また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1372040 全員に公開 山滑走甲信越

入笠山 BC パウダー三昧(^^)

日程 2018年02月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富士見パノラマリゾートの駐車場に車を駐めましたが、8時30分でまさかの一つ下の駐車場でした。帰りに見たときには、さらに二つ下の駐車場まで車が駐まっていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間30分
休憩
10分
合計
2時間40分
S富士見パノラマリゾートゴンドラ山頂駅09:2009:27入笠湿原09:33山彦荘10:31入笠山10:4110:57山彦荘11:08入笠湿原12:00富士見パノラマリゾート駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山の場合、登山道を歩く限りはスノーシューが無くても大丈夫だと思いますが、入笠山を楽しむならスノーシューは必須だと思います。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

ゴンドラを下りて林道に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラを下りて林道に進みます。
1
林道には昨日朝までに降った20cmほどの新雪が積もっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道には昨日朝までに降った20cmほどの新雪が積もっていました。
1
入笠湿原のすずらんの斜面上部に出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠湿原のすずらんの斜面上部に出ました。
1
昨日そして今日のトレースを避けてノートラックバーンを滑ります。今シーズン初めてこの斜面で気持ち良く滑ることが出来ました(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日そして今日のトレースを避けてノートラックバーンを滑ります。今シーズン初めてこの斜面で気持ち良く滑ることが出来ました(^^)。
4
まだトレースがほとんど無い頃の入笠湿原。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだトレースがほとんど無い頃の入笠湿原。
1
山彦荘前の斜面。ここも帰りにはぎだぎだに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山彦荘前の斜面。ここも帰りにはぎだぎだに。
2
すずらんの斜面を振り返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すずらんの斜面を振り返ります。
1
冬季でも使用できる暖房付きトイレ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季でも使用できる暖房付きトイレ。
1
御所平お花畑の斜面の様子。昨日はそれほど多くの人が訪れなかったようです。これなら滑りが楽しめそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御所平お花畑の斜面の様子。昨日はそれほど多くの人が訪れなかったようです。これなら滑りが楽しめそう。
1
山頂に行く前に1本滑っておきます(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に行く前に1本滑っておきます(^^)。
2
気持ち良く滑ることが出来ました。この斜面はそれほど急で無いので、今回のような20cmほどの新雪が一番楽しいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ち良く滑ることが出来ました。この斜面はそれほど急で無いので、今回のような20cmほどの新雪が一番楽しいです。
2
シュプールをズーム。滑る際は杭に注意です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュプールをズーム。滑る際は杭に注意です。
6
ではスノーシューコース(赤いポールが目印)で山頂に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ではスノーシューコース(赤いポールが目印)で山頂に向かいます。
1
岩場迂回ルートに合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場迂回ルートに合流。
1
山頂直下の急斜面も雪が増え、滑るにはほぼ問題無くなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の急斜面も雪が増え、滑るにはほぼ問題無くなりました。
1
周りの木は皆真っ白できれいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りの木は皆真っ白できれいでした。
4
山頂まで雪がつながっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まで雪がつながっていました。
3
入笠山山頂。風は多少ありますが冬としては弱風です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠山山頂。風は多少ありますが冬としては弱風です。
4
八ヶ岳。朝は雲がかかっていましたが、南八の雲が取れましたね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳。朝は雲がかかっていましたが、南八の雲が取れましたね。
2
赤岳、阿弥陀岳、横岳、硫黄岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳、阿弥陀岳、横岳、硫黄岳。
4
中央アルプスがきれいに見えていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスがきれいに見えていました。
1
中央アルプス北部。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス北部。
3
中央アルプス南部。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス南部。
4
北アルプスは雲でよく見えず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスは雲でよく見えず。
1
常念岳。手前は守屋山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳。手前は守屋山。
3
諏訪湖。全面結氷っぽいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪湖。全面結氷っぽいです。
3
昨日訪れた車山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日訪れた車山。
2
滑る準備をしてこの方向に滑り始めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑る準備をしてこの方向に滑り始めます。
1
ほぼ山頂から滑れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ山頂から滑れました。
4
急斜面に差し掛かります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面に差し掛かります。
2
軽くパックされていますがパウダーです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軽くパックされていますがパウダーです。
2
吹き溜まりはディープでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹き溜まりはディープでした。
1
登山道合流後は斜面を適当に滑り降りていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道合流後は斜面を適当に滑り降りていきます。
1
御所平お花畑の斜面に出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御所平お花畑の斜面に出ました。
1
まだまだパウダー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだパウダー。
1
林道を一気に滑り降りて入笠湿原まで。ここからシールでスキー場まで登り返します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を一気に滑り降りて入笠湿原まで。ここからシールでスキー場まで登り返します。
1
ここまでで100人以上の登山者、スノーシューハイカーを見かけたと思います。さすが人気の場所です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでで100人以上の登山者、スノーシューハイカーを見かけたと思います。さすが人気の場所です。
1
スキー場近くでノートラック斜面を少しだけ滑りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場近くでノートラック斜面を少しだけ滑りました。
1
最後はゲレンデを滑り降ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はゲレンデを滑り降ります。
1

感想/記録

前日朝までに積もった新雪に期待して再び近くの入笠山にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけてきました。
新雪はほぼ20cmほどで吹き溜まりで30cmほどだったでしょうか。昨日は曇りがちでしたので、新雪が柔らかいまま残っていまして、どの斜面も気持ち良く滑ることが出来ました。
それにしても下る途中でものすごい多くの人を見かけました。団体さんも多く、おそらく100人以上。スノーシューが楽しめる時期の入笠山、恐るべしです。
訪問者数:556人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/6/30
投稿数: 201
2018/2/3 16:26
 気持ちよさそうですが
Fujimori様
今回の南岸低気圧で、車山や入笠山にも適度な雪が降ったようですね。軽いパウダー、うらやましいです。青い空に白い雪が映えますね。でも、杭の間のロープはこわそう(^^; 杭に近くなければ大丈夫なものでしょうか。写真を見ているだけでハラハラしちゃうのですが。
登録日: 2013/4/10
投稿数: 439
2018/2/3 17:20
 Re: 気持ちよさそうですが
zelviaさん
杭のロープですが、そういえば今まで滑っていてロープに触ったりしたことは一度もありませんね。
ロープは冬季は緩められていますので、杭の高さが大体50cmほど、杭が10cmほど顔を出しているとすると、ロープはおそらく雪の表面から30cm以上は下かな。でも杭に近いところはもっと浅いですね(^^;。
パウダーの場合、スキーのトップは雪の上に出ていることが多いので大丈夫なのかなと感じます。
なお杭がぎりぎり埋もれる位の時も、杭の場所が分からずちょっと怖いですね。
ちなみに滅多に無いですが新雪が30cmも降り積もると、斜度が無いので下りラッセルになってしまいます。一度大雪の時に入笠山を訪れてさんざんな目に遭いました(^^;。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 スノーシュー 花畑 簡易標識
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ