また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1363708 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走東海

唐塩山

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候朝は快晴 10時頃には雲が出てくる 御嶽山は綺麗、、中アはかすかに
15時頃は曇り雪が降りそう
風 ほんの少し2m/s 予報4m/s
気温 朝の駐車地0℃ 山頂3℃ 下山駐車地7℃
スタートは雪無し 尾根の初めは5cm 山頂近くは30cm
雪が少なすぎて笹漕ぎが沢山有りました。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中津川ICから約45分 道路、林道に雪は無し
道の駅 2箇所 コンビニ4件?
P地のキャパ路肩に2台 登山口の30m手前
舗装の林道から外れて直ぐです
道の駅加子母で1名ピックアップ

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間14分
休憩
1時間12分
合計
8時間26分
Sスタート地点06:5608:35木曽越峠11:28唐塩山12:4014:35木曽越峠15:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
P地 7:00
7:01 古道木曽越峠 登山口 7:01
7:02 七番観音 7:02
7:05 林道に出る1 7:05
7:18 登山道入口 7:18
7:20 八番観音 7:20
7:21 橋を渡る 7:21
7:24 林道に出る2 7:24
7:25 登山道入口 7:25
7:27 九番観音三面観音の水場 7:27
7:30 九番観音(三面観音) 7:30
7:34 渡渉 水補給 7:37
7:50 倒木を潜る 7:50
7:53 十番観音 7:53
8:00 ベンチ 8:05
8:26 木曽越峠 8:26
8:27 十一、十二番観音 8:33
8:33 林道歩き 8:33
8:49 登山道入口 8:49
9:05 展望地 9:05
9:10 ベンチ 9:10
9:11 広場 休憩 9:24
9:26 ベンチ 9:26
9:35 鳥屋跡 9:35
9:51 1444ピーク 9:51
10:18 鞍部で休憩 スノ−シュー装着 10:28
10:34 御嶽山展望地 10:34
10:44 痩せ尾根ピーク 10:48
11:04 広場 林道と交差 11:04
11:28 唐塩山 12:39
12:53 広場 林道と交差 13:01
13:01 林道歩き 13:01
13:19 林道終点 13:22
13:24 尾根に乗る 13:24
13:48 1444ピーク 13:48
13:57 鳥屋跡 13:57
14:07 分岐 右折 14:07
14:09 ベンチ 14:09
14:10 広場 休憩 14:10
14:17 林道歩き 14:17
14:25 行きのルートに合流 14:25
14:36 木曽越峠 14:36
14:42 林道 14:42
14:46 登山道 14:46
14:47 ベンチ 14:47
14:50 十番観音 14:50
14:51 倒木を潜る 14:51
14:59 渡渉 14:59
15:01 九番観音(三面観音) 15:01
15:04 林道 15:04
15:04 登山道 15:04
15:06 橋 15:06
15:06 八番観音 15:06
15:07 林道 15:07
15:17 登山口 15:17
15:20 P地

工程 8:20
行き 4:28
帰り 2:41
コース状況/
危険箇所等
登山口−木曽越峠
途中の林道歩きは3回 入り口、出口には古道木曽越峠の標識が有ります
ルートはスタートがやや明瞭、 1回目の林道合流からは明瞭
砂防ダム越え時に急登 渡渉後の登りがジグザグの急登 雪は無しに等しい
危険箇所 木の橋が滑ります ジグザグの急登 落石に注意
展望無し 植林地帯の作業道の雰囲気です
観音様は7,8,9,10,11,12の6体を見つける
木曽越峠から東に登れば高時山 西に歩けば唐塩山です
つぼ足
出会った人 0
出会った獣 0

木曽越峠−広場
尾根ルートがどうしても進めません 笹が凄すぎます
やも無く林道歩きです、途中に尾根に乗れるスロープが有ります
そこから尾根歩きをしました、でも程なく、積雪と笹漕ぎで苦労しました。
整地がしてある広場に出てきて、たまらず休憩です
ルートは明瞭だったり不明瞭だったり 県境の札を辿ります テープ、リボンは少ない
危険箇所 踏み抜き 笹漕ぎ
つぼ足です
ピークは3回越えてた気がする、林道にはほとんど行きは無し
尾根に乗ると10cmぐらいの積雪でした、なので笹が邪魔です
出会った人 0
出会った獣 0

広場-途中の鞍部
強烈は笹漕ぎ 雪も段々深くなります
アップダウンも多いです
つぼ足でがんばるが、ここまでが限界
ルートは明瞭だったり不明瞭だったり 県境の札を辿ります テープ、リボンは少ない
危険箇所 踏み抜き 笹漕ぎ
この区間も3度ピークを越えている。
出会った人 0
出会った獣 0

途中の鞍部-林道と交差点
スノーシューハイクです
笹もだいぶ埋まってきました
途中の大岩、急登 デンジャラスです
岩と雪の痩せ尾根が続きます
危険箇所 大岩越え、痩せ尾根
ルートは明瞭だったり不明瞭だったり GPSでチェックします
小秀山の尾根の向こう御嶽山が眺めれる斜面があります
やっと唐塩山が見えてきます
出会った人 0
出会った獣 0

林道と交差点-山頂
スノーシューハイクです
ルート不明瞭 GPSで夏道を見つけながら進みます
ルーファイが難しいです
南斜面を巻いてから山頂に登ります
危険箇所 踏み抜き 転倒 ロープの急登があります
出会った人 0
出会った獣 0

唐塩山
情報では展望の無い山でしたが、西方は伐採されて展望良です
カール状の広場になっていて、ソコソコ気持ち良い山頂です
キャパ 50名ならOK
なかなかよい所に思いますが、時間がかかりました。
出会った人 0
出会った獣 0

下山
出来るだけ林道歩きを取り入れ、時短をはかる。
山頂-交差点 12アイゼン
交差点-林道終点 つぼ足
林道終点-鞍部広場-広場 スノーシュー
広場-林道-木曽越峠-P地 つぼ足
出会った人 0
出会った獣 0
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 30Lザック レインウエア 防寒着(1) コンロ 2食 行動食 非常食 ヘッテン ストック デジカメ GPS 予備電池 タオル グローブ(4) ゴム手 ザックカバー ザブトン ネックウォーマー(2) マグカップ バラクバラ ツェルト 12アイゼン スノーシュー スノーショベル

写真

p地から登山口方面を見る
雪がまったくありませんが、アイゼン、スノーシュー、スノーショベルは背負います
2018年01月20日 06:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
p地から登山口方面を見る
雪がまったくありませんが、アイゼン、スノーシュー、スノーショベルは背負います
1
登山口
まずは木曽越峠を目指します
標識は有りますが踏み跡が薄い
2018年01月20日 07:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口
まずは木曽越峠を目指します
標識は有りますが踏み跡が薄い
一度林道に出て、その先の登山口
問題 あなたはどちらを選ぶ?
左は腐って折れそう、右は霜でツルツル
2018年01月20日 07:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一度林道に出て、その先の登山口
問題 あなたはどちらを選ぶ?
左は腐って折れそう、右は霜でツルツル
2
皆、恐る恐る渡る
2018年01月20日 07:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆、恐る恐る渡る
水場1
この先の三面観音は見る価値有ります
2018年01月20日 07:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場1
この先の三面観音は見る価値有ります
渡渉 水場2
河原が広くルート不明瞭
後方に突堤がありました
2018年01月20日 07:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉 水場2
河原が広くルート不明瞭
後方に突堤がありました
1
大きな倒木 潜る
2018年01月20日 07:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな倒木 潜る
1
木曽越峠から御嶽山
左の尖がりが継母岳
道には積雪がちらほら
2018年01月20日 08:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽越峠から御嶽山
左の尖がりが継母岳
道には積雪がちらほら
4
並んでる観音様?
右のはお地蔵さんかな?先が丸い
2018年01月20日 08:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
並んでる観音様?
右のはお地蔵さんかな?先が丸い
3
途中の展望地
大きな切蕪に乗ります
2018年01月20日 09:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の展望地
大きな切蕪に乗ります
2
駐車場のような広場
疲れましたのでここで休憩です
2018年01月20日 09:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場のような広場
疲れましたのでここで休憩です
2
鳥屋跡 ?
建物はバラバラにつぶれています
2018年01月20日 09:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥屋跡 ?
建物はバラバラにつぶれています
2
強烈な笹漕ぎ
駆り払われた所も有りますが、雪で倒れている所も多々
2018年01月20日 09:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強烈な笹漕ぎ
駆り払われた所も有りますが、雪で倒れている所も多々
1
雪が増えて来ました
ズボりながらラッセルします
2018年01月20日 09:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が増えて来ました
ズボりながらラッセルします
2
1444ピーク
御料局三角点が見たかったね
2018年01月20日 09:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1444ピーク
御料局三角点が見たかったね
1
そろそろつぼ足の限界
2018年01月20日 10:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろつぼ足の限界
1
スノーシュー装着
一名は車にデポしたのでつぼ足で後方支援です
2018年01月20日 10:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシュー装着
一名は車にデポしたのでつぼ足で後方支援です
2
登ります このピークが難路1
ドデカイ岩を越えて行きます
2018年01月20日 10:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ります このピークが難路1
ドデカイ岩を越えて行きます
1
途中の斜面から御嶽山
手前の尾根は小秀山の尾根
2018年01月20日 10:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の斜面から御嶽山
手前の尾根は小秀山の尾根
2
痩せ尾根で岩と雪のミックス
正規ルートは通らずに巻きました
2018年01月20日 10:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根で岩と雪のミックス
正規ルートは通らずに巻きました
2
岩が何度も出てきます
痩せ尾根です
2018年01月20日 10:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩が何度も出てきます
痩せ尾根です
1
此処まで来ると、やっと唐塩山の山頂が見えました
2018年01月20日 10:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処まで来ると、やっと唐塩山の山頂が見えました
3
林道と登山道の交差点
2018年01月20日 11:04撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道と登山道の交差点
2
一名はつぼ足でがんばっています
2018年01月20日 11:04撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一名はつぼ足でがんばっています
2
最後の登り
此処までが難路2
巻き道が見つけづらかった
2018年01月20日 11:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登り
此処までが難路2
巻き道が見つけづらかった
2
山頂
アングルが悪いが、伐採地になっており広いです
2018年01月20日 11:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂
アングルが悪いが、伐採地になっており広いです
3
三角点もかろうじて
三等?二等?
2018年01月20日 11:29撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点もかろうじて
三等?二等?
1
疲れましたランチです
腹が減りました
2018年01月20日 11:41撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れましたランチです
腹が減りました
1
青空がいいね
2018年01月20日 11:41撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空がいいね
3
ズぼると腿まで
2018年01月20日 12:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズぼると腿まで
3
もう一枚のプレート
消える
2018年01月20日 12:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一枚のプレート
消える
3
帰りは尾根ルートを止めて林道が有る所は、林道を歩く
前方に高時山の前衛峰
2018年01月20日 14:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは尾根ルートを止めて林道が有る所は、林道を歩く
前方に高時山の前衛峰
気持ち良いベンチが有ります
2018年01月20日 14:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ち良いベンチが有ります
1
トラロープのジグザグ急下り
2018年01月20日 14:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラロープのジグザグ急下り
1
登山口近くの祠
疲れました。
御疲れさん。
2018年01月20日 15:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口近くの祠
疲れました。
御疲れさん。
1

感想/記録

展望の無いショボ山歩き、入山者が少ないのでノートレース雪山歩きを企てる
4名でラッセル交代してたどり着けました。単独では無理な山に思う。
工程が長い、苦労した山となりました。
雪がもう少し有って、笹が埋まっていて、締まった雪ならば、楽しめる山です

装備
30Lザック 
コンロ ストック レインウエア ウインドウジャケット グローブ3種 ゴム手袋
2食 行動食 非常食 携帯電話 水1.1L ザックカバー
デジカメ GPS 座布団 ネックウォーマ2種 ヘッテン 予備バッテリー
12アイゼン スノーシュー
バラクバラ ゴーグル ツエルト
訪問者数:196人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ