また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1354817 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

南八ヶ岳デビューは硫黄岳から 林道歩き長かった

日程 2018年01月06日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴のち曇 (稜線は強風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
行けたら桜平駐車場(下)まで入りたかったのですが、唐沢・夏沢分岐からの林道入口の緩い坂でタイヤが空転気味に。スタックまではしませんが、FFスタッドレスなので無理しないで分岐に駐車してスタートしました。でも桜平(下)まではここさえのりきれば、あとは四駆じゃなくても行けると思います。桜平(下)から先は四駆じゃないと厳しいでしょう。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間26分
休憩
1時間43分
合計
9時間9分
S夏沢鉱泉(桜平)入口07:5208:17桜台駐車場(下)08:2009:11桜台駐車場(中)09:1209:27桜平09:2809:58夏沢鉱泉10:1611:05オーレン小屋11:0911:34山びこ荘11:41ヒュッテ夏沢11:5813:03硫黄岳13:1214:04ヒュッテ夏沢14:22オーレン小屋14:5515:22夏沢鉱泉15:3715:52桜平15:5316:01桜台駐車場(中)16:0216:40桜台駐車場(下)16:59夏沢鉱泉(桜平)入口17:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
これが普通だと思いますが稜線上は強風でした。稜線までの樹林帯は風もなく穏やか。
その他周辺情報下山後の温泉♨は、玉宮温泉望岳の湯 @600円

装備

備考 稜線の強風ではバラクラバとゴーグルが有効でした。

写真

唐沢鉱泉・夏沢鉱泉分岐からスタート。もっと奥まで行こうとしたが写真奥の緩い坂でタイヤが空転してあきらめた。でも桜台(下)の駐車場までで空転するほどツルツルなのはここだけでした。
2018年01月06日 07:47撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉・夏沢鉱泉分岐からスタート。もっと奥まで行こうとしたが写真奥の緩い坂でタイヤが空転してあきらめた。でも桜台(下)の駐車場までで空転するほどツルツルなのはここだけでした。
3
低速で慎重に行きすぎたのかなぁ。今思うと普通に走れば勢いで突破できたと思います。
2018年01月06日 07:49撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低速で慎重に行きすぎたのかなぁ。今思うと普通に走れば勢いで突破できたと思います。
1
林道入口には夏沢鉱泉の雪上車がありました。
2018年01月06日 07:51撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道入口には夏沢鉱泉の雪上車がありました。
1
今回は去年の立山室堂〜薬師岳・縦走以来のmaru-ch先生と。よろしくお願いしま〜す。
2018年01月06日 07:52撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は去年の立山室堂〜薬師岳・縦走以来のmaru-ch先生と。よろしくお願いしま〜す。
1
長い林道歩きのスタートです。少し歩くと狸岩。
2018年01月06日 07:56撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い林道歩きのスタートです。少し歩くと狸岩。
狸岩です。歩いてこそ見物できるんだぞ〜・・・と抜いていく車を羨ましく見送りました。
2018年01月06日 07:56撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狸岩です。歩いてこそ見物できるんだぞ〜・・・と抜いていく車を羨ましく見送りました。
2
桜台駐車場(下)。がんばってここまで入ればよかったな。
2018年01月06日 08:17撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜台駐車場(下)。がんばってここまで入ればよかったな。
1
分岐のスタート地点からチェーンスパイク装着で歩いています。
2018年01月06日 08:28撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐のスタート地点からチェーンスパイク装着で歩いています。
1
この時間帯はよく晴れていました。ずっとこの天気が続いてくれることを願っていました。
2018年01月06日 08:29撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間帯はよく晴れていました。ずっとこの天気が続いてくれることを願っていました。
長〜い林道歩きです。
2018年01月06日 08:50撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長〜い林道歩きです。
天の岩戸。ここまでですでに1時間以上歩いています。
2018年01月06日 09:01撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天の岩戸。ここまでですでに1時間以上歩いています。
1
1時間20分あるいて桜平駐車場(中)。
2018年01月06日 09:13撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間20分あるいて桜平駐車場(中)。
1
1時間半以上林道を歩きました。やっとこ登山口の桜平に着きました。いいウォーミング・アップができました。(ホントは四駆で上まで来られる人が羨ましいです。)
2018年01月06日 09:26撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間半以上林道を歩きました。やっとこ登山口の桜平に着きました。いいウォーミング・アップができました。(ホントは四駆で上まで来られる人が羨ましいです。)
2
ゲートを通って登山道に入ります!気合いれていこう!
2018年01月06日 09:26撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートを通って登山道に入ります!気合いれていこう!
1
ゲート通過したらカモシカが登場。
2018年01月06日 09:30撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート通過したらカモシカが登場。
5
人には慣れてるみたいですね。
2018年01月06日 09:30撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人には慣れてるみたいですね。
5
ずっと歩いてきた林道と変わらない登山道です・・・
2018年01月06日 09:39撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと歩いてきた林道と変わらない登山道です・・・
分岐スタートから2時間以上歩いて夏沢鉱泉に着きました。これを帰りも歩くのか・・・と思うと先が思いやられる。
2018年01月06日 09:59撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐スタートから2時間以上歩いて夏沢鉱泉に着きました。これを帰りも歩くのか・・・と思うと先が思いやられる。
2
振り返ると霧ヶ峰でしょうか。林道歩きが長くてあまり感じなかったけどここまで500m以上登って、標高は2000mを超えています。
2018年01月06日 10:11撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると霧ヶ峰でしょうか。林道歩きが長くてあまり感じなかったけどここまで500m以上登って、標高は2000mを超えています。
夏沢鉱泉からは登山道らしい道になります。
2018年01月06日 10:26撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉からは登山道らしい道になります。
出だしは快晴だったけど予報通り曇ってきました。
2018年01月06日 10:36撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出だしは快晴だったけど予報通り曇ってきました。
乾いた雪をキュッと踏みながら進みます。歩きやすい道です。
2018年01月06日 10:40撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾いた雪をキュッと踏みながら進みます。歩きやすい道です。
おっ、晴れてきたぞ
2018年01月06日 10:52撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ、晴れてきたぞ
2
ここではじめて稜線が見えた。
2018年01月06日 11:00撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここではじめて稜線が見えた。
2
夏沢鉱泉から50分歩いてオーレン小屋に到着。小屋はクローズしています。
2018年01月06日 11:02撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉から50分歩いてオーレン小屋に到着。小屋はクローズしています。
2
時間がおしてるのでオーレン小屋では水分補給だけで再スタート。稜線をめざします。
2018年01月06日 11:09撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間がおしてるのでオーレン小屋では水分補給だけで再スタート。稜線をめざします。
稜線までは樹林帯を歩くので風はほとんど感じません。登るにつれて雪は深くなってきました。
2018年01月06日 11:22撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線までは樹林帯を歩くので風はほとんど感じません。登るにつれて雪は深くなってきました。
夏沢峠に到着。2つの小屋はクローズしています。
2018年01月06日 11:33撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢峠に到着。2つの小屋はクローズしています。
1
標高2440mです。稜線の向う側は晴れてますね。
2018年01月06日 11:34撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2440mです。稜線の向う側は晴れてますね。
1
ここではじめて強風を感じました。ニット帽からヘルメット・バラクラバ・ゴーグル、足元はチェーンスパイクから12アイゼンにチェンジ。
2018年01月06日 11:56撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここではじめて強風を感じました。ニット帽からヘルメット・バラクラバ・ゴーグル、足元はチェーンスパイクから12アイゼンにチェンジ。
2
ポールをピッケルに持ち替えて稜線モードに入ります。
2018年01月06日 11:56撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポールをピッケルに持ち替えて稜線モードに入ります。
2
稜線にはいりました。夏沢峠からの取付はまだ樹林帯です。
2018年01月06日 11:58撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線にはいりました。夏沢峠からの取付はまだ樹林帯です。
1
程なくして森林限界を超える。
2018年01月06日 12:16撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
程なくして森林限界を超える。
1
強風です。過剰かなと思いましたが、このスタイルで臨んで正解。背後には天狗岳が見えてきました。
2018年01月06日 12:25撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風です。過剰かなと思いましたが、このスタイルで臨んで正解。背後には天狗岳が見えてきました。
4
写真ではよくわかりませんが雲が急速に流れていきます。
2018年01月06日 12:32撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真ではよくわかりませんが雲が急速に流れていきます。
1
2600mを超えました。強風下で冬の高山の洗礼を受けてます。
2018年01月06日 12:37撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2600mを超えました。強風下で冬の高山の洗礼を受けてます。
2
振り返ると天狗岳がくっきり見えます。
2018年01月06日 12:38撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると天狗岳がくっきり見えます。
6
標高2670m付近。頂上まであと100m足らず。13時までに登頂できそうになかったら断念すると決めてましたが、ここまで来たら行くしかない!
2018年01月06日 12:48撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2670m付近。頂上まであと100m足らず。13時までに登頂できそうになかったら断念すると決めてましたが、ここまで来たら行くしかない!
2
ケルンらしきもにが見えてきたぞ!
2018年01月06日 12:55撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルンらしきもにが見えてきたぞ!
1
すごい風です。がんばれ、もう一息だ!
2018年01月06日 12:55撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごい風です。がんばれ、もう一息だ!
1
この辺ではじめて爆裂火口の縁を歩いていたことに気づきました。
2018年01月06日 12:56撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺ではじめて爆裂火口の縁を歩いていたことに気づきました。
4
2760m硫黄岳とうちゃく!
2018年01月06日 13:02撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2760m硫黄岳とうちゃく!
7
赤岳など南八ヶ岳主峰群の眺望はこんな感じでした。
2018年01月06日 13:02撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳など南八ヶ岳主峰群の眺望はこんな感じでした。
頂上から爆裂火口
2018年01月06日 13:03撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から爆裂火口
5
登頂おめでとうございます。
2018年01月06日 13:04撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂おめでとうございます。
6
ありがとうございました。
2018年01月06日 13:05撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありがとうございました。
6
強風で長居はできず写真だけ取って下山します。
2018年01月06日 13:09撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風で長居はできず写真だけ取って下山します。
1
上空は厚い雲に覆われてアルプスなど遠方の山は見えませんでした。
2018年01月06日 13:12撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上空は厚い雲に覆われてアルプスなど遠方の山は見えませんでした。
1
爆裂火口の縁を歩くmaru-chさん
2018年01月06日 13:14撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爆裂火口の縁を歩くmaru-chさん
1
ここで北八ヶ岳の峰々が見えた。この直後にカメラがバッテリー切れ。スマホも起動せずこの日の写真はここまででした。
2018年01月06日 13:18撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで北八ヶ岳の峰々が見えた。この直後にカメラがバッテリー切れ。スマホも起動せずこの日の写真はここまででした。
4
撮影機材:

感想/記録
by hoyan

山行記録作成 2018年1月8日

年末の北八ヶ岳から1週間。2018年の登り始めはいきなり南八ヶ岳・硫黄岳にチャレンジしました。南八ヶ岳といえば赤岳・阿弥陀岳・横岳などの主峰群ですが段階を踏んでトライしようと思い、今回の硫黄岳、翌日の編笠山・西岳を冬季南八ヶ岳のファースト・ステップと考え臨みました。

今回のコース、四駆であれば登山口の桜平近くまで車で入れるのですが夏沢鉱泉のHPでは四駆スタッドレス以外は唐沢鉱泉・夏沢鉱泉分岐に駐車する旨載っており、それに従って分岐に駐車、長い林道を歩きました。山行として歩行距離は20kmと長いですがその半分は林道歩きです。

稜線の夏沢峠までは風もなく穏やかでしたが、予報通り稜線上は時折、体がよろめく位の強風で冬の高山の洗礼を受けました。強風に備えた装備で臨み登頂できた達成感は大きかったです。

下山開始後、程なくしてカメラ・スマホ・GPSともバッテリー切れ。冷え切った環境では電子機器は保温しないとダメだと改めて実感しました。GPSだけは予備電池を携行していたのでログだけは最後までとることができました。

それにしても林道歩き長かったなぁ。maru-ch先生、おつきあいいただきありがとうございました。

感想/記録

今年初の山行はhoyanさんに誘われての硫黄岳。
初めての八ヶ岳で、初めての本格冬山。
年末にフットサルで足首を痛めてしまって、直前まで山行をどうしようか迷ってましたが、回復できたので行ってみようと決心。

今回のは兎にも角にもhoyanさんがいなければ山頂に立てなかったと思います。
ヒュッテ夏沢からの1時間は、ペースがガタ落ちで何度も諦めそうになったんですが、hoyanさんの励ましで何とか山頂までたどり着けました。
感謝感謝です。

登山道の長さもあの1時間と比べれば大したことありませんでした。

とにかく記憶に残る山行がまた一つ増えました。
訪問者数:739人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/20
投稿数: 489
2018/1/8 11:29
 全部歩いて…!
あけましておめでとうございます。

スゴイスゴイ!
あの長い林道歩き!それに強風!
(雲の感じで荒れていた様子、何となくわかります。)

以前、もう少し春めいた時期に同じようなコース歩きました。
夏沢鉱泉泊り(あそこは天国です。おまけに送迎付き)で
ラクしちゃいました。

それにしても、寒そうです。
今年は特別なのでしょうね。
登録日: 2012/7/15
投稿数: 233
2018/1/8 21:53
 Re: 全部歩いて…!
tsu-pmさん こんばんは

コメありがとうございます。

夏沢鉱泉お風呂 があるんですよね。
帰りに寄ったら(バッヂと手拭を購入しました。)、混雑してる雰囲気じゃなかったんで
時間と懐に余裕があったら泊まりたいなぁ・・・なんて思いました。

北アルプスの新穂高〜小池新道もそうですが、長い林道は帰りが長〜く感じます。
暗闇になる直前に車まで戻れた時は、ホッとしました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ