また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1329983 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

赤岳 ショルダーリッジ左ルート(第三尾根)

日程 2017年12月03日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間55分
休憩
57分
合計
10時間52分
S赤岳山荘02:4502:50美濃戸山荘03:37堰堤広場03:4104:33赤岳鉱泉04:4605:15行者小屋05:24阿弥陀岳分岐10:12赤岳頂上山荘10:3110:41赤岳10:4210:50竜頭峰10:50赤岳10:5211:03文三郎尾根分岐11:26阿弥陀岳分岐11:51行者小屋12:07赤岳鉱泉12:2513:02堰堤広場13:33美濃戸山荘13:37赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

2:45 赤岳山荘出発
4:30に赤岳鉱泉を通過し、6:20文三郎赤岳主稜トラバース地点まで登ってしまった。暗い中黙々と上がっていたら登りすぎ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2:45 赤岳山荘出発
4:30に赤岳鉱泉を通過し、6:20文三郎赤岳主稜トラバース地点まで登ってしまった。暗い中黙々と上がっていたら登りすぎ。
トラバース地点で準備していると、日が昇ってきた。
神秘的な感じだったのに写真じゃ微妙。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース地点で準備していると、日が昇ってきた。
神秘的な感じだったのに写真じゃ微妙。
1
階段をおりた辺りから、おりれそうな所を適当におりていく。
雪の状態から雪崩そうな雰囲気ではないので突っ込んでみた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段をおりた辺りから、おりれそうな所を適当におりていく。
雪の状態から雪崩そうな雰囲気ではないので突っ込んでみた。
多分正面の尾根が第三
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多分正面の尾根が第三
1
赤岳沢をトラバースし第一尾根を越え
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳沢をトラバースし第一尾根を越え
2
小尾根(第二)を少し登るとその先だと気づき、第三に乗る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小尾根(第二)を少し登るとその先だと気づき、第三に乗る。
1
第三の灌木帯を抜ける辺り。
正面の岩を乗っ越すと細いリッジ。
右から巻いてもいける。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三の灌木帯を抜ける辺り。
正面の岩を乗っ越すと細いリッジ。
右から巻いてもいける。
次はこいつ。
先頭は右から、後続は落石を避けるため左の草付きから登った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次はこいつ。
先頭は右から、後続は落石を避けるため左の草付きから登った。
1
草付きはバイルが刺さるので、楽に進める。
ザイルどこで出すかなと考えながら先へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草付きはバイルが刺さるので、楽に進める。
ザイルどこで出すかなと考えながら先へ。
1
第四も面白そう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第四も面白そう。
1
そのままあがると阿弥陀がキレイに見える写真ポイント。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのままあがると阿弥陀がキレイに見える写真ポイント。
おいおい。第二面白そうじゃね?
こっち行ってみたいw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おいおい。第二面白そうじゃね?
こっち行ってみたいw
もしかして〜、これ越えたらでかい岩峰があるのかな?
といいながら進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もしかして〜、これ越えたらでかい岩峰があるのかな?
といいながら進む。
まだ雪は少なく岩もボロい。
ラインを替えながら好きな所を登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ雪は少なく岩もボロい。
ラインを替えながら好きな所を登る。
あっという間に縦走路へ。
展望荘から50m程下辺りに出る。
今登ってきた尾根がバッチリ見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に縦走路へ。
展望荘から50m程下辺りに出る。
今登ってきた尾根がバッチリ見える。
撮っているところを撮ったところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮っているところを撮ったところ。
2
八ヶ岳ブルーももうすぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳ブルーももうすぐ。
1
10:00 展望荘到着
風が強いので裏に避難。
十分休憩する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:00 展望荘到着
風が強いので裏に避難。
十分休憩する。
赤岳山頂も人少ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂も人少ない。
2
下降に使った場所。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下降に使った場所。
今回の大体のライン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の大体のライン。
11:30 行者小屋まで降り、装備を片付ける。
アイゼン外したのが失敗だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:30 行者小屋まで降り、装備を片付ける。
アイゼン外したのが失敗だった。

感想/記録

赤岳ショルダーリッジとは西面壁主稜のより左側にあるリッジに派生する5つの尾根のうち大きいリッジで左ルート(第三尾根)右ルート(第一尾根)があり、今回は第三を攻めてみた。
ハーケンや支点は見当たらず(というか探してない)ザイルは出すまでのピリリ感はなかった。
強いて言えば、尾根に上がり灌木帯を抜けた正面にある3mほどの岩を上がるところくらい。
岩は上部に行けば硬くなるが下部はボロくハイマツの上に雪がしっかり乗ってなければ、結構難儀する。
登山体系には下部の10m程の岩峰を登る的な事が書いてあったが、わからなかった。トラバースし、尾根にのり、灌木帯を越え岩を乗越し、ハイマツの稜線をあがり、草付きを登り、岩稜帯を越すと展望荘50m程下の縦走路に出る。
訪問者数:250人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ