また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1359770 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

編笠山&西岳にて冬景色を楽しむ 〜電車日帰り山行〜

日程 2018年01月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
JR中央本線 信濃境駅 から 山行スタート
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間31分
休憩
43分
合計
7時間14分
S信濃境駅08:2209:31富士見高原リゾート駐車場09:48五叉路分岐09:54盃流し09:5810:20臼久保岩小屋12:09編笠山12:2212:38青年小屋12:3912:44乙女の水13:33西岳13:5114:29林道出合14:3014:57不動清水14:5815:02五叉路分岐15:19富士見高原リゾート駐車場15:31八峯苑鹿の湯15:3615:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
のんびり雪景色を見たくなり、自宅から電車日帰りで行けそうなところを探し、前回大菩薩から見えた南八ヶ岳の低めの山をチョイス。
コース状況/
危険箇所等
信濃境駅〜富士見高原
 長い林道歩き

富士見高原〜編笠山〜西岳〜富士見高原
 チェーンスパイクで歩けるレベルの積雪(1/14現在)。編笠の森林限界の岩場、青年小屋近くの岩場は、踏み抜き注意。踏み跡を外さなければ問題ない。

富士見高原〜信濃境駅
 長い林道歩き
その他周辺情報富士見高原リゾートのホテル八峯苑 鹿の湯
大人600円
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

今日は冬の景色の中のんびり雪歩きをしたくて、八ヶ岳の麓の信濃境駅に、朝2番目の電車ではるばるやって来た。朝1高尾駅発の電車に間一髪間に合わず、残念!
2018年01月14日 08:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は冬の景色の中のんびり雪歩きをしたくて、八ヶ岳の麓の信濃境駅に、朝2番目の電車ではるばるやって来た。朝1高尾駅発の電車に間一髪間に合わず、残念!
最初は、道路&林道歩き。早速、今日の目的地の編笠山が見えている。うんうん、雪がいい感じ。
2018年01月14日 08:42撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は、道路&林道歩き。早速、今日の目的地の編笠山が見えている。うんうん、雪がいい感じ。
途中、変なところに寄ってしまい、時間のロス。江戸時代ここで奉納相撲をやったことがあるらしい。
2018年01月14日 08:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、変なところに寄ってしまい、時間のロス。江戸時代ここで奉納相撲をやったことがあるらしい。
富士見高原スキー場に到着。ここまで何気に結構歩く。信濃境駅から5kmぐらいかな?
2018年01月14日 09:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見高原スキー場に到着。ここまで何気に結構歩く。信濃境駅から5kmぐらいかな?
さあ、いよいよ山道突入。最初のうちは、雪があったりなかったり。
2018年01月14日 09:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、いよいよ山道突入。最初のうちは、雪があったりなかったり。
何もつけないでも歩けるが、途中で寒い中装着するのは面倒なので、早くもチェ−ンスパイク装着。新靴になって初。
2018年01月14日 10:01撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何もつけないでも歩けるが、途中で寒い中装着するのは面倒なので、早くもチェ−ンスパイク装着。新靴になって初。
1
最初は、延々とこのような鬱蒼とした樹林帯をひたすらのぼっていく。
2018年01月14日 10:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は、延々とこのような鬱蒼とした樹林帯をひたすらのぼっていく。
そのうちに霧氷がちらほらと現れ、歩くのが楽しくなってくる。
2018年01月14日 11:20撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのうちに霧氷がちらほらと現れ、歩くのが楽しくなってくる。
空を見上げると、これまた綺麗。これぞ、最近求めていた冬の景色。
2018年01月14日 11:23撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空を見上げると、これまた綺麗。これぞ、最近求めていた冬の景色。
1
真っ白の世界を登っていく。
2018年01月14日 11:30撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白の世界を登っていく。
1
真っ白けっけ。
2018年01月14日 11:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白けっけ。
1
そして、森林限界ゾーンはすぐそこ。一気に明るくなる。
2018年01月14日 11:42撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、森林限界ゾーンはすぐそこ。一気に明るくなる。
2
モンスター風。少し小振りだが。
2018年01月14日 11:48撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスター風。少し小振りだが。
3
そして一気に森林限界突入。爽快!
2018年01月14日 11:54撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして一気に森林限界突入。爽快!
2
ピーク方面を見上げると青と白の世界。この景色もいい。
2018年01月14日 11:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク方面を見上げると青と白の世界。この景色もいい。
3
八ヶ岳の喧嘩相手の富士山
2018年01月14日 12:04撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳の喧嘩相手の富士山
3
南アルプスの山々も背後にどっしりと聳えている。
2018年01月14日 12:09撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの山々も背後にどっしりと聳えている。
3
そして中央アルプスや御嶽山、乗鞍まで見える。
2018年01月14日 12:09撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして中央アルプスや御嶽山、乗鞍まで見える。
3
そして西岳の向こうには北アルプスの山々。本日は日本アルプス揃い踏み。
2018年01月14日 12:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして西岳の向こうには北アルプスの山々。本日は日本アルプス揃い踏み。
5
そして編笠山ピークに到着。
2018年01月14日 12:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして編笠山ピークに到着。
5
八ヶ岳の山々が真っ白。なんと幻想的。
2018年01月14日 12:17撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳の山々が真っ白。なんと幻想的。
3
雪山の造形美、シュカブラ。
2018年01月14日 12:18撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪山の造形美、シュカブラ。
4
こんな生クリームのようなものもある。
2018年01月14日 12:18撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな生クリームのようなものもある。
1
甲斐駒ケ岳の黒戸尾根、向こうに早川尾根、奥には北岳
2018年01月14日 12:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳の黒戸尾根、向こうに早川尾根、奥には北岳
2
そして木曽山脈。
2018年01月14日 12:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして木曽山脈。
2
そして、富士。いや〜、たくさん写真撮ろうにも、指先が寒くて駄目だな。
2018年01月14日 12:24撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、富士。いや〜、たくさん写真撮ろうにも、指先が寒くて駄目だな。
3
こんな長いつららもできるぐらいだからね。
2018年01月14日 12:26撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな長いつららもできるぐらいだからね。
そして、青年小屋方面に下りる。下りる道は雪多めだが、踏み固められたところを通っていけば、踏み抜くことはあまりない。
2018年01月14日 12:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、青年小屋方面に下りる。下りる道は雪多めだが、踏み固められたところを通っていけば、踏み抜くことはあまりない。
3
雪の造形美の向こうには、北アルプスの山々。
2018年01月14日 12:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の造形美の向こうには、北アルプスの山々。
2
そして青年小屋。もちろん営業していない。スルーして西岳方面に進む。
2018年01月14日 12:43撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして青年小屋。もちろん営業していない。スルーして西岳方面に進む。
1
西岳方面へ続く道は、こんないい感じの道。あまりアップダウンもないので、心地よい。
2018年01月14日 12:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳方面へ続く道は、こんないい感じの道。あまりアップダウンもないので、心地よい。
1
青空バックだと、本当に綺麗。
2018年01月14日 12:56撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空バックだと、本当に綺麗。
1
気温は大体‐10℃前後。
2018年01月14日 12:56撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温は大体‐10℃前後。
2
さっきいた編笠山が向こうに。いつの間にか思ったよりも進んでいることって山ではよくある。
2018年01月14日 13:11撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきいた編笠山が向こうに。いつの間にか思ったよりも進んでいることって山ではよくある。
2
編笠山って、本当に編笠の形ということがよく分かる。
2018年01月14日 13:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
編笠山って、本当に編笠の形ということがよく分かる。
5
そして西岳ピークに到着。
2018年01月14日 13:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして西岳ピークに到着。
2
白い木々越しの中央アルプスの景色が、ここからは楽しめる。
2018年01月14日 13:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い木々越しの中央アルプスの景色が、ここからは楽しめる。
2
南アルプス方面もこの通り。
2018年01月14日 13:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス方面もこの通り。
2
真っ白な南八ヶ岳の山々。
2018年01月14日 13:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白な南八ヶ岳の山々。
2
こんな景色を眺めながらランチをいただく。ここは風もなく、陽射しが暖かいぐらいだったので、手袋なしでじっくり休憩できた。
2018年01月14日 13:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな景色を眺めながらランチをいただく。ここは風もなく、陽射しが暖かいぐらいだったので、手袋なしでじっくり休憩できた。
2
さてと下山するか。
2018年01月14日 13:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さてと下山するか。
下山中、後を振り返るとこのような景色。
2018年01月14日 14:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中、後を振り返るとこのような景色。
1
どんどん下りる。目指すは温泉。
2018年01月14日 14:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん下りる。目指すは温泉。
1
途中にあった長命水をがぶ飲み。
2018年01月14日 15:02撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にあった長命水をがぶ飲み。
1
そして、このような道を歩いて、富士見高原方面に向かう。
2018年01月14日 15:05撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、このような道を歩いて、富士見高原方面に向かう。
地面には人間の足跡の他に、いろいろな動物の足跡がある。
2018年01月14日 15:15撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面には人間の足跡の他に、いろいろな動物の足跡がある。
富士見高原から、今日登った山々を振り返る。期待以上に楽しませてもらった。
2018年01月14日 15:29撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見高原から、今日登った山々を振り返る。期待以上に楽しませてもらった。
3
そして八峯苑鹿の湯で、冷えた体を温める。
2018年01月14日 15:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして八峯苑鹿の湯で、冷えた体を温める。
1
温泉の後にまた林道&道路歩きを5kmほど、トホホ…。でも進行方向には南アの山々が見えるので、悪くはない。
2018年01月14日 16:55撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉の後にまた林道&道路歩きを5kmほど、トホホ…。でも進行方向には南アの山々が見えるので、悪くはない。
2
富士も1日中姿を見せてくれた。
2018年01月14日 16:57撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士も1日中姿を見せてくれた。
そして信濃境駅に戻ってきた。ところが次の電車まで40分待ち。
2018年01月14日 17:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして信濃境駅に戻ってきた。ところが次の電車まで40分待ち。
この駅、ドラマにも使われたようで、おしゃれな待合室がある。ここで東京行きの電車をゆっくりと待ち、本日の山行終了。
2018年01月14日 17:40撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この駅、ドラマにも使われたようで、おしゃれな待合室がある。ここで東京行きの電車をゆっくりと待ち、本日の山行終了。
撮影機材:

感想/記録

最近、家の車が使えないことが多く、電車バスを駆使しての山行が多い。今回は、雪景色が見たい気分だったのだが、近場の山には雪があまり無い。ええい、雪のある八ヶ岳まで電車で行ってしまえっという感じに決まった山行。快晴の下の素晴らしき雪景色に、明日からの仕事も頑張れそう。
訪問者数:740人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ