また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1374396 全員に公開 山滑走谷川・武尊

武尊山(オグナほたかスキー場より)

日程 2018年02月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
駐車場:オグナほたかスキー場 無料
リフト:ファーストトラック券(7:00〜8:30、第2・第7リフトのみ)1000円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間6分
休憩
43分
合計
5時間49分
Sオグナほたかスキー場第7リフトトップ08:0008:30ゲレンデ(第6リフト)トップ09:09前武尊山09:1010:29武尊山10:5511:50家ノ串山12:0613:49ゲレンデ合流(ほたかスカイウェイ中間1388m)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
8:00 第7リフトトップ -> シール登行
10:29-10:55 武尊山 -> スキー滑降
10:59-11:14 川場谷2016m -> シール登行
11:50-12:06 家ノ串山 -> スキー滑降
12:41-12:50 荒砥沢1437m -> シール登行
13:14-13:22 前武尊東尾根1561m -> スキー滑降
13:34-13:39 十二沢-林道合流点 -> シール歩行
13:49 ゲレンデ合流(ほたかスカイウェイ中間1388m)
その他周辺情報spa 片品 花咲の湯 650円
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 [スキー板/ビンディング/靴] ELAN:KARAKORUM('12) / Voile:Switchback X2 / Scarpa: T2('13)

写真

ファーストトラック券使用。第7リフトトップからゲレンデを登る
2018年02月04日 08:06撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ファーストトラック券使用。第7リフトトップからゲレンデを登る
ゲレンデトップより入山。トレースがけっこう残ってる
2018年02月04日 08:32撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデトップより入山。トレースがけっこう残ってる
ダケカンバとオオシラビソの素晴らしい疎林帯
2018年02月04日 08:43撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバとオオシラビソの素晴らしい疎林帯
十二沢。ちょっとクラスト気味かな?
2018年02月04日 08:56撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二沢。ちょっとクラスト気味かな?
前武尊山。久しぶりの日本武尊像
2018年02月04日 09:07撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前武尊山。久しぶりの日本武尊像
これから向かう川場剣ヶ峰〜家ノ串山〜武尊山方向
2018年02月04日 09:10撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう川場剣ヶ峰〜家ノ串山〜武尊山方向
2
川場剣ヶ峰。東斜面をトラバース
2018年02月04日 09:16撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川場剣ヶ峰。東斜面をトラバース
1
家ノ串山手前のコルまでトラバースを続ける
2018年02月04日 09:17撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家ノ串山手前のコルまでトラバースを続ける
1
家ノ串山。登らずに西から巻く
2018年02月04日 09:27撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家ノ串山。登らずに西から巻く
1
西斜面に出ると川場スキー場からのコースが一望に
2018年02月04日 09:34撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西斜面に出ると川場スキー場からのコースが一望に
1
ほどなく中ノ岳〜武尊山の姿も。いい感じです
2018年02月04日 09:45撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく中ノ岳〜武尊山の姿も。いい感じです
トラバースを続ける。雪が安定してれば効率良い
2018年02月04日 09:53撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースを続ける。雪が安定してれば効率良い
1
中ノ岳の下を通過。魅力的な斜面が続く
2018年02月04日 10:03撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳の下を通過。魅力的な斜面が続く
1
剣ヶ峰と川場谷。奥には奥秩父の山々
2018年02月04日 10:19撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰と川場谷。奥には奥秩父の山々
3
2つ目の日本武尊像。こちらは川場を見守る
2018年02月04日 10:23撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つ目の日本武尊像。こちらは川場を見守る
1
燧ヶ岳・会津駒ヶ岳・至仏山・平ヶ岳など尾瀬の山々
2018年02月04日 10:29撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳・会津駒ヶ岳・至仏山・平ヶ岳など尾瀬の山々
1
越後三山
2018年02月04日 10:30撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後三山
1
谷川連峰〜巻機山
2018年02月04日 10:32撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川連峰〜巻機山
1
登ってきた川場剣ヶ峰方向。奥に日光白根山や皇海山など
2018年02月04日 10:35撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた川場剣ヶ峰方向。奥に日光白根山や皇海山など
1
ちょっとだけ川場谷を滑りましょう
2018年02月04日 10:54撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとだけ川場谷を滑りましょう
1
パウダーとはいかないけどまぁまぁ
2018年02月04日 10:55撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パウダーとはいかないけどまぁまぁ
1
ちょっと下るとサンクラスト
2018年02月04日 10:58撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと下るとサンクラスト
滑降終了。家ノ串山目指してトラバース
2018年02月04日 11:10撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑降終了。家ノ串山目指してトラバース
1
往路のトレースがあるのでラク
2018年02月04日 11:26撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路のトレースがあるのでラク
1
振り返る。雲が多くなってきた
2018年02月04日 11:30撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。雲が多くなってきた
1
ここから頭上の家ノ串山へ
2018年02月04日 11:37撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから頭上の家ノ串山へ
1
家ノ串山到着。荒砥沢を滑る
2018年02月04日 12:07撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家ノ串山到着。荒砥沢を滑る
1
上部は新雪とクラストのミックス。滑りにくい
2018年02月04日 12:09撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部は新雪とクラストのミックス。滑りにくい
1
この辺りはフカフカだが、暗くてやはりうまく滑れない
2018年02月04日 12:16撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りはフカフカだが、暗くてやはりうまく滑れない
1
振り返る。前武尊コル側から滑ってきている人も多い
2018年02月04日 12:27撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。前武尊コル側から滑ってきている人も多い
1
氷瀑の脇を通過。今日は谷が狭まるところも滑りやすかった
2018年02月04日 12:31撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷瀑の脇を通過。今日は谷が狭まるところも滑りやすかった
1
先行シュプールは林道に向かってるが、自分はここで切り上げて、
2018年02月04日 12:47撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行シュプールは林道に向かってるが、自分はここで切り上げて、
1
前武尊東尾根へ登り返す
2018年02月04日 12:55撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前武尊東尾根へ登り返す
1
前武尊東尾根から再び滑走。十二沢-林道合流点を目指して滑る
2018年02月04日 13:25撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前武尊東尾根から再び滑走。十二沢-林道合流点を目指して滑る
1
最後は林道。10分程度の水平移動だが、急がば回れとシール装着
2018年02月04日 13:43撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は林道。10分程度の水平移動だが、急がば回れとシール装着
撮影機材:

感想/記録

日曜は午後から天気が崩れるようですが、朝は天気がいいらしいので、上州武尊に行くことにしました。とりあえずお手軽BCで知られるオグナほたかスキー場から前武尊に登り、あとは状況に応じて決めることにします。

ファーストトラック券でゲレンデを1本だけ滑り、すぐに入山(ガリガリで面白くなかった)。この時間だとリフト2本分を自力で登る必要はありますが、標高差は200mちょっと。たいした手間ではありません。
ゲレンデトップからまずは前武尊山へ。前日までのトレースがそこそこ残っており、サクッと登れました。

さてこの先、天気が保ちそうなら家ノ串山から西俣沢を滑り、途中で尾根を2つ越えてスキー場へ戻るつもりでした。しかしその思惑を超えるほどの快晴。こんな日に山頂まで登らないのはもったいないと、武尊山(沖武尊)まで足を延ばすことにしました。今日はスキーより雪山ハイキングに徹したほうが楽しめそうです。

まずは家ノ串山手前のコルまで東斜面をトラバースし、そこから西斜面へ。この西斜面の景観が素晴らしい。沖武尊を頂点とした広大なすり鉢状の斜面で、立木も少なく見晴らしがいい。山スキーヤーにはあまりに魅惑的です。
ただ、現在ここを滑るのは難しそうですね。川場スキー場に戻ることはできますが、このスキー場は山へのスキーの持ち込みを禁止してるので、川場スキー場を起点とはできない。残念なことです(でも許可したらBC遭難者が格段に増えると思うので、個人的には賛成です)。

ともあれ、この雄大な景色を楽しみながら、沖武尊東のコルまでそのまま西斜面をトラバース。スキーの機動力を発揮できる反面、雪崩は怖いです。この日は比較的雪が安定していましたが、コンディションしだいでは尾根上を歩いた方が無難かもしれません。なにしろこの山の怖さは身にしみて感じていますので……。

ゲレンデトップから2時間で沖武尊に到着。コンディションが良くて思ったよりすんなり登れました。
展望は相変わらず見事。今日は里雪型といえど冬型気圧配置なわけだから、越後駒ヶ岳など中越の山までは見えないと思っていましたが、そちら側もきれいに見えました。

軽く食事をとったら天気が崩れる前にとさっそく下山。コースをどうしようか迷った末、素直に家ノ串山まで戻ることにしました。
ただ、その前にちょっとだけ川場谷源頭を滑降。南斜面で雪質はさほど良くありませんが、なにしろ景観が素晴らしいので気分良く滑れました。

適当なところで切り上げて家ノ串山まで登り返し、今度は荒砥沢を滑降。
上部は新雪とクラストのミックスで、うまいこと滑れず。おまけにこの頃には太陽が隠れ、暗くて雪面もよく見えない。この急斜面でこの雪質では、自分にはあまり快適には滑れませんでした。これならもうちょっと南側に移動して、傾斜の緩い斜面を滑ったほうが楽しめたかもです。
それでも日の当たらない中間部以降は雪がまだフカフカで、それなりに楽しく滑れました。

ほどなく前武尊-剣ヶ峰コルからのコースに合流。そちらから滑ってきたシュプールがけっこう残ってました。この先、荒砥沢は谷が狭まるので1750m辺りで登り返すのが主流だと思ってましたが、今日はたまたまなのか、傾向が変わってきたのか……。
ちなみに今日はその谷が狭まる区間も比較的コンディションが良く、スムーズに滑り抜けることができました。

傾斜が緩やかになった1437mで荒砥沢滑走は終了。私の場合は林道まで滑らず、ここから前武尊東尾根に登り返すことにしています。たいした登りではないし、そのあと再び滑りも楽しめる。長い林道をダラダラ歩くよりいいと思ってます。
前武尊東尾根からは、十二沢-林道出合を目指して若木のブナ林〜カラマツ林を滑走。ここもやはりクラスト気味でしたが、十分に楽しく滑れました。むしろ荒砥沢上部より楽しめたぐらい。
最後は林道をちょっと歩いて終了。ちょうどゲレンデに出たところで吹雪かれました。ギリギリ間に合いました(間に合わなかったというべきか)。
訪問者数:525人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ