また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1315966 全員に公開 ハイキング丹沢

丹沢 寄-檜岳-雨山峠-コシバ沢-鍋割山 右回り周回

日程 2017年11月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
寄大橋脇の駐車スペースを利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間16分
休憩
9分
合計
6時間25分
Sスタート地点06:1006:50H22・H23成長の森案内図07:04中沢橋分岐07:57檜岳07:5808:21雨山08:38雨山峠08:4009:15寄コシバ沢09:48鍋割峠09:4910:00オガラ沢分岐10:0110:06鍋割山10:0710:32後沢乗越10:50栗ノ木洞10:5111:01櫟山11:0211:27綱立丸11:46土佐原の大きなしだれ桜12:00寄ロウバイ園12:0112:06みやま運動広場駐車場12:0812:08寄自然休養村管理センター12:10宇津茂公衆トイレ12:33寄大橋(水源林管理棟前ゲート)12:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

寄大橋から出発
2017年11月19日 06:17撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄大橋から出発
林道から看板裏の作業道に取り付く
2017年11月19日 06:21撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から看板裏の作業道に取り付く
最初は不明瞭だが整備された道になる
2017年11月19日 06:32撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は不明瞭だが整備された道になる
ロープの向こう側へ進む
2017年11月19日 06:39撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープの向こう側へ進む
2
その上も道は整備されている
2017年11月19日 06:56撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上も道は整備されている
1
真鶴半島方面。大島、利島、新島、神津島あたりまで見渡せる。
2017年11月19日 07:24撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真鶴半島方面。大島、利島、新島、神津島あたりまで見渡せる。
良い雰囲気。道はつづら折れに進む。
2017年11月19日 07:34撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い雰囲気。道はつづら折れに進む。
往時を偲ぶ古い道標
2017年11月19日 07:52撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往時を偲ぶ古い道標
2
南アルプスも稜線に雪を頂く。
2017年11月19日 08:03撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスも稜線に雪を頂く。
3
相模湾、三浦半島方面を望む。
2017年11月19日 08:06撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相模湾、三浦半島方面を望む。
振り返って檜岳。
2017年11月19日 08:10撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って檜岳。
看板を食す木
2017年11月19日 08:24撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板を食す木
雨山峠へザレたヤセ尾根を慎重に下る
2017年11月19日 08:32撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨山峠へザレたヤセ尾根を慎重に下る
1
一旦、寄コシバ沢へ下る
2017年11月19日 08:41撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦、寄コシバ沢へ下る
1
人が切れるのを待ちコシバ沢出合いから沢に入り登る。前方に何名か先行者あり。
2017年11月19日 09:17撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人が切れるのを待ちコシバ沢出合いから沢に入り登る。前方に何名か先行者あり。
途中で振り返って
2017年11月19日 09:29撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で振り返って
大杉の倒木先が取り付き点
2017年11月19日 09:29撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大杉の倒木先が取り付き点
取り付き点の赤テープ
2017年11月19日 09:31撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付き点の赤テープ
道型は明瞭。植林に分岐する道に引かれ無いよう進む。
2017年11月19日 09:39撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道型は明瞭。植林に分岐する道に引かれ無いよう進む。
鍋割峠の道標裏に出る
2017年11月19日 09:47撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割峠の道標裏に出る
蛭ヶ岳山頂方面は既に冬の様相。
2017年11月19日 09:49撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂方面は既に冬の様相。
御正体山の向こうに南アルプス
2017年11月19日 10:00撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御正体山の向こうに南アルプス
鍋割山荘。既に人がいっぱい。止まらず下る。
2017年11月19日 10:04撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山荘。既に人がいっぱい。止まらず下る。
鍋割山荘へボッカ行き交う
2017年11月19日 10:14撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山荘へボッカ行き交う
下ってくると紅葉が美しい
2017年11月19日 10:31撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ってくると紅葉が美しい
林道出合い。向こう側の登山道をさらに下る。
2017年11月19日 11:22撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道出合い。向こう側の登山道をさらに下る。
寄のお茶畑の上に出る。鹿狩りのハンターが待ち伏せている。
2017年11月19日 11:35撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄のお茶畑の上に出る。鹿狩りのハンターが待ち伏せている。
1
林道 秦野峠線の地図
2017年11月19日 12:22撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道 秦野峠線の地図
撮影機材:

感想/記録

前半は雨山峠に至る静かな山歩き。後半は人がごった返す鍋割山頂~後沢乗越と対極のルートだった。寄大橋から檜岳へのルートは廃道と思っていたが立派な道が続いていて驚いた。稜線は既に落葉し冬の様相で明るい。また山頂稜線は猪による堀跡が酷く雨山峠手前まで続く。雨山峠からコシバ沢方面へ一旦下り沢を登り返したが一般ルートでは無いと思っていたが何人も先行しているのに驚いた。適当に沢のガレを進むとピンクテープが現れ容易に取り付き点が分かった。その先も踏み跡は明瞭で迷うところは無く危ない所もない。鍋割峠にあがって見ると寄方面の道標があり廃道で無いことを確認し納得した。鍋割山山頂につくと既に富士山は雲に隠れて見えなかったが南アルプス方面の少し早い冠雪を確認し小走りで後沢乗越の先まで一気に下る。その先は急に静かになり落ち着いて歩くことができる。
訪問者数:172人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ