また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1362546 全員に公開 雪山ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

本ピークを目指して草津白根山へ 〜目印のない道〜

日程 2018年01月19日(金) [日帰り]
メンバー
 fatmama(SL)
, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
草津国際スキー場からバスで草津火山ロープウェイ乗り場まで行く。
草津国際スキー場までの道中に雪、凍結は無し。
ただし、周囲の駐車場などには凍結があるためスノータイヤが必要。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間34分
休憩
50分
合計
3時間24分
S本白根コマクサリフト上部10:2811:13草津白根山12:0312:34本白根山展望所13:52白根火山ロープウェイ山頂駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ロープウェイを下りた後リフトに乗っていますが、特に乗らなくても問題ないです。
100m程度標高を稼げるようですがもともとかなり楽なルートなので問題にはならないと思います。

また本白根展望所の付近の一部を除き、ほとんどがバリエーションルートを通っています。
基礎的なルートファインディング技術が必要になります。

直近ではまとまった積雪はなさそうなので、この週末に行く場合は私たちの足跡があると思います。
少し遠回りの場所もありますが、トレースしていただければロープウェー乗り場に戻ることができます。
ただし、ロープウェイ山頂駅に向かう直前、ゲレンデサイドを通るのは望ましくなく、また標高を稼ぐために通常スノーシューでは上がらないような斜度を駆けあがっています。
注意してお通りください。
コース状況/
危険箇所等
ロープウェイを下りた後リフトに乗っていますが、特に乗らなくても問題ないです。
100m程度標高を稼げるようですがもともとかなり楽なルートなので問題にはならないと思います。

また本白根展望所の付近の一部を除き、ほとんどがバリエーションルートを通っています。
基礎的なルートファインディング技術が必要になります。

直近ではまとまった積雪はなさそうなので、この週末に行く場合は私たちの足跡があると思います。
少し遠回りの場所もありますが、トレースしていただければロープウェー乗り場に戻ることができます。
ただし、ロープウェイ山頂駅に向かう直前、ゲレンデサイドを通るのは望ましくなく、また標高を稼ぐために通常スノーシューでは上がらないような斜度を駆けあがっています。
注意してお通りください。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

草津国際スキー場の駐車場前からバスで草津火山ロープウェイ山麓駅を目指します。
2018年01月19日 09:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草津国際スキー場の駐車場前からバスで草津火山ロープウェイ山麓駅を目指します。
時刻表はこんな感じ。
出発時間は結構適当に感じたが・・・。
2018年01月19日 09:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時刻表はこんな感じ。
出発時間は結構適当に感じたが・・・。
2
バスで約15分。
ロープウェイ山麓駅に着。
ここからロープウェイで一気に標高を稼ぐ。
2018年01月19日 09:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスで約15分。
ロープウェイ山麓駅に着。
ここからロープウェイで一気に標高を稼ぐ。
2
ロープウェイ山頂駅からさらにリフトに乗り継ぐ。
※入山届は山頂駅のパトロール前の詰め所で出せます。
2018年01月19日 10:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山頂駅からさらにリフトに乗り継ぐ。
※入山届は山頂駅のパトロール前の詰め所で出せます。
2
リフトに乗って草津国際スキー場の最頂部へ。
2018年01月19日 10:17撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトに乗って草津国際スキー場の最頂部へ。
1
一気に高度を上げてきたいので高度順応も兼ねてのんびりセットアップ。
2018年01月19日 10:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に高度を上げてきたいので高度順応も兼ねてのんびりセットアップ。
3
本白根山を目指して入山。
2018年01月19日 10:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本白根山を目指して入山。
5
どんどん青くなるそら。
2018年01月19日 10:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん青くなるそら。
2
霧氷に覆われた樹木がたくさん生い茂る。
木ってたくましい!
2018年01月19日 10:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷に覆われた樹木がたくさん生い茂る。
木ってたくましい!
3
ここから完全にバリエーションルート。
スマートフォンで現在地と方角と太陽の位置を定期的に確認したい。
2018年01月19日 10:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから完全にバリエーションルート。
スマートフォンで現在地と方角と太陽の位置を定期的に確認したい。
5
誰も歩いていない、目印もない道を進む。
2018年01月19日 10:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰も歩いていない、目印もない道を進む。
4
時折強い風が雲を連れてくる。
2018年01月19日 10:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折強い風が雲を連れてくる。
3
この辺は霧氷は多いけど、モンスター化してないね。
2018年01月19日 10:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は霧氷は多いけど、モンスター化してないね。
4
ロープウェイ山頂駅から本ピークまでは基本的に稜線上を進むと良い。
2018年01月19日 10:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山頂駅から本ピークまでは基本的に稜線上を進むと良い。
7
風、空気、香りそれにそらの色とそこに描かれる雲のカタチ。
そのすべてが夏とは違う。
2018年01月19日 10:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風、空気、香りそれにそらの色とそこに描かれる雲のカタチ。
そのすべてが夏とは違う。
3
途中開けた場所で北アルプスが望める。
2018年01月19日 10:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中開けた場所で北アルプスが望める。
4
北アルプスや妙高エリアも良く晴れている。
2018年01月19日 10:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスや妙高エリアも良く晴れている。
6
中野の方は曇りかな。今日は。
2018年01月19日 10:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中野の方は曇りかな。今日は。
7
日に日に厳しさ深まる北アルプスの峰々。
2018年01月19日 10:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日に日に厳しさ深まる北アルプスの峰々。
14
気持ちよすぎる!!
2018年01月19日 10:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちよすぎる!!
4
雲海の先に浮かぶ北アルプス。
美しい!!
2018年01月19日 10:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の先に浮かぶ北アルプス。
美しい!!
8
主稜線に出た。
稜線上は水分が少ないためか、比較的樹木が多い。
2018年01月19日 11:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線に出た。
稜線上は水分が少ないためか、比較的樹木が多い。
1
夏ピークが見えた。
あそこからは西方が全く見えないので、やはりこちら側の稜線を歩いたほうが気持ちよさそうです。
2018年01月19日 11:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏ピークが見えた。
あそこからは西方が全く見えないので、やはりこちら側の稜線を歩いたほうが気持ちよさそうです。
3
浅間。
その左は甲武信など奥秩父の山々。
右側は八ヶ岳。さらにその先にうっすらと南アルプス。
2018年01月19日 11:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間。
その左は甲武信など奥秩父の山々。
右側は八ヶ岳。さらにその先にうっすらと南アルプス。
9
ピークに向けて最後のひと登り。
雪庇が立っているので注意しましょう!
2018年01月19日 11:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークに向けて最後のひと登り。
雪庇が立っているので注意しましょう!
5
GPSで見る限りここらへんが本白根山ピークの模様。
頂標とか何も見当たらないです。
2018年01月19日 11:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GPSで見る限りここらへんが本白根山ピークの模様。
頂標とか何も見当たらないです。
7
本白根ピーク直下の開けた場所でランチ。
2018年01月19日 11:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本白根ピーク直下の開けた場所でランチ。
4
周りを見ても、踏み跡を見ても、この日ここの山域に立ち入っているのは自分たち4人しかいないと思われる。
独り占め感最高!
2018年01月19日 11:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りを見ても、踏み跡を見ても、この日ここの山域に立ち入っているのは自分たち4人しかいないと思われる。
独り占め感最高!
3
次はココかね!
2018年01月19日 11:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次はココかね!
6
今日は全く元気がない浅間。
2018年01月19日 11:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は全く元気がない浅間。
10
渋峠と先日行った横手のスキー場。
2018年01月19日 11:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋峠と先日行った横手のスキー場。
ちょっとこの場所を借りて試したいことが・・・
2018年01月19日 11:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとこの場所を借りて試したいことが・・・
1
先日購入したワカンの試乗!
やはりツボ足と比較すると格段に浮く。
ツボ足の沈み量を10、スノーシューのそれを1とするとワカンは3〜4ってところか。
2018年01月19日 11:57撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先日購入したワカンの試乗!
やはりツボ足と比較すると格段に浮く。
ツボ足の沈み量を10、スノーシューのそれを1とするとワカンは3〜4ってところか。
4
絶景を全身に焼き付け、下山開始。
2018年01月19日 12:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景を全身に焼き付け、下山開始。
5
ここから夏道に向けて一気に下る。
2018年01月19日 12:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから夏道に向けて一気に下る。
3
やはり雪道は下りはかなり早い。
2018年01月19日 12:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり雪道は下りはかなり早い。
4
最低鞍部まで下りてきた。
2018年01月19日 12:22撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最低鞍部まで下りてきた。
2
下りてきた道を振り返る。自分たち4人の足跡だけが残されていた。
2018年01月19日 12:24撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りてきた道を振り返る。自分たち4人の足跡だけが残されていた。
6
夏ピークを求めて登ります。
2018年01月19日 12:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏ピークを求めて登ります。
4
夏ピーク登頂!
エビのしっぽが出来ていて記述が読めない。
2018年01月19日 12:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏ピーク登頂!
エビのしっぽが出来ていて記述が読めない。
9
先日言った岩椙山が遠くにその姿を望ませていた。
2018年01月19日 12:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先日言った岩椙山が遠くにその姿を望ませていた。
3
夏道の遊歩道場を進む。
2018年01月19日 12:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道の遊歩道場を進む。
5
強風に飛ばされてきた雪粒が地面の雪に突き刺さっている感じ。
シュカブラよりすごい!
2018年01月19日 12:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風に飛ばされてきた雪粒が地面の雪に突き刺さっている感じ。
シュカブラよりすごい!
8
遊歩道を歩き鏡池へ。
2018年01月19日 12:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道を歩き鏡池へ。
3
遊歩道から下った先は密林帯に入ります。
場所によっては通り抜けが難しいほどの密林
2018年01月19日 12:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道から下った先は密林帯に入ります。
場所によっては通り抜けが難しいほどの密林
1
スキーに行こうか迷っていたfatmama氏。
きっと尾瀬あたりの天気が気になるのだろう。
2018年01月19日 12:59撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーに行こうか迷っていたfatmama氏。
きっと尾瀬あたりの天気が気になるのだろう。
4
凍てつく鏡池。
ここを歩きたかったけど、また戻ってくるのが面倒なのでやめた。
ここまでは夏用ルート。
2018年01月19日 13:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍てつく鏡池。
ここを歩きたかったけど、また戻ってくるのが面倒なのでやめた。
ここまでは夏用ルート。
5
ここから再びルートを外れロープウェイ山頂駅を目指します。
夏用ルートも積雪により枝がだいぶ近くなっています。
一般的な体型の男性であればちょうど目の高さに枝が来るので注意しましょう!
2018年01月19日 13:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから再びルートを外れロープウェイ山頂駅を目指します。
夏用ルートも積雪により枝がだいぶ近くなっています。
一般的な体型の男性であればちょうど目の高さに枝が来るので注意しましょう!
3
途中でゲレンデを横切る。
2018年01月19日 13:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中でゲレンデを横切る。
1
ゲレンデに沿ってしばらくパス。
2018年01月19日 13:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデに沿ってしばらくパス。
2
途中で山頂駅よりも低い場所にいることが分かり標高を稼ぐ。
一か所かなり斜度のある所を直登した。
2018年01月19日 13:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で山頂駅よりも低い場所にいることが分かり標高を稼ぐ。
一か所かなり斜度のある所を直登した。
2
山麓駅が見えた。一直線だ!!
2018年01月19日 13:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山麓駅が見えた。一直線だ!!
2
ゲレンデを脇目に進む。
2018年01月19日 13:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデを脇目に進む。
2
ようやく山頂駅に到着!
今回の山行終了!楽勝だ!
2018年01月19日 13:51撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく山頂駅に到着!
今回の山行終了!楽勝だ!
5
撮影機材:

感想/記録

今シーズン雪山一発目は職場の同僚3人とともに草津白根山へ。
積雪期しか通れないルートで本峰のピークを目指し、旧火口を一周して帰る計画。

ルートのほとんどがバリエーション。
自分の目的地に向かい自分で決めた道で自分のペースで歩いていく。
誰にも決められていない道っていい!それだけで癒される・・・
やっぱり冬山には冬山独自の良さがあると思う。
空気も風も空も雲も地面や木々の様子も全てが夏とは異なる。
冬としては少し霞が多い日だったかもしれないけど、それでも夏には無い凛とした雰囲気を全身に感じ全身で癒された。

近々また冬山に行きたい。
訪問者数:2372人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/13
投稿数: 722
2018/1/24 10:13
 数日遅かったらヤバかったですね
今回の本白根山の噴火には本当に驚きました。
鏡池付近からとういことで当日だったら本当に危険だったですね。時間的には丁度歩き始める準備をしている頃かもしれません。
白根山は昔万座温泉から積雪時に登ったので、今度本白根山を表万座スキーパーク(閉鎖中)からBCで登ろうかと頭に描いて調べていたところでした。
これで当分行けそうもありません。
それにしても当日でなかったことをお喜び申し上げます。
亡くなられた自衛官には哀悼の意を表します
登録日: 2012/9/2
投稿数: 32
2018/1/24 12:15
 犠牲者がいないといいが。
死ななくて良かった。
登録日: 2012/11/18
投稿数: 40
2018/1/24 12:35
 Re: 数日遅かったらヤバかったですね
コメントありがとうございます。
ほんと、そう思います。
亡くなられた方がいる以上、不謹慎かもしれませんが自分は運がよかったと言わざるを得ません。
私にとっては4日前ですが、火山活動の歴史から言ったらそんなのほんの一瞬であり、ごく僅かにずれただけで自分が被災していたと思います。
当日は鏡池が美しいと思いながらクレーターの淵に立ってしばらく覗き込んでいました。
まさかあんな所が噴火するなんてその時点では全く思いもしませんでした。
気象庁が言う全くノーマークだったと言う言葉もある意味私も賛同できます。
私もノーマークでした。
今回の件で、気象庁の発表は全くあてにならない、活火山周辺はどこも全部危険だと言う認識に変わりました。
登録日: 2012/11/18
投稿数: 40
2018/1/24 12:38
 Re: 犠牲者がいないといいが。
コメントありがとうございます。
今回の噴火は週半ばで天候が悪かったことが不幸中の幸いですね。
もしこれが晴れた週末だったら被害はもっともっと大きかったことと思います。
これからは雪崩だけでなく噴火と言うのも山に入る上でのリスクとして大いに考慮しなくてはならないのかもしれませんね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ