また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1353959 全員に公開 ハイキング 丹沢

表尾根〜塔ノ岳〜鍋割山縦走

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年01月07日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:〜小田急小田原線 秦野駅>神奈川中央交通 ヤビツ峠BS
復路:神奈川中央交通 大倉BS>神奈川中央交通 渋沢駅北口BS>小田急小田原線 渋沢駅〜
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間47分
休憩
1時間39分
合計
8時間26分
Sヤビツ峠08:2709:43二ノ塔09:4409:57三ノ塔10:0110:08三ノ塔地蔵菩薩10:26烏尾山荘10:45行者ヶ岳11:09政次郎ノ頭11:17書策新道分岐11:27新大日茶屋11:3111:31新大日11:41木ノ又小屋11:4212:06塔ノ岳12:5013:00金冷シ13:07大丸13:18小丸尾根分岐(二俣分岐・平二山)13:24小丸13:42鍋割山荘13:44鍋割山14:2414:54後沢乗越15:19ミズヒ沢渡渉点15:25本沢渡渉点15:41二俣15:57黒竜の滝16:0216:53大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
鍋割山まで行きたかったので、塔ノ岳の休憩は短めです…いや、そのつもりだったんですが。
ちゃっかりコーヒーしたり、元の道を戻りかけて戻ったりして結構時間経ってましたね…
コース状況/
危険箇所等
鎖場の下りが2箇所ありますが、落ち着いて降りれば大丈夫かと。
登山道は凍結していませんでした。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック 登山靴 ヘッドランプ 地図 コンパス スマートフォン バッテリー 昼食 プラティパス 食器類 エマージェンシーセット ダウン フリース アンダーウェア上下 靴下 グローブ カメラ

写真

今日は表尾根方面へ
2018年01月07日 09:00撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は表尾根方面へ
初っ端は階段
2018年01月07日 09:03撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初っ端は階段
階段の下には霜柱が
2018年01月07日 09:20撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段の下には霜柱が
ひたすら階段を登る
2018年01月07日 09:29撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら階段を登る
丹沢らしい木のトンネル
2018年01月07日 09:43撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢らしい木のトンネル
ここは通過点
2018年01月07日 09:45撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは通過点
木道なう
2018年01月07日 10:07撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道なう
これからこの道を行くんじゃ
2018年01月07日 10:10撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これからこの道を行くんじゃ
今日のお洒落さん
2018年01月07日 10:12撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のお洒落さん
1
階段+鎖
2018年01月07日 10:17撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段+鎖
凍結したら怖いところ
2018年01月07日 10:20撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍結したら怖いところ
振り返ればこんなに降りて…
2018年01月07日 10:27撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ればこんなに降りて…
分岐点?
2018年01月07日 10:31撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点?
なかなかの絶壁
2018年01月07日 10:35撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかの絶壁
1
行者峠なう
2018年01月07日 10:50撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者峠なう
1
鎖場の下りその1。短め。
2018年01月07日 10:59撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場の下りその1。短め。
鎖場の下りその2。ここは長いので、足の置き場を探しつつ。
2018年01月07日 11:06撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場の下りその2。ここは長いので、足の置き場を探しつつ。
痩せ尾根なう
2018年01月07日 11:09撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根なう
また階段ですよ
2018年01月07日 11:22撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また階段ですよ
1
そろそろ心折れてくる新大日
2018年01月07日 11:31撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ心折れてくる新大日
また木道
2018年01月07日 11:40撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また木道
美しい相模湾
2018年01月07日 11:47撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい相模湾
2
さらに木道
2018年01月07日 11:55撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに木道
1
最後の登り…!
2018年01月07日 12:04撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登り…!
着いたぞ塔ノ岳!
2018年01月07日 12:08撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いたぞ塔ノ岳!
3
富士山美しい
2018年01月07日 12:44撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山美しい
1
山小屋
2018年01月07日 12:45撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山小屋
これまでの歩み
2018年01月07日 12:48撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまでの歩み
1
下ります
2018年01月07日 13:02撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ります
運命の分かれ道
2018年01月07日 13:04撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
運命の分かれ道
あと約2km…えっそんなに
2018年01月07日 13:11撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと約2km…えっそんなに
歩く!!
2018年01月07日 13:14撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩く!!
小屋が見えます
2018年01月07日 13:19撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋が見えます
絶景かな
2018年01月07日 13:25撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景かな
平和な道だ…
2018年01月07日 13:42撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平和な道だ…
鍋割山着きました
2018年01月07日 13:47撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山着きました
名物うどんうめぇ
2018年01月07日 14:09撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物うどんうめぇ
1
帰るぜ!
2018年01月07日 14:35撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰るぜ!
平和な道2
2018年01月07日 14:38撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平和な道2
分岐点
2018年01月07日 14:58撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点
み、水…
2018年01月07日 15:20撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
み、水…
2
山道はここまで
2018年01月07日 15:22撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道はここまで
ペットボトルチャレンジ
2018年01月07日 15:22撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペットボトルチャレンジ
砂利道なう
2018年01月07日 15:28撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂利道なう
さらに砂利道なう
2018年01月07日 15:32撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに砂利道なう
蛭避けの塩
2018年01月07日 15:45撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭避けの塩
2
刃牙の徳川…ではない
2018年01月07日 15:49撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃牙の徳川…ではない
2
石なう
2018年01月07日 16:39撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石なう
鹿除け
2018年01月07日 16:44撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿除け
ここまで!
2018年01月07日 16:49撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで!
1
撮影機材:

感想/記録

吹雪いた赤城山というイレギュラーはありましたが、しばらく緩い山歩きが続いたのでそろそろ身体を酷使する山歩きがしたいなぁ、と思っていたところに塔ノ岳へのお誘い。
しかも、鍋割山まで行けるんじゃ?という話になったので、かつてないくらいハードな山歩きになりました。

コースは先日に引き続きヤビツ峠から。塔ノ岳登るなら、やっぱり表尾根歩きたいですよね。
一年ぶりなので結構コース忘れてました。最初ってこんなに階段登ったっけ…?とか。
やっぱり偽ピークには心折れかけましたが(笑
でも、友人と一緒に登ると何とか頑張れる不思議。

そんな感じでちょくちょく休憩も挟みつつ、何とか塔ノ岳の山頂へ。
偽ピークが多くて、一年越しでもやっぱりキツかった!
ちなみに去年は所々凍結していてスリルがあったのですが、今回は特に凍結している箇所やぬかるんでいる箇所もありませんでした。

塔ノ岳ではさっとご飯食べて鍋割山へ。
鍋割山まではいくつか登り返しもありますが、緩めの起伏の少ない道が続きます。ここまで鞭打った身体には癒しの道でした。

鍋割山では名物のうどんを頂きました。お値段は1000円、結構本格的なので食べ終わる頃には割安とすら感じるかも。

鍋割山からは大倉まで休みなく降ります。序盤から一気に標高を下げて、そのまま平坦な林道まで降りてしまうコースです。林道も平坦ですがなかなか長いので、ここを逆に登るのは結構キツいかも。

途中で二度ほど沢を渡るので、大雨の直後とかは注意が必要そう。
そんな感じで長い林道を歩いたら大倉です。大倉には休憩スポットがあるので、トイレに行ったり靴の泥を落としたり、消費したカロリーを取り戻しにかかったりしてもいいかもしれません。
バスの本数も多いので、慌てなくても大丈夫だと思います。

と、いうわけで丹沢表尾根から塔ノ岳、鍋割山までの縦走でした。それなりに体力がないと厳しいとは思いますが、ある程度経験があれば(コースタイムに常に気を配ってさえいれば)歩けないこともないかもしれません。

そしてこのペース配分なら、もしかしたら蛭ヶ岳までは無理でも丹沢山までは行けるかも…?
なんて夢を見させてくれる山歩きでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:620人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ