴山口駅に到着。次回、「鉢伏道」をチョイスすればここから登ります。

感想/記録

長雨で延期になっていた「生駒縦走魔道」へのチャレンジが始まりました。
生駒縦走「歩道」ならぬ「魔道」では、一日で完歩するのは無理。魔物のトラップが不意に襲います。なので、何回かに分けての挑戦となります。

今回から生駒縦走歩道と同じく起点を「JR高井田駅」とし、「JR藤阪駅」まで歩きます。第一回のチャレンジでは高井田駅を出発して高安山でゴール、途中、信貴山へよって「無事に成就するように」とお参りする予定でした。しかし、最後の出口近くで魔道に仕掛けられたトラップにかかり、沼地へ引き込まれそうになりました。ズブズブと沈みながら呆然と沼地の淵で立ちすくみ、一瞬凍り付き、ハッと、我に返って無事に脱出。

この結果、信貴山へのお参りを断念せざるを得なくなりました。前途多難な船出です。無事に藤阪まで辿り着けるでしょうか。。。次回以降の予定を発表します(←なんか大げさやなぁ)

※生駒縦走魔道チャレンジ計画(予定は未定、ルート変更の可能性あり)
第二回、高安山〜久安寺〜阪奈線巡視路〜大釜川〜鳴川渓〜大原山〜暗峠
第三回、暗峠〜泉南東大阪線巡視路〜辻子谷越〜鷲尾山〜八丁門峠
第四回、水車谷〜日下直越〜八丁門峠〜飯盛山
第五回 清滝山〜星田山〜磐船神社〜くろんど園地〜交野山〜国見山
※ヤマレコの「山行計画」を作成中

上記の通り、全五回を予定しています。先シーズンのようにケガをしなければ、4月上旬には完了する予定。次回は12月中旬を予定しており、一年で最も日が短くなる時期。途中の道迷いやトラブルは命取りとなります。最大のリスクは大釜川を横断するところ。かつては、竹林で迷い崖のような斜面を竹に捕まりながら谷へ降りました。そこはイノシシの楽園です。

次回の出発地点「高安山」へのアプローチは、今回使ったような「ヤワ」なルートは使いません。「しろ道、神光寺道、鉢伏道」のいずれかをチョイス。こうご期待! 

あ、阪奈線巡視路の動画がありますので、予告編替わりにリンクしておきました。興味のある方はどうぞ〜。


訪問者数:354人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ