また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1345461 全員に公開 ハイキング奥秩父

乾徳山 *年末三日富士見 岩の章*A,H*

日程 2017年12月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
冬は山梨交通バスが運行されないため、山梨市営バスで向かわねばならない。始発で行っても9:50から歩き始めとなるため、前夜に麓まで入ることとした。
前日 〜小淵沢駅〜山梨市駅〜乾徳山登山口BS

乾徳山登山口BS発15:36(山梨市営バス、400円)山梨市駅着16:08、発16:26(JR中央本線、190円)石和温泉駅着16:32、発17:03(富士急山梨バス、1470円)富士急ハイランド着18:03
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
凍結箇所のある岩場は、難易度が高まり、通過に時間がかかる。9:50の歩き始めでは、終バスにも間に合わなかったかもしれない。
その他周辺情報前日泊 民宿山吹荘、93歳のおかみが独り切り盛りしている。冬は営業していないと一度断られるが、頼み込んで泊まらせてもらった。
過去天気図(気象庁) 2017年12月の天気図 [pdf]

写真

前日の夕食。そば、疲れた体に有難い。美味かったなあ。
2017年12月29日 18:30撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日の夕食。そば、疲れた体に有難い。美味かったなあ。
9
朝食を待つ間に見つけた田中陽希さんの色紙。200名山の方は観ていなかったから、ここに泊まったこと知らなかった。
2017年12月30日 07:02撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食を待つ間に見つけた田中陽希さんの色紙。200名山の方は観ていなかったから、ここに泊まったこと知らなかった。
6
登山前に、こんなに食べたのは初めてだった。写真に写っていないきのこ汁が絶品で、出発を15分遅らせた。
2017年12月30日 06:22撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山前に、こんなに食べたのは初めてだった。写真に写っていないきのこ汁が絶品で、出発を15分遅らせた。
8
おかみさんに感謝しつつ、山吹荘をあとにする。
2017年12月30日 07:13撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おかみさんに感謝しつつ、山吹荘をあとにする。
5
徳和峠通過。
2017年12月30日 07:26撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳和峠通過。
2
朝日を浴びて清々しい道。
2017年12月30日 07:40撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を浴びて清々しい道。
3
急登が続く。
2017年12月30日 07:59撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登が続く。
3
8:25、道満山到達。1時間、厳しかった。
2017年12月30日 08:25撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:25、道満山到達。1時間、厳しかった。
4
大岩が現れ始める。
2017年12月30日 09:12撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩が現れ始める。
3
富士山が顔を出してくれた。
2017年12月30日 09:28撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が顔を出してくれた。
8
道満尾根コースは後半平坦な道が続く。
2017年12月30日 09:36撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道満尾根コースは後半平坦な道が続く。
3
最初の岩場
2017年12月30日 09:42撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の岩場
3
開けた。南アルプスが迎えてくれる。
2017年12月30日 09:52撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けた。南アルプスが迎えてくれる。
6
そして視線を左に移せば、富士の姿。
2017年12月30日 09:55撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして視線を左に移せば、富士の姿。
10
月見岩脇を通過する。
2017年12月30日 09:56撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月見岩脇を通過する。
4
ここからの眺望が、高さの関係で頂上よりもいいかも。
2017年12月30日 09:59撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの眺望が、高さの関係で頂上よりもいいかも。
7
扇平を通過する。いよいよだ。
2017年12月30日 10:03撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇平を通過する。いよいよだ。
4
氷の付着した岩がちな斜面。
2017年12月30日 10:30撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷の付着した岩がちな斜面。
4
最初の鎖場。3日分の重さが堪える。
2017年12月30日 10:43撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の鎖場。3日分の重さが堪える。
4
髭剃り岩。遊んでいる余裕無し。
2017年12月30日 10:52撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
髭剃り岩。遊んでいる余裕無し。
4
この回り込む岩場前で、ザックをデポする。
2017年12月30日 10:54撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この回り込む岩場前で、ザックをデポする。
4
カミナリ岩に取り付く。
2017年12月30日 11:00撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カミナリ岩に取り付く。
3
登攀速度を増すために、鎖に全幅の信頼を寄せる。
2017年12月30日 11:01撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登攀速度を増すために、鎖に全幅の信頼を寄せる。
6
胎内前を通過。
2017年12月30日 11:06撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胎内前を通過。
2
鳳岩は眺めるだけにした。
2017年12月30日 11:14撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳岩は眺めるだけにした。
7
迂回路もハシゴを含め凍結箇所多く、油断ならない。
2017年12月30日 11:17撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回路もハシゴを含め凍結箇所多く、油断ならない。
3
11:20、乾徳山到達。4時間を費やした。
2017年12月30日 11:20撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:20、乾徳山到達。4時間を費やした。
10
南アルプスは、鮮明に望むことができる。
2017年12月30日 11:23撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスは、鮮明に望むことができる。
3
南アルプス北部と御嶽山。昨日の雨乞岳は、鋸岳の右手に佇む。
2017年12月30日 11:24撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス北部と御嶽山。昨日の雨乞岳は、鋸岳の右手に佇む。
6
南アルプス南部。
2017年12月30日 11:24撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス南部。
4
富士山を望む前に、深呼吸。
2017年12月30日 11:25撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山を望む前に、深呼吸。
3
まだ冠雪成っていない。変わらず美しい。
2017年12月30日 11:26撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ冠雪成っていない。変わらず美しい。
10
さあ、下山。見守っていてください。
2017年12月30日 11:27撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、下山。見守っていてください。
7
岩場を終えた。扇平へ下りる。
2017年12月30日 12:19撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を終えた。扇平へ下りる。
2
月見岩に戻る。
2017年12月30日 12:27撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月見岩に戻る。
2
コントレールその2。
2017年12月30日 12:39撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コントレールその2。
3
青空に感謝。
2017年12月30日 12:39撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に感謝。
5
すすきと富士。
2017年12月30日 12:39撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すすきと富士。
5
この山、様々な時間を与えてくれる。
2017年12月30日 12:40撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山、様々な時間を与えてくれる。
3
そろそろお別れです。明日はもっと近くに参ります。
2017年12月30日 12:40撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろお別れです。明日はもっと近くに参ります。
5
十字路。
2017年12月30日 12:55撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十字路。
2
錦晶水。程よい冷たさ、美味かった。
2017年12月30日 13:11撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
錦晶水。程よい冷たさ、美味かった。
3
駒止通過。
2017年12月30日 13:33撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒止通過。
2
沢コース登山口に下りてきた。
2017年12月30日 14:10撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢コース登山口に下りてきた。
4
登山口バス停。山吹荘に寄り、おかみさんに下山の報告をした。
2017年12月30日 14:34撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口バス停。山吹荘に寄り、おかみさんに下山の報告をした。
7

感想/記録

(29日「雨乞岳」から続く)
 「山吹荘」は、乾徳山登山口バス停から最も近い民宿だ。徳和地区の民宿は、冬は休業しているようで、何軒か電話したが、いずれも丁重に断られた。「山吹荘」でも最初は断られたのだが、一人なのですが、と言うと、しばらく間があったのち、「いいよ。来てちょうだい」の応え。楽しみに待った。

 先刻食べた夕食に満足しながら一日の出来事を思い浮かべ、ゆっくりと湯船に身を沈めた。雨乞岳の長時間歩行による疲労や乾きは、不思議と消えていた。
 朝、御年93歳のおかみさんは、予想どおり先に起きて準備をしてくれていた。朝食は食べきれないほどで、もう少しお話を聞くことにした。バス停の在る駐車場には、数台の車が見える。おなかは落ち着きを取り戻した。心から礼を述べ、下山後立寄ることを告げ、出発した。
 道満山コースで登り、オソバ沢コースで下山することにしていた。歩き始めてすぐに気づいた。不要な荷物を置いてくれば良かった。どうも昨日から単純なことを忘れがちだ。それにしても身体が重い。まるで山頂直下で喘いでいるようだ。今日も標高差1200メートルの登山、岩場も有る。道満山に至るまでは、本気で下山も考えた。
 過ぎると次第に呼吸が整ってきた。続く急登にも対処できるようになった。コース後半は平坦な尾根を進む。そして最初の岩場を越えると、急に左手が開け、南アルプスに迎えられる。出発から2時間半、月見岩に到達した。視線を南に移せば富士山の姿。高さがほどよい関係ゆえ、優美で美しい。
 ほどなく扇平を過ぎると、岩がちな道に変化してゆく。ところどころ氷が付着しているため、慎重に歩を進める。やがて最初の鎖場が現れた。ここもスタンスに氷や雪が付着し、よく滑る。そして3日分の重量が堪える。ザックをデポし、空身で登ることにした。
 カミナリ岩に取り付いた時、空身の幸せを実感した。後続がいたため、鎖を頼りに腕力で登って行ったが、鳳岩は、疲労と時間を言い訳に迂回した。11時20分、乾徳山に到達、素晴らしい眺望が待っていた。どこから見ればよいのか迷ってしまう。昨日の雨乞岳も見える。富士山は最後の楽しみにした。
 下山、思っていたほど難しくはなかったが、やはり氷を避ける分の時間は要した。月見岩に戻り、カヤトや青空に映える木々を写すのに夢中になる。その場を離れるのに10分少々かかった。
 緩やかに、穏やかに下降してゆく。十字路付近で休憩を取る予定だったが、十分な朝食のお蔭で、パンもカップ麺も喉を通りそうにない。そのまま歩き続けることにした。確かにこちらのコースの方が無難なのかもしれない。途中、錦晶水で潤したほかには記憶に残らない時間を経て、登山口に到着した。予定どおり、おかみさんに下山の報告をする。笑顔で迎えてくれた。いつまでも元気に登山者たちを見守ってほしい、切に願った。
 
 バス停では約50分の待ち合せだった。岩場の触感を思い出しながら到着を待った。寒かった。定刻どおりバスは到着し、山梨市駅までのおよそ30分、うたたねの時間を与えてくれた。予定どおりの列車で石和温泉駅へ、そこからバスで河口湖方面に移動する。今度は熟睡した。目が覚めると、湖越しにかの山の大きなシルエットが浮かんでいた。 (つづく)
訪問者数:558人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザック 急登 鎖場 デポ 登攀 空身 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ