また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1354627 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

20180107-六甲登山-シェール道-高雄山-布引下山

日程 2018年01月07日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
往路:阪急電鉄芦屋川駅
帰路:JR 三ノ宮駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間47分
休憩
58分
合計
7時間45分
S芦屋川駅07:4008:00高座の滝08:27風吹岩08:42ゴルフ場下08:58雨ヶ峠09:09本庄橋跡09:12本庄堰堤北側の分岐09:46一軒茶屋09:53六甲山09:5409:54六甲山最高峰周辺10:0410:30極楽茶屋跡10:44六甲山上ガーデンテラス10:5010:58みよし観音11:14記念碑台11:24丁字ヶ辻11:31三国岩周辺11:5411:58三国池12:17穂高湖12:2412:37シェール槍12:3812:46穂高ダム下シェール道12:4713:14徳川道合流13:16桜谷出合13:47分水嶺越林道方向迂回路分岐13:52分水嶺越林道合流13:5313:55高雄山方向森林管理道分岐14:044分岐14:0514:10蛇ヶ谷方向分岐14:13高雄山14:1714:21北側森林管理道分岐14:22南側森林管理道分岐14:37高雄山市ヶ原側登り口14:3814:40桜茶屋(市が原)14:4215:04布引貯水池15:18布引の滝(雄滝)15:22布引の滝(雌滝)15:25新神戸駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
六甲山最高峰から布引に下るまでの間、まだ確認していなかった高雄山を回ってみました。
コース状況/
危険箇所等
最高峰から縦走路周辺の残雪は、踏み固められて滑りやすくなっていました。12 本爪アイゼンを履いておられる方お二方、チェーンスパイクの方お一方がいらっしゃいました。
シェール槍に向かう手前東の高い松の木の上に、蜂の巣ができたということで、札が貼られ注意が喚起されていました。昨年 8 月 13 日に通りかかったときには、この札はなかったと思いますが。
その他周辺情報三ノ宮駅の南側の東、寿司店、魚河岸のすしえびす三宮東店のランチの握りのセットが 17 時までということで、間に合いました。10 点 780 円の方をいただきました。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー×2 Tシャツ ズボン 足首丈インナー 靴下 ザック ウエストポーチ 行動食 非常食 飲料 ファーストエイドキット+常備薬 筆記用具 保険証 携帯電話(ガラケー) 時計 タオル ストック カメラ GPS付携帯型情報端末×2 地図(地形図) ソフトシェル 防寒具 雨具 コンパス+笛+腰ベルトライト 温度計 チェーンスパイク 着替え (飲料以外約4kg)

写真

高座の滝の脇の登り、この裂け目の上下にトラロープと札が設置されていました。(2017 年)12 月 30 日とそれ以前にあったかどうか記憶が怪しいですが、4 日前、1 月 3 日にはありました。
2018年01月07日 08:01撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高座の滝の脇の登り、この裂け目の上下にトラロープと札が設置されていました。(2017 年)12 月 30 日とそれ以前にあったかどうか記憶が怪しいですが、4 日前、1 月 3 日にはありました。
今年 3 回目の六甲山最高峰。この時間はまだ数人の先客でしたが、この後、続々と登ってこられました。
2018年01月07日 09:53撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年 3 回目の六甲山最高峰。この時間はまだ数人の先客でしたが、この後、続々と登ってこられました。
8
最高峰から、これから行きます西の方。
2018年01月07日 09:53撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高峰から、これから行きます西の方。
3
最高峰から下り、まぶしい風景です。持っていなかったのですが、サングラスが必要でしょう。
2018年01月07日 09:54撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高峰から下り、まぶしい風景です。持っていなかったのですが、サングラスが必要でしょう。
8
旧最高峰碑の上、岩の休憩所から、正面、六甲アイランド。今日の大阪湾は霞んでいます。
2018年01月07日 09:57撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧最高峰碑の上、岩の休憩所から、正面、六甲アイランド。今日の大阪湾は霞んでいます。
1
極楽茶屋跡から大阪湾。
2018年01月07日 10:30撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
極楽茶屋跡から大阪湾。
1
ガーデンテラスから大阪湾。
2018年01月07日 10:44撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガーデンテラスから大阪湾。
2
三国岩に来ました。左手に登りの踏み跡。気になっていましたのと、市道と私道の舗装の境界より市道側でしたので登ってみました。
迷い込んだ先は、三石岩という三等三角点だそうで、地理院地図の 802.5m のピークのようです。そこの南に木にマーキングが 2 箇所ありましたが、東の急斜面が続いていて、踏み跡はありませんでした。
2018年01月07日 11:32撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国岩に来ました。左手に登りの踏み跡。気になっていましたのと、市道と私道の舗装の境界より市道側でしたので登ってみました。
迷い込んだ先は、三石岩という三等三角点だそうで、地理院地図の 802.5m のピークのようです。そこの南に木にマーキングが 2 箇所ありましたが、東の急斜面が続いていて、踏み跡はありませんでした。
2
三国池は凍っていました。先客お一方が休んでいらっしゃいました。
2018年01月07日 11:58撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国池は凍っていました。先客お一方が休んでいらっしゃいました。
4
穂高湖に来ました。半分凍っています。正面はシェール槍、これから、反時計回りで行きます。
2018年01月07日 12:18撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高湖に来ました。半分凍っています。正面はシェール槍、これから、反時計回りで行きます。
5
シェール槍に向かう途中、前の写真では、3 時の方向のあたりに、蜂注意の札。昨年 8 月 13 日には、多分ですが、ありませんでした。
絵は、スズメバチを描いているようです。
2018年01月07日 12:26撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シェール槍に向かう途中、前の写真では、3 時の方向のあたりに、蜂注意の札。昨年 8 月 13 日には、多分ですが、ありませんでした。
絵は、スズメバチを描いているようです。
かなり上、大きい巣です。
前年やそれ以前の巣にそのまま入って繁殖することはないということですが、今夏、この近くに再び巣ができる可能性はあるのでしょう。
http://www.pestcontrol-tokyo.jp/img/pub/064r/064-14.pdf
2018年01月07日 21:12撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり上、大きい巣です。
前年やそれ以前の巣にそのまま入って繁殖することはないということですが、今夏、この近くに再び巣ができる可能性はあるのでしょう。
http://www.pestcontrol-tokyo.jp/img/pub/064r/064-14.pdf
シェール槍に登ってきました。
この後下って、反時計回りの周回を続け、シェール道に出ました。
2018年01月07日 12:37撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シェール槍に登ってきました。
この後下って、反時計回りの周回を続け、シェール道に出ました。
3
シェール槍の頂上、右手の木の枝にかわいい標識。昨年夏にはなかったような。
2018年01月07日 12:37撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シェール槍の頂上、右手の木の枝にかわいい標識。昨年夏にはなかったような。
1
シェール道を進みかけて、穂高ダムの方を振り返り。休憩できる東屋があります。
2018年01月07日 12:46撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シェール道を進みかけて、穂高ダムの方を振り返り。休憩できる東屋があります。
すぐ左手、徳川道方向への分岐。
2018年01月07日 12:46撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ左手、徳川道方向への分岐。
しばらく進んで、この広い道から左折して谷筋へ。
この広い道は、車両が通れる道で、ここから先は道が失われかけていますが、地図上は、右へカーブし、北へ道が続いています。
正面に写っている地図板では、ここから右カーブ方向は通行不可となっています。
2018年01月07日 12:52撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進んで、この広い道から左折して谷筋へ。
この広い道は、車両が通れる道で、ここから先は道が失われかけていますが、地図上は、右へカーブし、北へ道が続いています。
正面に写っている地図板では、ここから右カーブ方向は通行不可となっています。
飛び石伝いに渡渉し、その向こうで橋を渡ります。快適なハイキングコースです。
2018年01月07日 12:54撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛び石伝いに渡渉し、その向こうで橋を渡ります。快適なハイキングコースです。
1
上流の方を見ています。
2018年01月07日 12:57撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流の方を見ています。
右はマムシ谷の分岐です。写真正面方向へ、小川を濡れそうになりながら越しました。
2018年01月07日 13:00撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右はマムシ谷の分岐です。写真正面方向へ、小川を濡れそうになりながら越しました。
左手には、炭窯跡。
2018年01月07日 13:05撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手には、炭窯跡。
左から徳川道が合流してきました。
2018年01月07日 13:14撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から徳川道が合流してきました。
桜谷出合、左から桜谷道が合流してきて、右へ飛び石伝いに渡渉します。
2018年01月07日 13:16撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜谷出合、左から桜谷道が合流してきて、右へ飛び石伝いに渡渉します。
渡った先の地図板。ここの地図は、穂高湖の周囲の道の描写が正確です。
2018年01月07日 13:16撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡った先の地図板。ここの地図は、穂高湖の周囲の道の描写が正確です。
二十渉を 2 回渡って、右手、分水嶺越林道へ抜けるルートの分岐です。ここで右折してから高雄山を目指します。

六甲山系アラカルートさん
5775 二十渉〜分水嶺越林道
http://alacaroute2.web.fc2.com/5775.html
2018年01月07日 13:47撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二十渉を 2 回渡って、右手、分水嶺越林道へ抜けるルートの分岐です。ここで右折してから高雄山を目指します。

六甲山系アラカルートさん
5775 二十渉〜分水嶺越林道
http://alacaroute2.web.fc2.com/5775.html
このルートは、ここから下流の二十渉が増水で通れないときの迂回路にもなるということです。
2018年01月07日 13:47撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートは、ここから下流の二十渉が増水で通れないときの迂回路にもなるということです。
2 つ前の写真に写っている標識です。
2018年01月07日 13:48撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2 つ前の写真に写っている標識です。
右折してすぐは急な登りです。
2018年01月07日 13:48撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右折してすぐは急な登りです。
岩場をつづら折りに登るところもあります。
2018年01月07日 13:50撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場をつづら折りに登るところもあります。
1
水平な道筋、左手には分水嶺越林道が見えています。
2018年01月07日 13:51撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水平な道筋、左手には分水嶺越林道が見えています。
左手、分水嶺越林道に合流。
2018年01月07日 13:52撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手、分水嶺越林道に合流。
合流箇所を振り返り。左から来ました。
2018年01月07日 13:53撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合流箇所を振り返り。左から来ました。
合流箇所の地図板。
2018年01月07日 13:53撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合流箇所の地図板。
合流箇所から登って 2 分、左手に高雄山への登り口があります。

六甲山系アラカルートさん
5909 高雄山管理道
http://alacaroute2.web.fc2.com/5909.html
2018年01月07日 13:55撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合流箇所から登って 2 分、左手に高雄山への登り口があります。

六甲山系アラカルートさん
5909 高雄山管理道
http://alacaroute2.web.fc2.com/5909.html
右手に大きい岩。このルートは、正規のハイキング道ですが、市ヶ原の手前に下るまで、ルートの左右のどちらか、または両方が急斜面です。
2018年01月07日 14:01撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に大きい岩。このルートは、正規のハイキング道ですが、市ヶ原の手前に下るまで、ルートの左右のどちらか、または両方が急斜面です。
1
4 分岐に来ました。
2018年01月07日 14:04撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4 分岐に来ました。
1
4 分岐を過ぎて振り返って撮影。
右端が登ってきました道、標識はこのルートを森林管理道としています。
正面から左奥へが、分水嶺越林道と示されていて、南ドントリッジと呼ばれるルートです。
左下へが、森林管理歩道を経て市ヶ原と示されています。

写真手前下、高雄山山頂の方へ進みます。
2018年01月07日 14:05撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4 分岐を過ぎて振り返って撮影。
右端が登ってきました道、標識はこのルートを森林管理道としています。
正面から左奥へが、分水嶺越林道と示されていて、南ドントリッジと呼ばれるルートです。
左下へが、森林管理歩道を経て市ヶ原と示されています。

写真手前下、高雄山山頂の方へ進みます。
稜線を登ったり下りたりしながら南進します。
2018年01月07日 14:06撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を登ったり下りたりしながら南進します。
1
右、蛇ヶ谷方向の分岐。
2018年01月07日 14:10撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右、蛇ヶ谷方向の分岐。
こういう石標が、次々と現れます。いずれも古いもので、ほとんどは判読できませんでした。
これは、神戸區、二六一と読めます。現在の神戸市の前身が神戸區だったのは、1879 年(明治 12 年)から 1889 年(明治 22 年)なので、その時代のもののようです。
2018年01月07日 14:11撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう石標が、次々と現れます。いずれも古いもので、ほとんどは判読できませんでした。
これは、神戸區、二六一と読めます。現在の神戸市の前身が神戸區だったのは、1879 年(明治 12 年)から 1889 年(明治 22 年)なので、その時代のもののようです。
1
右手に枯れ枝で閉鎖してある踏み跡。
2018年01月07日 14:12撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に枯れ枝で閉鎖してある踏み跡。
高雄山山頂に来ました。地理院地図では標高 476.0mですが、476.5m と書かれています。
ここから奥に少し踏み跡があるように見えますが、すぐに急斜面で進めるところはないようです。みんなの足跡では、尾根筋を生田川に下りることができるようです。
2018年01月07日 14:13撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高雄山山頂に来ました。地理院地図では標高 476.0mですが、476.5m と書かれています。
ここから奥に少し踏み跡があるように見えますが、すぐに急斜面で進めるところはないようです。みんなの足跡では、尾根筋を生田川に下りることができるようです。
1
下り方面を見ています。右手から登ってきて、正面へ下ります。
2018年01月07日 14:14撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り方面を見ています。右手から登ってきて、正面へ下ります。
四等三角点、高雄山。
2018年01月07日 14:16撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四等三角点、高雄山。
2
この二つの石標は、向かって右が神戸區、左が神戸市役所となっています。新旧並んでいるのは、ここだけだったと思います。
2018年01月07日 14:18撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この二つの石標は、向かって右が神戸區、左が神戸市役所となっています。新旧並んでいるのは、ここだけだったと思います。
右は森林管理歩道の分岐。
2018年01月07日 14:21撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右は森林管理歩道の分岐。
1
右森林管理歩道の分岐の標識を振り返って撮影。
2018年01月07日 14:21撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右森林管理歩道の分岐の標識を振り返って撮影。
すぐ先は、右森林管理歩道の分岐。正面の登りが、高雄山から市ヶ原への下山路です。
2018年01月07日 14:21撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ先は、右森林管理歩道の分岐。正面の登りが、高雄山から市ヶ原への下山路です。
1
前の写真の標識の森林管理歩道側の面。
2018年01月07日 14:22撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前の写真の標識の森林管理歩道側の面。
前の写真の標識の市ヶ原方向側の面。
2018年01月07日 14:22撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前の写真の標識の市ヶ原方向側の面。
市ヶ原への下りはけっこう急です。ここは砂地で滑りやすく、この先は落ち葉で滑りやすく、また、ルートはより狭くなっていきました。
2018年01月07日 14:25撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市ヶ原への下りはけっこう急です。ここは砂地で滑りやすく、この先は落ち葉で滑りやすく、また、ルートはより狭くなっていきました。
右折箇所です。
2018年01月07日 14:30撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右折箇所です。
市ヶ原側の登り口が見えてきました。
2018年01月07日 14:37撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市ヶ原側の登り口が見えてきました。
登り口の標識。
2018年01月07日 14:38撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り口の標識。
登り口の地図板。ここまで南ドントリッジになるようです。ここから修法ヶ原への谷筋は、布袋谷とのことです。
2018年01月07日 14:38撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り口の地図板。ここまで南ドントリッジになるようです。ここから修法ヶ原への谷筋は、布袋谷とのことです。
市ヶ原から布引へ下って、今日の五本松かくれ滝は、ほとんど水が落ちていませんでした。
2018年01月07日 15:07撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市ヶ原から布引へ下って、今日の五本松かくれ滝は、ほとんど水が落ちていませんでした。
1
布引の滝、雄滝。
2018年01月07日 15:18撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
布引の滝、雄滝。
3
布引の滝、雌滝。今日の記録は、このあと、新神戸駅までです。
2018年01月07日 15:22撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
布引の滝、雌滝。今日の記録は、このあと、新神戸駅までです。
4
撮影機材:

感想/記録
by toshee

手持ちの温度計で
阪急芦屋川駅では 4 度、
雨ケ峠で 2 度、
六甲山最高峰で 2 度、
穂高湖で 4 度でした。
今日の神戸の平地の最低気温は 4.1 度、最高気温は 8.4 度でした。
雨ケ峠までは、登りでは汗をかく暖かさでした。雨ケ峠から最高峰までも、汗が冷えない程度で登ることができ、最高峰まではソフトシェルを着用しませんでした。

+++++

最高峰周辺から縦走路では、雪が踏み固められた上から凍り、滑りやすくなっていました。最高峰までの登りでは、道端の固まっていない雪の上を歩くことで、携行したチェーンスパイクは不要でしたが、縦走路に入って、あちこち凍っていますので、ガーデンテラスの手前までと、ガーデンテラスから出てみよし観音の手前まで、チェーンスパイクを使いました。

今日は、雪団子があまりできませんでした。固まったアイスバーンのようなところが多かったためでしょうか。

+++++

高雄山のルートでは、日が傾きかけた時刻でしたが、お二方、市ヶ原方向に下る方と出会いました。
少なくとも明治の昔から、けっこう人通りがあるルートなのでしょう。

+++++

水分以外約 4kg の荷物に、水 1L、スポーツドリンク 1L、栄養ゼリー 180g を携行し、スポーツドリンク 1L、明治のブラックチョコ 3 ケ、塩クエン酸タブレット 1 ケを消費し、最高峰、ガーデンテラス、穂高湖、布引貯水池のそれぞれでコンビニおにぎり 1 ケずつの行動食を摂りました。
訪問者数:402人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ