また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1369889 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走富士・御坂

三方分山・パノラマ台(県営精進湖駐車場から周回)

日程 2018年01月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県営精進湖駐車場 8:25
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間48分
休憩
1時間7分
合計
5時間55分
S県営精進湖駐車場08:4208:52精進バス停09:39阿難坂(女坂峠)09:4510:24三方分山10:3210:41精進山10:4511:08精進峠 (三ツ沢峠)11:1311:55根子峠11:5812:10パノラマ台(昼食)12:3512:51烏帽子岳12:5613:24城山13:2713:40城山登山口13:4314:02(休憩)14:0714:14精進湖入口バス停14:37県営精進湖駐車場 ゴール!G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
積雪 0cm〜25cm
 凍結箇所は殆んど無く、歩き易い雪質で軽アイゼンは使用せず。
その他周辺情報日帰り入浴 : 天母の湯 410円/1h
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ 軽アイゼン

写真

県営精進湖駐車場を、予定より40分遅れで出発。寝坊してしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県営精進湖駐車場を、予定より40分遅れで出発。寝坊してしまった。
1
県営精進湖駐車場。駐車場周辺にはホテル等が点在する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県営精進湖駐車場。駐車場周辺にはホテル等が点在する。
1
今日も凛々しい富士山!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も凛々しい富士山!
4
大室山を抱いて、子抱き富士。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大室山を抱いて、子抱き富士。
3
精進バス停より中道往還に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
精進バス停より中道往還に入る。
1
歴史ある中道往還を登って行く。諏訪神社の大杉を見に寄るつもりであったが、行き過ぎてしまった。まあいいか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歴史ある中道往還を登って行く。諏訪神社の大杉を見に寄るつもりであったが、行き過ぎてしまった。まあいいか。
道は途中から山道に。積雪は5cm程度。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は途中から山道に。積雪は5cm程度。
陽が当たる場所では、積雪が無い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が当たる場所では、積雪が無い。
左側に三方分山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側に三方分山。
2
急斜面だが、九十九折れに登って行くので、それ程大変では無い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面だが、九十九折れに登って行くので、それ程大変では無い。
1
阿難坂(女坂) 登山者が一人五湖山方面に歩いて行った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿難坂(女坂) 登山者が一人五湖山方面に歩いて行った。
2
阿難坂を後にして、私は三方分山へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿難坂を後にして、私は三方分山へ。
正面に三方分山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に三方分山。
1
積雪は5cm〜15cm。歩き易い雪質で軽アイゼンは装着せず。三方分山から降りてきた登山者2人連れと挨拶を交わす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪は5cm〜15cm。歩き易い雪質で軽アイゼンは装着せず。三方分山から降りてきた登山者2人連れと挨拶を交わす。
2
五湖山だろうか。空には灰色の雲が圧し掛かっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五湖山だろうか。空には灰色の雲が圧し掛かっている。
2
傾斜が緩やかになり、積雪が少し深くなってくると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜が緩やかになり、積雪が少し深くなってくると、
1
三方分山の三方とは、現在の甲府市、身延町、河口湖町。甲武信ヶ岳や三国山のようなもの?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三方分山の三方とは、現在の甲府市、身延町、河口湖町。甲武信ヶ岳や三国山のようなもの?
1
山頂は木々に覆われているが、富士山側のみ開けている。本来はこの先に富士山が見えるはずなのだが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は木々に覆われているが、富士山側のみ開けている。本来はこの先に富士山が見えるはずなのだが。
2
三方分山からは稜線歩き。精進山に向う。時々小雪がちらつく。風が強いので風花か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三方分山からは稜線歩き。精進山に向う。時々小雪がちらつく。風が強いので風花か?
3
稜線の積雪は、25cmを越える場所もあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の積雪は、25cmを越える場所もあり。
1
痩せた稜線を登り詰めて行くと、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せた稜線を登り詰めて行くと、
精進山山頂。祠が一つ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
精進山山頂。祠が一つ。
2
精進山からは急な下り。凍結はしていない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
精進山からは急な下り。凍結はしていない。
パノラマ台辺りだろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ台辺りだろうか。
1
一旦下りきった後、小ピークを一つ越えてる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦下りきった後、小ピークを一つ越えてる。
2
眼下に精進湖が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に精進湖が見える。
小ピークを下った所が精進峠(三ツ沢峠)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークを下った所が精進峠(三ツ沢峠)。
1
振り返ると精進山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると精進山。
2
精進峠からも稜線を歩き、根子峠を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
精進峠からも稜線を歩き、根子峠を目指す。
1
稜線上は、積雪の少ない所もあれば、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上は、積雪の少ない所もあれば、
吹き溜まりで、25cm以上と深い所もある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹き溜まりで、25cm以上と深い所もある。
2
南アルプスが見える。農鳥岳辺りだろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスが見える。農鳥岳辺りだろうか?
小ピークへの登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークへの登り。
振り返って精進山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って精進山。
2
西からの強風で、右側(西側)に積雪が殆んど無く、左側(東側)に雪が吹き溜まっている。この吹き溜まりは40cm程の深さがある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西からの強風で、右側(西側)に積雪が殆んど無く、左側(東側)に雪が吹き溜まっている。この吹き溜まりは40cm程の深さがある。
2
小ピーク。ベンチが雪に埋もれている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピーク。ベンチが雪に埋もれている。
パノラマ台方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ台方面。
小ピークから下って行くと、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークから下って行くと、
根子峠。ここから登山路に足跡が急に多くなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根子峠。ここから登山路に足跡が急に多くなる。
根子峠から振り返る。踏み跡が多いのは、右に下るパノラマ台入口への道。私は正面から降りて来た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根子峠から振り返る。踏み跡が多いのは、右に下るパノラマ台入口への道。私は正面から降りて来た。
1
パノラマ台へは根子峠からひと登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ台へは根子峠からひと登り。
「千円札の逆さ富士」の撮影地への分岐を過ぎ、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「千円札の逆さ富士」の撮影地への分岐を過ぎ、
ピークを少し下ると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークを少し下ると、
パノラマ台。方位盤の後には富士山が??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ台。方位盤の後には富士山が??
2
三方分山と精進山は、山頂が雲に覆われている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三方分山と精進山は、山頂が雲に覆われている。
2
左が三方分山。右が五湖山。その鞍部が阿難坂(女坂峠)・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が三方分山。右が五湖山。その鞍部が阿難坂(女坂峠)・
2
精進湖の後に五湖山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
精進湖の後に五湖山。
2
これから歩いて行く烏帽子岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから歩いて行く烏帽子岳。
2
こちらは本栖湖。竜ヶ岳も雲に覆われている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは本栖湖。竜ヶ岳も雲に覆われている。
1
雨ヶ岳も見えないなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨ヶ岳も見えないなあ。
食事休憩をしていると、雲が流れ、三方分山(右)と精進山(左)が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事休憩をしていると、雲が流れ、三方分山(右)と精進山(左)が。
2
パノラマ台全景。他に登山者は全くいない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ台全景。他に登山者は全くいない。
1
パノラマ台から烏帽子岳に向う。陽当たりのいい斜面なのだろう、ここには積雪が殆んど無い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ台から烏帽子岳に向う。陽当たりのいい斜面なのだろう、ここには積雪が殆んど無い。
1
一旦下って、烏帽子岳ピークを目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦下って、烏帽子岳ピークを目指す。
1
振り返るとパノラマ台。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとパノラマ台。
2
烏帽子岳山頂。鉄塔と三角点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳山頂。鉄塔と三角点。
2
西湖と足和田山を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西湖と足和田山を望む。
2
烏帽子岳からは、尾根伝いに城山に下って行く。ここが降り口。ありがたい事に、一人分のトレースがある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳からは、尾根伝いに城山に下って行く。ここが降り口。ありがたい事に、一人分のトレースがある。
2
トレースを頼りに下る。鹿のトレースと間違わないように。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースを頼りに下る。鹿のトレースと間違わないように。
1
風でトレースが消えている所もある。尾根筋を外さないよう下って行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風でトレースが消えている所もある。尾根筋を外さないよう下って行く。
2
このリボンの目印が2箇所にあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このリボンの目印が2箇所にあった。
痩せた尾根には、小さなアップダウンがある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せた尾根には、小さなアップダウンがある。
2
小さなピークを下り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなピークを下り、
登り返した所で、のろし場の標柱。本栖城跡に着いたか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返した所で、のろし場の標柱。本栖城跡に着いたか。
1
この小高い丘がのろし場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この小高い丘がのろし場。
1
少し先に本栖城跡の案内板。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し先に本栖城跡の案内板。
2
見逃してしまいそうな城山の標識。城跡や城址がある山は、たいてい城山だね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見逃してしまいそうな城山の標識。城跡や城址がある山は、たいてい城山だね。
2
城山の山頂からは、竜ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山の山頂からは、竜ヶ岳。
2
さらに歩を進めると、城の主郭があった場所か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに歩を進めると、城の主郭があった場所か?
本栖城跡(城山)から暫く尾根を歩き、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本栖城跡(城山)から暫く尾根を歩き、
尾根からは、三方分山と精進山が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根からは、三方分山と精進山が見える。
1
緩やかな尾根筋を辿って行くと、目前にある杉林から急な下りとなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな尾根筋を辿って行くと、目前にある杉林から急な下りとなる。
1
杉林を一気に駆け下りると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林を一気に駆け下りると、
本栖城跡の看板のある場所が城山登山口。ここで東海自然歩道に合流する。ここからは、青木ヶ原樹海内を歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本栖城跡の看板のある場所が城山登山口。ここで東海自然歩道に合流する。ここからは、青木ヶ原樹海内を歩く。
1
城山登山口にある本栖城跡の案内板。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山登山口にある本栖城跡の案内板。
1
さすが東海自然歩道。交通量の多い国道は、トンネルで抜ける。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが東海自然歩道。交通量の多い国道は、トンネルで抜ける。
整備されたハイキングコース(東海自然歩道)を精進湖民宿村まで歩いて行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備されたハイキングコース(東海自然歩道)を精進湖民宿村まで歩いて行く。
1
一応青木ヶ原樹海内なのだけど、横に国道が走っているので静寂さは無い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応青木ヶ原樹海内なのだけど、横に国道が走っているので静寂さは無い。
1
20名程の○×ツアー御一行。一旦は後に付いたのだが、抜かせてくれそうにないので、休憩をとってやり過ごす事にする。精進湖民宿村に入るまでの我慢。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20名程の○×ツアー御一行。一旦は後に付いたのだが、抜かせてくれそうにないので、休憩をとってやり過ごす事にする。精進湖民宿村に入るまでの我慢。
精進湖民宿村に出る。団体はここで休憩中。ここからは、精進湖駐車場まで舗装路歩き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
精進湖民宿村に出る。団体はここで休憩中。ここからは、精進湖駐車場まで舗装路歩き。
精進湖民宿村のすぐ前に、精進湖入口バス停。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
精進湖民宿村のすぐ前に、精進湖入口バス停。
精進湖までの舗装路は、路肩に除雪した雪が残っている。通行する車に要注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
精進湖までの舗装路は、路肩に除雪した雪が残っている。通行する車に要注意。
県営精進湖駐車場にゴール!お疲れさまでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県営精進湖駐車場にゴール!お疲れさまでした。
2

感想/記録

今日は三方分山とパノラマ台。
月曜日にやっとまとまった雪が降り、近隣の山々にも積雪がみられるようになったので、今シーズン初の雪山ハイキング。
まだ強い寒気が居座っているようなので、低山で雪山歩きを楽しめる場所として、この山を選ぶ。標高差500m程で、岩場や急峻な道も無く、のんびりと雪と戯れる事が出来る山である。

県営精進湖駐車場をやや遅い8時42分に出発。気温は−5度程度。
積雪は多くて20cm前後と予想していた通り、全コースを通して0cm〜20cm程度で、クラストや凍結の無い、歩き易いコースであった。
6本爪の軽アイゼンを持参したが、結局使用せずに歩く。
適度な積雪でトレースがあり、気温が低くべとつかない雪なので、歩いていてひじょうに楽しい。

また、特に午前中に東からの風が強く、吹きさらしの場所では寒さを感じた所もあったが、風さえ受けなければ、それ程寒さを感じる事もなかった。
残念ながら、灰色の雲に覆われる事が多く、富士山を始め、南アルプス等の眺望はあまり楽しむ事が出来なかったが、登山路周辺の雪景色や、時折流れ去る雲の合間から、富士周辺の山々を眺める事が出来ただけでも良しとしよう。

今日も、安全に雪山歩きを楽しむ事が出来た。
ありがとうございます!
訪問者数:417人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/10/27
投稿数: 2216
2018/1/29 17:44
 写真の3・4の子抱き富士が見たかったんです
maychan2さん、こんにちは。
写真14のコメントにある三方分山から降りてきた2人連れだと思います

曇りがちで富士山は中々顔を見せてはくれませんでしたが今シーズンの初雪山だったので楽しく歩くことが出来ました。
湖畔から見る子抱き富士はやっぱり良いですね〜

下山後、駐車場に戻る時に見られるかなと思っていたのですが我が家は見ることが出来ませんでした。
季節を変えてまた訪れたいと思っています。

烏帽子〜城山と回られたんですね。
歩くスピードも速くて羨ましいです
雪山歩きお疲れ様でした。
登録日: 2015/3/8
投稿数: 30
2018/1/29 18:19
 Re: 写真の3・4の子抱き富士が見たかったんです
makoto1959 さん、コメントありがとうございます。

子抱き富士。
実は、そう呼ばれる事も知らなくて、この山行記録を書く前に、makoto1959さんの記録を読ませていただいて、初めて「子抱き富士」というものを知りました。
お恥ずかしい次第です。

このコースは、適度な積雪で、歩き易い雪質で、楽しめる雪山歩きでしたね。
夜明け前から登られたmakoto1959さんは、寒かったのではないでしょうか?
でも、荘厳な朝焼けに輝く富士山を眺めると、寒さも感じなくなるかもしれません。

閑話休題
makoto1959さんは、もしかして1959年生まれ?
私が1959年生まれなのですが、すれ違った時、私よりずっとお若く見えたので、羨ましい限りです。
登録日: 2012/10/27
投稿数: 2216
2018/1/29 20:09
 Re[2]: 写真の3・4の子抱き富士が見たかったんです
maychan2さん、こんばんは。
連投失礼致します。

はい、1959年生まれの現在58歳です。
なんとか若くありたいと、もがいております
でも膝が痛くて困っています。
雪道だと膝が痛くならないので助かります

私もヤマレコで子抱き富士を知りました。
その後ネットなどで色々な子抱き富士の写真を見ていたら無性に見に行ってみたくなりました。
朝は寒かったですがとても綺麗な富士を見られました。
子抱き富士はリベンジしないとと思います。
登録日: 2015/3/8
投稿数: 30
2018/1/30 7:40
 Re[3]: 写真の3・4の子抱き富士が見たかったんです
続けてのコメントありがとうございます。

私も膝に痛みが。。
整形外科の医師に相談すると、「山に行きたいなら痩せなさい!」。
山の用具類を、数十グラム単位で軽量コンパクトに拘るより、自分の身体を軽量コンパクトにした方が、膝への負担は軽減出来るということでしょうね。
解ってはいるのですが・・・

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ