また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1312226 全員に公開 ハイキング丹沢

紅葉を求めて<辺室山〜鍋嵐山〜三峰山>

日程 2017年11月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
本厚木駅よりバスで土山峠へ。
帰りは煤ケ谷からバスで本厚木駅へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間52分
休憩
18分
合計
7時間10分
S土山峠07:3908:23辺室山08:2409:09能ノ爪09:1309:50鍋嵐10:0010:28能ノ爪10:2910:40物見峠11:51大山三峰山12:03七沢山12:0413:22不動尻13:2313:59林道谷太郎線終点P 大小屋ノ沢分岐14:18鳥屋待沢/権現橋14:45煤ヶ谷14:49道の駅清川G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
鍋嵐へはヤセ尾根が多く、道迷いもあるので慎重に歩きました。
でも途中の紅葉に足を止めたのが多かったかも?
このルートはほとんど人は歩いていないのでご注意を。
コース状況/
危険箇所等
鍋嵐へはヤセ尾根が続くので注意が必要。また道間違いにも注意を要する。
過去天気図(気象庁) 2017年11月の天気図 [pdf]

写真

土山峠登山口です。わかりにくいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土山峠登山口です。わかりにくいですね。
1
すぐに急登が始まりますが尾根はミズナラの黄葉が始まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに急登が始まりますが尾根はミズナラの黄葉が始まります。
3
下には宮ケ瀬湖がみえます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下には宮ケ瀬湖がみえます。
もうすぐ辺室山。ちょっと寂しい感じ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ辺室山。ちょっと寂しい感じ?
ここが山頂。視界がないのでパスしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが山頂。視界がないのでパスしました。
1
真っ赤に色づいたモミジ。ミネカエデでしょうか?
この先が楽しみです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ赤に色づいたモミジ。ミネカエデでしょうか?
この先が楽しみです。
2
カラスザンショウですか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラスザンショウですか?
黄色が青空に映えますね。アブラチャンかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色が青空に映えますね。アブラチャンかな?
2
江の島も見えます。
今日はほんとにいい天気です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
江の島も見えます。
今日はほんとにいい天気です。
3
宮ケ瀬尾根?の紅葉。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮ケ瀬尾根?の紅葉。
2
これはヤマボウシでしょうか。オレンジが目にしみます。楽しくなってきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはヤマボウシでしょうか。オレンジが目にしみます。楽しくなってきます。
3
今日向かう三峰山が見えます。手前が北峰。奥の一番高い山が三峰山ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日向かう三峰山が見えます。手前が北峰。奥の一番高い山が三峰山ですね。
2
鍋嵐へ向かう途中、能ノ爪手前から仏果山の尾根が見渡せます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋嵐へ向かう途中、能ノ爪手前から仏果山の尾根が見渡せます。
2
同じく今度は一番手前のピーク、辺室山をアップ。
バックに遠く関東平野が一望できました。ホントにいい天気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく今度は一番手前のピーク、辺室山をアップ。
バックに遠く関東平野が一望できました。ホントにいい天気。
1
P719です。道迷いしやすいところです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P719です。道迷いしやすいところです。
2
本来のルートは進行方向左側なのですが見えにくいので、気が付かないと自然と右方向の尾根に入ってしまいます。要注意ポイントです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本来のルートは進行方向左側なのですが見えにくいので、気が付かないと自然と右方向の尾根に入ってしまいます。要注意ポイントです。
3
紅葉がまたまた始まりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉がまたまた始まりました。
1
このカエデは黄色ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このカエデは黄色ですね。
これも黄色とオレンジ。
ハウチワカエデかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも黄色とオレンジ。
ハウチワカエデかな?
1
またまた三峰山を背景に紅葉を。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた三峰山を背景に紅葉を。
2
紅葉の連続です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の連続です。
一転して黄葉の群生が。
ブナでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一転して黄葉の群生が。
ブナでしょうか。
1
鍋嵐から宮ケ瀬へ下りる尾根の紅葉です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋嵐から宮ケ瀬へ下りる尾根の紅葉です。
1
鍋嵐到着。標高827m。
標識が落ちていたのでつけてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋嵐到着。標高827m。
標識が落ちていたのでつけてきました。
5
山頂からの眺望はよくありませんが、丹沢三峰が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望はよくありませんが、丹沢三峰が見えます。
山頂の様子。狭いのでゆっくりとは無理かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の様子。狭いのでゆっくりとは無理かな?
1
鍋嵐からの帰りです。
かっての入口は倒木でふさがれていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋嵐からの帰りです。
かっての入口は倒木でふさがれていました。
物見峠が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物見峠が見えてきました。
三峰山への崩落個所からの展望。
丹沢主脈と右へ延びる丹沢三峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山への崩落個所からの展望。
丹沢主脈と右へ延びる丹沢三峰。
先ほどの鍋嵐が中央に見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの鍋嵐が中央に見えます。
2
三峰北峰を見上げて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰北峰を見上げて。
三峰山山頂標識。先客が2名いました。
鍋嵐は誰一人会いませんでしたが、三峰山は人気コースですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山山頂標識。先客が2名いました。
鍋嵐は誰一人会いませんでしたが、三峰山は人気コースですね。
2
山頂の紅葉。ミズナラです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の紅葉。ミズナラです。
不動尻への分岐でランチしました。
周辺は紅葉のオンパレード・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動尻への分岐でランチしました。
周辺は紅葉のオンパレード・
ハウチワカエデの紅葉が見事です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハウチワカエデの紅葉が見事です。
1
不動尻への下りは急坂で一部ザレています。
でも紅葉がきれい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動尻への下りは急坂で一部ザレています。
でも紅葉がきれい!
3
立ち止まる時間が多くなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち止まる時間が多くなります。
1
境界尾根の紅葉。
青空とのコントラスト。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境界尾根の紅葉。
青空とのコントラスト。
これも境界尾根をパチリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも境界尾根をパチリ。
2

感想/記録

紅葉を求めて第3弾。今回は土山峠から辺室山・鍋嵐・三峰山と歩きました。
辺室山まではまだまだな感想。北側で日に当たりにくいので紅葉は遅いのでしょう。物見峠への最終ピークに向かうあたりから見ごろが始まります。鍋嵐〜三峰山北峰までがキレイでした。
三峰山頂の尾根は紅葉よりむしろ足元の鎖や階段に木を取られてましたね(~_~;)
不動尻分岐から不動尻への下りは紅葉が見事でした。
谷太郎林道終点へ向かう沢沿いは期待していたのですがまだまだでした。
訪問者数:548人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2017/11/15 0:19
 鍋嵐
はじめまして
お疲れ様でした
自分も鍋嵐に行きたいなあと思っているのですが 単独だとなかなか難しいルートですよね 熊にも注意と聞きますし。

紅葉のオンパレード!とてもキレイです目に鮮やかで
見ていて癒されました (^人^)
登録日: 2012/5/10
投稿数: 7
2017/11/15 5:27
 Re: 鍋嵐
バリルートは静かでいいですね。単独なので慎重に、そして五感を研ぎ澄まして歩く感触はハマります(*^-^*)
熊に出会いませんように!といつも願いながら歩いています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ