また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1360603 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

唐松岳・山頂滑降

日程 2018年01月14日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間58分
休憩
18分
合計
12時間16分
Sスタート地点03:4905:32猿倉荘05:4806:19水芭蕉平06:33猿倉台地(1502m)08:02小日向山08:38白馬八方温泉 おびなたの湯 11:00八方池山荘11:0111:16石神井ケルン11:1711:23第2ケルン11:28八方ケルン15:55白馬八方温泉 おびなたの湯 16:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

もうすぐ
2018年01月14日 07:23撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ
1
グーテンモルゲン
2018年01月14日 07:29撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グーテンモルゲン
8
®ケンロープロ
2018年01月14日 07:35撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
®ケンロープロ
9
小日向山到着
2018年01月14日 07:48撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小日向山到着
3
®ケンロープロ
2018年01月14日 07:41撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
®ケンロープロ
8
®ケンロープロ
2018年01月14日 08:09撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
®ケンロープロ
12
®ケンロープロ
2018年01月14日 08:09撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
®ケンロープロ
7
®ケンロープロ
2018年01月14日 08:15撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
®ケンロープロ
3
ケンローさん安定の滑り
2018年01月14日 08:10撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケンローさん安定の滑り
4
モーゼ - カンテ組
2018年01月14日 08:28撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モーゼ - カンテ組
3
もう1本行くしかない
2018年01月14日 09:45撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう1本行くしかない
4
雲は抜けた!
2018年01月14日 11:33撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲は抜けた!
4
たなびいている
2018年01月14日 11:35撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たなびいている
10
妙高と高妻が覗いている
2018年01月14日 11:45撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高と高妻が覗いている
5
お決まりの三山
2018年01月14日 11:45撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お決まりの三山
7
格安エアバッグ x 2とチャクラ
2018年01月14日 11:47撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
格安エアバッグ x 2とチャクラ
7
下のカンバ
2018年01月14日 11:51撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下のカンバ
7
®ケンロープロ
カンテさん
2018年01月14日 12:53撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
®ケンロープロ
カンテさん
3
行くしかない
2018年01月14日 13:17撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行くしかない
8
2峰に人影 x 3
2018年01月14日 13:29撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2峰に人影 x 3
10
剱が見えました
2018年01月14日 13:42撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱が見えました
10
®ケンロープロ
2018年01月14日 13:57撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
®ケンロープロ
2
®ケンロープロ
また後でお会いしましょう
2018年01月14日 14:10撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
®ケンロープロ
また後でお会いしましょう
5
記念撮影
2018年01月14日 14:21撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念撮影
6
本日のドロップポイント
2018年01月14日 14:21撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のドロップポイント
7
ドロッピン
2018年01月14日 14:25撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドロッピン
6
®ケンロープロ
2018年01月14日 14:39撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
®ケンロープロ
8
カンテ - ケンロー組はCルンゼ
2018年01月14日 14:45撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カンテ - ケンロー組はCルンゼ
7
人がゴミのようだ(ムスカ)
2018年01月14日 14:58撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人がゴミのようだ(ムスカ)
6
大滝はテクニカル
2018年01月14日 15:04撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝はテクニカル
5
浸かる渡渉もあり
2018年01月14日 15:19撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浸かる渡渉もあり
5
お疲れさまでした〜
2018年01月14日 17:13撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れさまでした〜
6
今回の滑走ライン
※写真は別の日のもの
2015年03月16日 10:05撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の滑走ライン
※写真は別の日のもの
14

感想/記録

杓子岳を目指して4時前に二股を出る。よく行く3人と今回初めて会うアルパインクライマーのケンロー氏。いきなり杓子なんて大丈夫なのかとカンテさんに問うも、概要を話して本人が大丈夫とのことなので、行くしかない。登山経験豊富だから最悪エスケープできるだろうとのこと。

雪は多く、ポールを持ち手側から刺すとスッと半分以上埋まる。途中林道をショートカットして急斜面を登ると太ももラッセルだった。直近の気温は低め。上部で不安定性が温存されているかも知れず、杓子尾根に至る地形はリスク高め、加えて忘れ物をしてしまったため、猿倉荘で敗退を決め猿倉台地に向かう。

台地の途中で渡渉し、斜面に取り付く。一箇所急な斜面は間隔をあけてトラバースし、あとは緩斜面を山頂まで。少し手前で日の出を迎える。滑る斜面はいずれも北東向きの沢形状なので、2−2に分かれてそれぞれ滑走。雪は山頂付近が全く滑らない雪だったが、沢の中は重めのパウダーでそこそこ楽しめた。林道で多くの山スキーヤーにすれ違った後、二股に下りる。しばらくして全員合流。





まだ午前中で後立山の稜線が見えている。八方交差点のローソンで一息入れて、今度は八方尾根を目指す。リフトが寒い。八方池山荘に着くと周りはガスなので、山荘でしばし休憩させて頂く。コーヒーを頂いて外に出てしばしハイクアップ。八方山を越えたあたりでガスが晴れ、眼下に雲海が広がった。上部は雪煙もほとんどなく、この時季にしてはとても穏やか。やはり行くしかない。押出や無名沢でパウダーをまき散らす方々を尻目に上を目指す。

丸山付近で休憩中にエバーグリーンで働くノルウェイ人と会話した。「一人だから慎重に」としばし思い悩んでいたようだったが、その後どうしただろうか。この日は尾根の雪付きが良く、山頂までシールで行けた(下りで一部スキーを脱いだ)。

山頂に着くと頂上からダイレクトに落ちるルンゼがあいていた。ここは以前一度だけ覗けたことがあるが、その時はカチカチで草が出ていた。ヤマレコによると冬に9回唐松の山頂に来ているが、他の8回は雪庇に隠れて見えたことが無い。10回目の今日、雪は間違いなくハードパックだが「山頂から滑ってこそ山スキーヤー」。モチベーションは高い。迷わずここから滑ることにする。カンテさんは良い雪を求めてCルンゼに行くとのことで、また2−2に分かれ、モーゼと山頂から滑る。

ドロッピン。ハードパックで時折波打つ雪面を22ターンしてDルンゼに合流。危険箇所がほぼなく飛ばせるのがいい。記録を見たことがないマニアックなライン、パウダーではないが山頂からダイレクトな滑降はやはり満足度が高い(本当はパウダーも滑りたい)。

唐松沢でしばらく待って、モーゼと合流。やがてCルンゼから現れた二人とも合流し、いつもの滑りにくい唐松沢を帰った(Cも雪はイマイチだったらしい)。大滝は巻かずに行ったが、いつも以上にデンジャラス。落ちたら溺死か凍死なので緊張した。最初に通過した人はかなりやると思う。





----------------------------
17-18シーズン使用板カウンター
-----------------------------
FISCHER TRANSALP 80:0
FISCHER RANGER 98 :9★
FISCHER BIGSTIX 122:2
-----------------------------
合計:11
訪問者数:4344人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/13
投稿数: 722
2018/1/18 7:20
 動画を見てるだけで緊張します
いよいよXストリームのシーズンになったようですね。
むかしdルンゼを覗いた時余りの急斜面で左から巻いて滑ったことがありますが、唐松岳山頂からの滑降、狭く雪面が硬そうでひやひやものですね。
見てるだけで緊張します。
これからも楽しみにしております
登録日: 2011/11/17
投稿数: 177
2018/1/18 12:50
 Re: 動画を見てるだけで緊張します
bumpkinさん、コメントありがとうございます!パックですが多分このラインにしてはマシな方です。滅多にない機会なので一気に滑りました

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ