また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1361615 全員に公開 ハイキング奥武蔵

蕨山〜鳥首峠周回(白岩社会科見学)

日程 2018年01月16日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大鳩園P(700円)に停めた。平日で管理事務所に人が居なかったので、封筒に駐車代金を入れて、管理事務所前の料金箱に投函。バス停の前にも駐車場がある。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間18分
休憩
29分
合計
4時間47分
Sスタート地点09:4910:00名郷11:32蕨山(展望台)11:5311:59蕨山(最高点)12:0012:06逆川乗越12:26橋小屋ノ頭12:2712:39ヤシンタイの頭12:4312:57滝入ノ頭13:38鳥首峠13:3914:10白岩登山口14:1114:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
所々にザレの急斜面があり、転落注意。ストックやチェーンアイゼンがあると良いかも。
その他周辺情報さわらびの湯(800円)←ネットで配布されている100円割引のチケットは、スマホの画面を見せるだけではダメで印刷して持っていかないとダメだそうです。(´;ω;`)
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

ハイキング地図を持ってないので、地形図頼みなのですが、地形図にあった道は、一部大きく変わっていました。(下の黄色いマーカールートAを通るつもりで行ったが、途中から無くなってたので、踏み跡&道標通りに登っていたところ、Bルートになった。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイキング地図を持ってないので、地形図頼みなのですが、地形図にあった道は、一部大きく変わっていました。(下の黄色いマーカールートAを通るつもりで行ったが、途中から無くなってたので、踏み跡&道標通りに登っていたところ、Bルートになった。)
帰宅して調べてみると、ヤマプラのルート図(山と高原地図)は、ちゃんとBを通るようになっていますね。しかしAとCもまだ記載されている模様。(Cは道標はないものの、入り口は確認できました。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰宅して調べてみると、ヤマプラのルート図(山と高原地図)は、ちゃんとBを通るようになっていますね。しかしAとCもまだ記載されている模様。(Cは道標はないものの、入り口は確認できました。)
沢沿いに林道を歩いて、登山道への入り口にはしっかりした道標が。ここで沢を渡り、左右に割れた沢の中間尾根に取り付くはずだが、途中から道が逸れ、どんどん沢伝いに奥へ行きはじめる。明らかに地形図とずれているが、今日はハイキングなので、あえて踏み跡通り忠実に行ってみることに。
2018年01月16日 10:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いに林道を歩いて、登山道への入り口にはしっかりした道標が。ここで沢を渡り、左右に割れた沢の中間尾根に取り付くはずだが、途中から道が逸れ、どんどん沢伝いに奥へ行きはじめる。明らかに地形図とずれているが、今日はハイキングなので、あえて踏み跡通り忠実に行ってみることに。
2
すると、さらに支沢を渡った先に、立派な道標とベンチがあった。つまり、地形図上に記載された登山道は消滅し、これが新しい登山道なんですね。
2018年01月16日 10:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると、さらに支沢を渡った先に、立派な道標とベンチがあった。つまり、地形図上に記載された登山道は消滅し、これが新しい登山道なんですね。
振り返って、これが第一ベンチ。
2018年01月16日 10:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、これが第一ベンチ。
第二ベンチを経て、稜線に乗りました。(当初予定していたルートとはかなり違う。)
2018年01月16日 10:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二ベンチを経て、稜線に乗りました。(当初予定していたルートとはかなり違う。)
1
稜線上も道標明瞭、踏み跡明瞭。天気もよく快適に歩いていく。
2018年01月16日 10:46撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上も道標明瞭、踏み跡明瞭。天気もよく快適に歩いていく。
帰りに下りる予定の白岩鉱山がよく見える。
2018年01月16日 10:59撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに下りる予定の白岩鉱山がよく見える。
ところどころこういう岩のピークがあるが、石灰岩のザレ系なので慎重に。木の根がありがたい。
2018年01月16日 11:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころこういう岩のピークがあるが、石灰岩のザレ系なので慎重に。木の根がありがたい。
1
見えてきた蕨山と雄大な金比羅尾根。
2018年01月16日 11:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えてきた蕨山と雄大な金比羅尾根。
やっとついた。といっても、ここは分岐で、親切な説明看板があった。わかりやすくてとても良い。
2018年01月16日 11:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとついた。といっても、ここは分岐で、親切な説明看板があった。わかりやすくてとても良い。
2
てなわけで展望台のピークへ。12年ぶり2回め。
2018年01月16日 11:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
てなわけで展望台のピークへ。12年ぶり2回め。
1
貸し切り山頂。空を舞うトンビと私だけの贅沢ランチタイム♡
2018年01月16日 11:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貸し切り山頂。空を舞うトンビと私だけの贅沢ランチタイム♡
2
さっきの分岐に戻って有馬山方面へ。
2018年01月16日 11:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきの分岐に戻って有馬山方面へ。
コル部に林道が上がってきていた。
2018年01月16日 12:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コル部に林道が上がってきていた。
目指すはあの山なので、この林道を降りたらあかんでござる。
2018年01月16日 12:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指すはあの山なので、この林道を降りたらあかんでござる。
分岐を登山道のほうに登ると、こんなすてきな休憩場所が。埼玉県お金持ちだなぁ。Σ(゜Д゜)
2018年01月16日 12:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐を登山道のほうに登ると、こんなすてきな休憩場所が。埼玉県お金持ちだなぁ。Σ(゜Д゜)
そして最後一気に150m登るのだが、それがなかなかの急傾斜でびっくりした。写真だと伝わらないなぁ。(;・∀・)
2018年01月16日 12:11撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして最後一気に150m登るのだが、それがなかなかの急傾斜でびっくりした。写真だと伝わらないなぁ。(;・∀・)
1
ザレてるのでスリップしやすく、結構緊張しました。
2018年01月16日 12:16撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレてるのでスリップしやすく、結構緊張しました。
ニセ有馬山到着。下に小さく、橋小屋ノ頭って書いてあるが、ここから1kmちょい離れた所にある「本当の有馬山の山頂」(1332m)は、地味にタタラの頭って書かれてるだけだった(12年前調べ)。なんでやねーん。
2018年01月16日 12:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニセ有馬山到着。下に小さく、橋小屋ノ頭って書いてあるが、ここから1kmちょい離れた所にある「本当の有馬山の山頂」(1332m)は、地味にタタラの頭って書かれてるだけだった(12年前調べ)。なんでやねーん。
4
そのまま北に向かう。稜線の右(東)が飯能市、左(西)が秩父市なのだが、秩父市の設置した鹿よけフェンスがすごくて、
2018年01月16日 12:35撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま北に向かう。稜線の右(東)が飯能市、左(西)が秩父市なのだが、秩父市の設置した鹿よけフェンスがすごくて、
皆伐後に杉の苗木を植えてあるのだが、草ぼうぼうで、鹿がいないとほんとはこんな風景なんだなぁと感心してしまった。
2018年01月16日 12:35撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆伐後に杉の苗木を植えてあるのだが、草ぼうぼうで、鹿がいないとほんとはこんな風景なんだなぁと感心してしまった。
そしてヤシンタイの頭。個人手作りの道標がありました。
2018年01月16日 12:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてヤシンタイの頭。個人手作りの道標がありました。
石灰岩の山だから、チラホラ見えるボルダー群がかっこいい。
2018年01月16日 12:46撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石灰岩の山だから、チラホラ見えるボルダー群がかっこいい。
このあたりは皆伐のおかげで開けた眺望。
2018年01月16日 12:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりは皆伐のおかげで開けた眺望。
1
素晴らしい景色。ゴキゲンの稜線でした。
2018年01月16日 12:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい景色。ゴキゲンの稜線でした。
2
妙にかわいい「しょうじくぼ」。なぜここだけひらがななのかw
2018年01月16日 12:50撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙にかわいい「しょうじくぼ」。なぜここだけひらがななのかw
1
鳥首峠へ。この看板の真下の下りが一番怖かった。ザレて崩壊して急斜面になってしまってるので、トラロープに頼らないと下れなかった。
2018年01月16日 13:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥首峠へ。この看板の真下の下りが一番怖かった。ザレて崩壊して急斜面になってしまってるので、トラロープに頼らないと下れなかった。
送電線下でちょっと休憩。
2018年01月16日 13:19撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線下でちょっと休憩。
1
これから下りる白岩鉱山がかっこいい。
2018年01月16日 13:19撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから下りる白岩鉱山がかっこいい。
1
すぐに鳥首峠到着。冠岩沢登った時にここから降りたんだった。
2018年01月16日 13:37撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに鳥首峠到着。冠岩沢登った時にここから降りたんだった。
1
スタコラ降りていくと、わかりづらい渡渉ポイントとかには丁寧な道標があって親切。
2018年01月16日 13:54撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタコラ降りていくと、わかりづらい渡渉ポイントとかには丁寧な道標があって親切。
1
そして廃集落に出た。前に来た時よりだいぶ建物が減ってる気がする。
2018年01月16日 13:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして廃集落に出た。前に来た時よりだいぶ建物が減ってる気がする。
1
ここまで電柱が電線を引いてきてた。消火栓もあった。しかし、昭和60年に無人になったらしいが、電柱が新しい気がする!?Σ(゜Д゜) 
2018年01月16日 13:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで電柱が電線を引いてきてた。消火栓もあった。しかし、昭和60年に無人になったらしいが、電柱が新しい気がする!?Σ(゜Д゜) 
上を見上げると、破鉱場?と、白いガレが。このあたりから一人社会科見学大会になり、下山のスピードが遅くなってしまった。あれこれ覗きに行ったり、考えたりしながら下りる。
2018年01月16日 13:59撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上を見上げると、破鉱場?と、白いガレが。このあたりから一人社会科見学大会になり、下山のスピードが遅くなってしまった。あれこれ覗きに行ったり、考えたりしながら下りる。
途中、モノレールがあった。沢脳なので、ワサビ田か?と思ってしまったが、この上にはそんなものはない。てことは、もしかして鉱山へはこれで行くんだろうか?!
2018年01月16日 14:02撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、モノレールがあった。沢脳なので、ワサビ田か?と思ってしまったが、この上にはそんなものはない。てことは、もしかして鉱山へはこれで行くんだろうか?!
1
と想像しながら降りていくと、なるほどやっぱりそうみたい。動いてるとこ見てみたいなぁ。誰か通りかからないかなぁ。
2018年01月16日 14:05撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と想像しながら降りていくと、なるほどやっぱりそうみたい。動いてるとこ見てみたいなぁ。誰か通りかからないかなぁ。
と思いながら降りていくと、なんと、降り口は完全な廃墟(の、基礎のみ)で、とてもびっくりした。いや待てよ、前は建物あったはずなんだけど!?
2018年01月16日 14:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思いながら降りていくと、なんと、降り口は完全な廃墟(の、基礎のみ)で、とてもびっくりした。いや待てよ、前は建物あったはずなんだけど!?
1
建屋は取り払ったものの、コンクリの基礎だけは撤去してないみたい。じゃあ上で取れたやつはどうやって運んでるんだろう。まさかモノレールじゃないよねえ。(1度に運べる量が少なすぎるし。)
2018年01月16日 14:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
建屋は取り払ったものの、コンクリの基礎だけは撤去してないみたい。じゃあ上で取れたやつはどうやって運んでるんだろう。まさかモノレールじゃないよねえ。(1度に運べる量が少なすぎるし。)
しかしこの看板ではまだ採掘してるみたいだ。しかし下部施設は取っ払ってしまったということか。うーんうーん。
2018年01月16日 14:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかしこの看板ではまだ採掘してるみたいだ。しかし下部施設は取っ払ってしまったということか。うーんうーん。
1
そして白岩集落の説明書きも。てっきり採掘関係者の集落かと思いきや、林業で生計を立てていたのね。
2018年01月16日 14:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして白岩集落の説明書きも。てっきり採掘関係者の集落かと思いきや、林業で生計を立てていたのね。
1
下から見た採掘現場と下部の廃墟部分。(最後は完全な社会科見学となってしまったw)
2018年01月16日 14:14撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下から見た採掘現場と下部の廃墟部分。(最後は完全な社会科見学となってしまったw)
1
オマケ。2006年に撮った写真。確かにこの頃はちゃんとセメント工場があったんですね。
2006年05月21日 09:29撮影 by DMC-FX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オマケ。2006年に撮った写真。確かにこの頃はちゃんとセメント工場があったんですね。
1
この廃屋はもうなくなっていて、家の基礎のコンクリだけ残ってました。でもこの頃から軌道があったんだなぁ。
2006年05月21日 09:42撮影 by DMC-FX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この廃屋はもうなくなっていて、家の基礎のコンクリだけ残ってました。でもこの頃から軌道があったんだなぁ。
12年前の採掘場の様子。まだ荒く掘ってる感じだが、12年後は全部段が出来ていて、変化が面白い。
2006年05月21日 10:42撮影 by DMC-FX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12年前の採掘場の様子。まだ荒く掘ってる感じだが、12年後は全部段が出来ていて、変化が面白い。
1
撮影機材:

感想/記録

夕方からの用事に合わせてスキマ時間ハイキング。
さわらびの湯にはハイカーが結構居たけど、
山ではまったく誰にも会わず、ラッキー。
一人で静かな山を楽しみました。
前半は地図読み、下山時は社会科見学モードで、
メリハリがあって面白かったです。

白岩鉱山がめちゃくちゃ気になったので、これを書きながらググった所、なんと私の数日前に記事にしてくださった方がいらして、とても勉強になりました。なるほど。3年前までは動いてたのかー。
http://sanpototabi.blog.jp/archives/1062955307.html

で、往時の写真もありました。もう撤去開始してからの写真だそうですが。
http://open.mixi.jp/user/1335677/diary/1946060909

自分が行った時はどうだったのか、写真を見てみたら、稼動しているセメント工場の写真がありました。ああ良かった、記憶は間違ってなかった。
社会科見学ハイキング、楽しいですw
訪問者数:356人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ