また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1355103 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳・阿弥陀岳中央稜〜御小屋尾根下降

日程 2018年01月07日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
舟山十字路、朝5時半到着時点では駐車は10台くらいで余裕でしたが、下山してきたときはいっぱいでした。
舟山十字路への林道は凍結・積雪箇所あるので、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンなどの滑り止めが必要です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間36分
休憩
47分
合計
7時間23分
S舟山十字路06:1706:43南稜広河原取付07:15広河原沢二股07:3007:37中央稜取付10:47西ノ肩10:51西の肩(岩場)10:55阿弥陀岳11:0511:10西の肩(岩場)11:13西ノ肩11:2812:06不動清水12:36御小屋山12:4312:54美濃戸口・舟山十字路分岐13:40舟山十字路13:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
中央稜の取付きは少し広河原沢を進みすぎてしまったので、引き返してます。
コース状況/
危険箇所等
阿弥陀岳中央稜はバリエーションルートなので道標などはありませんが、中央稜の取付には赤いペンキで→があり、稜線の樹林帯にも赤テープやペンキなどの目印はたくさんついています。
それほど危険な箇所はなくロープを出すようなところはありませんでしたが、ルートファインディングや岩稜・雪稜歩きの技術は必要です。(ただし、積雪の状況や天候により難易度は変わると思います。)
難易度的には阿弥陀岳南稜と比べるとP3ガリーのような急峻な岩場の通過が無い分、中央稜のほうが易しいです。
舟山十字路付近は車で路面がカチカチに凍っているので足元注意です。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

広河原に向かう林道からの阿弥陀岳
2018年01月07日 06:51撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原に向かう林道からの阿弥陀岳
阿弥陀岳南稜アップ
2018年01月07日 06:51撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳南稜アップ
1
中央稜の取付付近
木に赤ペンキの印あり
2018年01月07日 07:46撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央稜の取付付近
木に赤ペンキの印あり
中央稜の下部には、このようなピンクリボンや木に赤印がいっぱいあります
2018年01月07日 08:14撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央稜の下部には、このようなピンクリボンや木に赤印がいっぱいあります
第一岩峰の下を右へトラバースしながら登る
2018年01月07日 09:22撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一岩峰の下を右へトラバースしながら登る
第二岩峰
この下を左へトラバース
2018年01月07日 09:54撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二岩峰
この下を左へトラバース
第二岩峰を過ぎて稜線に出ると森林限界を過ぎて、一気に権現岳と富士山の景色が開ける
2018年01月07日 10:05撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二岩峰を過ぎて稜線に出ると森林限界を過ぎて、一気に権現岳と富士山の景色が開ける
1
中央稜の上部
2018年01月07日 10:11撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央稜の上部
2
中央稜の上部
2018年01月07日 10:20撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央稜の上部
1
阿弥陀南稜と権現岳の間に富士山!
2018年01月07日 10:21撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀南稜と権現岳の間に富士山!
中央稜最後の岩場
2018年01月07日 10:36撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央稜最後の岩場
1
中央稜最後の岩場のアップ
2018年01月07日 10:36撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央稜最後の岩場のアップ
2
御小屋尾根に合流する手前から阿弥陀岳
2018年01月07日 10:41撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御小屋尾根に合流する手前から阿弥陀岳
1
登ってきた中央稜のトレースと権現岳、その先に南アルプス
2018年01月07日 10:44撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた中央稜のトレースと権現岳、その先に南アルプス
1
御小屋尾根に合流!
2018年01月07日 10:46撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御小屋尾根に合流!
阿弥陀岳山頂!
2018年01月07日 10:55撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳山頂!
5
横岳から硫黄岳
2018年01月07日 10:56撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳から硫黄岳
1
横岳アップ
2018年01月07日 10:56撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳アップ
権現岳と南アルプス
2018年01月07日 10:57撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳と南アルプス
富士見パノラマスキー場の向こうに中央アルプス
2018年01月07日 10:57撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見パノラマスキー場の向こうに中央アルプス
諏訪湖と乗鞍連峰
2018年01月07日 10:58撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪湖と乗鞍連峰
左:乗鞍連峰
右:槍穂高連峰
2018年01月07日 10:58撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左:乗鞍連峰
右:槍穂高連峰
北アルプス南部
2018年01月07日 10:58撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス南部
北アルプス北部
2018年01月07日 10:58撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス北部
手前から阿弥陀岳南稜、権現岳、南アルプス
2018年01月07日 10:59撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前から阿弥陀岳南稜、権現岳、南アルプス
1
手前から阿弥陀岳南稜、権現から赤岳に続くキレット、富士山
2018年01月07日 11:00撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前から阿弥陀岳南稜、権現から赤岳に続くキレット、富士山
富士山アップ
2018年01月07日 10:57撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山アップ
阿弥陀岳から御小屋尾根を下る
2018年01月07日 11:07撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳から御小屋尾根を下る
2
御小屋尾根を下る
2018年01月07日 11:29撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御小屋尾根を下る
御小屋尾根
下部はあまり雪がありません
2018年01月07日 11:30撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御小屋尾根
下部はあまり雪がありません
御小屋山
ここから舟山十字路まではあと1時間ほど
2018年01月07日 12:40撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御小屋山
ここから舟山十字路まではあと1時間ほど

感想/記録

先月に引き続き、舟山十字路から阿弥陀岳へ登ってきました。
今回は中央稜からです。1ヶ月前と比べると雪の量は減っていました。
中央稜下部の樹林帯はトレースもあって問題ありませんでした。中央稜上部の吹きっさらしの岩稜帯は風が強くて寒くて大変でしたが、御小屋尾根に合流するとあら不思議、急に風は穏やかになり阿弥陀岳頂上も特に風に強く吹かれることもなく、360度の絶景を楽しむことができました。
3連休でしたが、マイナーな舟山十字路からのルートは人も少なく静かで楽しめました。
訪問者数:635人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ